南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2019年7月 9日

移動販売『かまるぅ』がスタート(2019/07/04)

『買い物に困っている方を支援したい』と、市内の公民館をまわる移動販売『かまるぅ』が5月より始動しました。移動販売を運営するのは、いとこ同士の金城麻希さんと知念愛さんです。

移動販売『かまるぅ』スタート

写真右から金城さん・知念さん

麻希さんはお姉さんの里奈さんと設立した一般社団法人とみ会で、子ども達の学習支援と夕食を提供する『ビッグ・ママ・ハウス』を運営しています。知念さんは2人をサポートしながら、麻希さんと一緒に移動販売で地域を巡ります。

現在は木曜日と金曜日に、希望があった7ヵ所の自治会の公民館へ出向き、ミニデイの時間帯などに合わせて移動販売を行っています。

子ども達の支援を通して、行政やなんじょう市民大学などの関係者から『買い物をしたくてもできない高齢者がいる』との話を聞き、移動販売車での支援を始めたという金城さんは「車などでの外出が難しい方でも、自分で買い物をする楽しみたい気持ちがあるはず」と語り「妊産婦さんなど買い物にでかけるとリスクがある方への支援もやっていきたい」と意気込みます。

 

移動販売『かまるぅ』スタート

南風原公民館での移動販売の様子

 

自治会によって買うものに違いがあり、仕入れに苦労すると話す知念さんは「牛乳や果物などのリクエストが多いです。高齢者の目線になって品物を選定しています」と利用者の気持ちに寄り添います。

この日は南風原公民館での販売があり、「注文したものはあるかね~」と常連さんからの言葉に「ちゃんと持ってきましたよ~」と元気な会話が飛び交います。

販売が終わると「ありがとうね~。来週もまた来てよ~」とお礼の言葉がおくられました。

 

お問合せ 一般社団法人とみ会 ☎098-955-7032(9時~17時)※定休日 水曜・日曜※

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年7月 8日

TEAMたまぐすく 第11回『和美さんの料理教室』開催(2019/07/06)

スポーツを通しての「地域コミュニティの創造」を目的に様々な活動を展開している一般社団法人TEAMたまぐすくが主催する人気のイベント『和美さんの料理教室』が、南城市中央公民館で開催されました。

TEAMたまぐすく 第11回『和美さんの料理教室』開催

国際薬膳食育師1級の資格を持つナチュラルフードコーディネーター・安次富和美さんの丁寧な指導のもと、参加した26名は『冬瓜と手羽中の煮込み』と『ナスとキノコの豆乳クリームそば』に挑戦しました。

TEAMたまぐすく 第11回『和美さんの料理教室』開催

桜エビを出汁に煮込む冬瓜と、豆乳で作るカルボナーラ風の沖縄そばは、簡単で美味と好評でした。

 

(記事と写真の提供・TEAMたまぐすく)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年7月 8日

県産品推奨月間市町村要請受入式(2019/07/05)

7月1日から31日は県産品奨励月間です。『うちなーの 未来をつくる 県産品』のテーマのもと、県産品優先使用要請団体が市役所を訪れ、県産品の優先使用を要請しました。

県産品推奨月間市町村要請受入式 県産品推奨月間市町村要請受入式

新屋勉副市長は「本市も公共事業の際には、県産品建設資材等の優先使用、需要拡大に引き続き取り組んでまいります」と瑞慶覧市長のあいさつを代読しました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

観光商工課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5387
MAIL:kankou@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年7月 3日

8月10日「ハートの日」婚姻届のカップルをなんじぃが祝福します♡(2019/07/03)

ハートの日を2人の記念日にしませんか?

8月10日「ハートの日」婚姻届のカップルをなんじぃが祝福します♡

8月10日(ハートの日/南城市市民平和の日)に南城市に婚姻届を提出するカップルに、市のキャラクター「なんじぃ」からプレゼントがあります。市役所で婚姻届を提出した後、ハートFMなんじょうで行われるセレモニーにご参加ください。

8月10日「ハートの日」婚姻届のカップルをなんじぃが祝福します♡

※先着3組様限定、お電話での事前予約が必要です。条件や注意点などがございます。詳しくは下記をご覧ください。

 

≪8月10日(ハートの日)婚姻届記念スペシャル~ハートの日を二人の記念日にしませんか?~≫

【対象】2019年8月10日(土)に南城市役所に婚姻届を提出される方(事前電話予約必須)※先着3組限定
【条件】婚姻届を提出後、2人でハートFMなんじょう(イオン南城大里)で行われるセレモニーに参加できる方
【窓口】南城市役所( 南城市佐敷字新里1870番地)※土曜日なので警備員に提出
【募集期間】7月26日(金)17時まで
【注意】※場合によってはなんじぃが立ち会えないことがあります。
    ※プレゼントは先着3組限定となります。
    ※上記の条件を満たさない届出ももちろん可能です
   (ただし、なんじぃの立ち会い、プレゼントは対象外となります)
    ※南城市に本籍・住所がない方の届出については、注意点がありますのでお問合せください。


【お問合せ】南城市役所 市民課 (戸籍係) ☎098-917-5309(土・日・祝日を除く8:30~17:00 土・日・祝を除く)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年6月25日

光南建設が社協へ寄付(2019/06/25)

光南建設株式会社の津波克守社長(写真中央)と福地連之主任(同左)が南城市社会福祉協議会(社協)を訪れ、寄付金50万円を贈呈しました。同社は平成27年から毎年、社協へ寄付を行っています。

光南建設が社協へ寄付

津波社長は「地域福祉のためにご活用ください」と贈呈しました。

社協の阿嘉広雄会長は「毎年きていただいて本当に助かります」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年6月24日

『南の島の洞くつ探検』に学童の子ども達がチャレンジ(2019/06/22)

国内最大級の鍾乳洞『玉泉洞』(おきなわワールド内)で、『南の島の洞くつ探検』が今年も開催されます。

7月13日からのスタートに先がけて、地元学童の子ども達22名がツアーに参加しました。

『南の島の洞くつ探検』に学童の子ども達がチャレンジ 『南の島の洞くつ探検』に学童の子ども達がチャレンジ

子ども達はヘルメットと探検服を装着し、ヘッドライトの灯りを頼りに一般公開されていない未公開エリアをガイドと共に探検。

『南の島の洞くつ探検』に学童の子ども達がチャレンジ 『南の島の洞くつ探検』に学童の子ども達がチャレンジ

むき出しの岩の間や、洞くつ内に流れる地下水にも浸りながらも難所を乗り越え、笑顔で前進しました。

『南の島の洞くつ探検』に学童の子ども達がチャレンジ

探検を終えた子ども達は「ストロー鍾乳洞やつらら石がきれいだった」、「水が冷たくてビックリ」と喜びました。

 

(記事と写真の提供・おきなわワールド 文化王国・玉泉洞)

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年6月24日

恒久平和へ祈り アブチラガマ慰霊祭(2019/06/23)

6月23日、慰霊の日。糸数区のアブチラガマにて『アブチラガマ慰霊祭』が執り行われ、参列者は正午の時報に合わせ黙祷し、鎮魂と恒久平和へ祈りを捧げました。

恒久平和へ祈り アブチラガマ慰霊祭 恒久平和へ祈り アブチラガマ慰霊祭

戦時中に負傷し、住民から食料をもらうなどしてアブチラガマで約3カ月過ごし生きながらえた元日本兵の日比野勝廣さんの娘で、4姉妹の日比野裕子さん、清水糸子さん、中村桂子さん、柳川たづ江さんも参列し、御霊へ手を合わせました。4人は勝廣さんがお亡くなりになってからも慰霊祭に参列し、勝廣さんの戦争体験談と平和への想いを語り継ぐ活動を続けています。

恒久平和へ祈り アブチラガマ慰霊祭 恒久平和へ祈り アブチラガマ慰霊祭

慰霊祭の後には糸数アブチラガマ案内センターで平和講話が行われ、柳川たづ江さんによる腹話術を駆使した勝廣さんの戦争体験談に、参加者は熱心に耳を傾けました。

 

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年6月23日

平和講話『元日本兵の父の沖縄戦・記憶の重さを語り継ぐ』(2019/06/22)

南城市中央公民館公開講座・平和講話『元日本兵の父の沖縄戦・記憶の重さを語り継ぐ』(共催:南城市青少年育成市民会議)が、同公民館のホールで開かれました。

平和講話『元日本兵の父の沖縄戦・記憶の重さを語り継ぐ』

講師を務めたのは、元日本兵の日比野勝廣さんの娘で4姉妹の中村桂子さん、日比野裕子さん、清水糸子さん、柳川たづ江さんです。

平和講話『元日本兵の父の沖縄戦・記憶の重さを語り継ぐ』 平和講話『元日本兵の父の沖縄戦・記憶の重さを語り継ぐ』

勝廣さんは戦時中に負傷し、南風原陸軍病院の分室となっていた糸数区のアブチラガマで約3カ月過ごし、住民から食料をもらうなどして命を取り留めました。

「私の命は沖縄の民に沖縄の自然『ガマ』に守られ救われ生かされた」と4人に話した勝廣さんは、戦後に沖縄へ100回以上訪問し、修学旅行生などへ戦争の悲惨さを語り、自身の戦争体験を手記にまとめるなどして、恒久平和を訴えてきました。

10年前に勝廣さんが亡くなったあとも、4人は6月23日に行われるアブチラガマ慰霊祭に参列し、勝廣さんの沖縄戦・記憶の重さを語り継いでいます。

平和講話『元日本兵の父の沖縄戦・記憶の重さを語り継ぐ』 平和講話『元日本兵の父の沖縄戦・記憶の重さを語り継ぐ』 

講話では、勝廣さんの戦時中の足跡、自分だけが生き残ってしまったことへの自責の念、戦後に人形職人となり玉城幼稚園などにひな人形や五月人形を贈ったことなどを、4人それぞれの気持ちを込めながら話しました。

平和講話『元日本兵の父の沖縄戦・記憶の重さを語り継ぐ』

腹話術で沖縄戦や勝廣さんについて講話したたづ江さんは「父は沖縄の人たちとのあたたかいつながりを残してくれた。4人で父の想いを次の世代につなげたい」と語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年6月22日

令和元年度 南城市戦没者慰霊祭(2019/06/21)

令和元年度南城市戦没者慰霊祭(共催:南城市遺族連合会・南城市)がグスクロード公園で執り行われ、各種団体の代表が御霊に祈りを捧げました。

令和元年度 南城市戦没者慰霊祭 令和元年度 南城市戦没者慰霊祭

瑞慶覧市長による弔辞  / 中学生による平和の詩の朗読

 

令和元年度 南城市戦没者慰霊祭 令和元年度 南城市戦没者慰霊祭

参列者による焼香

 

みんなで考えたという詩を朗読した玉城中3年の中村仙汰さんと安座間愛佳さんは「戦争で亡くなった方へ想いを込めました。安らかに眠ってほしい」と語りました。

以下、中村さんと安座間さんが朗読した詩です。(画像をクリックしてください)

令和元年度 南城市戦没者慰霊祭

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年6月19日

津波古区 有機フッ素化合物調査報告&健康講演会(2019/06/16)

京都大学の小泉昭夫名誉教授と原田浩二准教授が調査をした、津波古区民60名の血中の有機フッ素化合物の濃度ついての報告会が同公民館で行われました。同調査は宜野湾市でも行われています。

津波古区 有機フッ素化合物調査報告&健康講演会

津波古区民の血中濃度は全国平均よりも高いものの、健康への影響はないことが報告されました。今回の調査対象となった水道水以外にも汚染経路がある可能性を示し、今後は大気調査を実施することが説明されました。

津波古区 有機フッ素化合物調査報告&健康講演会 津波古区 有機フッ素化合物調査報告&健康講演会

報告後には小泉名誉教授による認知症についての健康講演会が開かれ、参加した47名の区民は認知症の人と接する心構えや地域で支える必要性を学びました。

 

(写真と資料の提供・津波古区)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ