南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2017年1月12日

志喜屋区に屋号案内板 新たなヤーンナーを祝う (2017/01/01)

志喜屋区公民館で『ヤーンナー案内板』のお披露目式が行われました。

志喜屋区に屋号案内板  新たなヤーンナーを祝う  志喜屋区に屋号案内板  新たなヤーンナーを祝う

仲里、親川、大田、具志堅の4姓が区民の8割を占める志喜屋区。同姓が多いため、屋号を知ることでお互いを認識しやすくなるほか、屋号を知らない若者も増えているため、まだ屋号が付いていない家や新築の家などに命名して区民の絆を深める『ヤーンナー(屋号)復活&名づけプロジェクト』を立ち上げました。

志喜屋区に屋号案内板  新たなヤーンナーを祝う

同プロジェクトは平成28年度南城市上がり太陽プラン事業の助成を受けて、昨年の夏休みに小中学生が区内の住宅を訪ねて聞き取り調査を行いました。調査をした知念小6年の志喜屋順叶くんと仲里昴くんは「新しい屋号がつけられてうれしい。がんばって調査をして良かった」と笑顔。

志喜屋区に屋号案内板  新たなヤーンナーを祝う

新設された案内板には、調査結果や各家庭などで話し合われて新たに誕生した74軒の屋号を含む210軒の屋号が記されています。

息子さんが区内に住宅を新築するという親川吉子さんは「新しい家に屋号がついてとてもうれしい。屋号があるほうがわかりやすくて上等」と喜びました。

志喜屋区に屋号案内板  新たなヤーンナーを祝う  志喜屋区に屋号案内板  新たなヤーンナーを祝う

公民館では祝賀会を兼ねた区の新年会が開かれ、駆けつけた区民が新たなヤーンナー誕生を祝いました。

志喜屋区に屋号案内板 新たなヤーンナーを祝う 志喜屋区に屋号案内板 新たなヤーンナーを祝う

親川仁寛区長は「子どもや大人がヤーンナーを日常会話で使う地域にしたい」と期待を込めました。区では案内板と同じ内容が記された屋号案内図を各世帯へ配布し、ヤーンナーを周知するそうです。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

まちづくり推進課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5394
FAX:098-917-5424
MAIL:machi@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年1月 5日

さしき健走会 感謝の花植え(2016/12/30)

「ゆっくり、永く走る」をモットーに、健康づくりと体力維持につとめながら、尚巴志ハーフマラソンを県内外にPRしている「さしき健走会」のメンバーが、南城市老人福祉センターの花壇に花を植えました。

さしき健走会 感謝の花植え

尚巴志ハーフマラソン大会に県外から参加したランナーを招いての交流会を毎年開催するなど、日頃から同センターを使わせていただいている恩返しにと、花壇を耕しマリーゴールド、ペチュニア、パンジー、クリサンセマムなど375本を植え付けました。

さしき健走会 感謝の花植え さしき健走会 感謝の花植え

花がキレイに咲くように、年末年始も交代で水やりをしたそうです。

さしき健走会 感謝の花植え

色鮮やかな花々が出迎える年のはじめ。今年も健走会の活動が始まります。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年12月28日

無人島を貸し切りに! ふるさと納税に新たな返礼品が登場!(2016/12/26)

ふるさと納税で南城市へ寄付をした方へ、金額に応じた返礼品を選んでいただく『ふるさと納税返礼品事業』が今年の7月からスタートしました。

無人島を貸し切りに! ふるさと納税に新たな返礼品が登場!

同事業では、7月31日(日)から12月22日(火)までの期間に582件、15,536,000円の寄付があり、マンゴーや車エビ、あぐー豚やチーズなどの南城市の特産品を返礼品として県内外へ発送しています。

今回、無人島のコマカ島を貸し切るプランや聖地めぐりなど、南城市の自然や景観を活かした観光プランが新たな返礼品として発表されました。

無人島を貸し切りに! ふるさと納税に新たな返礼品が登場!

知念半島から沖合2kmにあるコマカ島は、透明度抜群でバーベキューやシュノーケルなども楽しめる無人島。トイレなどの施設もあり管理が行き届いていて、ボートで15分とアクセスしやすい隠れた穴場スポットです。

無人島を貸し切りに! ふるさと納税に新たな返礼品が登場!

事業を受託している南城市観光協会の宮城源幸会長は「日帰りで無人島体験ができる南城市ならではの返礼品です」と太鼓判を押しふるさと納税を呼びかけました。

この他、ユインチホテル南城での宿泊プランなど新たに加わった10個の返礼品は12月30日(金)から受付開始。ご利用いただけるのは来年4月1日からです。

ふるさと納税で、南城市の魅力を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

※コマカ島のプランは、天候により近くのウカビ島(砂浜の無人島)に変更になる場合もあるほか、ご利用できない期間などがあります。

※返礼品の詳細は沖縄県ハートのまち南城市ふるさと納税サイトでご確認できます。

※南城市にお住まいの方は、返礼品はお受け取りいただけませんのでご了承ください。

 

 この記事に関するお問い合わせはこちら

財政課

所在:〒901-0695 南城市玉城字富里143番地【玉城庁舎】
TEL:098-949-7373
FAX:098-852-6004

MAIL:furusato-heartful@city.nanjo.okinawa.jp

 

平成30年5月28日より、南城市総務部財政課の連絡先は下記へ変更いたしました。

TEL:098-917-5379

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年12月27日

複合施設『ふれあい学び庭』で初の火災避難訓練(2016/12/26)

知念図書館、知念児童館、南城市役所知念出張所が入る複合施設『ふれあい学び庭』で、初となる火災訓練が行われました。

複合施設『ふれあい学び庭』で初の火災避難訓練

非常ベルが鳴ると児童館を利用していた子ども達は一斉に駐車場へ集まり、先生が人数を確認。

複合施設『ふれあい学び庭』で初の火災避難訓練 複合施設『ふれあい学び庭』で初の火災避難訓練

消防士へ人数が報告されると、子ども達は整列して避難場所となっている知念児童屋内体育館の駐車場へ避難しました。

複合施設『ふれあい学び庭』で初の火災避難訓練

「実際に火事が起こった時には、押さない・駆けない・しゃべらない・戻らない・近づかないの『おかしもち』を忘れずに、先生の言うことをしっかり聞いて避難してください」と消防士が伝えると、子ども達は「はい!」元気よくお返事。

複合施設『ふれあい学び庭』で初の火災避難訓練 複合施設『ふれあい学び庭』で初の火災避難訓練

最後に放水体験や消防車との記念撮影が行われ、訓練は終了しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年12月27日

津波古公民館 健康講演会『回想法PART2』(2016/12/26)

津波古区では区民をあげての健康づくりを推進するため、月に1回『健康講演会』を公民館で開催しています。

津波古公民館 健康講演会『回想法PART2』

今年最後となる講演会は、与那原日の出園のボランティアセンター室長の宮良政洋先生を講師に招いての『回想法PART2』が行われました。

津波古公民館 健康講演会『回想法PART2』 津波古公民館 健康講演会『回想法PART2』

回想法とは、懐かしい映像などを見て記憶をたどって脳の活性化を図る認知症予防法。

津波古公民館 健康講演会『回想法PART2』

参加した区民33名は、美空ひばりさんが初めて来沖した時の映像や、沖縄県の娯楽・芸能をリードした照屋林助さんの映像などを鑑賞し、当時の記憶を呼び起こし懐かしさに浸りました。

(写真の提供・津波古公民館)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年12月27日

花々が新年を迎える さしき健走会が花壇を手入れ(2016/12/24)

さしき健走会が『第15回尚巴志ハーフマラソンin南城市』大会のために花を植えた字佐敷の国道331号沿いにある花壇の手入れ作業を行いました。

花々が新年を迎える  さしき健走会が花壇を手入れ

この付近は元旦に知念半島で初日の出を見るため多くの人々が訪れるそうで、気持ち良く通ってほしいと毎年この時期に草抜きなどをしています。

花々が新年を迎える  さしき健走会が花壇を手入れ 花々が新年を迎える  さしき健走会が花壇を手入れ

花壇の花はちゃんと手入れをすることで、梅雨の時期まで咲くそうです。

花々が新年を迎える  さしき健走会が花壇を手入れ

新年の南城路、国道沿いの花々が迎えます。

(写真の提供・さしき健走会)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年12月27日

『なんラボ』中高生が南城商品を開発 3商品を限定販売(2016/12/23-12/25)

南城商品開発プロジェクト『なんラボ』に参加している南城市の中高生が、地元の農家や企業・事業者とコラボして開発した新商品を期間限定で販売しました。

『なんラボ』中高生が南城商品を開発 3商品を限定販売

イオンタウン南城大里の特設ブースで販売されたのは、『南城市産ハーブのX’masチキン』、『南城市産イチジクとフルーツソースのブランマンジェ』、『なんじょうローゼルのオーガニック化粧水』の3商品。

『なんラボ』中高生が南城商品を開発 3商品を限定販売 『なんラボ』中高生が南城商品を開発 3商品を限定販売

『なんラボ』に参加している城間愛梨さん(向陽高1年※写真前列右から3番目)は、乾燥肌で悩むチームメイトのために化粧品を作れないかと思案し、南城市産のローゼルに目をつけて、美容効果の高さと鮮やかな赤色を活かした化粧水をチームで開発。「天然の防腐剤を見つけるのに苦労しました」と振り返りながら「開発した商品で生まれ育った南城へ貢献したい」と笑顔。

城間さんを含めた『なんラボ』の参加者は、12月10日に沖縄科学技術大学院大学で開催された英語プレゼンコンテスト『第5回SCORE!』へ挑戦し、商品開発の過程などを発表しました。

『なんラボ』中高生が南城商品を開発 3商品を限定販売

『なんラボ』ではキャリア教育イベント『なんじょう人材育成フォーラム』を来年1月9日(月・祝)にシュガーホールで開催します。

今回の商品開発やビジネス体験の発表のほか、2020年教育改革の情報共有、学生起業家を招いての「働きかかた」についてプレゼン、キッズフリーマーケットやプログラミング体験など様々な角度から南城市の子どもの教育と未来を考えます。詳しくは『なんラボ』については公式SNSをご覧ください。

・なんラボ(なんじょう産学官連携人材育成協議会)
facebookページ : https://www.facebook.com/nanjomedialab/
Twitterネーム: ”nan-lab”  Twitter ID : https://twitter.com/nanjo_media_lab

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年12月27日

津波古花咲かす会 花で交差点を彩る(2016/12/23)

津波古区を花でいっぱいにする活動を行っている「津波古花咲かす会」のメンバーが、南城市の玄関口・津波古交差点にある花壇の花植えを行いました。

津波古花咲かす会 花で交差点を彩る 津波古花咲かす会 花で交差点を彩る

今回は、『第15回尚巴志ハーフマラソンin南城市』大会へ向けて花植えをした反対側の花壇での作業となり、メンバーはマリーゴールド、ペチュニア、キンセンカ、ベゴニアを丁寧に植え付けました。

津波古花咲かす会 花で交差点を彩る 津波古花咲かす会 花で交差点を彩る

津波古花咲かす会 花で交差点を彩る

色とりどりの花々が、交差点を行き交うドライバーを迎えます。

(写真の提供:津波古花咲かす会)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年12月26日

女性会 思いを込めたサーターアンダギー&料理教室(2016/12/21)

南城市女性会が思いを込めたサーターアンダギー500個を宮崎県高千穂町の子ども達へ贈ります。

女性会 思いを込めたサーターアンダギー&料理教室

佐敷農村婦人の家で行われた今回のサーターアンダギー作りは、12月25日から28日の期間、青少年交流事業のため市内の小学生20名が姉妹都市の宮崎県高千穂町を訪れるのに合わせ行われました。

女性会 思いを込めたサーターアンダギー&料理教室 女性会 思いを込めたサーターアンダギー&料理教室

宮崎県高千穂町は、第二次世界大戦中に沖縄県佐敷国民学校が集団疎開をした場所であり、旧佐敷町の時代からいまも交流が続けられています

子ども達の交流が続いていることを喜ぶ女性会の新垣節会長は「佐敷町だけでなく、大里村からも宮崎県えびの市へ集団疎開をしました。いまの南城市の幸せがあるのは宮崎県や高千穂町のおかげ。女性会としてできる恩返しをこれからも続けたい」と笑顔。

女性会 思いを込めたサーターアンダギー&料理教室 女性会 思いを込めたサーターアンダギー&料理教室

同じ日に行われた女性会の料理教室では、炊飯器で簡単に作ることができるローストビーフ、花を入れた鮮やかなライスペーパーを使った巻き寿司、お祝いごとにだされたという琉球家庭料理「ルーイ ソーメン」など多彩なメニューに挑戦。参加者は今年を締めくくる料理に舌鼓を打ちました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年12月22日

ピアノの音色を聴きくらべ 『ピアノ探検ツアー』開催(2016/12/18)

シュガーホールにある2台のピアノを試奏して、それぞれの響きを楽しむ『ピアノ探検ツアー』(企画・運営:シュガーホール企画塾)が開催されました。

ピアノの音色を聴きくらべ 『ピアノ探検ツアー』開催

参加者はステージ上で『ヤマハ』と『スタインウェイ』のピアノの弾き比べや連弾、歌との共演や弾き語りなど普段できない体験を楽しみました。

ピアノの音色を聴きくらべ 『ピアノ探検ツアー』開催 ピアノの音色を聴きくらべ 『ピアノ探検ツアー』開催

ピアノの音色を聴きくらべ 『ピアノ探検ツアー』開催

ピアニストの徳丸聰子先生(桐朋学園大学名誉教授)による特別トークコンサートでは、ドビュッシー作曲の≪ベルガマスク組曲≫より<月の光>を2台のピアノで弾いたあと、ヤマハのピアノでショパンの曲を、スタインウェイのピアノでドビュッシーの曲を演奏しました。

ピアノの音色を聴きくらべ 『ピアノ探検ツアー』開催 ピアノの音色を聴きくらべ 『ピアノ探検ツアー』開催

中盤にはドビュッシーの≪前奏曲集 第1集≫の解説を交えながら、お客様は舞台の上で間近に見たり、ホールの中で音の違いを楽しんだりしていました。

ピアノの音色を聴きくらべ 『ピアノ探検ツアー』開催 ピアノの音色を聴きくらべ 『ピアノ探検ツアー』開催

ロビーではピアノの構造がわかる写真や、アップライトピアノとグランドピアノのアクションモデルの展示、さらに調律師2名も立ち合うなどシュガーホールのピアノを探検する旅となりました。

ピアノの音色を聴きくらべ 『ピアノ探検ツアー』開催 ピアノの音色を聴きくらべ 『ピアノ探検ツアー』開催

企画を発案したなんじょう市民大学1期生の川西淳子さんは「自分の演奏や夫の歌がホールに響いていることを初めて感じることができました。2台のピアノの個性もわかり それぞれのピアノが私の演奏を受け止めてくれていることにも感動しました」と夢が叶った喜びを語りました。

(写真の提供・シュガーホール企画塾、なんじょう地域デザインセンター)
(記事の提供・シュガーホール企画塾)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ