1. 【11月5日実施】令和3年度沖縄県広域地震・津波避難訓練について

【11月5日実施】令和3年度沖縄県広域地震・津波避難訓練について

  1. 【11月5日実施】令和3年度沖縄県広域地震・津波避難訓練について

最終更新日:2021年11月04日

令和3年度 沖縄県広域地震・津波避難訓練の実施について

 沖縄県が主体となり、大規模地震、津波の発生を想定し、地震・津波に対する防災意識の啓発や防災体制の向上を図ることを目的に県内各地で避難訓練が実施されます。
 訓練当日は、沖縄県より携帯電話、スマートフォン等へ避難訓練の実施をお知らせする「エリアメール(緊急速報メール)」の配信と、南城市防災無線からの放送を行う予定となっております。
 なお、市内の学校及び福祉施設等において同訓練が実施されますので広くお知らせします。訓練実施に際しまして、みなさまのご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

1.訓練日時:令和3年11月5日(金) 午前10時00分から11時00分頃
2.訓練場所:各参加団体任意
3.訓練内容:シェイクアウト訓練、避難広報訓練、避難行動、避難誘導等の訓練、
       その他任意実施訓練
  

 

緊急速報メールの留意事項

沖縄県により、県内全域に「エリアメール(緊急速報メール)」を配信します。
(配信予定時間:10時03分 ※多少の時間差が想定されます。)

受信設定を行っている携帯電話、スマートフォンは、マナーモード等の設定時にでも受信音が鳴る場合がありますので、電源を切っておくなどの必要があります。
自動車等の運転中の携帯電話などの操作は大変危険ですので、安全な場所に停車した際にご確認ください。)
※訓練の詳細につきましては沖縄県のホームページをご覧ください。
  
※シェイクアウト訓練とは?
 シェイクアウト訓練(一斉防災行動訓練)は、地震の際の安全確保行動「まず低く、頭を守り、動かない」を身につける訓練であり、一定の場所に集まる必要もなく、参加の意思さえあれば「場所を問わない」、「時間がかからない」、「家庭、学校、職場の実態に応じて実施できる」といった特徴を持っています。
 地震発生時、自分の身を守るためには、日頃からの訓練が必要です。
 また、安全確保行動を身につけるだけでなく、この訓練を通じて地域、学校、職場などの組織が、非常時の対策の見直しやケガを防ぐための身の回りの安全対策をとるように促すことを目的としています。



○シェイクアウト訓練実施日時
令和3年11月5日(金) 午前10時から1分間程度
★訓練開始のタイミング

大規模地震の発生時には、まずは自分の身を自分で守るという「自助」の考え方に基づいて「いのち」を守ることが大切です。
地震発生直後に、まず身を守ることは、地域のみんなで助け合う「共助」の防災活動につなげる大前提となります。


○シェイクアウト訓練のもう一つの目的 ~日頃からの備えと事前学習~
地震の揺れから身を守るためには、「ドロップ、カバー、ホールド・オン」のとっさの行動に加えて、日頃からの建物の耐震補強、家具の固定等の対策も必要です。
シェイクアウト訓練は、「3つの安全行動」とともに、訓練をきっかけとして、大きな地震から自分自身や家族の身を守るために普段からできることを一人ひとりが考え、家族、職場、仲間同士などで話し合い、実践につなげていくことも目的としています。
日頃からの備えを進めるために下記のリンク先を活用して事前学習も行いましょう。


・日本シェイクアウト提唱会議ホームページ
・消防庁ホームページ(防災マニュアル)
 

このページは総務課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5378  

問い合せはこちらから