1. カマンカジ+糸数樋川(いとかずひーじゃー)

カマンカジ+糸数樋川(いとかずひーじゃー)

カマンカジ。玉城地区糸数[ たまぐすく、いとかず]にある水量豊かな湧き水です。築造された年代ははっきりとしていませんが、1700年代に現在の形になったのではないかと推測されています。かつては女(イナグ)ガーなどと呼ばれ、女性が水遊びする時に使われたとも言われていますが、現在は農業用水に使われています。そして、カマンカジの近くにある糸数樋川(いとかずひーじゃー)。糸数樋川は別名、男ガー(いきがー)などと呼ばれ、上水道が整備されるまでは、糸数集落の飲料水として重宝されるとともに周辺の田畑を潤していたと言われています。

このページは文化課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5374  

問い合せはこちらから