麻しん風しん(MR)

MR(はしか・風疹)予防接種は済みましたか?

MR2期(小学校入学1年前)の期限は3月31日まで!

接種料金

無料
※ただし3月31日を過ぎると自己負担(約1万円)となります。

接種方法

個別接種 (医療機関に電話 → 予約 → 接種)
※予診票はすでに通知していますが、再発行もできますので健康増進課に連絡してください。

お問い合わせ

健康増進課 TEL 098-917-5324

麻しん風しんの接種率状況

麻しん風しんの接種率状況(厚生労働省HP)

麻しん、風しん予防接種は2回接種!

対象

1期

1歳以上2歳未満のお子さん

公費負担

(無料)

2期

小学校入学1年前の5歳~6歳児

※定期接種対象者以外の方は任意接種(自己負担)となりますが、病院で接種することは可能です。

麻しん・風しん(三日はしか)について

麻しん(はしか)ってどんな病気?

  1. 麻しん(はしか)に感染した人の、せきやくしゃみなどで麻しんウイルスが飛び散り、飛沫感染します。潜伏期間は約10~12日です。
  2. 感染力が極めて強いウイルスで、発熱、せき、鼻汁、目やに、発疹を主症状とします。
  3. 38度前後の熱が出て、一時的に解熱しますが、再び39~40度の高熱と全身性の発疹が出てきます。
  4. 発疹が現れる前より「コプリック斑(周りが赤く中心が白い口腔粘膜にできる粘膜疹)」と呼ばれる粘膜疹が頬の内側に認められ、その直後から発疹が認められます。
  5. 4~5日高熱が続いたのち下がり、発疹も次第に消えていきます。
  6. 主な合併症は、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎、亜急性硬化性全脳炎という遅発性の脳炎などがあります。
  7. ☆沖縄県内では過去の繰り返された流行で、多くの子供たちがはしかにかかり、重症で入院したり、死亡されたお子さんもいる等大変怖い病気です。予防接種をすれば、合併症はほとんどおこりません。ぜひ予防接種を受けましょう。
    ※感染力が強く、かかると重症化します。1歳になったら何よりも先に接種しましょう!!

風しん(三日はしか)ってどんな病気?

  1. 風しん(三日はしか)の原因は、風しんウイルスです。
  2. 風しんは、くしゃみや咳等で人にうつります。(これを飛沫感染といいます)
  3. 風しんウイルスは、体の中に入ると2~3週間後に症状がでてきます。
  4. 風しんの症状は、発熱、発疹(体中にぶつぶつができること)後頸部リンパ節腫脹(首の後ろにぐりぐりができる)などです。発疹も熱も、3日間でなおるので、「三日はしか」とも呼ばれています。
  5. 合併症として、関節痛のほかに血小板減少性紫斑病(3千人に1人)、脳炎(6千人に1人)、溶血性貧血などがあり軽視できない疾患です。
  6. 妊婦さんが妊娠早期(3、4か月)に風しんにかかると、先天性風しん症候群とよばれるお子さん(心臓に欠陥がある、目が見えなくなる、耳が聞こえなくなるなど)が生れる確率が高くなります。

接種を受ける時期は?

  • 1期:生後12ヶ月(1歳)から生後24ヶ月(2歳)に至るまでの間にある者
  • 2期:1期接種者で5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にあるもの

麻しん・風しん混合ワクチンの副反応は?

  1. 副反応の主なものは、発熱(22.3%~27.3%)と発疹(8.6~12.2%)です。なお、これらの症状は接種後4~14日に多くでます。なお、接種直後から数日中に過敏症状と考えられる発熱、発疹、そう痒(かゆみ)などがでることがありますが、1~3日でなおります。
  2. これまでの麻しんワクチン、風しんワクチンの副反応のデータから、アナフィラキシー、血小板減少性紫斑病、脳炎、けいれんなどの副反応が稀に生じる可能性もあります。~MR2期(小学校入学1年前)の期限は3月31日まで!~

このページは健康増進課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5324  

問い合せはこちらから