通知カードの廃止について

通知カードの廃止について

 通知カードは、法改正に伴い令和2年5月25日(予定)に廃止されます。廃止後は、通知カードの再交付、氏名・住所等の変更手続きができなくなります。
 手続きが必要な方は、令和2年5月22日(金)までに市民課までお越しください。
 なお、通知カードは、氏名・住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、引き続きマイナンバーを証明する書類として使用できます。
 

手続きできる方

 本人または同じ世帯の方

手続き場所

 市民課

持ち物

・来庁者の本人確認書類
・通知カード(氏名・住所等の変更手続きが必要な方のみ)
・手数料500円(再交付を希望される方のみ)
 

通知カード

 平成27年10月5日に住民票を有するすべての住民に個人番号(マイナンバー)が付番されました。付番した番号をお知らせする「通知カード」は、市町村が委託した地方公共団体システム機構より、平成27年12月末までに全世帯に簡易書留で送付されています。
 郵便局で配達できなかった「通知カード」は、市民課へ返戻されています。令和2年5月25日(予定)の廃止決定後数ヶ月保管し、その後廃棄します。

 なお、申請により通知カードにかわり、マイナンバーカードへ切り替えることができます。

このページは市民課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5312   FAX:098-917-5449

問い合せはこちらから