ミントングスク

玉城地区字仲村渠にあるミントングスク。標高110メートルにある古いグスクです。ニライカナイからやってきた琉球開闢の祖、アマミキヨが安住の地として住み着いたとされています。この地でその子孫が繁栄し、沖縄中に広がっていったと伝えられ、聖地をめぐるの中の名所としても有名です。

このページは文化課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5374  

問い合せはこちらから