1. 母子家庭等高等職業訓練促進給付金

母子家庭等高等職業訓練促進給付金

南城市母子家庭等高等職業訓練促進給付金等支給事業とは

母子及び父子家庭の就職の際に有利かつ生活の安定に役立つ資格(看護師、介護福祉士等)を取得するために1年以上(※令和3年4月1日から令和4年3月31日までに修業を開始する場合においては6ヶ月以上)の養成機関等で修業する場合、修業期間の一定期間、訓練促進給付金を支給する制度です。

対象となる方

南城市内に住所を有する母子及び父子家庭の父及び母で次の要件を満たす方

  • 児童扶養手当の受給者又は、同等の所得水準にある者
  • 対象資格を取得するために、養成機関において1年以上(※令和3年4月1日から令和4年3月31日までに修業を開始する場合においては6ヶ月以上)修業し、資格の取得が見込まれる者
  • 就業又は、育児と修業の両立が困難であると認められる者
  • 過去に訓練促進費及び一時金を受けたことがない者

対象資格

看護師(准看護師)、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、美容師、社会福祉士、製菓衛生師、調理師、デジタル分野等の民間資格、その他市長が認めるもの

支給期間と支給額

①訓練促進給付金の支給の対象となる期間は、養成機関において修業する期間の全期間(上限4年)です。

訓練促進給付金                         

非課税世帯で月額  100,000円

課税世帯で月額       70,500円

訓練促進給付金(最終学年次) 
 
※令和3年4月1日から令和4年3月31日までに修業を開始する場合においては、その期間が12ヶ月未満の場合も含む。
非課税世帯で月額  140,000円
課税世帯で月額     110,500円

②訓練を修了すると、修了支援給付金も支給されます。

修了支援給付金

非課税世帯で  50,000円

課税世帯で     25,000円

注意事項

給付を希望される方は、南城市子育て支援課において事前に相談を行う必要があります。その際には、児童扶養手当証書・養成機関の概要がわかる資料などをお持ち下さい。

※平成25年度から父子家庭の父も対象となりました。

 

このページは子育て支援課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5343  

問い合せはこちらから