南城市公式webサイト

映像ライブラリ

南城市のさまざまなPR動画です

ホーム > 映像ライブラリ(日本語) > 有形文化財 > 海岸のハマジンチョウ群落

move『有形文化財』の動画一覧

  • 日本語
  • English
  • 中文(簡体字)
  • 中文(繁体字)
  • 한국어

佐敷地区の冨祖崎海岸にあるハマジンチョウ群落。
県内で、唯一ハマジンチョウが群生している場所です。
ハマジンチョウは、高さ1メートルから2メートルの背丈の低い木ですが、
九州から、沖縄、台湾などの地域の海岸だけに分布している珍しい種類で、
1月頃から、うす紫色の小さな花を咲かせ始めます。
ハマジンチョウの名前は、海岸に生育するジンチョウゲの意味で
枝葉の形状がジンチョウゲに似ているところからきていると言われています。

冨祖崎海岸のハマジンチョウ群落は、
昭和36年[ 西暦1961年]に、沖縄県の天然記念物に指定されています。

海岸のハマジンチョウ群落

映像ライブラリ一覧へ戻る

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ