南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2019年11月12日

大里グリーンタウン 青年エイサー10周年・旗頭フェスティバル(2019/11/10)

大里グリーンタウンは1976年に入居がはじまった新興住宅地。そこで生まれ育った青年たちが、自分たちの伝統をつくろうと2010年に青年エイサーを初披露。2012年には旗頭を作成しました。この日、青年エイサー10年目を祝い、青年会とOBを中心に、公民館でフェスティバルを開催しました。

大里グリーンタウン 青年エイサー・旗頭フェスティバル 大里グリーンタウン 青年エイサー・旗頭フェスティバル

最初に旗頭が威勢良く立ち上がり、「麗澤」の文字がたなびきます。重さ51キロの旗頭を代わるがわる持ち、「サーサー」と気勢を上げ、オープニングを華々しく飾りました。

続いて地区内2つの学童クラブが盛り上げます。みなみクラブはけん玉のダンス、木の国学童は小さな旗頭と獅子舞で会場を沸かせました。

大里グリーンタウン 青年エイサー・旗頭フェスティバル 大里グリーンタウン 青年エイサー・旗頭フェスティバル

そして青年エイサーが登場。周辺の自治会から学んだ古典エイサーを披露しました。今回はOBも参加しています。青年会長の喜久川秀輝さんは「10年目になってやっと伝統になり、地域に根付いてきたかなと思います。育ててもらった地域や人々に恩返しをしていきたい」と語りました。

大里グリーンタウン 青年エイサー・旗頭フェスティバル 大里グリーンタウン 青年エイサー・旗頭フェスティバル

青年エイサーや旗頭を始めるに当たっては、伝統の残る周辺自治会や創作エイサー団体などから指導・協力を仰いだとのこと。今回のフェスティバルでは縁を繋いだ稲嶺、目取真、当間の伝統芸能のほか、創作太鼓集団・心(SHIN)や迎恩も出演。

初代青年会長で、フェスティバルの実行委員長をつとめた島袋貴也さんはフェスティバル開催の思いをこう語りました。

「お世話になった方々・地域・団体への感謝を伝えるためにフェスティバルを開きました。また、当初10名で立ち上げ、最大20名所属していた青年会も、少しずつ減少傾向にあります。これを機に、子どもたちに大里グリーンタウンの伝統を継承していってほしいという思いも込めています」

会場でエイサーや旗頭を熱い視線で見つめる子どもたち。青年たちの輝くようなイキイキとした姿が、子どもたちの心を動かしたに違いありません。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年11月12日

「帰ってこいよ〜」海野でタマン放流(2019/11/10)

南城市知念の海野区は、知念漁協の漁港があり、ハーリー(爬竜船競漕)などの伝統行事が行われるなど、海が身近な地域です。

6月9日に行われた海野ハーリーが115回目を迎え、それを記念して子どもたちによるタマンの稚魚放流イベントが行われました。

海野区 タマンの放流イベント 海野区 タマンの放流イベント

イベントには約20名の地域の子どもたちが参加。大きな水槽で泳ぐのは約1000匹のタマンの稚魚です。漁師の皆さんからバケツに稚魚を分け与えられると、子どもたちは「大きくなって帰ってきてね」と願いながら、次々に海へ放流していきました。

海野区 タマンの放流イベント 海野区 タマンの放流イベント

自治会長の外間尹敏さんは挨拶の中で「海の豊かさ、環境の大切さを子どもたちに考えてもらい、海と生きてきた先人たちの思いを継承していってほしい」とイベントの主旨を説明しました。

参加した山内斗陽君(小学1年生)は「バケツを5回も運んだ。魚はあまり食べなかったけど、好きになれそう」と話しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年11月 7日

津波古区で高齢者を対象とした避難訓練(2019/11/05)

11月5日の津波防災の日に合わせて、津波古区で初となる高齢者を対象とした避難訓練が行われました。

津波古区で高齢者を対象とした避難訓練(2019/11/05) 津波古区で高齢者を対象とした避難訓練(2019/11/05)

この日は公民館でのミニデイサービス開催日にあたり、利用者は10時の広域地震津波避難訓練の放送を合図に、公民館から高台の土帝君(津波古児童公園)へ避難しました。

津波古区で高齢者を対象とした避難訓練(2019/11/05) 津波古区で高齢者を対象とした避難訓練(2019/11/05)

自力避難ができない方は介助者と一緒に車イスで避難しましたが、公民館から土帝君までの直線の避難ルートに傾斜がきつい登り坂があるため、国道331号まで迂回する遠回りのルートで避難しました。

高江洲順達区長は「公民館にはスロープがあるが、車道や歩道には車イスでは避難できない所もある。実際に避難ルートを体験することが大事」と災害発生時の課題を語りました。

津波古区で高齢者を対象とした避難訓練(2019/11/05)

避難訓練後には区長による地震から身を守るための3つの安全行動(ドロップ、カバー、ホールド・オン)のシェイクアウト訓練の実演が行われ、参加者は日頃から災害に備る心構えを学びました。

 

(写真の提供・津波古区)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年11月 6日

栄光の軌跡展 歴代の体協成績と写真を展示(2019/11/1)

旧佐敷町時代から体育協会が実施してきた各種大会などで、津波古区が入賞した表彰状や盾などを一堂に展示した『栄光の軌跡展』が、10月27日から11月1日にかけて津波古公民館で開かれました。

 

栄光の軌跡展 歴代の体協成績と写真を展示 栄光の軌跡展 歴代の体協成績と写真を展示

展示の様子

 

昭和48年から平成25年まで陸上競技大会での優勝盾や、昭和58年の大会の写真などが展示され、多くの区民が訪れたそうです。

 

栄光の軌跡展 歴代の体協成績と写真を展示

展示前の優勝旗と盾(津波古区提供)

 

スペースの都合で平成26年度から今年度分は展示ができないほど優秀な成績をおさめている津波古区は、南城市が誕生した平成18年度から令和元年度まで陸上競技の一般男子・一般女子・壮年・総合、夏季大会のいずれかの部門で優勝しています。平成19年度にはすべての部門で優勝する完全優勝を達成しています。

栄光の軌跡展 歴代の体協成績と写真を展示

今回の開催に手応えを感じた高江洲順達区長は「懐かしい写真をもらいに来た区民もいてとても好評でした。来年も開催したい」と笑顔で語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年11月 6日

健康器具を活用!新開公園で健康教室(2019/10/16)

市内の4つの公園に設置されている健康器具を活用しようと、運動指導士を招いての健康教室が新開公園で行われました。

健康器具を活用!新開公園で健康教室 健康器具を活用!新開公園で健康教室

南城市、津波古区、南城市健康づくり推進員連絡協議会の共催による教室には健康推進員など40名が参加し、講師の山城聖也さんから器具を使ったストレッチなどを習いました。

 

(写真と資料の提供・南城市健康づくり推進員連絡協議会)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年11月 5日

第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇(2019/11/03)

第18回尚巴志ハーフマラソン in 南城市が開かれ、ハーフマラソンの部(21.442キロ)と3キロの部に合わせて7589人のランナーが南城路を駆け抜けました。

第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇 第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇

3連覇の濱崎さん / 2連覇の岡本さん

ハーフマラソンの部・男子は濱崎達規さん(南城市)が1時間10分11秒で3連覇を果たしました。女子は岡本葉子さん(西原町)が1時間28分34秒で2連覇しました。

 

第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇 第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇

ハーフマラソンの部 スタート

 

第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇 第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇

3キロの部 スタート / 市長も笑顔で出走

 

第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇 第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇

第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇 第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇

第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇 第18回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会3連覇・女子は岡本が2連覇

ゴール(両部門)

 

今大会では両部門あわせて6402人が完走しました。完走率は84.4%でした。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年10月31日

13'th Jazz in Nanjo(2019/10/26)

秋の気配が感じられる涼風の中、シュガーホール野外ステージで『13’th Jazz in Nanjo』が開催されました。

13’th Jazz in Nanjo 13’th Jazz in Nanjo

今回は『まーさんマルシェ』とのコラボレーションにより初のお昼の時間帯からの開場となり、来場者は晴れ渡った空の下で国内外のアーティストの演奏を楽しみました。

 

13’th Jazz in Nanjo 13’th Jazz in Nanjo

琉球大学ジャズ研究会(オープニングアクト) / 狩俣倫太郎(MC)

 

13’th Jazz in Nanjo 13’th Jazz in Nanjo

銘苅盛道&フレンズ

 

13’th Jazz in Nanjo 13’th Jazz in Nanjo

城間巧介&知念嘉哉

 

13’th Jazz in Nanjo 13’th Jazz in Nanjo

シャオファン家族(from台湾)

 

13’th Jazz in Nanjo 13’th Jazz in Nanjo

Element of moment

 

13’th Jazz in Nanjo 13’th Jazz in Nanjo

13’th Jazz in Nanjo

エンディングコーラス 太陽の門のテーマ「めぐる太陽」

 

13’th Jazz in Nanjo 13’th Jazz in Nanjo

13’th Jazz in Nanjo 13’th Jazz in Nanjo

出演者全員によるフィナーレセッション

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年10月31日

安心して地域で暮らし続けるために。玉城地域で『第2層協議体』会議(2019/10/25)

団塊の世代が75歳以上となる2025年を目指し、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される『地域包括ケアシステム』の構築の実現に向けて、各市町村では地域の特性に応じた自主性や主体性に基づいた体制づくりが求められています。

これまで南城市では、自治会や区単位での課題や気づきなどの情報を共有し、地域でやってみたい・できそうな取り組みを考える『地域ケア会議』を各地域で開催してきました。

安心して地域で暮らし続けるために。玉城地区で『第2層協議体』会議 安心して地域で暮らし続けるために。玉城地区で『第2層協議体』会議

今年度は、これまで積み重ねてきた声や意見を共有し、南城市の『高齢者の方々ができる限り住み慣れた地域で生活が続けられるための体制整備』(南城市生活支援体制整備事業)に活かすことを目的とした第2層協議体の会議が各地域で開催されます。

安心して地域で暮らし続けるために。玉城地区で『第2層協議体』会議 安心して地域で暮らし続けるために。玉城地区で『第2層協議体』会議

安心して地域で暮らし続けるために。玉城地区で『第2層協議体』会議 安心して地域で暮らし続けるために。玉城地区で『第2層協議体』会議

この日、南城市陸上競技場の会議室で行われた玉城地域の会議では、親慶原区や屋嘉部区の事例をもとに、『公民館を生かした地域のつながりづくり』、と『認知症による外出、帰宅困難者の対応について』の2つのテーマで、グループワークと発表が行われました。

区長、民生員、地域福祉関係者のほか、青年会なども参加した会議では、年代やそれぞれの立場を超えて地域で連携していく必要性が確認されました。会議は、佐敷、大里北、大里南、知念のそれぞれの地域でも開催されます。

南城市生活支援体制整備事業、第2層協議体のお問合せは、南城市社会福祉協議会(TEL:098-917-5692)まで。 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年10月24日

百名ゆんたく会が『ちゃーがんじゅう地域優秀賞』を授賞(2019/10/23)

『令和元年度ちゃーがんじゅう地域大賞』の表彰式が沖縄県立博物館・美術館の講堂で行われ、南城市の『百名ゆんたく会』が地域優秀賞として表彰されました。

百名ゆんたく会が『ちゃーがんじゅう地域優秀賞』を授賞 百名ゆんたく会が『ちゃーがんじゅう地域優秀賞』を授賞

同賞は、住民が一体となって、元気な高齢者を増やす活動をしている地域・団体を広く県民へ紹介する沖縄県の『ちゃーがんじゅう地域推進事業』の一環で、今年度は県内から14団体の応募がありました。

選考の結果、今年度は大賞に棚原老人クラブ(西原町)の1団体、地域優秀賞にあかちち万歩会(本部町)、百名ゆんたく会(南城市)、浦添ニュータウン自治会老人クラブ若草会(浦添市)の3団体が受賞しました。

百名ゆんたく会が『ちゃーがんじゅう地域優秀賞』を授賞

昭和60年にグラウンドゴルフサークルからスタートした百名ゆんたく会(座波喜美子会長)は、毎月20日の14時〜17時に定例会を開催。週3回(月、水、金)は、グラウンドゴルフも実施している平均年齢84歳の元気と笑顔いっぱいの団体です。

南城市からはグリーンタウン自治会介護予防部など、これまでに3団体が優秀賞に選出されています。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年10月24日

ノース・シアトル・カレッジと協定を締結(2019/10/22)

東村、北中城村、中城村、南城市で構成される沖縄県内市町村海外短期留学実行委員会(OPSTSA)は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルにあるコミュニティカレッジ『ノース・シアトル・カレッジ(NSC)』と協定を結びました。

ノース・シアトル・カレッジと協定を締結 ノース・シアトル・カレッジと協定を締結

少人数制で授業を行う2年制のNSCは、レベルに合わせた英語クラスもあり、留学先としての教育環境が充実しています。修了後には提携先の米国内外の4年制の大学に編入も可能です。今回の協定を結ぶことで将来のNSCとの留学提携をスムーズに運ぶことができ、子ども達の留学先の選択肢が増えることが期待されます。

ノース・シアトル・カレッジと協定を締結

4月に同校を視察したOPSTSAの瑞慶覧長敏会長は「教育システムや環境がすばらしいカレッジです。協定を結ぶことで子ども達の海外留学がより身近になります」と期待を込めました。

ノース・シアトル・カレッジと協定を締結

NSCのウォーレン・ブラウン学長は「沖縄の皆さまとパートーナーシップを結べたことはとても光栄です。国際教育で世界をもっと近いものにしたい」と協定締結を喜びました。

協定の期間は署名から5年間で、双方の同意で期間を延長することができます。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

生涯学習課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5369
MAIL:syougai@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ