南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2009年8月11日

 掃除さーぶー、国立劇場へ行く。糸数区で先行上演

なんじょう日記

糸数区の伝統芸能「掃除さーぶー」が、8月16日に国立劇場おきなわで行われる民族芸能公演「国立劇場豊年祭」に出演することになりました!

8月11日には糸数公民館でその先行公演を開き、継承者である青年3人が演じる掃除さーぶーを多くの地域住民が楽しみました。

通常、沖縄での幕開けは「かぎやで風」が定番ですが、糸数区では掃除で場を清めるという意味を込め、「掃除さーぶー」が幕開け。今回の国立劇場公演でもトップバッターです。

十五夜遊びの日に遊び庭の掃除を言いつけられた青年がひとり言を言いながら掃除をするという滑稽な一人芝居。掃除を終え、青年が仕事の出来栄えに満足し、遊び庭を眺めながら夢想にひたる場面では観衆からクスクスという笑いがもれました。

担い手の3人は三者三様の個性のある演技を披露。「全セリフが方言なのでそこを覚えるのが難しかった」としながらも、マイペースで国立劇場に挑みます。

掃除さーぶー

 

地謡の音楽に合わせて掃除をします
 地謡の音楽に合わせて掃除をします

遊び庭を見渡し、仕事の出来栄えに満足
遊び庭を見渡し、仕事の出来栄えに満足

 

観衆からは拍手喝さい
 観衆からは拍手喝さい

マイペースな3人です
担い手の3人

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年8月 8日

 費 堅蓉(フェイ ジェンロン)中国撥弦楽器の音色

なんじょう日記

中国出身の三弦奏者・費 堅蓉(フェイ ジェンロン)さんのコンサートが南城市文化センター・シュガーホールで行われました。オープニングは自作の曲「砂漠の旅」をソロで演奏。絶え間なく爪弾かれる三弦が壮大で幻想的な大陸の風景を織りなし、聴衆をロマンあふれる旅路へいざないました。

費 堅蓉(フェイ ジェンロン)さん

途中、南城市限定スペシャルコラボレーションとして、南城市出身の三線奏者・大城貴幸さんと息の合った掛け合いを披露。大城さんとは仲村渠(5日)と大城(7日)においても「シュガーホール地域出前ステージ」として共演しています。

休憩をはさんだ第2部では全く趣向を変え、ピアノ・チェロ・ギター・ボーカルを交えた演奏。「もののけ姫」など親しみのある多彩なジャンルを披露しました。

使用した弦楽器は延べ6種類。自在に音を織りなすそのテクニックに聴衆も感動した様子。

ピアノ、チェロ、ギターとの鮮やかな演奏
 ピアノ、チェロ、ギターとの鮮やかな演奏

大城貴幸さんとの息の合った演奏
大城貴幸さんとの息の合った演奏

 

地域出前ステージ 〜三弦三線南城ツアー〜

仲村渠公民館にて
 仲村渠公民館にて

大城集落センターにて
大城集落センターにて

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年8月 7日

 費堅蓉交流ミニコンサート〜中国茶を楽しみながら〜

なんじょう日記

コンサート出演のため南城市に滞在している、中国撥弦楽器の名手 費 堅蓉(フェイ ジェンロン)さんは、8月8日(土)のシュガーホールでの本番を前に、南城市内各地で出前コンサートを開催しています。

この日は、『費堅蓉のちょっとだけ優雅なワークショップ』と題しがんじゅう駅・南城にて、午後のひとときを中国茶を飲みながら、費堅蓉さんの演奏も楽しもうというイベントがありました。

演奏の前に中国茶のワークショップです。

大里の自宅敷地内でお茶の専門店を開設している上原美千代さんが講師となり、参加者にお茶の楽しみ方をレクチャーします。

上原さん曰く、「中国茶には堅苦しい作法はありません。自由に楽しんでください。」

上原さんは、日本茶インストラクター・紅茶コーディネーター・中国茶高級茶芸師(中国国家資格)など数々の資格を有する本格派!

 


今日のお茶菓子はサーターアンダギー。
中国語で"開口笑"確かに大きな口を開けて笑っているようにも見えますね。


みなさん初めての中国茶器セットにとまどいながらも見よう見まねでチャレンジします。

お待ちかねの費さんの演奏です。

それまで談笑していた参加者のお茶を飲む手も止まり、演奏に聞き入ります・・・

右手は、五本の指すべてにプラスチックで出来た爪を付けて、それで弦をはじきます。
高度な演奏テクニックを必要とする楽曲でも、難なくこなします。近くで見ているとほんとにすごい!ほれぼれしますね。
中国のお祭りでよく演奏される賑やかな曲、中国の伝統的な曲の他、シルクロードの砂漠をイメージしたオリジナルの「砂漠の旅」などを演奏しました。

費 賢蓉 (フェイ じぇんろん)
中国上海生まれ。三弦、琵琶、中阮、月琴、古筝、古琴などの演奏にも優れ、中国を代表する撥弦楽器の名手。日本でのコンサート活動の他、アジア各国、オーストラリア、アメリカのカーネギーホール、国連会議場でも演奏するなど広い範囲にわたり活動する。作曲、編曲も多数。特に三弦の演奏に優れ、革新的な演奏技法で名を知られる。

□コンサートの情報□
南城市文化センター・シュガーホール
8月8日(土) 午後7時開演
入場料:一般2,000円  学生500円 ※当日500円増
主催:南城市 南城市文化のまちづくり事業実行委員会
後援:南城市仲村渠区 南城市大城区
協力:茶房一葉  (有)フュージョンミュージック
助成:財団法人地域創造


 

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年8月 5日

 稲嶺の獅子舞、交流獅子がお披露目

なんじょう日記

6月ウマチーの旧暦6月15日。獅子舞で有名な稲嶺区では、新しい獅子が初お披露目されました。これまでは獅子が1体しかなく、各地の行事で演舞依頼があると獅子を持ち出すことになり、地区の守り神である獅子が不在になるということで、不安がられる住民もいたとのこと。

そのため、ふるさと文化再興事業により2体目を制作。今後は「交流獅子」として、稲嶺区外の演舞で活躍することになります。

子どもたちにも人気の稲嶺獅子舞

お披露目では演舞をする青年お二人も獅子舞に初挑戦。1か月弱の練習期間の中、初めてとは思えないほど立派に演舞し、子どもたちも大喜び(泣き出す子も)。「きつい!の一言。外からどう見えるのか確認ができないので、そこが難しいところでした」と、汗だくながらも達成感を満面にたたえたお二人でした。

獅子舞の前の伝統棒術
 獅子舞の前の伝統棒術

愛嬌のあるしぐさも
愛嬌のあるしぐさも

交流獅子は沖縄市の仲宗根正廣さんが制作。何度も工房と稲嶺を行き来し、地域の皆さんの意見を聞きながら制作を進めていったとのこと。「毛は私と地域の皆さんみんなでつけました。そのほうが愛着がわくし、修復も皆さん自身でできますよね」。

多くの人の思いの詰まった交流獅子。これからの活躍が期待されます。

これまでの獅子は稲嶺区を守り続けます
 これまでの獅子は稲嶺区を守り続けます

新しい交流獅子。見比べてみよう!
新しい交流獅子。見比べてみよう!

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年8月 5日

 糸数グスクで旗ガーエーを奉納

なんじょう日記

 

旧暦の6月15日にあたるその日は6月ウマチーと言って稲の収穫祭が各地で行われます。

糸数区ではこの日に合わせ、糸数島立ての中心である糸数グスクで旗ガーエー(旗頭)が奉納されました。糸数グスクでの旗ガーエーは初めてとのこと。

午後5時。威勢のいい掛け声と鐘の音が上がる中、青年たちが旗を代わる代わる掲げます。

旗ガーエーが終わると女性たちがガーエー唄で舞い、無病息災・子孫繁栄・五穀豊穣を祈願しました。

勇壮な旗ガーエー 

 

地区の繁栄を祈願
 地区の繁栄を祈願

かなり重いそうです!
かなり重いそうです!

 

勇壮な糸数グスクを背景に
 勇壮な糸数グスクを背景に

女性たちの舞い
女性たちの舞い

糸数グスクについて
糸数グスクは10,000平方メートルの規模を持つ南城市最大のグスク。国指定史跡となっています。14世紀中頃に玉城按司が三男を糸数グスクの城主に任じて築かせたと伝えられています。今も残る城壁は野面積みと切石積みの両方が使われ、戦争による被害が少なく、勇壮な面影を留めています。

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年8月 4日

 大里グリーンタウン図書室オープン

なんじょう日記

 

大里グリーンタウンの旧公民館が図書室としてオープン! 地区内の保育園や学童の子どもたちが見守る中、盛大にオープニングセレモニーが行われました。

大里南小学校吹奏楽部の鮮やかな演奏や、くす玉など華やかなセレモニーのあと、子どもたちは続々と図書室の中へ。早速本を広げていました。

子ども代表あいさつに立った喜久川君は「いろんな思い出のある公民館がコミュニティー広場として本の貸し出しができるようになり、本好きの僕としてはとてもうれしいです」と述べ、地域の子どもたちにも図書室の活用を呼びかけました。

この図書室オープンは「平成21年度市町村合併住民組織活性化事業」により実現されました。

大里グリーンタウン図書室オープニングセレモニー 

 

大里南小吹奏楽部の演奏がセレモニーに花。
 大里南小吹奏楽部の演奏がセレモニーを盛り上げました。

華々しくテープカット。
華々しくテープカット。

 

ファンファーレとともにクラッカーでお祝い
 ファンファーレとともにクラッカーでお祝い

みんな本好きになってね!
みんな本好きになってね!

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年8月 1日

 新開公園で夕涼みコンサート さしきウインドアンサンブル

なんじょう日記

南城市文化センター・シュガーホールでは、地域の皆様に音楽や芸術に気軽に触れてもらおうと「地域めぐり出前ステージ」を開催しています。この日は新開公園でさしきウインドアンサンブルの皆さんが「夕涼みコンサート」を披露。地区の夏祭りと同時開催でした。

画像

歌謡曲、ジャズ、アニメソングとノリノリの音楽を繰り出し、地域住民の皆さんの祭り気分も最高潮。指揮者体験や、生演奏で歌う生オケなど音楽に親しむ企画が盛りだくさんでしたよ。

司会のパーラナイサーラナイのお二人
 司会のパーラナイサーラナイのお二人

海風を感じながらのんびり楽しい音楽
海風を感じながらのんびり楽しい音楽

 

指揮者体験で音楽を身近に。
 指揮者体験で音楽を身近に。

超贅沢!生オケ大会
超贅沢!生オケ大会

 

さしきウインドアンサンブルの皆さん、かっこいい〜
 さしきウインドアンサンブルの皆さん、かっこいい〜

最後は子どもたちから感謝の花束贈呈
最後は子どもたちから感謝の花束贈呈

今後の地域めぐり出前ステージの予定 (19:15〜) 入場無料!

費堅蓉&大城貴幸〜三弦三線南城ツアー〜
8/5 場所:仲村渠樋川
8/7 場所:大城集落センター

さしきウインドアンサンブル夕涼みコンサート
8/16 場所:知名農村広場

笑いと涙と驚き二人芝居
8/17 場所:糸数公民館
8/18 場所:つきしろ公民館
8/20 場所:仲伊保公民館
8/21 場所:県営新開第2団地集会所前広場

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年7月29日

 グリーンタウン夏休みお楽しみプラン

なんじょう日記

小学生のみなさん、夏休みは楽しんでますか? グリーンタウン自治会では夏休み期間中、子ども向けのお楽しみプランが盛りだくさん。部屋にこもり切りにはさせません!

7月29日には「星にかかわるお話会」、7月30日には「ジーンを使ったかわいいバッグづくり」が行われました。

手作り教室

「星にかかわるお話会」では先日沖縄でも観測された日食についてのおさらい。宇宙の不思議に子どもたちは興味津々な様子。

先生がわかりやすくお話
 先生がわかりやすくお話

日食についてもお勉強!
日食についてもお勉強!

バッグづくりでは、ジーンズの端切れに思い思いにボタンを配置し、縫い付け。「いろいろなボタンをデザインしながら縫い付けるのが楽しい」と女の子たちに大好評でした。

地域のご婦人たちがお手伝い
 地域のご婦人たちがお手伝い

ミシンにもトライ!
ミシンにもトライ!

そのほか、グリーンタウン自治会では以下の催しを予定しています。

8月4日(土) 図書室、本の貸し出し始まります!9:30よりオープニングセレモニー
8月6日(木)、7日(金) 野草の観察会
8月10日(月) しっくいシーサーづくり 9:00
8月13日(木) 宇宙開発センター見学・海水揚水発電所見学

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年7月29日

 佐敷中学校野球部 全国大会へ

なんじょう日記

7月25日に決勝が行われた、沖縄県中学校野球選手権大会で、7年ぶり3度目の優勝を決めた佐敷中学校の野球部員が、市長室を訪れました。

佐敷中学校 1 − 0 安岡中学校

「優勝までの5試合すべてを1点差で勝ち上がってきた。この子たちは粘り強く、接戦に強いのです!」と校長先生。
しかも、決勝戦はノーヒットノーランを達成!初回にとった1点を守りきりました。

県大会優勝で、鹿児島県で行われる九州大会(8月7日〜)と、沖縄県で行われる全国大会(8月17日〜)への出場権を手に入れました。



「九州大会、全国大会でも、必ず優勝して報告に来ます。」と職員の前で堅く誓いました。

スピーチもしっかりしていて頼もしい限りです。この子たちならやってくれるでしょう!

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年7月28日

 シュガーホールに新しいコンサートピアノが届きました!

なんじょう日記

この日、シュガーホールに待望の新しいコンサートピアノが届きました!

モデルは、スタインウェイのD-274。「世界中のアーティストから圧倒的な支持を受けるモデル」。


ピアノの組み立て!運搬時は足を外しています。 
 


金色に見えるところは鋳鉄製鉄骨フレーム。ピアノ線が何本も張られています。外側は木材で出来ています。


東京にあるディーラー倉庫(空調完備)から船便で那覇に着きました。調律師さんが状態をチェックしています。


ピアノはこのまましばらく、この部屋で保管し、10月の記念演奏会でデビューします。

新しいピアノは、このまますぐに演奏会では使用出来ません。「弾きこむ」ことで豊かな表現力のある音が出るようになります。車と同じで慣らし運転が必要なのですね。

これまで使用してきたピアノは、開館以来15年間使用してきました。
第一線で活躍するピアニストの演奏会から、ピアノ教室の子どもたちまで使うので、使用頻度が高く、15周年を期に現役を引退することになります。
ちなみに、日本一のコンサートホールと称されるサントリーホールでは、2年〜3年でピアノを買い換えると聞いたことがあります。ピアニストが求める表現力(音)に答えられなくなるのだそうです。

このピアノの演奏会デビューは10月11日に予定されている、
「新人演奏会オーディション15周年記念ガラ・コンサート」です。

待ち遠しいですね。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ