馬山川(字冨祖崎)

明治の初めに「沖縄芝居」の草分けとしてできた「仲毛時代」の作ではないかといわれるが、一説には八重山の伝説を歌劇にしたとも­伝わる。冨祖崎では婦人会の有志が「芸能同好会」をつくり、折りある度に演じてきた。美男美女、しゅう男、しゅう女の組み合わせで恋を語らう仕草がユーモラスである。

このページは文化課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5374  

問い合せはこちらから