ムラヤー利活用戦略

【ムラヤー利活用戦略とは】

南城市では、平成 24 年度に「ムラヤー構想」を策定し、「ムラヤーを活用した地域住民総参加による住みよい地域づくりと自治力みなぎるコミュニティの醸成~いきいきとまちが輝く、人づくり・地域づくり~」の基本目標のもと、地域住民が世代を超えて相互の連携を深めるとともに、地域住民の満足度を高めるまちづくりを目指して取組を進めています。

ムラヤー利活用戦略は、「ムラヤー構想」を具現化し、行政と自治会とが目指すべき地域の将来像を共有し、地域住民総参加による住みよい地域づくりと、自治力みなぎるコミュニティの醸成を図ることを目的にとりまとめました。そのため、本戦略においては自治会の現状調査やコミュニティビジネスの可能性調査などを行いながら、地域コミュニティ(=ムラヤー)の活性化に向けた取組方針及び取組内容、実施のための体制づくりなどを位置づけました。また、本戦略を読む市民に対し、地域の枠や活力に合わせた目標や取組への足がかりを示し、ムラヤー活性化の手引きとなることを狙いとしています。

ムラヤー利活用戦略(PDF:68,795KB)
概要版パンフレット(PDF:1,938KB)

このページはまちづくり推進課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5394  

問い合せはこちらから