1. 大里南・北統合幼稚園の用地選定に関する市民説明会(2020/07/16)

大里南・北統合幼稚園の用地選定に関する市民説明会(2020/07/16)

最終更新日:2020年07月22日

南城市大里農村環境改善センターにて、「大里南・北統合幼稚園の用地選定に関する市民説明会」を行いました。はじめに、瑞慶覧市長より経緯説明がありました。
 

  • 大里南・北統合幼稚園の用地選定に関する市民説明会

    用地選定の経緯を報告する瑞慶覧市長

  • 大里南・北統合幼稚園の用地選定に関する市民説明会

    質問をする出席者

これまでの経緯

平成28年11月に本格的に用地選定委員会を立ち上げる
約4年間で2度の異なる選定委員会を立上げ、報告書という形で選定地の提示を受ける
最終的に第1候補地として大里第2団地近辺地区が提示されるも、用地交渉の難航により断念
第2候補地として提示された市所有の旧大里北小学校跡地は、3月議会の予算審議で、市民との合意形成を確立した上での予算執行するよう付帯決議が提出される
市議会の付託決議を受け、3月27日に市民説明会を開催
旧大里北小学校跡地の案には厳しい意見が多く寄せられ、市民の理解(合意形成)が確立出来なかったことと判断し、再検証となる
再検証の結果、候補地として南城市大里総合保健福祉センターがあがる
福祉センターと、隣接する南城市大里農村環境改善センター駐車場敷地等の両方の敷地が活用出来る見通しが立ち、今回の市民説明会での報告に至る


経緯の説明後、前回の市民説明会での旧大里北小学校跡地の発表から「なぜ、用地が変更になったのか」との質問が出席者からあがりました。
瑞慶覧市長は、前回の市民説明会で市民との合意形成がとれなかったことや、南地区、北地区の双方から旧大里北小学校跡地以外で用地確保の声があったことなどを踏まえて、「地域バランスと合理性を考慮した結果、今回の用地選定に至った」と、回答しました。
 
そのほかの出席者からは、幼稚園設置後の改善センターのあり方や、お年寄りにとって大切な場所である保健センターがなくなることを危惧する意見があがりました。
担当部署からは、現在の大里南幼稚園の敷地を改善センターの駐車場にして利用者の利便性を確保していくことが報告されました。
保健センターについては、業務委託先の南城市社会福祉協議会との建物使用の契約が今年度で終了することもあり、高齢者向けのサービスなどを実施する新たな場所の確保について協議してくとの回答がありました。
 
今後のスケジュールについて、はやければ今月中に設計建築委員会を立ち上げ、令和3年度の着工、令和4年度の開園を目指す方針が報告されました。
併せて、統合幼稚園の開園後に、認定こども園へ移行する方針も報告され、説明会は終了しました。