1. 子ども達の笑顔と思い出に。株式会社Lokahiがお菓子を寄贈(2020/09/16)

子ども達の笑顔と思い出に。株式会社Lokahiがお菓子を寄贈(2020/09/16)

最終更新日:2020年09月17日

製造卸売業の株式会社Lokahi(ロカヒ)の城間元樹代表取締役と、想いっきり沖縄の平良司代表が市役所を訪れ、市内の子ども達のためにお菓子を寄贈しました。

  • 子ども達の笑顔と思い出に。株式会社Lokahiがお菓子を寄贈

    写真右より城間代表、平良代表 

  • 子ども達の笑顔と思い出に。株式会社Lokahiがお菓子を寄贈

    寄贈されたお菓子


寄贈されたお菓子は、沖縄の男性をイメージしたユニークなお土産用のお菓子『黒い濃い人』。1箱にラングドシャが8枚入っているほか、お面も付いた遊び心満載のお菓子です。
 
城間代表は南城市出身。新型コロナウイルス感染症の影響で学校行事の中止が続き、気分が落ち込んでいる小学6年生の娘さんの姿を見て、「子ども達の思い出の一つになってほしい」と、今回の寄贈を決めました。城間代表は「笑顔と美味しさが届けばうれしい」、商品の共同開発者の平良代表は「少しでも楽しい思い出になってほしい」と語り、お菓子を贈呈しました。
 
瑞慶覧市長は「想いが詰まったお菓子。子ども達の喜ぶ顔がうかびます」と笑顔。同席した上原廣子教育長も「遊びの部分もあり、本当に子ども達が喜ぶと思います」と謝辞を述べました。
 
お菓子『黒い濃い人』は、760箱(約6000枚)が贈呈されました。市内の幼稚園・小学校・中学校の子ども達と、教職員へ贈られます。