奥武(おう)の観音堂

奥武(おう)観音堂。奥武島(おうじま)の中央部分にある観音堂です。1600年代に遭難した、当時の唐[ とう。当時の中国の国名。]の船を救助したお礼として奥武島の人々に贈られた金の観音像が祭られていました。しかし、その後、戦争で建物も観音像も失われてしまい、戦後、再建されました。現在は、陶器でできた観音像が大切に安置されています。

このページは文化課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5374  

問い合せはこちらから