南城市公式webサイト

暮らしの情報

南城市で生活される方のための暮らしの情報です。

ホーム > 暮らしの情報 > 障害者支援(2)

暮らしの情報

障害者支援(2)

 

 

 特別障害者手当/障害児福祉手当


 在宅で心身に重度の障害があるため、日常生活において常時特別の介護を必要とする障害児または障害者で一定の用件に該当する方に手当てが支給されます。


特別障害者手当

 対象者


 20才以上で極めて重度の障害があり、日常生活に常時特別の介護を必要とする在宅の方(おおむね身障手帳1級、2級、療育手帳A程度の障害が重複する方、あるいは極めて重度な精神障害、内部疾患、難病の方など)に支給します。

 支給制限


 次のいずれかにあたる方は受給できません。
(1) 施設に入所している
(2) 病院に3ヶ月以上継続して入院している
(3) 障害者本人またはその扶養者の所得が一定額を超えている


 手当額


 月額 26,810円 (H29.4.1現在)


 支給方法


 年4回(2、5、8、11月)に3ヶ月分ずつ本人の預金口座に振り込まれます。

 申請手続に必要なもの

 

  1. 特別障害者手当認定請求書
  2. 認定診断書(障害部位により所定の様式があります。)
  3. 所得状況届・同意書
  4. 身体障害者手帳または療育手帳(お持ちの方)
  5. 年金、恩給の証書と、振り込まれている通帳(証書がない場合は振込通知書や年金額改定通知)
  6. 口座振込申請書(ご本人名義、郵便局を除く金融機関の口座)
  7. 印鑑(本人・代理人それぞれ)
  8. 個人番号カードまたは通知カード(本人・扶養義務者それぞれ)
  9. 代理人の本人確認書類
  10. 本人及び世帯員は税の申告を済ませておくこと(所得確認を行います。)

※1月1日以降に転入された方 ⇒ 所得(課税)証明書、同一生計家族全員の所得税額の証明が必要です。


障害児福祉手当

 対象者


 20歳未満で重度の障害があり、日常生活に常時の介護を必要とする在宅の方( おおむね身障手帳1級、2級、療育手帳Aの一部、あるいは、極めて重度な精神障害、内部疾患、難病の方など)に支給します

 支給制限


 次のいずれかにあたる方は受給できません。

  1. 施設に入所している
  2. 病院に3ヶ月以上継続して入院している
  3. 障害者本人またはその扶養者の所得が一定額を超えている


 手当額


 月額:14,580円 (H29.4.1現在)


 支給方法


 年4回(2、5、8、11月)に3ヶ月分ずつ本人の預金口座に振り込まれます。

 申請手続に必要なもの


 1.障害児福祉手当認定請求書

 2.認定診断書(障害部位により所定の様式があります。)

 3.所得状況届・同意書

 4.身体障害者手帳または療育手帳(お持ちの方)

 5.口座振込申請書(ご本人名義、郵便局を除く金融機関の口座)

 6.印鑑(両親・代理人それぞれ)

 7.個人番号カードまたは通知カード(本人・両親それぞれ)

 8.扶養義務者及び世帯員は税の申告を済ませておくこと(所得確認を行います。)

  ※1月1日以降に転入された方 ⇒ 所得(課税)証明書
  ※同一生計家族全員の所得税額の証明が必要です。

 

 

 

10

 心身障害者扶養共済制度

 

 この制度は、障害のある方を扶養している保護者が、毎月一定額の掛金を納めることにより、保護者がお亡くなりになられたとき、または重度障害状態に該当されたと認められた月の分から、障害のある方の終身にわたり一定額の年金をお支払いする制度です。


<年金額> (H29.4.1現在)

 加入口数  1口/月額 2万円

 加入口数  2口/月額 4万円

 

<加入要件>

◆保護者の加入要件

 障害のある方を現に扶養している保護者、配偶者、父母、兄弟姉妹、祖父母、その他親族等であって、次の(1)~(3)の要件を全て満たしている方。

 ※障害のある方1名につき、ご加入いただける保護者は1名のみ。

(1)沖縄県内に住所を有すること。

(2)加入時(口数追加の場合は口数追加時)の年度の4月1日時点の年齢が65歳未満であること。

(3)特別の疾病または障害がなく、独立行政法人福祉医療機構が生命保険会社と締結する生命保険契約にご加入いただける健康状態であること。

 

◆障害のある方の加入要件

 次の(1)~(3)のいずれかに該当する障害がある方で、将来独立自立することが困難であると認められる方。※年齢要件なし。

(1)知的障害者

(2)身体障害者手帳の1級から3級までに該当する障害者

(3)精神または身体に永続的な障害のある方(精神病、脳性麻痺、進行性筋萎縮症、自閉症、血友病など)で、その障害の程度が上記(1)(2)と同程度と認められる方

 

< 掛金 >

 掛金は、加入時(口数追加時)の年度の4月1日時点の保護者の年齢に応じて決まります。 


加入時(口数追加時)の年度の4月1日時点の保護者の年齢


掛金月額(1口あたり)


 35歳未満の方


9,300円


 35歳以上40歳未満の方


11,400円


 40歳以上45歳未満の方


14,300円


 45歳以上50歳未満の方


17,300円


 50歳以上55歳未満の方


18,800円


 55歳以上60歳未満の方


20,700円


 60歳以上65歳未満の方


23,300円

(H29.4.1現在)

※制度の見直しにより、上記金額が改訂されることがあります。

※平成19年以前に加入された分については、上記掛金と異なります。

※掛金の払込が困難な方等で、一定の要件に該当する方は掛金の減免が受けられる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

 

<掛け金の払込期間>

  下記(1)(2)の両方に該当するまでの期間。

(1)加入日(口数追加分については、口数追加日)から20年。

(2)加入日(口数追加分については、口数追加日)から加入者が4月1日時点で満65歳である年度の加入応当日の前日まで。

  ※加入者がお亡くなりになった又は重度障害などで、所定の要件に該当すると認められた場合は、認定された翌月以降の掛金の払込は不要になります。

 

リンク

 沖縄県HP 沖縄県心身障害者扶養共済制度について

http://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/shogaifukushi/old/16949.html 

 独立行政法人 福祉医療機構 心身障害者扶養保険事業

http://hp.wam.go.jp/guide/fuyou/outline/tabid/245/Default.aspx 

 

 

11

 その他 障害者等が利用できる各種支援等

 

 上記の制度以外にも、障害者等に対する様々な支援があります。


 年金


◆障害年金

 病気やけがによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることのできる年金です。

【お問い合わせ】 国保年金課 098-946-8981


 手当


◆特別児童扶養手当

 心身に障害のある20歳未満の児童を養育している方に対して手当が支給されます。

【お問い合わせ】 児童家庭課 098-946-8995 


◆児童扶養手当      

 18歳までの児童を扶養する(18歳に達する日以後の最初の3月31日まで)父母のいずれかに障害があり、一定の要件に該当する方に手当が支給されます。

【お問い合わせ】 児童家庭課 098-946-8995


◆特別児童扶養手当   

 心身に障害のある20歳未満の児童を養育している方に対して手当が支給されます。

【お問い合わせ】 児童家庭課 098-946-8995 


 医療費の

 軽減


◆後期高齢者医療制度へ早期以降

 65~74歳の方で一定の障害のある方は、後期高齢者医療制度へ早期に移行することができます。

【お問い合わせ】 国保年金課 098-946-8981


◆難病・小児慢性特定疾病医療費助成制度

 対象となる疾病の治療を受けるとき、医療費の負担が軽減されます。

【お問い合わせ】 南部保健所 098-889-6945


 税金の

 減免


◆所得税・住民税

 納税者に障害がある場合や扶養親族(配偶者を含む)に障害のある人がいる場合は、所得金額から一定額が控除されます。

【お問い合わせ】 税務課 098-948-7124


◆自動車税・自動車取得税

 障害のある方が所有する自動車や、障害のある方のために使用される(通学・通所・通院等)自動車で、一定の要件を満たす場合に自動車税・自動車取得税の全額が減免されます。

<手帳要件> 身体:障害種類別に異なる/療育:A1・A2/精神:1級

【お問い合わせ】  

 軽自動車税:税務課 098-948-7124

 自動車税、自動車取得税:沖縄県自動車税事務所 098-879-1627


◆相続税

 相続人が85歳未満の障害者の場合に、一定額が相続税額から控除されます。

【お問い合わせ】 那覇税務署 098-867-3101


◆贈与税

 特定障害者の方の生活費などに充てるために、一定の信託契約に基づいて特定障害者を受益者とする財産の信託があったとき、贈与税の控除が受けられる場合があります。

【お問い合わせ】 那覇税務署 098-867-3101


◆個人事業税

 両眼の視力が0.06以下の方で、あんま、マッサージ、指圧、はり、きゅう等の事業を行っている方は事業税が非課税になります。

【お問い合わせ】 沖縄県総務部税務課 098-866-2101


◆小額貯蓄非課税制度(マル優)

 預貯金等の利子が元金350万円を限度として非課税となります。

【お問い合わせ】 各金融機関 


 その他 

 割引/

 減免等


◆施設使用料等の割引

 手帳を提示することで、公共施設や映画館・観光施設等で割引を受けることができます。

【お問い合わせ】 各施設


◆公共交通機関の割引

 公共交通機関利用時やチケットの購入時等に、障害者手帳を提示することで割引を受けることができます。

バス:50% / ゆいれーる:50% / タクシー:10% / JR・鉄道:50% / 船・フェリー:50% / 飛行機:会社別

※手帳の種類や各事業者の取り決めによって、割引が適用されない場合がありますので、利用の際は事前にお問合せください。

【お問い合わせ】 各事業者


◆NHK受信料の減免

 障害のある方を対象に全額免除と半額免除の2種類の免除制度があります。

 [全額免除] 世帯全員が住民税非課税

 [半額免除] ・障害のある方が世帯主 ・重度の心身障害者(身体:1・2級 /療育:A1・A2 /精神:1級) ・視覚/聴覚障害者

【お問い合わせ】 生きがい推進課 098-946-8985 


◆有料道路の割引

 日常生活(通勤・通学・通院等)において、有料道路を利用する場合に、事前に登録することで料金が半額になります。

※精神手帳は対象外です。

【お問い合わせ】 生きがい推進課 098-946-8985


◆携帯電話料金の割引

 基本使用料や各種サービスの割引が受けられます。

【お問い合わせ】 各携帯電話会社


◆保育料の減免

 世帯に障害がある方がいる場合、保育料の減免が受けられます。※所得制限有

【お問い合わせ】 児童家庭課 098-946-8995


 優遇


◆公営住宅への優先入居

 県営住宅に申し込んだ際、一般より当選率が優遇されます。

【お問い合わせ】 沖縄県住宅供給公社 098-917-2206


◆駐車禁止除外標章

 障害のある方が同乗している車において、公安委員会が交付するステッカー(駐車禁止除外標章)を車の前面左側に掲示することで、駐車禁止の規制から除外されます。

【お問い合わせ】 与那原警察署 098-945-0110


◆福祉定期預金

 障害年金や特別障害者手当等の受給者に対して、利息が通常より優遇される定期預金があります。

【お問い合わせ】 各金融機関


 生活支援


◆生活福祉資金貸付

日常生活を送る上や自立した生活を行うために一時的に必要であると見込まれる費用を貸付します。

【お問い合わせ】 社会福祉協議会 098-882-8861


 就労


◆障害がある方を対象とした職業訓練    

 就労に必要な知識や技能を修得するための様々な訓練コースがあります。

【お問い合わせ】 ハローワーク那覇 098-866-8609


 その他


◆ふれあい案内

 電話帳の利用が困難な方(視覚・上肢障害、知的・精神障害)を対象に、無料で電話番号をご案内します。

 ※事前に登録が必要です。

【お問い合わせ】 NTT 0120-104174

 

障害名・障害等級や所得に応じて、受けられるサービスに制限があります。詳しくは各制度の担当窓口までお問い合わせください。


ダウンロード 障害福祉で利用できる制度.pdf

 

 

 

12

 手話通訳等

 

◆手話通訳者による窓口対応、日常生活の相談受付

 聴覚または言語機能障害をお持ちの方、及びその家族などの、市役所での手続きのお手伝いや、日常生活の相談を担当する手話通訳者を設置しています。

 

◆手話通訳者及び要約筆記奉仕員派遣

 市内に居住する聴覚障害者、音声・言語機能障害者及び意思疎通を図ることに支障がある者に手話通訳等の方法により聴覚障害者等とその他の者の意思疎通を仲介する手話通訳者、要約筆記奉仕員を派遣しています。

 

◆手話奉仕員養成

 聴覚障害者との初歩的なコミュニケーション方法を学習することにより手話奉仕員を養成すると共に、市民へ広く手話を周知し、聴覚障害者への理解を求めることを目的とした講座を開催しています。

 

 

 

13

 障害者等の虐待相談/人権問題の相談

 

 障害児や障害者の虐待に関する通報や各種相談に応じます。


<相談窓口>

【平日8:30~17:15】  生きがい推進課 946-8985 

【平日9:00~17:00】  相談支援事業所「野の花」 880-0576

【平日の時間外及び土日祝祭日】  社会福祉法人ニライカナイ「鵠生の叢」 946-7177 

 

 

 

14

 障害者差別に関する相談

 

 行政機関や民間事業者から受けた不当な扱いや、配慮の無い対応についてのご相談に応じます。

 

<相談窓口>

 生きがい推進課 946-8985  (平日8:30~17:15) 

 

 

 

15

 障害に伴う各種相談受付

 

 市内に住む、障害児や障害者及びそのご家族等の様々なご相談を承ります。

 日常生活の困りごとや福祉サービス利用手続きなど、お気軽にご相談ください。電話でのご相談も承ります。


<相談窓口> 

 相談支援事業所 「野の花」 

  住所: 南城市大里字仲間1124-1

  電話番号: 098-880-0576   

  受付時間: 9~17時(土日祝祭日を除く)   

 

 

16

 心が苦しいときの相談

 

 病気、家族の問題、借金問題など様々な問題で自死を考えてしまう方に対し、専門員がお話を聞き不安や悩みの解決支援を行います。

 

<相談窓口> 

 南城市地域活動支援センター 「野の花」 

  住所: 南城市大里字仲間1124-1

  電話番号: 098-880-0576   

  受付時間(専門員配置時間): 12~16時 ※毎週水・土日祝日除く

この記事に関するお問い合わせはこちら

生きがい推進課

所在:〒901-1292 南城市大里字仲間807番地【大里庁舎】
TEL:098-946-8985
FAX:098-882-8114
MAIL:ikigai@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

琉球泡盛株式会社 多良川

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

ふるさと納税ポータルサイト

南城市ふるさと納税 Facebook

ふるさと納税 チョイス

Jネットレンタカー

スカイレンタカー

ページトップへ