1. Sanctuary Dining in NANJOの開催について

Sanctuary Dining in NANJOの開催について

最終更新日:2020年10月30日

琉球開闢の地として知られる沖縄県南城市の
「聖地」×「食」×「文化」が融合した文化遺産活用型ナイトコンテンツ

    『Sanctuary Dining』が2020年12月に初開催!
 2018年11月に「DINING OUT RYUKYU-NANJO with LEXUS」を開催した沖縄県南城市で、地元事業者を中心に設立されたSanctuary Dining in Nanjo実行委員会が『Sanctuary Dining』を開催します。
南城市内には、アマミキヨが創ったと伝えられる7御獄のうち4つが集中し、沖縄本島最高の聖地で世界文化遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」もその一つです。また、約5キロ沖には五穀発祥の地とされる「久高島」があるほか、
アマミキヨが沖縄本島に上陸の一歩をしるしたといわれる「ヤハラヅカサ」、しばらく体を休めたという「浜川御嶽」など、創世神話に彩られた史跡が数多くあります。

『Sanctuary Dining』では、琉球王国時代から続く「聖地」を大切に活用し、個性豊かな沖縄食材の恵みや今もなお色濃く残る琉球文化を体感頂く場となっております。自らの存在やこの世界のはじまりに思いを巡らせ、沖縄の人々の生活や心に今も生きる、祈りや感謝の精神に触れて頂ければと願っております。
 また、翌日早朝には、『Sanctuary Dining』の参加者限定で開館前の世界遺産「斎場御嶽」に訪れ、黄金(くがに)色の朝陽が降り注ぐ特別な時間を体験頂けます。その後、「神の島」久高島を間近に臨む知念岬公園で優雅な朝食を
楽しんで頂きます。

 
◆ Sanctuary Dining in NANJO  概要
【開催日時】2020年12月11日(金)、12日(土)、13日(日) ※3日間限定
        18時半~21時半頃(※18時入城開始)
【場所】知念城跡(沖縄県南城市知念字知念)
【募集人数】各日20名、計60名限定
【参加費】59,800円(税込)
【販売】オフィシャルサイト(https://sanctuary-dining-nanjo.com/
【主催】Sanctuary Dining in Nanjo実行委員会
     ※構成員(順不同):南城市、南城市観光協会、イーストホームタウン沖縄株式会社、タピック沖縄株式会社、
株式会社共立メンテナンス PKP西日本事業本部、カゼモニワ、合同会社TOKZUM
     ※本事業は観光庁「令和2年度 夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」の採択事業です。
 
◆ 早朝オプショナルツアー  概要
【開催日時】2020年12月12日(土)、13日(日)、14日(月)  6時~8時半頃
【場所】斎場御嶽(沖縄県南城市知念久手堅455)
     知念岬公園(沖縄県南城市知念久手堅)
【募集人数】各日20名、計60名限定
【参加費】15,000円(税込)
 
 

このページは観光商工課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5387  

問い合せはこちらから