南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2010年12月19日

 男女共同参画推進事業:第1回なんじょう輝きフェスタ

南城市では平成20年に男女共同参画行動計画「なんじょう四間切(ゆまじり)輝きプラン」を策定し、男女がともに輝くまちづくりに取り組んでいます。男女共同参画の意識を市民に広めるため、「第1回なんじょう輝きフェスタ」が大里農村環境改善センターで開催されました。

パネルディスカッションは市青連の安次富学会長の体験談で盛り上がりました。
パネルディスカッションは市青連の安次富学会長の体験談で盛り上がりました。

第1部ではNPO法人ファザーリング・ジャパンの安藤哲也代表を講師にお招きし、「イクメンでいこう!〜仕事と育児のハッピーバランス〜」と題してご講演を頂きました。

2010年の流行語にもなった「イクメン」。安藤さんはその定義を「家事・育児を楽しめるカッコいい男」と説明。

「例えばうんちのおむつ交換をどう楽しめるか。うんちは子どもの健康バロメーター。健康チェックだと思って挑むと楽しめるようになった」と体験談を紹介しました。

また「妻への愛と心づかいを忘れないこと」と強調。

「3日でもいい。育児休暇を取って妻と立場を入れ替わってほしい。妻の大変さがわかり、感謝することができる。

妻のほうは夫に対して、父親が育児に関わるメリットを説くことが大切。

乳幼児期に父親が育児に参加すると、夫婦のパートナーシップが強まり、子どもの成長にもいい。PTAなどを通して地域に友達も増え、楽しい老後が暮らせる」とメリットを紹介しました。

講師の安藤哲也さん
講師の安藤哲也さん

 

第2部はパネルディスカッション。パネラーの皆さんから男女共同参画についてのご意見を頂きました。

玉城初子さん市女性連合会 玉城初子会長:

「若いころはバスの運転手や重機を扱う仕事など、男の世界の職業を夢見ていたが、当時は女性が自動車の免許を取るのも難しい時代。

50歳になってタクシードライバーになり、ほんの少し夢が叶った。

今では自分の夢が若い世代に受け継がれた気がする」

 

安次富学さん市青年連合会 安次富学会長:

「市の男女共同参画推進委員になる前は、『男女共同参画』という言葉の意味もわからない絵にかいたようなイクジナシ(育児をしない父親)だった。3人の子どもがいるが、4人目の子どもみたいな感じ。

しかしプロボクサーが家事・育児をしているのをテレビで見てかっこいいと思い、イクメンに生まれ変わろうと思った。料理を作れば奥さん・子どもに褒められる。褒め言葉に笑顔になり、自分も奥さん・子どもを褒めようと思う。

これまで夫婦生活でフユ―(なまけるの意味)ばかりしてきた。本日をもって『フユ―層』からの脱退を宣言したい」

 

仲原りつ子さんあおぞら保育園 仲原りつ子園長:

「米軍による婦女暴行の事件を知ったときに『もっと女性の警官・医者・裁判官、ひいては社会を変える議員がいればいいのに』と思った。

あおぞら保育園では大人になったら好きな職業につけることをモットーにしている。そのために男女混合名簿だし、おもちゃも男女の区別がない。保護者には『親父の会』を作ってもらって園活動に父親を引きづり込んでいる」

 

その後、会場の皆さんともディスカッションし、大いに盛り上がりました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年12月15日

 津波古青年会 カレンダー「ちふぁにく」を販売

去年に引き続き、津波古青年会が資金造成のためのカレンダー「ちふぁにく」を製作・販売。

今年はさらに多くの津波古の人々の顔が掲載されています。

同青年会が手売りで訪問販売するほか、津波古公民館でも販売中。

津波古の人々の笑顔満載
津波古の人々の笑顔満載

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年12月14日

 南城市健康づくりウォーキング大会 

あざまサンサンビーチで「南城市健康づくりウォーキング大会 in 知念」が開催されました。各4地区を巡回し、今年で4回目。

海風を感じてさわやかに歩く
海風を感じてさわやかに歩く

出発を前に、琉球大学健康づくり支援プロジェクトLibの皆さんによるウォーキング講習会で正しい立ち方、歩き方を講習。ストレッチで体をほぐしたあとは、いざスタート!

海岸沿いのコースを「特定健診を受けよう!」ののぼりを持ってウォーク。久原公民館で折り返す7キロと、知名で折り返す3キロファミリーコースで、さわやかな汗を流しました。

 

琉球大学健康づくり支援プロジェクトLibによるストレッチ
 琉球大学健康づくり支援プロジェクトLibによるストレッチ

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年12月12日

 6代目「奥武橋」(伊茶垂〜奥武線)開通

奥武島と沖縄本島をつなぐ新しい奥武橋の開通式が行われました。

昭和11年にかけられた初代の木造橋から数えて6代目。その間、台風で流出したり、戦争で破壊されるなど幾多の困難な歴史も。新しい橋は100年耐久の橋となります。

島の生命線である奥武区の嶺井清政区長は「奥武橋は島の繁栄に大きく寄与してきた。この上ない喜びであり万感の思い。奥武区民が心ひとつに島の繁栄を図るよう決意するもの」と語りました。

島民・関係者で万歳三唱
島民・関係者で万歳三唱

 

5組の3世代夫婦が渡り初め
5組の3世代夫婦が渡り初め

島の野菜を使ったオブジェで橋の完成を祝う
島の野菜を使ったオブジェで橋の完成を祝う

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年12月11日

 「子どもの深夜はいかい防止運動」出発式

「子どもの深夜はいかい防止運動」(主催:南城市青少年育成市民会議)の出発式が佐敷中学校体育館で行われました。

沖縄県は青少年の飲酒補導率や深夜補導率が全国ワースト1位となっています。

玉城中学校の喜瀬沙織さんは「自宅を居心地のいい環境に整えることが大切。深夜はいかいをしないことは自分の身を守ることにつながる。住みよいまちづくりをしていこう」と意見発表。

出発式のあと、大里南小学校吹奏楽部の演奏を先頭に、佐敷老人福祉センターまでプラカードをもってパレードをし、深夜はいかい防止をアピールしました。

標語は馬天小6年・津波もなみさん、絵は大里中3年・屋宜千春さんの作。
標語は馬天小6年・津波もなみさん、
絵は大里中3年・屋宜千春さんの作。

 

大里南小学校吹奏楽部の演奏を先頭に。
大里南小学校吹奏楽部の演奏を先頭に。

プラカードでPR。
プラカードでPR。

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年12月 5日

 小谷区 美ら石坂イルミネーション点灯式

光で包まれた美ら石坂
光で包まれた美ら石坂

恒例となった小谷区「美ら石坂」のイルミネーション点灯式が行われました。今年で4年目。

小谷自治会の城間勝美会長は「子どもたち、女性会、青年会など地域住民が協力して作り上げた。灯りのぬくもりがお互いの幸せにつながれば」とあいさつ。

今後、小谷区では美ら石坂を活用して、季節に合わせて桜まつりや鯉のぼり掲揚なども企画していきたいとのことでした。

「小谷」の光文字は笑っている感じ
「小谷」の光文字は笑っている感じ

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年11月28日

 祝!20回記念 津波古・小さな文化祭

津波古区にある古民家風の建物、通称「かやぶちやー」で毎年恒例の「小さな文化祭」が開催されました(主催:津波古棒術保存会)。

さどやんさんによる「かみしばい」も大好評
さどやんさんによる「かみしばい」も大好評

今年で20回目。手づくりのこのイベントでは、地域の人々の出し物のほか、豚汁やゆし豆腐の炊き出しもふるまわれ、アットホームな雰囲気に心も体もあったか。

津波古棒術保存会の与那嶺智也会長は去年に引き続き美女に扮して「谷茶前」を披露。会場から笑いを取っていました。

 

各出し物に会場から大きな拍手。
各出し物に会場から大きな拍手。

 

ウクレレでほっこり。
ウクレレでほっこり。

飴玉を放り投げる「みるく」は大人気
飴玉を放り投げる「ミルク(弥勒)」は大人気

 

恒例になった美男・美女(?)の踊り
恒例になった美男・美女(?)の踊り

津波古青年会から圧巻のソロ演舞
津波古青年会から圧巻のソロ演舞

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年11月28日

 つきしろ児童公園イルミネーション点灯式

光に彩られたつきしろ児童公園
光に彩られたつきしろ児童公園

日が沈んだ午後6時ごろ。つきしろ児童公園[地図]でイルミネーションの点灯式が行われました。

地域住民が10月中旬から準備してきたイルミネーション。日常の仕事を終えた夜、コツコツとつくり上げたものです。

つきしろ自治会の新城辰夫会長は「ここまでつくり上げた若者たちを讃えてあげてほしい」と挨拶。

つきしろ自治会の文化部長・照屋淳さんは「ぜひ地域の人々に見てほしい」とアピールしました。

新年2011年の1週間ごろまで点灯される予定です。

幻想的な光に包まれる

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年11月26日

 平成22年度沖縄県文化協会賞

花束を持つ受賞者の皆さん
花束を持つ受賞者の皆さん

平成22年沖縄県文化協会賞の授賞式と祝賀会がユインチホテル南城で行われました(主催:沖縄県文化協会、共催:南城市文化協会)。

南城市からは右記の4個人、1団体が受賞されました。


功労賞:
知花昌誠さん(地域芸能文化の振興に尽力)
松本敬子さん(華道文化の振興・発展に尽力)

奨励賞:
我如古キク子さん(組織の運営と地域の文化振興に協力)
仲地岩雄さん(地域の文化活動の参加や福祉施設などへの慰問公演を実施)

団体賞:
知念文化財案内友の会(斎場御嶽を訪れる人々に歴史や自然環境への理解を深めてもらう活動)

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2010年11月24日

 船越小学校、みんなで集めたタオルを贈呈

11月11日は「介護の日」。

船越小学校では介護の日にちなんで児童と職員で集めたタオルを知的障害者更生施設「玉川園」へ寄贈しました。

また赤い羽根共同募金の贈呈式も行われ、児童生徒がコツコツあつめた募金が南城市社会福祉協議会へ贈呈されました。

タオルを贈呈
タオルを贈呈 

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ