1. 第70回 社会を明るくする運動 メッセージ伝達式(2020/07/02)

第70回 社会を明るくする運動 メッセージ伝達式(2020/07/02)

最終更新日:2020年07月03日

7月は「社会を明るくする運動」の強調月間です。同運動は、犯罪・非行の防止や、犯罪・非行をした人たちの更生について、国民が理解を深めるための全国的な運動です。

この日、市長応接室にて、同運動に関する内閣総理大臣と沖縄県知事からのメッセージが瑞慶覧市長へ、沖縄県教育長からのメッセージが上原教育長へ伝達されました。

  • 那覇市保護観察所 手塚徹所長より内閣総理大臣メッセージを伝達

    那覇市保護観察所 手塚徹所長より内閣総理大臣メッセージを伝達

  • 保護司会南城支部 親川操支部長より沖縄県知事のメッセージを伝達

    南部保護区保護司会南城支部 親川操支部長より沖縄県知事メッセージを伝達

  • 南部保護区保護司会 新垣盛広事務局長より沖縄県教育長メッセージを伝達

    南部保護区保護司会 新垣盛広事務局長より沖縄県教育長メッセージを伝達

  • 犯罪・非行を防止し、社会を明るくしていきましょう

    犯罪・非行を防止し、更生を見守り、社会を明るくしていきましょう

沖縄県知事メッセージによると、沖縄県における刑法犯検挙人数のうち、少年の占める割合は約17%と全国比較でまだまだ高い状況にあるとのこと(令和元年度)。また、昨年は高校生の大麻事件の検挙が急増し、社会問題となっています。

瑞慶覧市長は、「現在、子どものまち宣言の宣言文とアクションプランの策定を進めています。策定委員の皆さんには大人目線を外し、子ども目線の宣言をお願いしています。社会を明るくする運動にもつなげていければと思っています」と同運動の意義を語りました。