フッチャー石(字佐敷手登根)

フッチャー石。佐敷地区の小さな林の中に突き刺さるように立っている石です。高さは190センチ、幅は30センチから40センチくらいあります。14世紀に手登根の役人が中国のから持ち帰ったものと伝えられていますが、船着場で船をつなぎとめるのに使われた石であるとの説もあります。フッチャー石は、平成14年[ 西暦2002年]に佐敷町の有形文化財に指定されています。(現市指定史跡)

このページは文化課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5374  

問い合せはこちらから