1. 大殿内(うふどぅんち)のサキシマスオウノキ

大殿内(うふどぅんち)のサキシマスオウノキ

知念[ ちねん]地区にある大殿内のサキシマスオウノキ。サキシマスオウノキは根が板状になるのが特徴です。通常はマングローブの近くに多くみることができます。地域によっては祭祀場などに植えられ、神木として大切にされてきました。大殿内のサキシマスオウノキは南城[ なんじょう]市の天然記念物に指定されています。

このページは文化課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5374  

問い合せはこちらから