南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2010年2月28日

 市内高校生、いっぱいの資格を手にそれぞれの路へ!

南城市出身の南部商業高校3年生が資格を大量取得。進学や就職とすでに進路も決まっており、3月1日の卒業式を前にみんな晴々しい笑顔!

両手いっぱいの資格証書
両手いっぱいの資格証書

全国商業高等学校協会が主催する検定8種の内、1級を5つ6つと取得するのは稀とのこと。以下、偉業を成し遂げた南城市の未来の星たちのコメントです。

城間翔梧君(大里嶺井、後列左、取得資格:5つ)
「試験対策のときは『周りは遊んでるのに・・・』と辛かったけど、いま思えば良かったと思う。専門学校に行っても経験を生かしていきたい」

奥浜敏哉君(大里グリーンタウン、後列中央、取得資格:6つ)
「琉球大学に入れて良かった! 勉強をする環境が良かったので、南部商業高校に感謝。将来は音楽関係の経営をしたい」

宮城 栞さん(知念海野、後列右、取得資格:5つ)
「夜7時まで課外講座を頑張ったりして、今となっては高校生活がんばったなーという実感がある。」(沖縄国際大学に合格)

石垣むつきさん(玉城糸数、前列左、取得資格:5つ)
「情報ビジネスの資格は6回目の挑戦でやった合格。県内銀行に就職が決まった。早く窓口に立てるように頑張りたい」

大城道姫さん(佐敷中出身、前列中央、取得資格:6つ)
「勉強しやすい環境で、友達と教えあったりして楽しかった。簿記部の全国大会に行った時はうれしかった。将来は会計士を目指したい」(琉球大学に合格)

比嘉美与好(玉城志堅原、前列右、取得資格:5つ)
「検定に受かるたびにうれしかった! 休みの日とかでも学校に出て、先生もがんばってくれた。将来は秘書職をやりたい」(沖縄国際大学に合格)

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年2月26日

 南城市叙勲等叙勲等受賞祝賀会  

春・秋の叙勲および危険業務従事者叙勲の受章祝賀会がユインチホテル南城で行われました。

受賞の記念集合写真
受賞の記念集合写真

叙勲は国家又は公共のために功労のあった方に国から授与されます。また、著しく危険性の高い業務に精励された方を対象に「危険業務従事者叙勲」が春秋叙勲とは別に授与されます。

受賞者を代表してあいさつに立った津波松夫さんは、受賞者全員に起立を促し、「礼!」と会場の皆さんに感謝。「元校長の癖ですね」と、会場は和やかな笑いに包まれました。

立派な勲章と賞状
立派な勲章と賞状

 

津波松夫さん

安谷屋信子さん

浦崎政善さん

伊集盛元さん

津波松夫さん
春の叙勲 瑞宝双光章
教育功労

安谷屋信子さん
春の叙勲 瑞宝単光章
防衛業務功労

浦崎政善さん
(「崎」は「大」の部分が「立」)
秋の叙勲 瑞宝単光章
警察功労

伊集盛元さん
秋の叙勲 旭日双光章
地方自治功労

 

高安高盛さん

画像

画像

 

高安高盛さん
危険業務従事者叙勲
瑞宝単光章
防衛功労

森山嶺雄さん
危険業務従事者叙勲
瑞宝双光章
防衛功労

中村正人さん
危険業務従事者叙勲
瑞宝単光章
海上保安功労

 

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年2月25日

発展し続ける観光地を目指して!南城市観光協会設立総会

南城市文化センター・2階集会室にて、南城市観光協会の設立総会が行われ、定款、事業計画と予算案、役員の承認がなされました。

神の島久高島、世界遺産「斎場御嶽」などの自然・歴史文化資産、健康と癒しをテーマにした「統合医療」、東洋一といわれる鍾乳洞を抱える大テーマパーク「おきなわワールド文化王国・玉泉洞」など、豊富な観光資源を生かした南城市としてのブランドイメージを確立し、地域特性を生かした個性的で魅力のある観光地、将来にわたって発展し続ける観光地を目指し、新年度から本格始動します。


南城市観光協会設立総会

がんじゅう駅・南城(知念字久手堅)に事務局を置き、webでの観光情報の発信や、観光案内業務などのほか、将来的には、あざまサンサンビーチや、体験滞在型交流施設(がんじゅう駅・南城)などの観光関連施設の指定管理を受け、自主財源の確保と、組織の拡大強化を図ります。

「基本理念」
自然・歴史・文化が織りなすハーモニー
〜こころとからだの健康、・癒し・なんじょう〜

南城市観光協会初代役員の面々
南城市観光協会役員(任期:H22.2.25-h23.3.31)

 

役 職

氏  名

所    属    名

会  長

潮  平    隆

 南城市商工会・会長、(有)南栄自動車

副会長

宮 城 源 幸

 みなもとや

副会長

長 浜 栄 子

 安座真ムーンライトテラス

理  事

西 銘 政 秀

 NPO久高振興会

理  事

仲 村 正 雄

 (株)なかむら食品

理  事

屋比久敬裕

 (資)知念海洋レジャーセンター

理  事

照 屋 盛 豊

 (株)たまぐすく村のさとうきび酢

理  事

大  城    繁

 南都物産(株)

理  事

比 嘉 真 幸

 てぃーだそば

理  事

仲宗根正昭

 南城市総務企画部長

理  事

吉 田 恒 雄

 沖縄県農業協同組合佐敷支店・支店長

理  事

島 袋 悦 雄

 ユインチホテル南城

理  事

照喜名朝敬

 知念漁協協同組合

監  事

新  垣    進

 南城市会計管理者

監  事

屋 比 久 勉

 南城市商工会監事

 

南城市観光協会では、職員を募集します。詳しくはこちら

 

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年2月25日

 ミントングスクでアマミキヨ面・神遊び  

ミントングスクは琉球開闢神・アマミキヨが安住した地とされています。戦火で焼失したアマミキヨ面が65年ぶりに復元され、ミントングスクに奉納されました。

復元されたアマミキヨ面をかぶり、荘厳な舞を踊る
復元されたアマミキヨ面をかぶり、荘厳な舞を踊る

復元の研究にあたったのは千本木智美氏。現存当時のスケッチや写真などの資料をもとに、ミントン家の知念氏などの協力を得て、2009年5月に復元を完成させました。

面を製作した仏像彫刻師・仲宗根正廣氏は「ニ度と戦火に合わないように平和の祈りを込めて製作した」とのこと。

はじめに参加者全員でミントングスクに大拝。その後、おごそかに舞「初穂」が演舞されました。

そしていよいよ、磐笛の音が響く中、アマミキヨ面をかぶった演者が登場。ミントングスクの石段を静かに降りながら「うやがん舞」を演舞。神々しい演出と圧巻の演舞に、聴衆は息をのみました。

 

画像

舞「初穂」
舞「初穂」

復元されたアマミキヨ面
復元されたアマミキヨ面

祭式の後は、「神遊び(かみあしび)」として、宴会場に場所を移し、稲穂儀礼「天親田(あまうぇーだ)」などを鑑賞して良き日の喜びを分かち合いました。

稲穂儀礼「天親田」
稲穂儀礼「天親田」

稲穂儀礼「天親田」
稲穂儀礼「天親田」

ちなみにこの日は旧正月の初牛の日にあたり、日中に地域の方々が「親田御願」として地域内の聖地を拝み、稲作発祥の地「受水・走水(ウキンジュ・ハインジュ)」で田植えの儀式が行われています。  

※ミントングスクは私有地です。敷地内に入る際は地主の方の許可を得て下さい。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年2月24日

 理科授業「作ってみよう!炭酸水」  

炭酸水の作り方ってわかりますか? 玉城小学校で理科特別授業「作ってみよう炭酸水!」が行われました。講師は沖縄コカ・コーラボトリング株式会社 品質管理部の堤ひろみさん。

炭酸水のできる瞬間!
炭酸水のできる瞬間!

飲料品の品質管理では、実際に人が味、におい、感触を確認する感応検査が行われるとのこと。授業の最初は3種類の飲料水を感応検査しました。

続いて炭酸水を作ってみました。へこませたペットボトルに重曹を加え、シェイク。そこにクエン酸を加えてふたをするとポコッと膨らみシュワシュワッと炭酸水になりました。

ただひとつ謎が。クエン酸を加えたとき、溶け残っていた重曹が消えてしまったこと。

「これは皆さんへの宿題にします。中学校に上がって、答えが見つかったら私まで連絡してください」と堤先生。

生徒からは「今までやったことがなかった。家でもやりたい。宿題も覚えて答えを出したいです」との感想。

講師の堤ひろみさん
講師の堤ひろみさん

 

どんなにおい、どんな味がするか感応検査
どんなにおい、どんな味がするか感応検査

重層を加えてシェイク!
重層を加えてシェイク!

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年2月23日

 理科特別授業「うんち君で地球を救おう」  

大里南小学校で6年生を対象に理科特別授業「うんち君で地球を救おう」が行われました。講師は糸数区の吉本弘さん。

メタンガスに火がついた
メタンガスに火がついた

吉本さんは35年かけて循環型省エネシステムを開発し、沖縄県発明くふう展で優秀賞を受賞しています。その省エネシステムとは?

  • アグー豚の糞尿を独自のメタン発酵浄化槽で発酵させてメタンガスを作り出します。
  • それを月桃蒸留装置で燃やして月桃エキスをつくります。月桃は虫よけ効果があるので、害虫忌避剤として野菜畑で利用できます。
  • 発酵後の糞尿も有機肥料として野菜畑で利用します。
  • アグー豚と野菜は飲食店でおいしい料理となるのです。
     

本物のうんち君に引き気味の生徒
本物のうんち君に引き気味の生徒

講師の吉本弘さん
講師の吉本弘さん

このシステムを使えば河川を汚すことなく、CO2を出す化石燃料に頼ることなく、エネルギーが得られます。豚15頭いれば家1軒分のエネルギーが得られるのだとか。

授業では本物の豚のうんち君が登場し、教室は一時騒然。また実際にメタンガスで火がつく事を確認しました。うんち君からエネルギーが得られることと、循環型システムを身近に感じた1時間。

「35年間かけて研究したのがすごいと思った!」と児童からは吉本さんに尊敬のまなざしが集まっていました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年2月21日

 地域づくりシンポジウム-手のとどく範囲のまちづくり 

地域づくりシンポジウム「手のとどく範囲のまちづくり」が知念社会福祉センターで行われ、南城市内で地域づくりの活動をされている皆さんが活発に議論をされました。

パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子

基調講演では南城市出身の役者・タレント、津波信一さんが講演。佐敷青年会の活動の中で町民劇団の立ち上げ、15年途絶えた盆踊りの復活、新里の傾斜を使った光文字など、随所に笑いを交えながら地域づくりの四苦八苦を紹介しました。

「元気のためにはいろんなビタミンが必要。僕はビタミンAかもしれない。僕はAという役割しかできない。Cという役割はできない。だけど全部そろって元気なまちづくりができる。それぞれの個人の中で何ができるのかっていうのを探せたらいいなと思う。」

基調講演 講師の津波信一さん
基調講演 講師の津波信一さん

パネルディスカッションでは南城市内でそれぞれのやり方で地域づくりに関わっている皆さんが登壇。人集めや活動資金集めなどの課題や、小中学生が文化財を案内するなどの提案が議論されました。シンポジウムの内容は「広報なんじょう 平成22年3月号」に掲載されます。

市内各種団体の活動の様子が展示されました
市内各種団体の活動の様子が展示されました

会場とのディスカッションも
会場とのディスカッションも

シンポジウムでは会場からも活発な議論がわきあがりました。パネラーの高校生、知念菜美さんが久高島の塩を使ってちんすこうを商品開発した件に関連し、次のような会場の声も。

「大里の畑で4年ほど前から梅が収穫できるようになった。梅は実も花もかわいらしい。最近は玉城でも大々的に梅の木を植えているようですが、10年後は南城市が梅の里になるようにがんばっていきたい。知念さんのように久高の塩を使って梅を漬けたい」

久高島の塩といろんな物産を掛け合わせて商品開発ができそうですね!

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年2月20日

 琉歌表彰、文化講演会「琉球発祥の地 南城市の歴史と文化」 

大里農村環境改善センターで文化講演会「琉球発祥の地 -南城市の歴史と文化-」が行われました。講師は県立芸術大学名誉教授の井上秀雄先生。南城市玉城のご出身です。

講演は沖縄の身近な県民性を織り交ぜ、会場から笑いを誘っていました。井上先生は「文化とはその地域に住んでいる人々の生き方の形」と説明。また、「沖縄各地に聖地はあるが、南城市の知念半島一帯は琉球王府が認めた公式の琉球開闢の地」とし、美しい自然や祈りの心など、精神性を尊ぶ風土を大切にすべきとのことでした。

講師の井上秀雄先生
講師の井上秀雄先生

講演の前には、南城市の文化財をテーマにした琉歌募集の表彰式が行われました。大賞作品には前原シズ子さんの「仲村渠樋川 石組のきよらさ 流れ玉水と 世々に誇て」が選ばれました。

琉歌の表彰
琉歌の表彰

受賞された皆さん(前列)
受賞された皆さん(前列)

その他の受賞作品は以下の通りです。応募総数、137首でした。

優秀賞 源河 史都子

岩頂にたきゅる 玉城ぐすく 昔始まりの 神のお宿

優秀賞 知念 仁照

垣花樋川の 流れ散る水や 滝鳴らす如に 肝に響ち

優秀賞 比嘉 春栄

ゆかる南城市 嶽だきゆこしゃて とよむ斎場嶽 世界ぬ遺産

優秀賞 座波 勲

冬やぬくぬくと 夏やしらしらと 垣花樋川 母の心

優秀賞 長浜 利子

杖ちち登る 斎場御嶽静か 万代世ぬ世果報 お願げさびら

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年2月19日

 平成21年度ボランティア活動実践報告会 

「ボランティア活動実践報告会」が佐敷老人福祉センターにて行われました(主催:南城市社会福祉協議会)。

市社協ではボランティア活動推進校を指定しています。この日は関係者が一堂に会し、一年間の活動を報告しあいました。

むぎの子保育園(大里)、知念小学校、玉城中学校からは、ゴミ拾いなど様々な体験学習を通して、ボランティアの心を育む様子が報告されました。一般の部ではNPOわくわくふれんどから発達障がい児・者への支援などの活動状況が報告されました。

画像
報告会の様子

画像
報告する玉城中学校の生徒

画像
ボランティア活動のパネル展示も

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年2月18日

 いのちの授業「私たちのはじまりを学ぼう」

胎盤を触ってみる
 胎盤を触ってみる。「このかたい胎盤を破ってがんばって産まれてきたんだよ」

知念小学校で5年生を対象にいのちの授業「私たちのはじまりを学ぼう」が行われました。

講師は助産師の泉川りつ子先生。

授業は、11年前、児童たちがまだお母さんのお腹の中にいた頃を想像するところからスタート。受精から出産までを疑似体験します。

また、1週間前に産まれた子どもの胎盤に触れる体験も。児童たちは真剣な表情で、しっかりとした胎盤の感触を確認していました。

 

胎盤に包まれていたころを思い出そう
胎盤に包まれていたころを思い出そう

産道を通ってがんばって産まれてきます
産道を通ってがんばって産まれてきます

 

「陣痛の波は『外の世界は大変だよ』『大丈夫だよ』というお母さんと子どもの会話です。言葉はしゃべれないけど、痛みで確認しあうんですね」と泉川先生。

子どもたちからの「どうして麻酔を使わないようにするのですか」との質問に、「赤ちゃんは陣痛の間に外で呼吸するための準備をするんです。産まれてすぐに自分で息ができるのはその痛みを乗り越えたため」と答えました。

「お家に帰って、お母さんやお父さんと、自分が産まれたときの話をしてみてくださいね」

講師の泉川りつ子先生
講師の泉川りつ子先生

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ