1. 奥武方言(おうくとぅば)を発刊 編集委員会が謹呈(2019/03/06)

奥武方言(おうくとぅば)を発刊 編集委員会が謹呈(2019/03/06)

最終更新日:2019年03月07日

奥武島のしまくとぅば7885語とことわざや慣用句などをまとめた『奥武方言』が発刊されました。

大城秀紀区長(写真中央)、編集委員会の嶺井勇盛副委員長(左から2人目)、中本進委員(左端)が市役所を訪れ、同書を謹呈しました。

嶺井副委員長は「あと4~5年発刊が遅れたら無くなってしまう言葉もあった。いまのうちに冊子に残せてよかった」と語りました。後世に奥武島のしまくとぅばを伝えるため、冊子と併せて語彙の音声を記録したDVDも作成されました。

瑞慶覧市長は「ひとつの地域の方言をまとめあげることはなかなかできない。とても価値があるすばらしいことです」と絶賛しました。

同書は字費を納めている島内の各世帯に配布するほか、市内の小中学校へも寄贈するそうです。