津波古の獅子舞

旧佐敷町字津波古の獅子舞は、お盆後の野祓い(ヌーバレー)と八月十五夜で演じられてきた。伝統的な獅子舞は「立雲節(たちくむ­ぶし)」にのせて演ぜられる。獅子ワクヤーが三線に合わせて、ふさのついた玉で眠れる獅子を起こしあやつるが、そのうち獅子自ら­が玉にじゃれて遊ぶというもの。勇壮かつ無邪気な動作が見る者を楽しませてくれる。

このページは文化課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5374  

問い合せはこちらから