南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2018年3月22日

玉城中37期生が母校へ寄付 (2018/03/19)

玉城中学校を卒業した37期生(昭和44年4月~45年3月生)の皆さまが、母校へ寄付を行いました。

玉城中37期生が母校へ寄付 (2018/03/19)

今回の寄付は、48歳のトゥシビーを記念して昨年11月に開いた玉城中学校37期生同期会(実行委員長・屋嘉比智教)の余剰金を活用したもの。同校を訪れた屋嘉比委員長(写真中央)と嶺井等支部長(写真左)は「人材育成のために使ってほしい」と具志堅弘校長へ寄付金66,188円を贈呈しました。

具志堅校長の初任校が玉城中学校で、37期生は1年生と3年生の時に担任をつとめた学年で「最初に担任を受け持った学年でとても思い出深いです。みんな立派になってうれしい」と当時を振り返り「70周年をひかえる中、寄付はとても助かります。子ども達のために使わせていただきます」と謝辞を述べました。

玉城中学校では12月8日(土)に開催する記念式典・祝賀会に向けて『玉城中学校70周年記念事業実行委員会』が設立され、卒業生による寄付は45期生に続き今回で3回目となりました。

記念事業実行委員会では、記念事業による学校車購入など、子ども達の教育環境の充実へ向けて寄付金を募っています。

お問合せは、同実行委員会事務局(玉城中学校)[TEL098-948-7105]まで。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年3月20日

保護犬を訓練 島添の丘の児童に修了証(2018/03/16)

保護された犬をしつけ、里親へつなげる沖縄県の成犬譲渡促進事業に参加した島添の丘の児童6人の修了式が同施設のグラウンドで開かれました。

保護犬を訓練 島添の丘の児童に修了証

井上愛犬訓練所の指導のもと、『美月(みつき)』と『美星(みほし)』と名付けられた2匹の成犬のトレーニングを、児童6人が昨年10月から今年の2月まで行ってきました。
養護施設の児童が保護犬を引き取って訓練し、一般家庭に譲渡するのは全国初の取り組みです。

保護犬を訓練 島添の丘の児童に修了証 

訓練のデモンストレーションでは、児童の「伏せ」「待て」などの指示に従い、家庭犬としてしっかりしつけられた2匹の姿がありました。

保護犬を訓練 島添の丘の児童に修了証 保護犬を訓練 島添の丘の児童に修了証

引き取り手が見つかることを願い、児童は2匹へ青と赤のバンダナをプレゼント。トレーニングをがんばった児童には、事業を受託している県公衆衛生協会から修了証が贈られました。

保護犬を訓練 島添の丘の児童に修了証

サプライズで、児童から訓練士と事務局へのプレゼントもあり、修了式はあたたかい雰囲気に包まれました。

 

美星を担当した6年生の男子児童は「最初は全然できなかった『座れ』『待て』ができるようになってうれしい。新しい家族が見つかり、かわいがられて幸せになってほしい」と笑顔で話しました。

美月を担当した6年生の女子児童は「トレーニングで成長した美月の姿を見ることができて良かった。一度捨てられて傷ついた美月を必ず愛してくれる里親のもとにいってほしい」と少し名残惜しそうに話しました。

※『美月』と『美星』にご興味がある方は沖縄県公衆衛生協会(TEL098-945-2686)までご連絡ください。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年3月20日

熊本県芦北町の佐敷小学校からビデオレター(2018/03/16)

熊本県芦北町の佐敷小学校の6年生から、南城市の佐敷小学校6年生へビデオレターが届きました。

熊本県芦北町の佐敷小学校からビデオレター

かつて同じ『佐敷町』があり、『佐敷小学校』や『佐敷城跡』など地名や学校名にいまも『佐敷』が多く残る熊本県芦北町。南城市のさしき健走会が、同じ『佐敷』同士として同町との市民交流を行い、ランナーの縁でつながっています。さしき健走会で事務局をつとめる高江州順達さんの紹介で、2つの佐敷小学校のビデオレターの交換が実現しました。

熊本県芦北町の佐敷小学校からビデオレター 熊本県芦北町の佐敷小学校からビデオレター

先に南城市の佐敷小6年生から、エイサーやラップなどでの学校紹介のビデオレターを芦北町の佐敷小6年生へ送り、今回は返事のビデオレターが芦北町より届きました。芦北町の佐敷小6年生は、校舎、部活動、委員会活動、授業の様子や125年前から続いているチャリティーバザーなどの学校行事や、町の特産物や温泉などを紹介しました。

熊本県芦北町の佐敷小学校からビデオレター

ビデオレターを観た南城市の佐敷小6年の前城レラーニさんは「自然もたくさんあり、あいさつ運動やすすんで発表をしているところが似ている」と共通点を見つけ「学校でチャリティーバザーなどをやっているのがすごい」と驚いた様子。神谷源さんは「芦北には温泉があっていいな」と笑顔。

両校の交流が実現したことに高江州さんは「大人だけの交流はもったいないと思い、小学校へ声をかけて良かった。中学生になっても交流を続けてほしい」と目を細めました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年3月16日

玉城中45期生が母校の創立70周年へ寄付 (2018/03/15)

玉城中学校を卒業した45期生(昭和52年4月~53年3月生)の皆さまが、母校へ寄付を行いました。

玉城中45期生が母校の創立70周年へ寄付

今回の寄付は、2回目の成人式となる40歳を記念して昨年11月に開いた玉城中学校45期生同期会(実行委員長・湧上茂智)の余剰金を活用したもの。
創立70周年記念事業に使ってほしいと、同期会実行委員会の嶺井伸也さんらが具志堅弘校長へ寄付金を贈呈しました。

具志堅校長は「70周年をひかえる中、とてもありがたいご寄付です。子ども達のために大切に使わせていただきます」と謝辞を述べました。

 

玉城中学校では12月8日(土)に開催する記念式典・祝賀会に向けて『玉城中学校70周年記念事業実行委員会』が設立され、卒業生による寄付は25期生に続き今回で2回目となりました。

記念事業実行委員会では、記念事業による学校車購入など、子ども達の教育環境の充実へ向けて寄付金を募っています。

お問合せは、同実行委員会事務局(玉城中学校)[TEL098-948-7105]まで。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年3月16日

馬天小6年生をおくる会(2018/03/08)

馬天小学校で6年生をおくる会が開かれました。

馬天小学校 6年生をおくる会  馬天小学校 6年生をおくる会

沖縄県立島尻特別支援学校の分教室が設置されている同校では、「共生社会を実現する人材を育てる学校づくり」を学校経営の目標に掲げ、分教室に通う児童も一緒に学校行事に参加して、障害のある子ども達と障害のない子ども達が相互関係のもと、それぞれ高め合い成長していくことを目指しています。

馬天小学校 6年生をおくる会 馬天小学校 6年生をおくる会

馬天小学校 6年生をおくる会 馬天小学校 6年生をおくる会

おくる会では、1年生から5年生がこの日のために練習してきた出し物などを6年生へ披露しました。

馬天小学校 6年生をおくる会

6年生は「私たちのために楽しい出し物をありがとうございました。みなさんですばらしい馬天小を作ってください」とお礼を述べてキロロの『ベストフレンド』を合唱しました。

馬天小学校 6年生をおくる会 馬天小学校 6年生をおくる会

新垣香代子校長は「心のこもった歌声に感動しました。馬天小の子どもであることを誇りに思ってほしい」とエールをおくり、全校生徒と一緒にあたたかい手拍子で6年生を送り出しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年3月15日

大里北小の新垣くんと波照間くんが全国表彰(2018/03/14)

大里北小学校2年生の新垣琉介くん(写真中央左)の自由研究が、第54回全国児童才能開発コンテスト科学部門で2位を獲得。同校1年生の波照間用祐くん(同右)の書道作品が、第61回JA共済全国小中学生書道コンクールで佳作に選ばれました。

大里北小の新垣くんと波照間くんが全国表彰

セミの羽が水をはじくことに着目した新垣くんは、トンボやチョウなどの虫の羽や植物の葉でも水をはじくかどうかを調べ自由研究として発表しました。

4才から書道を習っている波照間くんは、半紙いっぱいに力強いタッチの「はな」を書きあげ、1年生で全国入賞となりました。

報告を受けた山城馨教育長は「2人ともよくがんばりました。とてもすばらしいです。研究と練習を重ねて、次はさらに上の賞を狙ってください」と受賞を称えました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年3月15日

知念中25期生が母校の創立70周年へ寄付 (2018/03/12)

知念中学校を卒業した25期生(昭和32年4月~33年3月生)の皆さまが、母校へ寄付を行いました。

知念中25期生が母校の創立70周年へ寄付

今回の寄付は、還暦を記念して昨年10月に開いた知念中学校25期生同期会(代表幹事・屋我昇)での余剰金を活用したもの。創立70周年を迎える母校・知念中学校の記念事業などに使ってほしいと、同期会の事務局の大城盛昌事務局長と照喜名強さんが同校を訪れ、寄付金10万円を贈呈しました。

桑江常勝校長は「OBの皆さまからのご寄付はとてもありがたいです。一緒に70周年をお祝いできるように、大切に使わせていただきます」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年3月15日

津波古区チャリティーダンスパーティー(2018/03/10)

『津波古区チャリティーダンスパーティー』(主催:津波古区ダンスサークル)が、津波古公民館で開かれました。

津波古区チャリティーダンスパーティー 津波古区チャリティーダンスパーティー

70年代~80年代に流行ったダンスクラブを公民館に再現したイベントには、区内外からの多くの参加者で賑わいました。

津波古区チャリティーダンスパーティー 津波古区チャリティーダンスパーティー

津波古公民館でダンスパーティーが開催されるのは30年ぶりとのこと。市外からの参加者は「床もダンス向きでとてもいい。他の公民館でもやってほしい」と笑顔。

津波古区チャリティーダンスパーティー

瑞慶覧市長も駆けつけ、ステップダンスを披露。大学時代にはダンスパーティーによく参加していたそうです。

津波古区チャリティーダンスパーティー 津波古区チャリティーダンスパーティー

かつて熱中したダンスで健康増進を図ろうと、昨年3月に設立された津波古区ダンスサークルによる初のダンスパーティー。代表の宮城さんは「あの頃に熱中したダンス、今日は3時間びっしり遊んでください」と会場に呼び掛けました。

津波古区チャリティーダンスパーティー 津波古区チャリティーダンスパーティー

生バンドの演奏やディスコタイムもあり、ダンスフロアは熱気に包まれました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年3月15日

20才の私へ。市内小学6年生 タイムカプセル収納式(2018/03/10)

小学校を卒業する市内の小学6年生が、20才の自分へ宛てた手紙をタイムカプセルに納めました。

20才の私へ。市内小学6年生 タイムカプセル収納式

イオンタウン南城大里店が実施している同企画は、「20才の私へ。」をテーマに、市内すべての小学6年生が将来の夢などを書いた手紙を店内のタイムカプセルに収納し、20才を迎えた時に開封する卒業シーズン恒例のイベント。今回で6回目となり、過去5年で2200名分の手紙を収納してきました。

式典で同店の大城敦マネジャーは「卒業してそれぞれの道へ進むと思います。20才になる7年後を楽しみにしてください」とエールをおくりました。

20才の私へ。市内小学6年生 タイムカプセル収納式 20才の私へ。市内小学6年生 タイムカプセル収納式

参加した各小学校の児童代表は、未来への夢や希望が書かれた手紙をタイムカプセルに納めました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年3月15日

津波古公民館教養講座『保険・年金あらかると』(2018/03/08)

津波古公民館で中高生と保護者向けの教養講座『保険・年金あらかると~万が一に対する保障について考えましょう~』が開かれました。

津波古公民館教養講座『保険・年金あらかると』

講師の金融広報アドバイザーの大城人志さんが、保険や年金の基礎的な部分から丁寧に解説。東日本大震災後に注目されている地震保険の補償対象など保険の仕組みや考え方が紹介され、参加した区民は熱心に耳を傾けました。

津波古公民館教養講座『保険・年金あらかると』 津波古公民館教養講座『保険・年金あらかると』

高江州順達区長は「教養講座は区民の反応もいいので、健康教室とともに今後も継続していきたい」と今後の講座に期待を込めて話しました。

(写真の提供・津波古区)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ