1. 令和2年度 南城市結婚新生活支援事業へのご案内

令和2年度 南城市結婚新生活支援事業へのご案内

南城市結婚新生活支援事業のご案内について



市では、新婚生活を始めるための費用を支援し、地域への若者定住促進に資することを目的に新婚世帯に対して、住居費(住宅取得・賃貸)と引越し費用の一部を補助します。

令和2年度の要件

対象となる世帯(次のすべてに該当すること)

(1)令和2年1月1日から令和3年3月31日までの間に婚姻し、受理された夫婦

(2)夫婦の婚姻日における年齢がともに34歳以下であること

(3)新婚世帯の所得(平成31年1月~令和元年12月中)が340万円未満であること(ただし、下記の場合を除く。)

※1 給与所得については、夫婦の合計収入が500万円未満が目安です。

  • 婚姻を機に夫婦の双方又は一方が離職した場合
    ⇒最後に離職又は転職した月の翌々月における夫婦の所得の合算に12を乗じた金額
  • 貸与型奨学金(公的団体又は民間団体より、学生の修学や生活のために貸与された資金等)の返済を行っている場合
    ⇒所得証明書をもとに算出した世帯の所得から貸与型奨学金の年間返済の額を控除した金額

(4)対象となる住所が南城市内にあること。

※2 申請時に夫婦の双方又は一方の住民票が当該住宅の住所となっていること。

(5)他の公的制度による家賃補助を受けたことがないこと。

(6)過去にこの補助金を受けたことがないこと。

 

対象となる経費

(1)住宅取得、賃貸に要する費用

  • 住宅の購入費用、賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料
    ※3 勤務先から住宅手当が支給されている場合は、住宅手当分については、補助対象外とする。

(2)引越に要する費用

  • 引越業者又は運送業者への支払いにかかる費用
    ※4 自らレンタカーを借りて引越した場合や友人に手伝って引越をした費用は対象外とする。

(1)、(2)いずれも補助対象期間令和2年1月1日から事業終了日までに支払った費用

補助の金額

1補助の金額は、住居費と引越費用を合わせた額を対象とし、予算の範囲内で1世帯あたり賃貸については24万円、購入については30万円を上限とする。

必要な書類

1提出書類チェックシート
2内訳資料
3補助金交付申請書
4住宅手当支給証明書

5同居申立申請および誓約書
6その他〔添付書類〕

・令和2年度所得証明書(令和元年中の所得)
・結婚受理証明書又は戸籍謄本(婚姻がわかるもの)
・領収書(引越や賃貸)
・物件を購入した場合 → 物件売買契約書等
・賃貸物件へ引っ越した場合 → 賃貸借契約書等
・貸与型奨学金の返済のわかる書類(※申請を受ける場合のみ)

パンフレット(R2年度度結婚新生活支援事業).pdf

 

申請期間

令和2年7月6日月曜日から令和3年3月31日水曜日まで
※予算の都合上、予算がなくなり次第、予告なく早めに締め切ることがあります。

このページは社会福祉課が担当しています。

〒901-1495 沖縄県南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5334   FAX:098-917-5427

問い合せはこちらから