1. 海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

  1. 海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

最終更新日:2021年07月26日

 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付について


1.新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)について
7月26日(月曜日)から新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種し、海外渡航予定の南城市民の方へ下記のとおり申請に基づきワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を交付します。
接種証明書(イメージ)
【対象】接種証明書は、当分の間、以下の2条件のいずれにも当てはまる方を対象に発行します。 
(1)予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(南城市の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けたこと。
(2)我が国から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

次のような方は対象になりません。
・海外渡航時の利用を目的としない方(当分の間)。
・国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)。

2.留意事項(※初めに必ずご確認下さい。)
(1)海外渡航の予定がない場合、接種証明書の発行はできかねます。国内では「接種済証」をご活用ください。
(2)証明書の交付には、接種記録を確認する必要があり、場合※によっては1週間から1か月程度お時間がかかる場合があります。
※例)医療従事者であって、接種記録書がない場合。
   接種記録システムの接種記録が反映されておらず、接種済証等での接種記録の確認もできない場合等。

3.受付開始日
令和3年7月26日(月曜日)から

4.申請方法
(1)申請に必要な書類
下記、アからエをご準備いただき、南城市新型コロナ対策室までご持参ください。
※窓口受付時間:平日8時30分~17時15分まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)
ア 交付申請書(PDF)(事前にダウンロード後印刷し、ご記入頂くと申請時間を縮小することができます。)
イ 海外渡航時に有効なパスポート ※1
ウ 接種券のうち「予診のみ」部分 (イメージ) ※2
エ 接種済証又は新型コロナワクチン接種記録書(医療従事者等先行接種者)(イメージ)   ※3

※1 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。旅券発給申請中の方は、パスポートが交付された後に接種証明の申請を開始してください。また、外国籍の方等、外国政府の発行する旅券でも申請は可能です。
 パスポートに旧姓・別姓・別名の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名が確認できる書類(例:旧姓併記されたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し、別名・別姓の記載がある外国の旅券など)の提示が必要です
※2 ウがない場合、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。マイナンバーが確認できる書類が提示できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でもかまいません。
「予診のみ」部分とは、以下の部分を指します。

※3 エを紛失した場合は、予診票の写し(本人控え)でもかまいません。その際、接種時の住所の記載された本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)をご持参ください。

(2)交付手数料
交付にかかる手数料は「無料」です。

【お問合わせ先】
南城市新型コロナワクチンコールセンター
平日:9時00分~17時まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)
TEL:098-917-5589
FAX:098-917-5426

※参考【厚生労働省ホームページ(海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について)(外部サイトへリンク)】


 

このページは健康増進課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5324  

問い合せはこちらから