南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2016年11月30日

前川区自治会むらおこし芸術祭 開催(2016/11/25-11/27)

伝統芸能が色濃く残り、自然豊かな前川区の魅力がつまった『前川区自治会むらおこし芸術祭』が前川むらやーで開催されました。

前川区自治会むらおこし芸術祭 開催 前川区自治会むらおこし芸術祭 開催

前川区自治会の魅力をひろめ、地域活性化につなげようと、地域・アーティスト・企業が連携して初めて開催された手作りの芸術祭では、陶芸、木工、盆栽、織物、紅型、三味線のほか、フランス人アーティストのキリアン・マドレーヌさんよる石の彫刻など様々な作品が楽しめます。

前川区自治会むらおこし芸術祭 開催 前川区自治会むらおこし芸術祭 開催

前川区自治会むらおこし芸術祭 開催 津波古公民館(11/28津波古公民館健康教室の写真データの件)

オープニングセレモニーで前川区自治会長の當山全章さんは「前川の魅力を多くの方に見てほしい」とあいさつ。

津波古公民館(11/28津波古公民館健康教室の写真データの件) 津波古公民館(11/28津波古公民館健康教室の写真データの件)

芸術祭では、区出身・在住のアーティストによる作品のほか、サキタリ洞遺跡跡(ガンガラーの谷)より出土した遺物の写真展示や、押し花体験教室などが開かれ、来場者は前川区の文化芸術を堪能しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月30日

平成28年度 海外移住者子弟研修生 研修報告会(2016/11/24)

今年度の海外移住者子弟研修生として、9月から約3か月間、研修を行ってきたアリアス・玉城 レアンドロ ゴンサロさんの研修報告会が玉城庁舎2階ホールで行われました。

平成28年度 海外移住者子弟研修生 研修報告会

南風原区出身の祖母を持つレアンドロさんは20歳の大学生。研修では三線や郷土料理などを学んだほか、10月28日の『ウチナーンチュ大会inなんじょう』で来県した県系人へ尚巴志紙芝居をスペイン語で披露しました。

平成28年度 海外移住者子弟研修生 研修報告会 平成28年度 海外移住者子弟研修生 研修報告会

研修報告会では、研修の様子の紹介や、3か月間学んだ三線を弾き「安波節」や「十九の春」を三線の師匠らと一緒に披露。安里屋ユンタでは独演で三線と歌声を響かせました。

平成28年度 海外移住者子弟研修生 研修報告会

レアンドロさんは「写真でしか知らなかった沖縄は、みんな親切で優しくて自分の家にいるような感じ。おばあちゃんと一緒に歩いている気がした」と研修を通して古里とつながった様子。

研修でお世話になった方々へお礼の言葉をおくり「沖縄で習ったことをアルゼンチンで伝えていきたい」と文化交流の架け橋への意気込みを語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

まちづくり推進課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5394
FAX:098-917-5424
MAIL:machi@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月29日

弁護士が先生に 玉城小学校で『いじめ予防授業』(2016/11/24)

玉城小学校で弁護士による『いじめ予防教室』が行われました。

弁護士が先生に  玉城小学校で『いじめ予防授業』

サイオン法律事務所の弁護士・横井理人さんが先生となり、実際の事件を題材にいじめについて5年生へ授業を行いました。

横井さんは「いじめとは人として大切にされていない状態、安心して生活できていない状態です」と語り、「人として大切にされる権利『人権』を尊重し、言葉で人を守る仕事をしている弁護士は、許されるいじめはないと考えている」と子ども達に伝えました。

弁護士が先生に  玉城小学校で『いじめ予防授業』

県外の小学校と中学校で起こったいじめを紹介し、いじめで亡くなった子どもの遺書を読み上げ「暴力だけでなく、ひどいことを言ったり、ちょっと無視したりなど、程度に関係なくいじめは誰かの命を落とすことにつながります」と指摘。

弁護士が先生に  玉城小学校で『いじめ予防授業』

ひとりひとりの心の大きさをコップに例えて「自分のコップも相手のコップも見ることができない。ちょっとしたいじめが最後の一滴になってしまうことがある」と、傷つけられるとコップに水が溜まり、耐え切れなくなり水が溢れてしまうと命を落としてしまう、いじめが目に見えない心を傷つけていることについて説きました。

弁護士が先生に  玉城小学校で『いじめ予防授業』

いじめている側はいじめていると気づかず、いじめを受けている側は「やめてほしい」と言い出すことが難しい状況になるいじめは、周りで見ている人がかばったり守ったりすることで予防できると話し「いじめられた後でも、ひと声かけてあげるだけで心は強くなる。いじめられている人を一人にしてはダメ。自分がいじめられても一人になってはダメ」と訴えました。

弁護士が先生に  玉城小学校で『いじめ予防授業』

子ども達は真剣な姿勢で授業を受け、いじめを許さない心を学びました。玉城小学校では、11月29日にも6年生を対象とした同様の授業が行われます。

 

横井さんが所属する沖縄県弁護士会の子どもの権利委員会では、『子どもをの悩み事110番』を開設しています。いじめ、不登校、家庭や学校での暴力、インターネットトラブルなどの相談に無料で弁護士が応じます。

『子どもをの悩み事110番』は毎週月曜日16時~19時(祝祭日は除く)、電話は098-866-6725です。 ※保護者からの子どもに関する悩みも受け付けているそうです。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月29日

バスに揺られて南城を再発見 『730バス 音楽ゆらり旅』(2016/11/18-11/20)

様々なアーティストの演奏を楽しみながら、南城市の風光明媚な景色をゆったり旅する『730バスで行く なんじょう音楽ゆらり旅』(主催:同実行委員会)が今年も開催されました。

バスに揺られて南城を再発見 『730バス 音楽ゆらり旅』

730バスとは・・・1978年、沖縄県では自動車の対面交通が右側通行から左側通行に変更されることになり、県内各バス会社は左側で乗降できる新車が必要になりました。この時に導入された新車のバスが、変更月日が7月30日にちなんで『730バス』と呼ばれています。

バスに揺られて南城を再発見 『730バス 音楽ゆらり旅』

当時は県内に1034台の新車が走っていましたが、現存している730バスは2台のみ。そのうちの1台で、東陽バスでいまも稼働している『1978年式日野RE101型』での南城路の旅となりました。

バスに揺られて南城を再発見 『730バス 音楽ゆらり旅』 バスに揺られて南城を再発見 『730バス 音楽ゆらり旅』

旅の前半は、神戸から参加の赤木一考さん。華麗なギターテクニック、あたたかい歌声と軽妙なトークで車内を沸かせました。

バスに揺られて南城を再発見 『730バス 音楽ゆらり旅』 バスに揺られて南城を再発見 『730バス 音楽ゆらり旅』

次に乗車したアーティストはピアニストの平良優子さん。馬天小学校から借りた40年前のアコーディオンで「ふるさと」などの懐かしい曲を演奏。車内は歌声喫茶の様な雰囲気に包まれました。

バスに揺られて南城を再発見 『730バス 音楽ゆらり旅』 バスに揺られて南城を再発見 『730バス 音楽ゆらり旅』

最後に乗車したのは、若手三線奏者の福治光広さん。ニライカナイ橋から久高島を眺めながら、久高島出身の福治さんによる民謡『久高通い船』を楽しむ、南城市でしか味わえない瞬間です。

バスに揺られて南城を再発見 『730バス 音楽ゆらり旅』

最後は車内一体となってのカチャーシー。天気にも恵まれ、乗客の皆さは最高の景色と音楽を満喫した様子でした。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月29日

南城市中学生議会 中学生議員が南城市の輝く未来を描く(2016/11/15)

未来を担う南城市の中学生が議員となり、市議会の模擬体験をする『平成28年度南城市中学生議会』(主催:南城市教育委員会、共催:南城市、南城市議会、南城市選挙管理委員会、南城市青少年育成市民会議)が、玉城庁舎の市議会議場で開かれました。

南城市中学生議会 中学生議員が南城市の輝く未来を描く

1日限定で開かれた議会では、『私たちの描く南城市の輝く未来に向けて』をテーマに、市内5つの中学校から選ばれた21名の生徒が議員となり、南城市の教育・歴史・文化、健康・福祉、防災・防犯、まちづくりなどから9つの一般質問を考えました。

南城市中学生議会 中学生議員が南城市の輝く未来を描く 南城市中学生議会 中学生議員が南城市の輝く未来を描く

各学校の代表議員が登壇して一般質問を行い、本物の議会と同じように南城市の各部局長が答弁する形で進行しました。

南城市中学生議会 中学生議員が南城市の輝く未来を描く 南城市中学生議会 中学生議員が南城市の輝く未来を描く

具志堅大悟議員(佐敷中3年)の一般質問『世界へつなぐまちづくりについて』では、市が行っているアメリカや中国への海外短期留学についてふれ、「留学に行くだけではなく、ホームステイなどで海外の人たちを招いて南城市のことを教える取り組みをやってみては」と提案しました。

再質問では市長の答弁を引き出す場面もあり、活発な議会となりました。

南城市中学生議会 中学生議員が南城市の輝く未来を描く

最後に、南城市の未来のために各中学校から挙げられた5つの宣言が決議され、中学生議会は閉会しました。

 

私たちの描く南城市の輝く未来に関する決議

1.一人一人が意識を高め、自分の命は自分で守るよう心がけ、安全で安心できる南城市にすることを誓います。(佐敷中学校)

2.てくてく登校や運動、食事、睡眠のバランスを心がけ、健康促進に取り組みます。(知念中学校)

3.地域のおじぃおばぁに積極的に声をかけたり助けたりして久高島でよりよく過ごせるように心がけます。(久高中学校)

4.自主勇往をモットーに日々の授業に積極的に取り組みます。(大里中学校)

5.私たちはたくさんの本にふれあえることに感謝し、読書を通して明るく豊かな心をつくることを宣言します。(玉城中学校)

平成28年11月15日   
南城市中学生議会

 

南城市中学生議会 中学生議員が南城市の輝く未来を描く

議会の前半の議長を務めた津波杏音議員(佐敷中3年)は、円滑な議会運営のために全議員の名前を覚えての挑戦。大きな失敗もなく前半を終え「無事に終わって良かった」と胸をなでおろしつつ、後半の一般質問では「答弁を聞いて、再質問を練り直しました。市長の考えを直接聞くことができて良かった」と笑顔で振り返りました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

生涯学習課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5369
MAIL:syougai@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月25日

海外での企業でチャンスをつかむ 玉城中学校でキャリア講話(2016/11/21)

玉城中学校で1・2年生を対象としたキャリア講話が行われました。
講師をつとめたのは、知念小学校、知念中学校、知念高校、沖縄国際大学を卒業した高田睦史さん。

海外での企業でチャンスをつかむ 玉城中学校でキャリア講話

高田さんは大学を卒業後、東京で就職。2011年3月に発生した東日本大震災を目の当たりにし、会社の理解を得た上で退職し、被災地の岩手県大槌町でボランティア隊長として支援活動を行いました。

ボランティア活動をしている時に、活動資金を募金や助成金などに頼っているだけではだめだと感じ、自らビジネスを起こすことを決意。

海外での企業でチャンスをつかむ 玉城中学校でキャリア講話

経済発展が著しい東南アジアにチャンスを見出し、クレーン車などの重機を売ろうと考え、現地や様々な企業を訪問。しかし、実際には需要がないことがわかり、代わりにカンボジアにはまだ根付いていない高級車のコーティングの業種に目をつけ、すぐに会社を立ち上げました。

周りの大人からカンボジアでのビジネスは失敗すると言われながら、自分の目でみたことを信じ、信念を貫いてチャンスをつかんだ高田さんは「少しでもやりたいと思ったことは全力でやることが大事」と力強いメッセージをおくりました。

また、カンボジアでの現地スタッフを例にあげ「何か国語も話せて、海外で仕事をやりたいという気持ちがすごくある外国人がたくさんいます。10年後・20年後の日本での仕事は、機械や外国人との競争になってくる。自分にしかできないことを身につけてほしい」とエールをおくりました。

海外での企業でチャンスをつかむ 玉城中学校でキャリア講話

2年生のマギー美峰さんは「将来のために、いま全力でがんばりたい」と生徒を代表してお礼のことばをおくりました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月25日

『やどかりの夢』影絵公演(2016/11/20)

市内在住のアーティストと、奈良県の絵本作家・わたなべなおかさんが出版した紅型絵本『やどかりの夢』の影絵公演が、シュガーホールのつきしろ広場で開かれました。

『やどかりの夢』影絵公演

『やどかりの夢』は、ペットボトルのフタを付けた小さなやどかり主人公。様々な出会いの中、想像することや夢をみることの大切さを見つけていくストーリー。読むたびに新たな発見や気づきがあり、大人も子どもも楽しめる絵本です。

『やどかりの夢』影絵公演

今年3月に絵本を出版して以降、作者のわたなべさん、絵を担当した紅型作家のかめがいあすかさん、絵本付属CDの挿入歌や音楽を担当したhalconyさんとアマムYUKIさんをはじめ、バリ舞踊家の小谷野哲郎さんらを中心に、絵本の世界が影絵と音楽で動き出す公演や朗読劇を全国各地で行って来ました。

『やどかりの夢』影絵公演 『やどかりの夢』影絵公演

南城市への里帰りとなった今回の公演は、12月10日から18日にかけて安座真区で開催される『第2回こらくりアーツ展覧会in安座真』のプレイベントとして開催されました。

『やどかりの夢』影絵公演

絵本の挿入歌『やどかり音頭』は、知念小学校や保育園の子ども達を中心に人気に火が付き、歌って踊れる子ども達もたくさんいます。

わたなべさんは「沖縄の自然からインスピレーションを受けて出来上がった作品が、これだけ大きくなるとは思わなかった。夢を見させてもらっている気分。子どもからお年寄りまで大きな輪になって踊ってほしい」と南城市での公演開催を喜びました。

紅型を絵本にする夢がかなったかめがいさんは「読んだ人がそれぞれの捉え方ができる味のある絵本。誰もが共通する感動や楽しさを感じてほしい」と笑顔。

『やどかりの夢』影絵公演 『やどかりの夢』影絵公演

来場者は、様々なアーティストが奇跡的に集まって完成した絵本の世界観を楽しみました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

観光商工課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5387
MAIL:kankou@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月22日

南城市の偉人・尚巴志を『ものがたり』で語り継ぐ(2016/11/20)

琉球を統一した偉人・尚巴志の物語を、読み聞かせで次世代へつないでいく活動を行っている『尚巴志語り部(しょうはしかたりぶ)』の、朗読舞台が、尚巴志誕生の地である佐敷区公民館で上演されました。

南城市の偉人・尚巴志を『ものがたり』で語り継ぐ 南城市の偉人・尚巴志を『ものがたり』で語り継ぐ

市内の小学校などで読み聞かせ活動をしていたお母さん達が中心となり結成された語り部では、尚巴志の10編の創作物語を集めた『~創作~尚巴志ものがたり』の制作や、朗読披露会などを行ってきました。

南城市の偉人・尚巴志を『ものがたり』で語り継ぐ

3年計画の活動の集大成となる今回は、群読劇として物語を披露。三線や太鼓、バイオリンの生演奏と、幻想的な影絵や照明で彩られた空間では、演者が尚巴志が生まれた洞窟の守り石や佐敷グスクの城壁の土などに扮して、尚巴志の成長や三山統一を成し遂げる様子を、移り変わる時代とともに語り継ぎました。

 

同じ日、佐敷小学校の学芸会では4年生による『尚巴志ものがたり』が上演されました。

南城市の偉人・尚巴志を『ものがたり』で語り継ぐ 南城市の偉人・尚巴志を『ものがたり』で語り継ぐ

子ども達は尚巴志語り部の創作した物語のひとつ『オレ、父ちゃんみたいになる』をもとに、尚巴志が鍛冶屋に作ってもらった自慢の刀と、外国の貿易商人が持つ船いっぱいの鉄とを交換し、農具として使ってもらおうと村人に無償で配った逸話を披露しました。

南城市の偉人・尚巴志を『ものがたり』で語り継ぐ

尚巴志を演じた吉田成矢くんは、図書館で『~創作~尚巴志ものがたり』を読んで初めて尚巴志のことを知ったそうで「尚巴志が佐敷で生まれていたことを知ってすごいと思った。尚巴志はとても優しい人だと感じた」と語りました。

 

南城市の偉人・尚巴志を『ものがたり』で語り継ぐ

尚巴志語り部の中心メンバーの仲村渠浩美さんは「子ども達にも『尚巴志ものがたり』を演じて欲しいという夢がかなってうれしい。」と笑顔。
集大成の群読劇が終わり「寂しいけれど最高の気分。今後も活動を続けていきたい」と振り返りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月22日

防火・防災を体験で学ぶ『第5回 島尻消防フェスタ2016』開催(2016/11/20)

子ども達が消防の仕事を体験して、防火・防災の大切さを学ぶ『第5回 島尻消防フェスタ2016』が、同消防本部構内で開催されました。

防火・防災を体験で学ぶ『第5回 島尻消防フェスタ2016』開催 防火・防災を体験で学ぶ『第5回 島尻消防フェスタ2016』開催

普段なかなか入る機会がない消防署で、現役の消防士と触れ合えるフェスタには、南城市と八重瀬町の子ども達が招待されました。

防火・防災を体験で学ぶ『第5回 島尻消防フェスタ2016』開催 防火・防災を体験で学ぶ『第5回 島尻消防フェスタ2016』開催

防火・防災を体験で学ぶ『第5回 島尻消防フェスタ2016』開催 防火・防災を体験で学ぶ『第5回 島尻消防フェスタ2016』開催

子ども達は、水消火器を使った消火体験や、消火ホースを使ったボーリングなど楽しみながら防火を学ぶ体験や、ロープを使った本格的な救助体験などで消防士の仕事を学びました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月22日

百名小学校 創立70周年記念(2016/11/19)

百名小学校の創立70周年記念式典が同校体育館で行われました。

百名小学校 創立70周年記念

卒業生や学校関係者、地域の方々などが参加した式典では、記念事業期成会による事業経過報告や記念品贈呈、創立60周年以降の歴代校長とPTA会長へ感謝状の贈呈、事業への寄付者の表彰などが行われました。

百名小学校 創立70周年記念 百名小学校 創立70周年記念

児童会長の銘苅ななさんは「ひとりひとりが目標を持ち、明るく元気な百名っ子の伝統を受け継いでいきたい」と喜びのことば。

百名小学校 創立70周年記念

学校を支えてくれている地域の方々へ「これからもあたたかい目で見守ってください」と感謝のことばをおくりました。

百名小学校 創立70周年記念 百名小学校 創立70周年記念

式典後に開かれた祝賀会では、在校生や卒業生、地域の方による様々な演舞が披露されました。

百名小学校 創立70周年記念 百名小学校 創立70周年記念

百名小学校 創立70周年記念 百名小学校 創立70周年記念

地域の拝所で沖縄の稲作発祥の地『受水走水』にちなんだ稲穂や鶴のディスプレイや、5年生が受水走水で育てた古代米を使用した赤飯などが振舞われ、母校と地域への思いが詰まった祝賀会となりました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ