《2021年1月号》新春対談 市長&高校生

新春対談 市長&高校生

今こそ、 夢を語ろう。

あけましておめでとうございます。 いろんなことがあった2020年。 いろんなことができなかった2020年。 悔しかったことも、だから気づけたことも、 ちゃんと振り返って、2021年へ。 こんなときだからこそ、 前を向きたい、夢を語りたい。 お読みいただいた方に 少しでも元気になってほしい。 希望に満ちた高校生、 決意を新たにした市長、 44歳差の新春トーク。

プロフィール

瑞慶覧 長敏

瑞慶覧 長敏 (ずけらん ちょうびん)
南城市長。米国州立セントラル・ワシントン大学、琉球大学卒業。 2009年、衆議院議員を歴任。2018年より現職。

津波さくら

津波 さくら (つは さくら)
向陽高校3年生。今年度、「エンターテイメントの意義」と題し、高等学校総合文化祭弁論部門で県大会・九州大会に出場。両大会ともに最優秀賞を受賞。

 

立ち止まるきっかけ。

長敏
長敏
ようこそ、市長室へ。
さくら
さくら
今日はよろしくお願いします。向陽高校3年生の津波さくらです。南城市には中学1年生の頃から住んでいます。
長敏
長敏
よろしくお願いします。市長の瑞慶覧長敏です。さくらさんは、2020年を振り返ってどんな年でしたか?
さくら
さくら
演劇部に所属していたんですが、引退前の最後の公演を前に新型コロナの影響で中止になってしまって…。すごく悔しい思いから始まった年でした。長い間、休校期間がはじまって、これまで友達と会う当たり前の生活が当たり前でなくなって…。毎日家にいて、ニュースを見ていると暗い気持ちになることが多かったです。でも、少し自分の中で考え方を変えたら、家族と過ごす時間が増えて、自分の将来についても考える時間が増えて、そういう時間があったからこそ弁論大会につながって、今こうして市長とお話ができていることがうれしいです。
長敏
長敏
弁論大会に出ようと思ったきっかけは?
さくら
さくら
学校で作文の課題があって。私は小さい頃から役者になるという夢を持っていて、そのことを書こうかなと思っていました。ちょうど高校3年生で進路について考えることが多くて、友達といろいろ話している時に、「役者って、社会的意義ってなくない?」って友達から何気なく言われて、すごく悔しかったんですよ。
長敏
長敏
きついね〜(笑)。
さくら
さくら
でもその場で反論できない自分がいて。なんでだろうって…。そこから書くことにしました。
長敏
長敏
答えは見つかりましたか?
さくら
さくら
エンターテイメントが持つ大きなエネルギーのひとつは、人の心を揺さぶることだなとすごく感じていて。これから役者に向かっていく中で、エンターテイメントの意義を見つけていきたいなと思います。
長敏
長敏
そうだよね。よくよく考えてみれば、エンターテイメントの意義がなければ音楽も芸能も絵画も残っていないだろうし。でも友達に感謝だね?
さくら
さくら
そうですね、友達の一言があったから、今ここにもいるかなと。
長敏
長敏
まあ、友達の言葉も、素直な感想だよね。
さくら
さくら
社会に対してどう貢献したいかという問いが、高校3年生になってすごくあったので。立ち止まるきっかけになりました。
新春対談 市長&高校生

好き、以外の武器。

長敏
長敏
次に向けて動いているんでしょう?
さくら
さくら
台湾の大学に進学を希望していて、両親の影響で役者になるという夢を持っています。最初は「表現することが好き」という思いから親の仕事を見に行ったりして興味を持つようになりました。でも好きなことを職業にして生きていくためには、好きっていう思いだけでは通用しないと思っています。バレエ、歌、オペラ…いろんな素晴らしい才能を持った人がいる世界にこれから自分が行こうとしていて、その中で自分は何か武器を持たなきゃいけないとすごく感じて。自分が何か武器を持つとしたらって考えた時に、ずっと学んできた「中国語」がピンときて。言葉って大きいだろうなと。いろんな方からのアドバイスもあって「じゃあ、台湾に行って、中国語も学んで、演劇も学ぼう!」と思って。中国語で表現できる役者になったら、日本でも台湾でもできるだろうなぁと。まだ深く描ききれていないですけど、そういう可能性を感じて台湾に行こうと決めました。
長敏
長敏
なるほど。ご両親は演劇でプロを目指すという進路に関してはどう言っているの?
さくら
さくら
安定していない職業に進むわけですけど、両親は一番の理解者、応援してくれる存在です。逆にまわりの人が、おばあちゃんとかが心配していますね。
長敏
長敏
おばあちゃんからしたら、お父さんがそういう道に進むのにご苦労されたんだろうね(笑)。
さくら
さくら
はい、当時、猛反対だったそうです(笑)。
長敏
長敏
何千もいるところから売れていくわけだから。でもお父さんはあなたを応援しているんだね。
さくら
さくら
「さくらの人生だから」って。お母さんも。
長敏
長敏
お母さんも芸能をやるの?
さくら
さくら
今はやっていないですけど、昔は歌三線をしていました。
長敏
長敏
へぇ、じゃあお母さん、歌がお上手なんだ。さくらさんは、歌は?
さくら
さくら
中学生のときに、南城市の市民ミュージカルのオーディションがあって。その時が人前で初めて歌った経験でしたね。
長敏
長敏
みんなの前で歌うって、どう?
さくら
さくら
緊張しますけど、気持ちいいです。
長敏
長敏
エンターテイメントってそこだよね。みんなの前で何かやって、みんなが喜んでくれたらうれしい。なかなか一般の人にはそれができないんだよ。自信もないし、恥ずかしいし、でも誰かにやってほしい…。それをできる人がやって、みんなに元気を与える。それを目指すってすごくいいことだと思う。私もさくらさんを応援します。いろんな失敗もあるかもしれないけど、若い時はチャレンジをしないと損だと思う。報われる報われないは別にして努力は必要。努力していれば誰かが見てくれて応援してくれるよ。頑張ってもらいたいと思います。
さくら
さくら
がんばります。ありがとうございます。市長さんは2020年を振り返って、どうでしたか?

知恵を絞った緊張の一年。

長敏
長敏
コロナに始まって、コロナに終わるという感じ。その間は外出自粛もあって、私も初めての経験で手探り。市民や事業者への支援に一生懸命、知恵を絞った一年でした。4万5千人近くの市民のことを毎日考えなきゃいけない。その中には子ども、大人、高齢者、なかなか買い物にいけない方、ひとり親世帯、いろんな市民がいらっしゃいます。その市民の方々にそれぞれどうやったら支援を行き渡らせることができるのか、あるいは何を求めているのか。それを考えながらやってきた一年でした。当然、私ひとりではできません。市職員のアイデア、市民の人々からの提案をまとめて、議員の皆さんの理解をいただきながら予算を通して。そういうことをずっと続けた一年でしたね。
さくら
さくら
なかでも大変だったことはありますか?
長敏
長敏
一番は…本当は人と直接会っていろんなことを聞きたいんですが、それができなかったことがもどかしいですね。本来であれば地域懇談会を各地域で開催するのだけど、それもできていません。それとやっぱり、毎日、緊張していますね。毎日発表される南城市での感染状況も注視しています。
さくら
さくら
全市民のことを考えているので、精神的にも体力的にも疲れがあると思うんですけど、リラックス法とかあるんですか?
長敏
長敏
親父がサボテンを栽培しているんだけど、除草がストレス解消かな(笑)。大変だけど、きれいになるし、きれいになったらみんな喜ぶし。
さくら
さくら
いいことばかりですね。
長敏
長敏
でもね、もちろん責任感・重圧は相当あるんだけど、思っている以上に、鈍感かな。だからあんまり疲れは溜めていない(笑)。
さくら
さくら
それが市長さんの強さですね。これからの夢や目標ってありますか?
新春対談

市役所は開かれている。

長敏
長敏
夢は、やっぱり南城市をもっと素敵なまちにしたいと思っているし、できると思っています。どこにも真似できない歴史があるでしょう? 県外・海外の人に知ってもらいたいですよね。それから2021年5月に予定している「こどものまち宣言」をしっかりと宣言すること。その一番の目的は、行政が手を差し伸べようとしてもスルッとすり抜ける方々がいたり、あるいは行政の手を拒否する方々がいたりする。そういう方々へ「市役所は皆さんに開かれている」というメッセージを伝えること。市役所の敷居を取り払いたいんです。あとは自然環境を壊さない循環型の農業の推進。しかもそこには女性=農女がいるというビジョン。そして健康。高齢者が健康でいられるまちづくりのために策を打っていきます。
さくら
さくら
お話をうかがって、とても希望を持てました。
長敏
長敏
さくらさんは18歳、私は62歳。これからの44年間でいくらでもいろいろなことができるよ。若い時は周りに迷惑かけていいんだよ。周りを困らせていい! それが若さの特権!
さくら
さくら
特権、 使っていきます! 市長さんは大事にしていることはありますか?
長敏
長敏
コツコツやるってことを心がけています。私が大切にしていることが「小事を為すは、大事を為す」。逆に言えば、小さな事をおろそかにしたら、大きなことなんてできない。でも小さなことをコツコツ、あきらめずにやっていけば、いつか積み重なって大きなことになるという。そんなことを自分に言い聞かせながら、馬鹿にされようが何されようが頑張っています。
さくら
さくら
コツコツは「勝つコツ」ですね!
長敏
長敏
おお! いいねぇ!

瑞慶覧長敏市長の2021年の目標

瑞慶覧長敏市長の2021年の目標

チャレンジ無くして成功なし
「私もまだまだチャレンジ。 死ぬまでチャレンジかもしれませんね。 それを市民の生活の向上や幸せに つなげていければと思っています。」

津波さくらさんの2021年の目標

津波さくらさんの2021年の目標

たくさん挑戦  感謝忘れずに!
自分が何を目的にしていくのかを忘れずに、 応援してくれる人たちへの感謝を忘れずに、 気持ちを強くもって 何事にも取り組んでいきたいです。


このページは情報推進課(広報用)が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5337  

問い合せはこちらから