南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2016年10月26日

津波古花咲かす会が花植え ハーフマラソンのコースを彩る(2016/10/16)

11月6日に開催される『第15回尚巴志ハーフマラソンin南城市』大会へ向けて、コースの津波古交差点で花植え作業が行われました。

津波古花咲かす会が花植え ハーフマラソンのコースを彩る

津波古区を花でいっぱいにする活動を行っている「津波古花咲かす会」のメンバー10名が参加し、ベゴニア600本を丁寧に植え付けました。

津波古花咲かす会が花植え ハーフマラソンのコースを彩る

津波古交差点はハーフマラソンの最初の関門。大会期間中だけでなく、南城市の玄関口として、津波古花咲かす会が手入れした花がいつも迎えてくれます。

花植え作業をしていると、信号待ちをしているトラック運転手から感謝をもらうことがあるそうです。会長の古堅苗さんは「感謝の声をもらうと花植えももっと楽しくなる。花も喜んでいるはず」と笑顔でした。

 

多くの皆さまに支えられている『第15回尚巴志ハーフマラソンin南城市』は11月6日午前9時スタート。
詳しくは、尚巴志ハーフマラソン in 南城市 公式サイト ( http://www.shouhashi.jp/ )まで。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月26日

『フィリピン ビクトリーフェスティバル』 開催&現地での活動報告会(2016/10/16、10/18)

南城市制10周年記念イベント『フィリピン ビクトリーフェスティバルin南城2016』(主催:NPO法人レキオウィングス 後援:南城市、JICA帰国専門家連絡会、りゅうぎん国際化振興財団、JICA沖縄国際センター)が、がんじゅう駅・なんじょうで開催されました。

『フィリピン ビクトリーフェスティバル』 開催&現地での活動状況報告会

南城市は、フィリピン共和国のビクトリアス市と農業と観光分野での技術支援協定を交わし、JICA草の根技術協力事業により、本市のオープンガーデンや民泊、有機農法や農業の6次産業化などの技術、組織・運営に関する仕組みづくりを支援する事業を行っています。

『フィリピン ビクトリーフェスティバル』 開催&現地での活動報告会 『フィリピン ビクトリーフェスティバル』 開催&現地での活動報告会

『フィリピン ビクトリーフェスティバル』 開催&現地での活動報告会

フィリピンの魅力を感じることができるフェスティバルには、JICA青年海外協力隊としてビクトリアス市へ派遣されている市職員の仲里みかるさんをはじめ、ビクトリアス市からの研修生やJICA沖縄の海外研修生なども参加し、国際色豊かなイベントとなりました。

『フィリピン ビクトリーフェスティバル』 開催&現地での活動報告会

18日には仲里さんの活動中間報告会が南城市役所で行われ、ビクトリアス市を知ってもらうために、市のキャラクター・トリィちゃんのダンスを使い、バランガイ(行政区)の魅力をSNSで発信する取り組みやオーガニックマーケット(野菜直売所)のオープン、環境美化のクリーンアップなど活動状況が報告されました。今後は、観光マーケティングの強化や、市民の環境意識を高めるイベント企画を展開していくことも報告されました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月26日

産学官と中高生が連携して地域商品開発へ 『なんラボ』がスタート!(2016/10/16)

学生と生産事業者、製造企業とのタイアップで地域商品を開発する「中高生プロデュース南城特産品商品サイエンスプロジェクト・ラボ(なんラボ)」が始動しました。

産学官と中高生が連携して地域商品開発へ 『なんラボ』がスタート!

なんラボでは週末を利用して、プロ指導によるビジネス、英語、科学技術を柱としたワークショップや、市内の事業者や生産者を訪ねて実例を学び、南城市の特産品を活用したビジネスモデルの構築と、学生プロデュースによる南城ブランドの創出を目的としたプロジェクトです。

参加者はワークショップを重ねながらアイディアを形にしていき、12月10日に沖縄科学技術大学院大学で開催される英語プレゼンコンテスト『第5回SCORE!』へ挑戦します。来年1月9日には南城キャリア教育まつり(仮称)で、開発した商品のプレゼン発表も行います。

産学官と中高生が連携して地域商品開発へ 『なんラボ』がスタート!

この日行われた説明会には、多くの中高生が参加し、プロジェクトの概要を熱心に聞き入りました。

産学官と中高生が連携して地域商品開発へ 『なんラボ』がスタート!

ゲストとして招かれたカッシーニ株式会社代表取締役兼CEOの仲田洋子さんは、中学時代に好奇心から始めたプログラミングをきっかけに、15歳で起業した昭和薬科大学付属高校の2年生。

産学官と中高生が連携して地域商品開発へ 『なんラボ』がスタート!

起業後、ビジネス手法を学ぶために単独渡米し、サンフランシスコでインターンシップをした経験を話し「自分の意思を貫き通したから今がある。挑戦することで見えてくるものがある」と参加者にエールを送りました。

 

全10回開催されるワークショップは無料で、学校の行事やテストが重なった場合は欠席してもOK。途中参加もできるそうです。

なんラボでは、SNSで情報を発信中。あなたもチャレンジしてみませんか?

 

なんじょう産学官連携人材育成協議会
facebookページ : https://www.facebook.com/nanjomedialab/
Twitterネーム: ”nan-lab”  Twitter ID : https://twitter.com/nanjo_media_lab
代表メール:info.@nan-lab.com

※この事業は、沖縄県商工労働部雇用政策課就業意識向上支援事業と、なんじょう産学官連携人材育成協議会のキャリア教育推進事業の一環として行われ、中高生を対象とした地域リーダー人材育成のワークショップです。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月26日

堀川農村公園で3世代キャンプ(2016/10/15-10/16)

『地域の子は地域で育てる』を目的に、地域の3世代がキャンプ通してお互いの顔を知ってもらい交流を図る『第1回いちゃりばフッチャー三世代交流会』(主催:堀川区、堀川子ども会、堀川青年会)が、堀川農村公園で行われました。

堀川農村公園で3世代キャンプ 堀川農村公園で3世代キャンプ

堀川農村公園で3世代キャンプ 堀川農村公園で3世代キャンプ

参加者は広々とした芝生が広がる公園で、竹馬や虫かご作りなどの昔の遊びや、バーベキューやキャンプファイヤーなどで交流を深めました。

堀川農村公園で3世代キャンプ 堀川農村公園で3世代キャンプ

区長の港川猛さんは「キャンプでお互いの顔を知ってもらい、昔の様に地域ぐるみで子ども達を育てる環境を作っていきたい」と初開催のキャンプに期待を込めました。

堀川農村公園で3世代キャンプ

お孫さんと一緒に参加した山田正喜さんは「孫との距離が近くなるとてもいいイベント。青年達も協力してくれてとてもありがたい」と笑顔。お孫さんの涼葉さん、正翔さん、涼紗さんもキャンプファイヤーや花火をしてキャンプを満喫した様子でした。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月26日

初開催『志喜屋公民館まつり』(2016/10/15-10/16)

地域力を活かした大きなイベントで区を盛り上げようと、2年ごとに行っている「敬老会」と「十五夜遊び」を合わせた区民手作りの『志喜屋公民館まつり』が、10月15日・16日の2日間にわたり開催されました。

初開催『志喜屋公民館まつり』 初開催『志喜屋公民館まつり』

会場となった公民館では、地域の昔の写真や盆栽・絵画などの作品や、同じ苗字が多い志喜屋区で新たに屋号をつける「ヤーンナープロジェクト」の紹介などの展示が行われ、多くの来場者で賑わいました。

初開催『志喜屋公民館まつり』 初開催『志喜屋公民館まつり』

展示のほか、1日目は、区出身の戦没者を祀った「靖魂之塔」の改修除幕式と祝賀会が行われ、2日目の敬老会と十五夜遊びでは、うちなー口で人気の芸人・じゅん選手による司会のもと、公民館前広場の特設ステージで区民による多彩な特技が披露されました。

初開催『志喜屋公民館まつり』 初開催『志喜屋公民館まつり』

月明かりの下、琉舞や空手、子ども達によるエイサーやスーマチなどの熱演に大きな拍手がおくられ、最後は会場一体となったカチャーシーで幕を閉じました。

(写真の提供・志喜屋区)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月25日

恒久平和を次の世代へ。志喜屋区「靖魂之塔」全面改修 (2016/10/15)

志喜屋公民館前広場の一角にある、日清戦争から太平洋戦争までの区出身の戦没者を祀った「靖魂之塔」の改修除幕式が行われました。

恒久平和を次の世代へ。志喜屋区「靖魂之塔」全面改修

旧知念村では、11ある行政区のうち9区が独自で慰霊祭を毎年開催していて、志喜屋区でも1951年に靖魂之塔を建立し、戦没者の御霊を追悼してきました。

しかし、65年の月日による老朽化により刻銘板が見えなくなり、塔自体も崩壊の可能性が危惧され、遺族や地域から改修の声があがっていました。
そこで志喜屋区が南城市遺族会へ相談したところ、知念村時代の遺族会の積立金を旧知念村の各区へ平等に分配することになり、分配金と区在住者や出身者から募った浄財と併せて、改修費用に充てました。

恒久平和を次の世代へ。志喜屋区「靖魂之塔」全面改修 恒久平和を次の世代へ。志喜屋区「靖魂之塔」全面改修

除幕式で志喜屋区長の親川仁寛さんは「平和の礎として、子や孫の代まで平和を見守ってください」と塔を前に感慨深くあいさつ。

改修された塔の刻銘板には、戦没者の屋号と、遺族からの申し出があった刻銘されていなかった方の名前も追刻されています。式後には遺族や関係者が花を奉げ、恒久平和を願い手を合わせ、御霊に祈りを捧げました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月24日

第2回南城市民ミュージカル「太陽の門 -新ムラヤー版-」 稽古が本格スタート(2016/10/12)

来年2月18日・19日に上演される第2回南城市民ミュージカル「太陽の門 -新ムラヤー版-」の稽古が本格的にスタートしました。

第2回南城市民ミュージカル「太陽の門 -新ムラヤー版-」 稽古が本格スタート

プロが認める素晴らしい響きのシュガーホールで、大人の声も、子どもの声も、奥の客席までしっかり届けるために、まずは発声練習。声楽家の喜納響さんの指導のもと、一人ひとりお腹から声を出します。

第2回南城市民ミュージカル「太陽の門 -新ムラヤー版-」 稽古が本格スタート 第2回南城市民ミュージカル「太陽の門 -新ムラヤー版-」 稽古が本格スタート

声出しの後はミュージカルのテーマ曲「めぐる太陽」を全員で歌い、配役ごとの練習がはじまります。

第2回南城市民ミュージカル「太陽の門 -新ムラヤー版-」 稽古が本格スタート 第2回南城市民ミュージカル「太陽の門 -新ムラヤー版-」 稽古が本格スタート

出演者は仕事や学校を終えて集まり、厳しさと楽しさが入り混じった稽古。こうした一日一日の積み重ねが大きな感動へと繋がっていきます。

 

・第2回南城市民ミュージカル「太陽の門 -新ムラヤー版-」
公演:2017年2月18日(土)・19日(日)
会場:南城市文化センター・シュガーホール

第2回南城市民ミュージカル「太陽の門 -新ムラヤー版-」のfacebookページでも情報発信中です!!

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月24日

将来の夢を見つける「お仕事調査隊」(2016/10/12)

働く人々の生き方や考え方に直接触れ、将来の仕事や生き方について考える『お仕事調査隊』が、大里南小学校で開催されました。

将来の夢を見つける「お仕事調査隊」 将来の夢を見つける「お仕事調査隊」

4年生が参加したお仕事調査隊では、パティシエ、警察官、消防士、記者、美容師、スポーツ選手、漁師、印刷業、看護師、パイロット、アナウンサー、クリエーターなど様々な職種のプロフェッショナルがゲストティーチャーとなり、自身の仕事への思いを話しながら、子ども達の質問などに答えました。

将来の夢を見つける「お仕事調査隊」 将来の夢を見つける「お仕事調査隊」

将来の夢を見つける「お仕事調査隊」 将来の夢を見つける「お仕事調査隊」

将来の夢を見つける「お仕事調査隊」 将来の夢を見つける「お仕事調査隊」

サッカー選手のFC琉球・濱田克大さんがリフティングを披露すると、子ども達から歓声があがりました。

将来の夢を見つける「お仕事調査隊」 将来の夢を見つける「お仕事調査隊」

将来の夢を見つける「お仕事調査隊」

一流の技を間近で体感し、直接話しを聞いた子ども達。将来の夢へ一歩近づいた様です。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

生涯学習課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5369
MAIL:syougai@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月24日

玉城中学校「生活習慣と健康」教室(2016/10/12)

調和のとれた生活と生活習慣病を予防し、未成年の喫煙・飲酒・薬物乱用が心身の健康と人格形成に重大な影響を与えること学び、生徒一人ひとりが、適切な健康管理ができるようなライフスタイルを身につけることを目的とした「生活習慣と健康」教室が、玉城中学校で行われました。

玉城中学校「生活習慣と健康」教室 玉城中学校「生活習慣と健康」教室

百名小学校の学校薬剤師をつとめている県薬剤師会の前濱朋子さんを招いての授業では、修学旅行を控えた3年生が、喫煙・飲酒・薬物乱用による体への悪影響や、未成年ほど依存性が高くなる実情を学びました。

玉城中学校「生活習慣と健康」教室

前濱さんは「害を知って、はじめからやらないことが大切。喫煙・飲酒・薬物を誘わられたらきっぱり断って、周りの大人にすぐ相談して」と訴えました。

玉城中学校「生活習慣と健康」教室

授業を聞いた3年生の代表は「害を知って恐くなりました。すすめられたら断り、大人になっても気を付けようと思いました」と感想を語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月24日

大里南小学校 人権の花植え付け式(2016/10/12)

花を植えることで、命の大切さや人権を尊重する心を育てる『人権の花』の植え付け式が、大里南小学校で行われました。

大里南小学校 人権の花植え付け式 大里南小学校 人権の花植え付け式

植え付け式は全国で展開されている「人権の花運動」の一環で、平成28年度「人権の花」運動指定校となっている同校では、「感謝の気持ちで大切な花を育ていじめのない学校にします」など学年ごとにテーマを設定しています。

大里南小学校 人権の花植え付け式 大里南小学校 人権の花植え付け式

6年生の桑江雄大さんが「クラスの友達や家族を大切にし、仲良く過ごしていきましょう」と代表あいさつをして、各学年の代表と南城市人権擁護委員がプランターへ花を植え付けました。

大里南小学校 人権の花植え付け式 大里南小学校 人権の花植え付け式

植え付けた花は12月の「人権の花」開花式まで、児童によって大切に育てられます。

大里南小学校 人権の花植え付け式

最後に児童全員で「いのちの命」を歌い、人権を大切にすることを誓いました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

生活環境課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5318
FAX:098-917-5426
MAIL:seikatsu@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ