南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2017年12月29日

現代版組踊『鬼鷲』出演者が感謝を込めて佐敷上グスクを清掃(2017/12/29)

尚巴志を描いた現代版組踊『鬼鷲 琉球王尚巴志伝』に出演する子ども達が、第一尚氏ゆかりの史跡・佐敷上グスクの清掃を行いました。

現代版組踊『鬼鷲』出演者が感謝を込めて佐敷上グスクを清掃 現代版組踊『鬼鷲』出演者が感謝を込めて佐敷上グスクを清掃

現代版組踊『鬼鷲』出演者が感謝を込めて佐敷上グスクを清掃 現代版組踊『鬼鷲』出演者が感謝を込めて佐敷上グスクを清掃

清掃後には佐敷上グスクや尚巴志についての説明をうけ、尚巴志と尚思紹などが合祀されている月代宮に感謝を込めて手を合わせました。

現代版組踊『鬼鷲』出演者が感謝を込めて佐敷上グスクを清掃 現代版組踊『鬼鷲』出演者が感謝を込めて佐敷上グスクを清掃

最後に舞台の演目の一つを奉納し、舞台成功を誓いました。

現代版組踊『鬼鷲』出演者が感謝を込めて佐敷上グスクを清掃

現代版組踊『鬼鷲 琉球王尚巴志伝』は、2018年2月11日・12日に北中城村立中央公民館で公演。お問い合わせは島人Lab(TEL 098-996-4108)まで。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月27日

津波古区健康講演会 ドクターG・徳田安春さんが講演(2017/12/26)

区民の積極的な健康づくりを推進するため、津波古公民館では毎月1回、健康に関する講演会や健康教室を開催しています。

津波古区健康講演会 ドクターG・徳田安春さんが講演 津波古区健康講演会 ドクターG・徳田安春さんが講演

今月は、NHK「総合診療医ドクターG」などにも出演し、総合診療でご活躍されている群星沖縄臨床研修センター長・徳田安春さん(津波古区出身)による健康講演会が行われました。

津波古区健康講演会 ドクターG・徳田安春さんが講演

徳田さんは『病気になりにくい生活習慣』をテーマに、運動、休養、食事の面からの生活改善について、沖縄の現状を踏まえてわかりやすく解説。

津波古区健康講演会 ドクターG・徳田安春さんが講演

健康維持や促進のために、社会との関わりや地域における人々の信頼関係や結びつき(ソーシャルキャピタル)が求められていることや、睡眠時間が少ないとされる日本で深刻になっている『睡眠負債』など、健康に関する最新情報も紹介され、参加した区民は熱心に耳を傾けました。

今年の健康教室・講演会には、実質人員120名の区民が健康づくり推進員として参加しました。来年も健康に関する新しい講演会を予定している津波古区。区民を巻き込んだ健康づくり活動はますます活発になりそうです。

(写真の提供・津波古区)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月27日

つはこ花咲かす会 新年に向けて交差点の花壇を整備(2017/12/24)

津波古区を花でいっぱいにする活動を行っている『つはこ花咲かす会』(会長・古堅苗)のメンバーが、新年に向けて津波古交差点の花壇の植え替えを行いました。

つはこ花咲かす会 新年に向けて交差点の花壇を整備 つはこ花咲かす会 新年に向けて交差点の花壇を整備

『南城市の玄関口である津波古交差点に1年中花を咲かそう』と活動を行ってきた、つはこ花咲かす会。仕事納めとなる植え替え作業に汗を流します。

つはこ花咲かす会 新年に向けて交差点の花壇を整備 つはこ花咲かす会 新年に向けて交差点の花壇を整備

初日の出を観るため、多くの方々が訪れる南城市。交差点に咲き誇る花々が、新年の慶びを届けてくれそうです。

(写真の提供・つはこ花咲かす会)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月26日

海外移住者子弟研修生の稲嶺さん 知念高校でカホンを披露(2017/12/20)

今年度の南城市海外移住者子弟研修生として、ペルー共和国から来沖している稲嶺愛美さん。研修の一環として、知念高校で体験入学を行っています。

海外移住者子弟研修生の稲嶺さん 知念高校でカホンを披露

この日は3年生のクラスメイトに集まってもらい、母国のペルーの紹介をしました。

海外移住者子弟研修生の稲嶺さん 知念高校でカホンを披露 海外移住者子弟研修生の稲嶺さん 知念高校でカホンを披露

研修前から高校への体験入学を楽しみにしていた稲嶺さん。知念高校の制服に袖を通し、流ちょうな日本語でペルーを紹介しました。

海外移住者子弟研修生の稲嶺さん 知念高校でカホンを披露 海外移住者子弟研修生の稲嶺さん 知念高校でカホンを披露

その他、伝統ダンスやペルー発祥の打楽器「カホン」を披露して、クラスメイトと共演するなど、持ち前の明るさでクラスに馴染み、高校生活を楽しんでいる様子でした。

稲嶺さんは南城市を中心に、来年の2月末まで日本語や沖縄文化を学ぶほか、市内の伝統行事やイベントなどにも参加予定。日本語もとても上手ですので、みなさま声をかけてあげてくださいね!

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

まちづくり推進課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5394
FAX:098-917-5424
MAIL:machi@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月25日

知念中学校3年生がタスキをつないでふるさとを一周!(2017/12/23)

冬になって、受験シーズンに突入してまいります。そんな中、受験前の今だからすべきことがあるのではないか!と走りだしたくなったのが知念中学校の3年生42名。

知念中学校3年生駅伝 知念中学校3年生駅伝

早朝、知念岬公園に集合し、朝日に向かって合格祈願。7時45分、同級生と保護者の声援を受けて第一走者がスタートしました。1人1キロ。42名がタスキをつなぎます。

知念中学校3年生駅伝 知念中学校3年生駅伝

知念地区は1学年1クラス。いわば、同級生はクラス分けすることもなく、幼稚園・小学校・中学校の間ずっといっしょ。それが高校はそれぞれの道へ進むわけです。「最後の1年、クラスがひとつになれることをできないだろうか」と思った担任の高嶺智徳教諭。42名という単純な理由でフルマラソンの距離をみんなで走ろうということになったわけです。

知念中学校3年生駅伝 知念中学校3年生駅伝

コースは知念、佐敷、与那原町、大里、八重瀬町、玉城と南城市内と周囲の町を一周。当日、体調不良による数名の欠席がいましたが、みんなでカバーしあい、最後はラスト走者を先頭にみんなでゴール。青春の笑顔がまぶしいです。

知念中学校3年生駅伝

17区目に走った田場勝多郎くんは「いつも笑いの絶えない最高のクラス。受験に向けてもっと団結できた気がします」と充実した表情でした。みんなでふるさとの景色を走った思い出は、それぞれの道へ進んでも、きっと彼らの支えになることでしょう。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月25日

津波古区 伝統芸能交流祭(2017/12/17)

津波古区と、市外の伝統芸能が一堂に会する『津波古区 伝統芸能交流祭』(主催:津波古区 後援:(公社)沖縄県地域振興協会)が、津波古公民館で開催されました。

津波古区 伝統芸能交流祭 津波古区 伝統芸能交流祭

津波古区 伝統芸能交流祭 津波古区 伝統芸能交流祭

豊かな自然と伝統文化、そして人情が色濃く残る津波古区では、昨年、冊封使・徐葆光が見た首里城で見た中秋の宴を再現した舞踊などを鑑賞する『津波古区琉球芸能鑑賞会』が開催されるなど、伝統芸能を中心にした地域コミュニティを高めています。

津波古区 伝統芸能交流祭 津波古区 伝統芸能交流祭

津波古区 伝統芸能交流祭 津波古区 伝統芸能交流祭

今年は県内各地の伝統芸能保存会を招き、南城市では観ることができない伝統芸能の数々が披露されました。

津波古区 伝統芸能交流祭 津波古区 伝統芸能交流祭

 

出演・演目

・名護市川上伝統芸能保存会「大獅子と糸操り獅子舞」
・Kガールズ(津波古区)「民謡」
・津波古獅子保存会(馬天小4年生)「スーパー獅子舞Jr」
・アマンチュー(天人)「津波古天人保存会」
・志多伯獅子舞棒術保存会「長刀の舞」ほか
・今帰仁村湧川路次樂保存会「サーサー樂・太鼓樂・上げ樂」ほか
・津波古芸能保存会「舞踊・通い船」
・金武町金武区伝統芸能保存会「獅子舞・綱引き路次樂・長刀の舞」

(写真の提供・津波古区)

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月25日

イルミネーション点灯式 佐敷自治会(2017/12/2)・小谷区(2017/12/3)

イルミネーションが美しい季節になりました。南城市内でも2つの区が地域を盛り上げるためにイルミネーションを点灯しました。

 

佐敷自治会

佐敷自治会イルミネーション 佐敷自治会イルミネーション

佐敷自治会イルミネーション 佐敷自治会イルミネーション

佐敷自治会は南城市上がり太陽プランの助成を受けて6,000個の灯りで公民館を飾りました。初めての試みです。自治会長の津波良光さんは「青年会がない地区。今までは若い人たちが自治会活動に参加できる機会が少なかった。今回、今まで参加しにくかった20代・30代の住民も手伝ってくれました」と意義を語りました。将来は地域の歴史遺産でもある佐敷上グスクまでイルミネーションを伸ばしたいという夢も語りました。【地図

  

小谷区

小谷区イルミネーション 小谷区イルミネーション

小谷区イルミネーション 小谷区イルミネーション

おなじみの小谷のイルミネーション。2〜3万個の灯りが、「美ら石坂」と呼ばれる石段を彩ります。今回はじめてテーマを設定しました。「ハートをつかもう」。ハートの地形をしていることで知られている南城市ですが、実は小谷区の地形もハート型をしているのだとか。城間紀克区長は「ここで恋人、家族など大切な人のハートをつかんでほしい」と、みんなの幸せを応援するメッセージを語りました。【地図

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月25日

平成29年度 第10回 南城市琉歌募集事業表彰式&文化講演会(2017/12/17)

南城市の歴史・文化・自然を題材とした琉歌を募集し、その魅力を全国に発信する『平成29年度 第10回 南城市琉歌募集事業』の受賞者表彰式が大里庁舎3階の市民ギャラリーで開催されました。

平成29年度 第10回 南城市琉歌募集事業表彰式&文化講演会 平成29年度 第10回 南城市琉歌募集事業表彰式&文化講演会

今回は市内外から作品143首の応募があり、一般の部では大賞1首と優秀賞4首が入賞、児童の部では5作品が優秀賞として選ばれました。

平成29年度 第10回 南城市琉歌募集事業表彰式&文化講演会 平成29年度 第10回 南城市琉歌募集事業表彰式&文化講演会

垣花樋川をテーマにした作品で大賞を受賞した前原武光さんは「市の文化財を詠む琉歌事業の役割はとても重要。児童部門もあり、子ども達が方言を使うことにもつながる」と市琉歌募集事業の重要性を話し「いずれは万葉集のような琉歌集を発行して後世に残したい」と意気込みました。

平成29年度 第10回 南城市琉歌募集事業表彰式&文化講演会

今回の応募作品のうち、80首が南城市内からの応募された作品で、児童の部はほとんどが市内からの応募でした。

選考委員長の中村啓子さんは「児童の作品は、沖縄の歴史文化の発祥の地と言っても過言ではない南城市の文化財を詠んだ歌が多く、大人にはない自由で楽しい表現ばかりでした」と講評しました。

平成29年度 第10回 南城市琉歌募集事業表彰式&文化講演会 平成29年度 第10回 南城市琉歌募集事業表彰式&文化講演会

表彰式後には、沖縄県立博物館・美術館学芸員の山崎真治さんによる文化講演会『南城市サキタリ洞遺跡の発見と沖縄の旧石器人』が催され、世紀の大発見となったサキタリ洞遺跡発掘の最新の調査結果や、沖縄旧石器人のくらしなどを解説。

ロマンあふれる講演に、観客は熱心に耳を傾けました。

※『第10回 南城市琉歌募集事業受賞作品』は、広報なんじょう12月号21ページにて掲載しています。

 

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

文化課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5374
MAIL:bunka@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月22日

南城市伝統芸能祭~開闢神から伝承へ~(2017/12/16)

沖縄県立芸術大学と南城市との包括的連携事業『南城市伝統芸能祭~開闢真から伝承へ~』が、シュガーホールで開かれました。

【幕開け】琉球古典音楽斉唱「秘伝仲風」

南城市伝統芸能祭 南城市伝統芸能祭

【第1部】南城市地域伝統舞踊と御冠船芸能復活舞踊
1.古堅のミーミンメー(大里…古堅伝統芸能保存会)

南城市伝統芸能祭 南城市伝統芸能祭

2.安座真の谷茶前(知念…安座真伝統芸能保存会)

南城市伝統芸能祭 南城市伝統芸能祭

3.知名の仲里節(知念…知名ヌーバレー保存会)

南城市伝統芸能祭 南城市伝統芸能祭

4.前川のあやぐ(玉城…前川伝統芸能保存会)

南城市伝統芸能祭 南城市伝統芸能祭

5.毬舞(南城市佐敷字津波古獅子蹴跳〈舞〉保存会、八重瀬町志多伯獅子舞棒術保存会[賛助出演])

南城市伝統芸能祭 南城市伝統芸能祭

 

【第2部】祭りから祀りへ(五穀豊穣・子孫繁栄・世果報願ぇ)

歌舞劇 琉球開闢神「アマミク~開闢神から伝承へ~」

第1場 アマミクの神降り / 第2場 鶴の舞 / 第3場 天親田のクェーナ(稲作儀礼歌)/ 第4場 初穂儀礼 / 第5場 祭りから祀りへ

南城市伝統芸能祭 南城市伝統芸能祭

南城市伝統芸能祭 南城市伝統芸能祭

南城市伝統芸能祭 南城市伝統芸能祭

南城市伝統芸能祭 南城市伝統芸能祭

芸大生・同OBOG、おきたん有志会などが出演した歌舞劇では、ヤハラヅカサに降りた神アマミク、受水走水での農作の始まり、豊作を喜ぶ人々の様子を息の合った踊りで表現。高さ3メートルあまりの津波古の天人も登場し、観客から大きな拍手が送られました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月19日

歳末たすけあい運動 岸本さんがお米150kgを寄贈(2017/12/15)

グリーンタウン在住の岸本隆弘さん(前列右から2人目)が南城市社会福祉協議会を訪れ、困っている方へ届けてほしいと、お米150kgを寄贈しました。岸本さんは歳末たすけあい運動の時期に合わせて、5年連続でお米を寄贈しています。

歳末たすけあい運動  岸本さんがお米150kgを寄贈

幼少期に苦労をした経験から、困っている人へ何かお手伝いができなかと考え、お米の寄贈をはじめた岸本さん。社会福祉協議会の本所で行われた贈呈式で「健康な間は続けていきたい」と意気込みを語りました。

社会福祉協議会の阿嘉広雄会長は「地域のために支援をしていただける方がいることはとても心強い。あたたかいお正月を迎えるいい贈り物になります」と謝辞を述べました。

岸本さんから寄贈の相談を受け、社会福祉協議会へ紹介した南城市議会議員の国吉昌実さんは「気持ちがあっても寄贈を続けることはなかなかできないこと。人生の先輩として尊敬しています。困っている人を支援する気持ちが広がっていってほしい」と話しました。

南城市福祉部長の仲里康治さんは「市民の中には、どうやって正月を迎えようか困っている方もいる。みんなが幸せになってほしいとの岸本さんの熱い気持ちに感謝いっぱいです」とお礼の言葉をおくりました。

お米は地域の民生委員を通じて、支援を必要としている方へ届けられるそうです。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ