南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2018年2月21日

晴天のもと豊作祈願 受水走水で親田御願(2018/02/19)

琉球稲作の発祥の地とされている受水走水で、豊作を祈願する仲村渠区の伝統行事『親田御願』が行われ、区民の男性3人が田植えの儀式をしました。

晴天のもと豊作祈願  受水走水で親田御願

『親田御願』は旧正月後の初午の日に実施されます。中国から飛んできた鶴が稲穂を落とし、稲の芽が出たとされる『米地』と、受水走水で祈願をした後、『親田』と呼ばれる田んぼに入り、稲の苗を植え付けます。

晴天のもと豊作祈願  受水走水で親田御願 晴天のもと豊作祈願  受水走水で親田御願

初めて田植えに参加した大城洋介さんは「親田御願は幼いころから見てきた行事。ずっと地元を離れていたので、ようやく参加できてうれしい」と額の汗を拭います。

晴天のもと豊作祈願  受水走水で親田御願

田植えの儀式後、参加者は近くの『祝毛』に移動し、東西南北におじぎをする独特の四方拝『三十三拝』を行い、田植えから稲刈りまでを表現した『天親田のクェーナ』を詠み、豊作を祈願しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年2月20日

JA共済 花咲くプランター贈呈(2018/02/19)

環境美化の促進と青少年の健全育成を願った『花咲くプランター』の贈呈式が、大里庁舎の教育長室で行われました。今回の寄贈は沖縄県のJA共済の地域貢献活動の一環で、市内すべての中学校に20鉢ずつ贈られます。

JA共済 花咲くプランター贈呈

式には市内JAの各支店長と山城馨教育長が出席。ゼラニウム、マリーゴールド、サルビアなどの花々が咲いたプランターが会場を彩りました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

教育指導課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5364
MAIL:kyoushidou@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年2月20日

第6回尚巴志塾 オリジナルマップを発表(2018/02/18)

地域にある文化遺産や自然景観・集落独自の生活環境など、地域に残る宝を再発見し、それを活用できる人材の育成を行うことを目的とした『尚巴志塾』が全5回の日程を終え、対象の市内9地域の成果発表が大里庁舎市民ギャラリーで開かれました。

参加した9チームは、昨年10月からの講座のほかに、自主的に地域に足を運び、1時間で散策できるオリジナルのガイドマップを作成。マップをもとにそれぞれの地域の見どころや絶景ポイントなどを発表しました。

 

【発表チームとマップの主な概要・講評など】※発表順

①久手堅ボージャー(久手堅)

第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表 第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表

ヌーバレーや神事を中心としたまちづくりをテーマに、久手堅ボージャー(公民館付近)から拝所や大アカギなどの地域の道を子ども達と巡る。アカギの大きさを子どもたちが手を取り合って測ったり、ウマチーに使うウンサク(神様へお供えする酒)作りなど、地域を受け継ぐ子ども達がターゲット。

 

②チームうくく会(小谷)

第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表 第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表

ウククま~いのコースをもとにマップ作り。土帝君を中心にした祭り、農村広場での綱引きなどの集落の祭祀や、上の井、現存する石畳、140年前に建てられたとされる古い石造りのひんぷん、美ら石坂の物語、イルミネーションと桜など、自然の景観と集落の絆を体験するコース。

 

③前川むらやー(前川)

第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表 第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表

地域の7か所を巡るコース。地域で一番高所にあるお宮を中心に、斜面を利用し、南向きに碁盤の目の様に住居が整備されている昔ながらの景観や、マンホールに描かれた伝統芸能のアヤグの紹介、古い民話などを居食住を感じてもらうマップ。

 

④クルチの杜(佐敷)

第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表 第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表

鉄が発掘されたと言われる場所(カータイ殿)、佐敷上グスク(つきしろの宮)、苗代殿など、尚巴志ゆかりの地としての特色を活かしたマップ。住民が立ち上げたイルミネーションなども紹介。

 

⑤ニライカナイNOUTT(久高)

第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表 第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表

祈りをテーマに、何回も島へ足を運び、1時間で回れるマップを作成。マップ作りを通して「久高島の祈りは、人間や自然に通じる尊いもの」と感じた。「1時間という制限の中、うまくまとめられているマップ。島の自然についても入れるとさらによくなりそう」と講評。

 

⑥命の水(垣花)

第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表 第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表

参加者のターゲットを絞り、時間内に回れるようにコースを設定。垣花の人が大切にしていることの説明や、垣花樋川(ワナガー)での水を使った3つの体験(水をくみ運ぶ、水を沸かして琉球紅茶を飲む、感謝の気持ちを込めて水に流す)や、『命を支えているものは?』など参加者への問いかけなども盛り込む。「ツアープログラムまで考えていて、意気込みを感じる」と講評。


⑦てぃーだサンサン(安座真)

第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表 第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表

県内でも有数の文化資源・拝所があるが、多くは集落の奥や個人有地にあるので、迷惑がかからないよう、正しい知識で回ってもらえるように配慮し、教育委員会が設定した散策コースをもとにマップ作り。神聖な場所や、外から踏み入れてはいけない雰囲気もあり、コース選定に苦慮した。地域の方とコミュニケーションをとりながら、地域の芸能なども取り入れていきたい。

 

⑧チーム グリーンティー(知名)

第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表 第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表

知名御川、ヌーバレー会場の高台、ヌーバレー会場、闘牛の牛舎で餌やり体験、ヤギの餌やり体験、知名むらやーで昔のおもちゃ作り体験(アダンの葉で作った風車)などインスタ映えを狙ったコース設定で、3世代交流をテーマにマップを作成。ガイドは地域の方。

 

⑨ミントン(仲村渠)

第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表 第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表

久高島を眺める稲作発祥の地、ミントングスクと久高島との交流、久高島を眺める絶景ポイントなど、見慣れている地元の方も再発見できるようにリーフレット型のマップを作成。リーフレットはやさしく穏やかな仲村渠の方々をイメージしたやさしい色合い。「リーフレットまで作成されていてすばらしい。地元の方だけでなく、区外の方へ向けての着眼点を持つととてもよくなる」と講評。

 

発表後には修了式が行われ、山城馨教育長より受講生ひとりひとりに修了証が授与されました。

第6回尚巴志塾  オリジナルマップを発表

山城教育長は「地域の歴史・文化を知り、地域愛を自分の言葉で発信することはとても大事です。学んだことを多くの方へ発信してほしい」と受講生を称えました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

文化課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5374
MAIL:bunka@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年2月17日

女子サッカー・INAC神戸レオネッサがサッカースクール(2018/02/17)

南城市陸上競技場でキャンプを行っている女子サッカーのINAC神戸レオネッサが、市内の少年サッカーチームを招きサッカースクールを開きました。

女子サッカー・INAC神戸レオネッサがサッカースクール

晴天にも恵まれ絶好のサッカー日和となり、選手や子ども達から自然と笑顔がこぼれます。

女子サッカー・INAC神戸レオネッサがサッカースクール 女子サッカー・INAC神戸レオネッサがサッカースクール

女子サッカー・INAC神戸レオネッサがサッカースクール 女子サッカー・INAC神戸レオネッサがサッカースクール

女子サッカー・INAC神戸レオネッサがサッカースクール 女子サッカー・INAC神戸レオネッサがサッカースクール

和やかな雰囲気の中、子ども達は憧れの選手と一緒にミニゲームなどで汗を流し、交流を深めました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年2月17日

久高島でシャクトゥイ 新年を祝う(2018/02/16)

久高島で旧正月の伝統行事『酌取り(シャクトゥイ)』が行われました。

久高島でシャクトゥイ 新年を祝う

この日は島外から多くの出身者や家族が島に戻り、島の崇高な拝み場所である『外間殿』に集います。シャクトゥイは島外の方でも参加することができ、新年を祝うために多くの方が島を訪れます。

久高島でシャクトゥイ 新年を祝う

ゆったりとした地謡の演奏の中、男性が年齢順に二人一組で殿にのぼり、待ち受ける神役のから酌を受けます。

久高島でシャクトゥイ 新年を祝う 久高島でシャクトゥイ 新年を祝う

久高島でシャクトゥイ 新年を祝う 久高島でシャクトゥイ 新年を祝う

殿から出ると、それまで荘厳だった地謡の演奏が一転し、親族や関係者も加わりカチャーシーが始まり、1年の祈願を終えた喜びを踊ることで表現します。

晴れ渡った青空の下、久高島に新年を祝う喜びの音色が響き渡りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年2月17日

平成29年度 南城市地域福祉活動実践報告会(2018/02/15)

市内で福祉学習や地域福祉活動に取り組んでいる学校や地域、団体などの報告を通して、活動のさらなる広がりや市民につながる機会となることを目的とした『平成29年度 南城市地域福祉活動実践報告会』(主催:南城市社会福祉協会、南城市ボランティアセンター)が、南城市大里農村環境改善センターで開かれました。

平成29年度 南城市地域福祉活動実践報告会 平成29年度 南城市地域福祉活動実践報告会

平成29年度 南城市地域福祉活動実践報告会 平成29年度 南城市地域福祉活動実践報告会

 

今回、活動の報告を行った学校・団体は下記の通りです。

◇保育園・・・知念あさひ保育園
◇小学校・・・大里南小が学校
◇社会活動・・・社協活動 ミニデイサービス
◇自治会・・・船越区健康づくり推進委員会
◇団体・・・なんじぃ子どもプロジェクト

 

平成29年度 南城市地域福祉活動実践報告会

市内の子どもの貧困問題の解決に取り組むなんじぃ子どもプロジェクトの出口尚代表は、子ども達への支援の輪が広がっていることにふれ「声をあげられない子どもやご家庭もいます。ぜひ皆さんのご協力をお願いします」と会場へ呼びかけました。

報告会後には、各報告者を交えたミニシンポジウムが開かれ、それぞれの活動の意義や今後の展開などを語りました。

平成29年度 南城市地域福祉活動実践報告会 平成29年度 南城市地域福祉活動実践報告会

コーディネータをつとめた沖縄県社会福祉協議会の伊良皆和弘さんは「市民がそれぞれでできることを実践して、いまの南城市ができています。福祉のまち南城を皆さんで大きくして、将来にわたって受け継いでいけたら素晴らしいことだと思います」とそれぞれの福祉活動にエールをおくりました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年2月17日

玉城小・学級対抗長縄跳び大会(2018/02/15)

玉城小学校で学級対抗の長縄とび大会が行われました。

玉城小・学級対抗長縄跳び大会 玉城小・学級対抗長縄跳び大会

学級がひとつのチームとなり、日頃の練習の成果とチームワークが試される長縄とびは、2分間1発勝負。時間内に跳ぶ回数を競います。大会には保護者も駆けつけ、児童を応援します。

玉城小・学級対抗長縄跳び大会 玉城小・学級対抗長縄跳び大会

5・6年生が出場する高学年の部では、5年2組が143回の記録で優勝を飾りました。

玉城小・学級対抗長縄跳び大会 玉城小・学級対抗長縄跳び大会

児童からは「練習より跳べなくて悔しい。次は前の人をちゃんと見て跳びたい」など来年へ向けての意気込みや、「ミスなく跳べて良かった」などの感想があり、仲間と協力して得る達成感を味わった様子でした。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年2月17日

海外移住者子弟研修生が久高小中学校で交流(2018/02/14)

南城市、南風原町、豊見城市でそれぞれ研修を行っている海外移住者子弟研修生が久高島を訪れ、久高小中学校の子ども達と交流しました。

海外移住者子弟研修生が久高小中学校で交流 海外移住者子弟研修生が久高小中学校で交流

海外移住者子弟研修生が久高小中学校で交流 海外移住者子弟研修生が久高小中学校で交流

同校を訪れた南城市の稲嶺・照喜名 愛美 パウラ アンドレアさん(ペルー共和国)、南風原町の新垣・照屋 フェデリコ サトシさん(ペルー共和国)とオオシロ アドリアナ ナオミさん(ブラジル連邦共和国)、豊見城市のカゲヤマ リカルドさん(ブラジル連邦共和国)は、それぞれの国の紹介や、ダンスなどを披露して子ども達と交流しました。

海外移住者子弟研修生が久高小中学校で交流 海外移住者子弟研修生が久高小中学校で交流

子ども達からは「ペルーやブラジルについて知ることができてよかった」と感想があり、同じ沖縄にルーツを持つ研修生の出身国に興味を持った様子でした。

海外移住者子弟研修生が久高小中学校で交流 海外移住者子弟研修生が久高小中学校で交流

交流会後、研修生は子ども達と一緒に給食を共にして親ぼくを深めました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年2月17日

平成29年度 南城市叙勲受章賞祝賀会

平成29年度南城市叙勲受賞祝賀会(主催:南城市祝賀実行委員会)が、南城市大里農村環境改善センターで開かれました。

平成29年度 南城市叙受章賞祝賀会

会場にはご家族や関係者が駆けつけ、受章を祝いました。

平成29年度 南城市叙受章賞祝賀会 平成29年度 南城市叙受章賞祝賀会

 

【受章者の紹介】(順不同、経歴など省略)

・秋の叙勲(平成28年度)
儀間朝幸 氏 (瑞宝単光章・矯正業務功労賞)

・春の叙勲(平成29年度)
下地清吉 氏(旭日単光章・中小企業振興功労)

・秋の叙勲(平成29年度)
親川盛一 氏(瑞宝小綬章・地方自治功労)
島袋朝徳 氏(瑞宝双光章・教育功労)

・第28回危険業務従事者叙勲
上原豊一 氏(瑞宝単光章・警察功労)
津波友吉 氏(瑞宝単光章・警察功労)

・第29回危険業務従事者叙勲
山口進 氏(瑞宝単光章・矯正業務功労賞)

・高齢者叙勲
新垣榮孝 氏 (旭日単光章)
吉田義夫 氏 (旭日単光章)
嶺井光栄 氏 (瑞宝双光章)

・特別叙勲
故・知念義信 氏 (旭日単光章)
故・屋比久末晴 氏(旭日単光章)
故・吉田高德 氏(旭日単光章)
故・大城善孝 氏 (旭日単光章)
故・銘苅春明 氏 (旭日単光章)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年2月17日

南城市シルバー人材センターが10周年(2018/02/09)

南城市シルバー人材センターの設立10周年を記念した式典が、ユインチホテル南城で開かれました。

南城市シルバー人材センターが10周年

南城市シルバー人材センターは、清掃・草刈り作業、エコチップや汚泥発酵堆肥『くがに1号』の販売、県立玉城青少年の家の指定管理、デマンド交通『おでかけなんじぃ』のオペレート業務の受託、介護予防・日常生活支援事業の受託や、独自事業のヘナ栽培(白髪染)など、多岐にわたる分野で市民生活を支えています。

設立時は77名でスタートした会員も現在は350名余りとなり、平成25年度から年間受注契約額も1億円を超え、目覚ましい発展を続けています。

南城市シルバー人材センターが10周年

知念進理事長は「就業を通して絆を深め、地域に愛されるセンターを目指したい」と式辞のあいさつ。

南城市シルバー人材センターが10周年 南城市シルバー人材センターが10周年

南城市シルバー人材センターが10周年 南城市シルバー人材センターが10周年

式典では、センターの発展に尽力された個人・企業などへの感謝状の贈呈や、歴代役職員や10年以上継続就業会員への表彰状が贈られました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ