1. マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります


・令和3年3月から一部運用開始。本格運用は令和3年10月頃となります

厚生労働省からの連絡により、本格的な健康保険証利用は「令和3年10月頃」となりました。
本格運用が開始されるまでは、プレ運用期間が延長されます。また、プレ運用期間中においても保険証利用できる医療機関等は順次拡大されます。
プレ運用期間中は、マイナンバーカードが健康保険証として利用できる医療機関でも、健康保険証を併せてご持参されるようお願いします。
マインナンバーカードが健康保険証として利用できる医療機関は【マイナンバーカードの保険証利用についてお知らせします(厚生労働省HP)】からご確認いただけます。
 
・マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

令和3年3月(予定)からマイナンバーカードが健康保険証として順次利用できるようになります。

令和2年度から医療機関や薬局で順次必要な機器を導入し、令和3年3月の利用開始予定時には、全国の医療機関や薬局の6割程度、令和5年3月末には、おおむね全ての医療機関や薬局での導入が予定されています。
 
・利用には事前に登録が必要です

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、マイナンバーカードを持っていることに加えて健康保険証として利用するための事前登録が必要です。

マイナンバーカード交付申請についてはこちら⇒マイナンバーカードについて(内部サイト)
健康保険証利用の事前登録はこちら⇒マイナポータル(外部リンク)

※マイナンバーカードをお持ちの方で、スマートホンやパソコンにより申し込みができない場合は、市役所窓口でも事前登録を行う端末を用意しています。

マイナンバーカードの健康保険証利用について、詳しくは下記の内容をご覧ください。

マイナンバーカードの保険証利用についてお知らせします(厚生労働省HP)
 

このページは国保年金課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5327  

問い合せはこちらから