南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2017年9月 8日

金沢文庫芸術祭in南城 やどかりの夢アートワークショップ(2017/08/02)

『金沢文庫芸術祭in南城 やどかりの夢アートワークショップ』が南城市中央公民館で開かれ、参加した子ども達は絵本「やどかりの夢」ミニライブやピースフラッグ作りなどを楽しみました。

金沢文庫芸術祭in南城  やどかりの夢アートワークショップ 金沢文庫芸術祭in南城  やどかりの夢アートワークショップ

金沢文庫芸術祭in南城  やどかりの夢アートワークショップ 金沢文庫芸術祭in南城  やどかりの夢アートワークショップ

絵本「やどかりの夢」の影絵公演やライブなどを行う『やどかり一座』は、9月17日から開催される金沢文庫芸術祭のオープニングフェスティバルに出演します。

金沢文庫芸術祭in南城 やどかりの夢アートワークショップ

また、子ども達が作ったフラッグもフェスティバルで展示されるそうです。

金沢文庫芸術祭in南城 やどかりの夢アートワークショップ

南城市でうまれた「やどかりの夢」が、全国へ夢とイマジネーションを届けます。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

観光商工課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5387
MAIL:kankou@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年8月24日

ムラヤー学習会 徳島県・伊座利の人口100名の地域づくり(2017/07/05)

『人口100名の集落の持続可能な地域づくりの秘密』と題し、徳島県美波町にある伊座利地区で地域づくり活動をしている『伊座利の未来を考える推進協議会』の草野裕作さんを招いての講演会(主催:南城市、区長会 運営:なんじょう地域デザインセンター)が玉城庁舎2階ホールで開かれました。

ムラヤー学習会 徳島県・伊座利の人口100名の地域づくり ムラヤー学習会 徳島県・伊座利の人口100名の地域づくり

人口100名ほどの漁村集落の伊座利地区では、地域住民全員がオーナーの『いざりcafe』や、親子で参加する漁村留学、海女さん体験塾など地域住民と伊座利地区に興味を持っている全国・全世界の人をつなげるユニークな地域づくりを展開しています。地域を維持していくために活動のターゲットを女性と子どもに絞り、『愛着心・関心・志』の3つの心で伊座利ファンを増やしています。

ムラヤー学習会 徳島県・伊座利の人口100名の地域づくり

かつて伊座利地地区では、過疎化により地区内の学校が廃校になる危機がありました。「学校が無くなれば地域はますます寂れる」と、行政支援の依存から自立して、全住民で構成する『伊座利の未来を考える推進協議会』を結成。地域にある資源を活かした遊び心あふれる地域づくりを次々と展開し、交流人口は年間2万人を達成しています。

草野さんは活動が続いている理由として、住民がお互いの違いを認め合うこと、動くこと、グチを言わないことを挙げ、「まずは動くこと。動くことで成長し、住んでいる人の意識を少しずつ変えることができる」と語り、「地域のつながりが強い南城市は、地域・行政との協同での良い地域づくりができるはず」とエールをおくりました。

※伊座利の地域づくりについて、ホームページでご覧いただけます。
http://www.izarijin.jp/

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年8月24日

津波古でいご会 馬天小児童クラブと交流(2017/07/04)

津波古公民館で、毎年恒例の馬天小学校・児童クラブとデイサービス『津波古でいご会』との交流会が行われました。

津波古でいご会 馬天小児童クラブと交流 津波古でいご会 馬天小児童クラブと交流

交流会では、多彩なクラブ活動を展開している馬天小4年生~6年生の児童が日頃の成果を披露。

津波古でいご会 馬天小児童クラブと交流 津波古でいご会 馬天小児童クラブと交流

観覧したでいご会の皆さまは子ども達の演舞に拍手をおくり、最後は一人ひとりと握手をして交流を深めました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年8月 2日

給食に南城産マンゴーのスイーツ(2017/07/06)

旬を迎えたマンゴー100キロが、JAと生産農家から市内の幼稚園と小中学校へプレゼントされました。

給食に南城産マンゴーのスイーツ 給食に南城産マンゴーのスイーツ

この日、大里南小学校と大里北小学校ではJA大里支店の職員と生産農家が訪れ、給食のデザートとして提供された『マンゴーフルーツ白玉』を児童と一緒に堪能しました。

給食に南城産マンゴーのスイーツ 給食に南城産マンゴーのスイーツ

生産農家の上原俊一さんは「美味しいマンゴーが身近で作られていることを知ってほしい」と笑顔でした。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年8月 2日

ユインチホテル南城 新館『アネックス・ビル』グランドオープン 陶芸家則松さんが陶器製壁画を寄贈(2017/07/06)

ユインチホテル南城で、新館『アネックス・ビル』のグランドオープンの記念式典が開かれ、陶芸家の則松金藏さんが寄贈した陶器製の壁画『楽園の里』『蓮』など3点の除幕式が行われました。

ユインチホテル南城 新館『アネックス・ビル』グランドオープン 陶芸家則松さんが陶器製壁画を寄贈

セレモニーでタピック沖縄の宮里好一代表取締役は「心をつくした作品を置いていただけることになり、とてもうれしい。アジアの皆さんにも貢献できる事業に踏み込んでいきたい。新しい出発の記念として楽しみです」とあいさつ。

ユインチホテル南城 新館『アネックス・ビル』グランドオープン 陶芸家則松さんが陶器製壁画を寄贈

タピック沖縄が運営する東南植物楽園をイメージした作品について、則松さんは「東南植物楽園が世界の人たちに来てもらえる場所になってほしいとの思いを込めた」と話しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年8月 2日

南城市自生のキバナノヒメユリを守る(2017/07/03)

絶滅危惧種ⅠA類に指定されているキバナノヒメユリ(ユリ科)を守り残そうと、市内の愛好家でつくる『キバナノヒメユリ守る会』(会長・前城栄徳)が、自生地の手入れや苗を育てる活動に取り組んでいます。

南城市自生のキバナノヒメユリを守る

キバナノヒメユリは、7月から9月にかけて3センチほどの黄色の花を咲かせます。茎の高さは60~100センチほどで、かつては県内各地で見られましたが、開発などによる自然環境の変化や園芸用の採集などの影響で、現在は那覇市や南城市、久米島や渡名喜島など一部にしか自生していないそうです。

市内に残る自生地を守ろうと、2014年に愛好家ら11名で守る会を結成。採集などを防ぐため、自生地の見回りや雑草取りなどの活動を続けています。会長の前城さんは「そのままにしてしまうと消えてしまう。活動をひろげて花を咲かせていきたい」と意気込みを語りました。

キバナノヒメユリは発芽率が3割と低く、栽培が難しいため、那覇市の繁多川公民館で保護活動に取り組む団体が開く研修会などに通い、栽培のノウハウを培ってきました。
その他、会員が自宅の庭などで苗を増やし、里親制度として賛助会員らに提供する取り組みも行っています。

南城市自生のキバナノヒメユリを守る

会では花の存在と活動を知ってもらおうと、8月12日、13日にイオンタウン南城大里で展示会を開催します。展示会ではキバナノヒメユリが観賞できる他、先着25名のに苗を無料配布も行います(DNAの混雑を防ぐため、南城市民に限る)。この機会に、幻の花を観賞してみてはいかがでしょうか。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年8月 2日

県産食材を琉球漆器で堪能(2017/07/03)

学校給食の場で県産食材の美味しさや大切さを理解してもらおうと、県産品奨励月間実行委員会が大里中学校で昼食会を開きました。

県産食材を琉球漆器で堪能 県産食材を琉球漆器で堪能

7月の県産品奨励月間にあわせて開かれた昼食会では、呉屋守章実行委員会会長、古謝市長や山城教育長らが3年5組の生徒と一緒に、琉球漆器に盛り付けされたゴーヤとモウイの和え物などの県産食材を使った給食を味わいました。

県産食材を琉球漆器で堪能

体を大きくしたいと、2年生の時から給食を残さず食べているバスケ部の兼箇段颯さんは「いつもご飯を大盛りで食べています。今日の給食も美味しかった」と笑顔で完食しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年8月 2日

暑中見舞いはがき「かもめ~る」を贈呈(2017/07/03)

手紙文化の振興を目的に、市内の郵便局4局(玉城、佐敷、大里、知念)、南風原中郵便局、市内と周辺市町の企業が協力して、市内の小・中学生へ暑中見舞いはがき「かもめ~る」5,000枚を寄贈しました。

暑中見舞いはがき「かもめ~る」を贈呈

贈呈式で佐敷郵便局長の徳村政敏さんは「子ども達に手紙を書く楽しさや、もらった時のうれしさを体験してほしい」とはがきを贈呈。

山城馨教育長は「ご寄贈ありがとうございます。手書きの温かさを実感し、子ども達の感動の共有にも寄与すると期待しています。学校で有効に活用し、皆さまのご厚情に応えたいと思います」と謝辞を述べました。

 

※暑中見舞いはがき「かもめ~る」贈呈にご協力いただいた企業は下記の通りです(順不同)

ふじた眼科、海洋産業株式会社、嘉陽宗一郎、(株)武村石材建設、玉城郵便局、奥武簡易局、親慶原簡易局、百名簡易局、農業生産法人(株)仲善、知念郵便局、公文式佐敷中前教室、(株)馬天自動車学校、おそうじ本舗南風原店、株式会社ナカモト、南城市商工会、佐敷郵便局、知念漁業協同組合、みなみ耳鼻咽喉科医院、国際事務機、社会福祉法人憲章会特別養護老人ホーム東雲の丘、大里郵便局、パーラー笑、沖縄長生薬草本社、合名会社与那原圧送、株式会社吉田組、玉城集配センター

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

教育指導課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5364
MAIL:kyoushidou@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年7月28日

奥武島で救急救命講習会(2017/07/02)

島尻消防より4名の職員を講師に迎えた救急救命講習会が、奥武公民館で行われました。

奥武島で救急救命講習会

同公民館ではAED(自動体外式除細動器)を含めた防災機器を新たに設置する予定で、この日は人工呼吸やAEDを使った心肺蘇生法のほか、事故に遭った人を助ける想定訓練などを行いました。

以前、島でモズク漁をしていた漁師が酸素ボンベの故障で酸欠になった事故があり、意識不明で船にあげられたそうです。乗り合わせていた仲間の漁師が救急救命講習を受講していたため、すぐに人工呼吸と心肺蘇生を試み、一命をとりとめたそうです。

奥武島で救急救命講習会 奥武島で救急救命講習会

参加者は講師より指導を受けながら、救急救命法を学びました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年7月27日

南城市の中高生20名がアメリカへ出発(2017/07/12)

7月13日(木)~8月2日(水)の21日間、アメリカ合衆国ワシントン州立大学へ短期留学する南城市の中学生15名・高校生5名が、出発を前に市役所を訪れて意気込みを語りました。

南城市の中高生20名がアメリカへ出発

大里中3年の米元結子さんは「このような機会を与えていただいたことへの感謝を忘れず、精一杯がんばります」と中学生を代表してあいさつ。

高校生を代表して知念高校3年の金城大樹さんは「アメリカでいろんなことを吸収して将来に役立てたい」と意気込みを語りました。

 

※現地での様子を公開しています。詳しくは http://www.dote.solutions/ をご覧ください。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

生涯学習課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5369
MAIL:syougai@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ