1. なんじょう市民大学が開講  12期生34名が入学(2021/07/19)

なんじょう市民大学が開講  12期生34名が入学(2021/07/19)

最終更新日:2021年07月26日

市民リーダーを育てる『なんじょう市民大学』の開講式が市役所1階第会議室で開かれ、34名が12期生として入学しました。
 

  • なんじょう市民大学が開講  12期生34名が入学(2021/07/19)

    瑞慶覧市長(学長)によるあいさつ

  • なんじょう市民大学が開講  12期生34名が入学(2021/07/19)

    記念撮影


市民大学ではまちづくりの担い手育成として、1年次に南城市の現状や課題を学び、2年次に実践活動のためのスキルや人脈を作り、市民リーダーに必要なノウハウを習得します。
自身の生きがいや人とのつながりの大切さを再発見し、まちづくりに活かすことを目指す市民大学では、これまで多くの卒業生がまちづくり活動やコミュニティビジネスを創出しています。
 
今期の市民大学1年次では10講座のほか、どなたでも参加できる4つのオープン講座が予定されています。
 
学長あいさつで、南城市の『協働のまちづくり』を紹介した瑞慶覧市長は「2年間、楽しんでチャレンジを」とエールをおくりました。