南城市公式webサイト

暮らしの情報

南城市で生活される方のための暮らしの情報です。

ホーム > 暮らしの情報 > 国民年金

暮らしの情報

国民年金

◇国民年金とは

問い合わせ先 : 南城市役所 市民部 国保年金課 年金係 TEL(098)917-5327

国民年金は、老後や病気・けが等による障害など万が一のとき、年金を支給し生活を支える、国の運営する制度です。
20歳以上60歳未満の日本に住むすべての方が次の3種類のいずれかに加入します。さてあなたは?  

 

第1号被保険者

第2号被保険者

第3号被保険者

対象者

20歳以上60歳未満の自営業、農林漁業、自由業、無職の方、学生など

厚生年金や共済組合に加入している会社員・公務員など

厚生年金や共済組合の加入者に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の方

届出

納付方法

☆保険料は、自分で納めます

☆未加入の方は、すぐに年金窓口で加入手続きをしてください

☆保険料は天引きのため、自分で納める必要はありません

☆会社などを退職したら必ず年金窓口で手続が必要となります

☆配偶者の加入している制度団体が負担するため、自分で納める必要はありません

☆第3号被保険者に該当しても、届出がされていないと未納だとみなされます

加入手続

南城市役所国保年金課
国民年金担当窓口で行います。

厚生年金、共済組合加入と同時に国民年金に加入することになりますので届出は不要です。

第2号被保険者の勤務先で届出をしてください。

希望により加入することができる方( 任意加入 )

  • 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方
  • 海外に居住する20歳以上65歳未満の日本国籍を有する方
  • 昭和40年4月1日以前に生まれた人で、老齢基礎年金の受給資格を満たしていない65歳以上70歳未満の方

年金手帳の基礎年金番号

年金手帳には、基礎年金番号 が記載されています。基礎年金番号は 、年金に関する手続きやお問い合せ、年金を請求するときなどに必ず使用する1人に1つの年金番号です。

目次

★保険料の額★

国民年金の保険料は、性別、年齢、所得に関係なく一律です。

  • 月額16,340円(平成30年度)

日本年金機構から送付される納付書で、各金融機関・郵便局・農協・コンビニエンスストア(一部取り扱いを行っていないところもあります)などで納めてください。

★口座振替の申込方法★

口座振替は、あなたの指定の口座から自動的に引き落とされます。
納め忘れから年金が受けられなくなることもありませんのでとても便利です。

申し込みは

  • 金融機関窓口
  • 浦添年金事務所(TEL098-877-0343)
  • 南城市役所国保年金課年金係

必要なもの

  • 送付された納付書
  • 預貯金通帳
  • 金融機関届出印

注意点

  • 口座振替が開始されるまで、1~2ヶ月程度かかります。
  • 転出や取引金融機関の変更などの場合は、必ずお申し込みの金融機関などでの口座振替、解約・変更の届出をしてください。

★保険料の免除制度★

保険料を納めるのが困難な方は、免除制度があります。保険料を未納のままにしておきますと、将来年金を受けられない場合があります。
免除の手続きをしておきますと、年金を受ける権利が保障されます。

法定免除
(届出方式)

●  生活保護法による生活扶助を受けている人
●  障害基礎年金または被用者年金の障害年金(1・2級)の受給権者

保険料
全額免除

 申請免除
(申請方式)

    

●  所得が一定以下の人
●  天災・失業等の理由により、保険料を納付することが著しく困難な人

※所得が一定以下で保険料を全額納付することが困難な方
多段階免除納付制度開始
(平成18年7月から)
3/4免除・半額免除・1/4免除

保険料
一部免除
(一部納付)

平成30年度の免除期間は平成30年7月から平成31年6月までです。

全額免除期間は、保険料を納めなくてすみます。

  • 一部免除(一部納付)期間は、新たに届く一部納付の納付書で納めます。
    (一部納付の保険料を納付しなかった場合は、未納期間として取り扱われます。)

免除期間は、老齢年金や障害年金などの年金受給資格期間に算入されます。
各免除期間の年金受給保障額。

  • 全額免除期間は全額納めた場合の1/2(H21.3月分までは1/3)
  • 4分の3免除期間は全額納めた場合の5/8(〃1/2)
  • 半額免除期間は全額納めた場合の6/8(〃2/3)
  • 4分の1免除期間は全額納めた場合の7/8 (〃5/6)

免除期間は、10年以内に保険料を追納して、年金受給額を増やすことができます。

  • 〈3年目以降に追納する場合は、経過期間に応じて決められた加算率を乗じた額が加算されます。〉

※全額・3/4・半額・1/4免除はそれぞれに所得制限があります。世帯の構成人数等により所得制限額が異なりますので詳細はお問い合わせください。(毎年度申請が必要です。)
★全額免除・納付猶予申請が承認された方は翌年度以降の申請を省略することができます。
ただし、免除申請書に継続申請希望の表示をすること。(失業等による申請を除く)

★ 学生の方には『学生納付特例制度』★

学生の方は所得が少ないことが一般的であることから、学生本人の所得が一定額以下の場合に、在学期間中の保険料を後払いできる『学生納付特例制度』があります。
学生納付特例の承認を受けると、その期間中の障害や死亡といった不慮の事態には、障害基礎年金・遺族基礎年金を受けることができます。(その他の要件で給付できない場合もあります。)

  • Point1 本人の所得のみで所得要件を審査。
  • Point2 猶予された期間は、年金額に反映されません。
  • Point3 障害・遺族基礎年金を受け取ることができます。
    (その他の要件で給付できない場合もあります。)

◇申請手続きは、南城市国保年金課国民年金窓口で受付しております。

◇承認には前年の所得を確認する必要があるため、毎年申請が必要です。

◇承認期間は、4月から翌年3月までです。

★50歳未満の方へ!納付猶予制度★

所得が少ない方(50歳未満)が、将来、年金を受け取ることができなくなることを防止するため、保険料の納付が猶予される制度(納付猶予制度)です。

  • Point1 本人と配偶者の所得のみで所得要件を審査。
  • Point2 猶予された期間は、年金額に反映されません。
  • Point3 障害・遺族基礎年金を受け取ることができます。
    (その他の要件で給付できない場合もあります。)

◇申請手続きは、南城市役所国保年金課国民年金窓口で受付しております。

◇承認には前年の所得を確認する必要があるため、毎年申請が必要です。

◇承認期間は、7月から翌年6月までです。

国民年金の給付◇基礎年金は、次の3種類です。(年金額は平成30年度)

●将来、65歳から受けられる年金

老齢基礎年金
国民年金に加入して保険料を納めた期間(学生納付特例期間、免除期間及び厚生年金など他の年金の加入期間を含む)が10年以上ある人が65歳になったときから受けられます。

年金額77万9,300円(満額)

●万一の事故や病気によって障害が残った場合

障害基礎年金
国民年金加入者が事故や病気で障害が残ったときに受けられます。20歳前の事故や病気により障害が残った人は、20歳になると受けられます。

年金額

  • 1級障害    97万4,125円
  • 2級障害    77万9,300円

*子のある場合の加算額

  • 子が1人目・2人目、各224,300円
  • 3人目以降各、74,800円

●一家の働き手を亡くしたら

遺族基礎年金
国民年金加入者や老齢基礎年金を受けられる資格のある人が亡くなったとき、その人に生計を維持されていた子のある妻、または子が受けられます。
(子とは、18歳に達する日の属する年度末までの子または20歳未満の障害のある子)

年金額

  • 77万9,300円

子のある妻が受給する場合の加算額

  • 子が1人目・2人目、各224,300円
  • 3人目以降 各  74,800円

子が受給する場合の加算額

  • 子が1人目加算なし
  • 2人目224,300円
  • 3人目以降、各74,800円

◇第1号被保険者には、独自の給付があります

『付加年金』

第1号被保険者や任意加入被保険者が、定額保険料に付加保険料(月額400円)をプラスして納付すると、老齢基礎年金(年額)に付加年金(200円×支払月数)が上乗せされる制度です。

沖縄特別措置について

本土より遅れて始まった沖縄の国民年金制度に対する特別措置です。対象者は、大正15年4月2日~昭和25年4月1日までに生まれた方で、昭和36年4月1日~昭和45年3月31日までのあいだ沖縄に住んでいた方です。
沖縄に住所を有してなかった期間及び公的年金加入期間がある場合は、その期間を除いて適用されます。まだの方は早めに届出てください。

ライフスタイルが変わったら必ず届出を!

こんなとき どうする 届出先
【20歳になったとき】
  • 国民年金に加入の手続をする

・第1号被保険者→国保年金課

・第3号被保険者→配偶者の勤務先

【会社を退職したとき】
  • 国民年金に加入手続きをする(被扶養配偶者も同様)
  • 年金手帳・印鑑・離職証明書等を持参

・国保年金課

【配偶者の扶養からはずれたとき】
  • 第3号被保険者から第1号被保険者への種別変更の手続きをする

・国保年金課

【年金手帳を無くしたとき】
一号被保険者の方のみ
  • 再交付の手続きをする
  • 印鑑・免許証などの身分証を持参
・国保年金課
・浦添年金事務所(お急ぎの方)877-0343
【保険料が払えないとき】
  • 保険料免除・学生納付特例・納付猶予の申請をする
    (印鑑・年金手帳等)
・国保年金課
・浦添年金事務所877-0343
【国民年金の受給申請のとき】 年金をもらう
  • 老齢基礎年金(65歳になった時)
    第1号被保険者期間のみ
  • 障害基礎年金(障害になった時)
    初診日に第1号被保険者か20歳前に障害になった場合

・国保年金課
 あらかじめお問い合わせください

【死亡したとき】
年金をもらう
  • 国民年金加入中→遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金の請求
  • 基礎年金のみの受給者→未支給請求

・国保年金課
(特に受給者の場合はあらかじめお問い合わせください)

手続きには、年金手帳や必要な書類がありますので、事前に

  • 南城市役所    国保年金課  電話917-5327
  • 浦添年金事務所  国民年金課  電話877-0343(自動音声②→自動音声②)
  • 浦添年金事務所  お客様相談室 電話877-0343(自動音声①→自動音声②)

にお尋ねください。

日本年金機構ホームページhttp://www.nenkin.go.jp/

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

ふるさと納税 チョイス

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

オキナワインターナショナルスクール

ソニービジネスオペレーションズ(株)

ページトップへ