受水・走水(うきんじゅ・はいんじゅ)

玉城[ たまぐすく]地区の百名[ ひゃくな]の海岸に迫った傾斜地にある2つの泉、「受水・走水。向って左側は受水。右側は走水と呼ばれています。旧暦一月の最初の午の日には、地元の人たちによる田植えの儀式が行われ、その儀式は市の無形民俗文化財に指定されています。その昔、琉球国王が自ら拝礼したとも伝えられています。

このページは文化課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5374  

問い合せはこちらから