南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2011年3月17日

世界の若者、つきしろ自治会に健康を学ぶ

世界から参加しているJICA沖縄の研修生の皆さんがつきしろ公民館を訪れ、つきしろ自治会の健康づくりの取り組みを学びました。

画像
真剣に聞き入るJICA研修生の皆さん

出席したのは「保健医療分野におけるIEC(情報、教育、コミュニケーション)活動」コースの研修員6名。

つきしろ自治会の健康推進ボランティアの活動などの説明に聞きいりました。

住民の皆さんが健康づくりの取り組みを説明
住民の皆さんが健康づくりの取り組みを説明

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年3月13日

第4回南城市植樹祭 命の森づくり

昨年、新築された大里南小学校で、「南城市市制施行5周年記念事業 第4回南城市植樹祭」が行われました。

大勢の市民が参加し、校内周辺に1465本、プランターに4000本の苗木や花の苗を植え付けました。

開会式では3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に関して、與那嶺副市長はじめ来賓の方々から被災地の皆さんへのお見舞いの言葉が述べられました。

粟森栄子校長は「一刻も早い救助と復興を祈りながら植えたい」と挨拶しました。

第4回南城市植樹祭

色とりどりの花も
色とりどりの花も

ひとつひとつ丁寧に
ひとつひとつ丁寧に

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年2月27日

第2回南城市しまくとぅばお話大会

「しまくとぅば」とか「うちなーぐち」と呼ばれる沖縄の古くからの言葉。現在となってはなかなか使う機会が少なくなっています。

大里農村環境改善センターで行われた「第2回 南城市しまくとぅばお話大会」では20人の小学生と大人が「しまくとぅば」を使って、民話や日々考えている事を発表しました。

中には沖縄の民俗衣装を着たこだわり派も。

「お年寄りは国の宝」と題した出場者は、お姑さんとの交流を話しました。

「行事や仏壇の供え方など、姑からいろいろ教えてもらった。しかし、嫌な事もあって小声で愚痴ってしまった。その時、姑が私に言った言葉が『わかいしが、ぬびとーけー』。今でも心に残る言葉」

と、しまくとぅばで話し、会場からは笑いや共感の拍手が贈られました。

衣装や踊りにもこだわり!
衣装や身振り手振りにもこだわり!

豊かな表現が光りました
豊かな表現が光りました

子どもがしまくとぅばを使うと自然に笑顔になります
子どもがしまくとぅばを使うと自然に笑顔になります

画像
「お年寄りは国の宝」と訴えました

参加した皆さん
参加した皆さん

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年2月27日

2011 第7回 東御廻り 国際ジョイアスロン

南城市内の文化財や絶景スポットを巡る「第7回 東御廻り 国際ジョイアスロン in 南城市」大会があざまサンサンビーチを主会場に開催されました(その他の写真は公式ホームページにアップ!)。

今やパワースポットとして脚光を浴びる世界遺産・斎場御嶽もコースのひとつ
今やパワースポットとして脚光を浴びる世界遺産・斎場御嶽もコースのひとつ

ジョイアスロンはタイムを競わず、サイクリング、ウォーキング、スイムウォークをのんびり楽しむスポーツ。

4つのコースでは、パワースポットや聖地として注目されている南城市内の文化遺産を巡ります。

参加者は自然と文化が織りなす南城路を巡り、さわやかな汗を流していました。

家族でゴール!
家族でゴール!

沿道の花々のエールを受けながらサイクリング
沿道の花々のエールを受けながらサイクリング

絶景の知念岬公園
絶景の知念岬公園

垣花樋川でウートートゥー
垣花樋川でウートートゥー

最後はさわやかにスイムウォーク!
最後はさわやかにスイムウォーク!

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年2月20日

第1回南城市民ミュージカル「太陽の門」2日目

2月19日・20日の両日、南城市誕生5周年記念事業vol.1として公演された第1回南城市民ミュージカル「太陽の門(ティダヌジョウ)」。前回1日目に引き続き今回は2日目の公演写真アップ!1日目とは配役が異なります。

オープニングから感動的!
オープニングから感動的!

不登校の絵美那をふるさと探検隊に誘う
 不登校の絵美那をふるさと探検隊に誘う

人間の子どもがガマワールドに来たってことでシームン(精霊)たちは大慌て
 人間の子どもがガマワールドに来たってことでシームン(精霊)たちは大慌て

 子どもたちとシームンが衝突
 子どもたちとシームンが衝突

動きが本物のゴキブリみたい
動きが本物のゴキブリみたい

ファンキーなゴキブリダンス
ファンキーなゴキブリダンス

ガマ仙人登場
ガマ仙人登場

お婆ぁが苦しい過去を思い出す
 波江お婆ぁが苦しい過去を思い出す

平和な時代から・・・
平和な時代から・・・

 お婆ぁの夫・仁助が徴兵される
 お婆ぁの夫・仁助が徴兵される

月を見ながら相手を思う波江と仁助
月を見ながら相手を思う波江と仁助

悲惨な戦火を逃げのびる
悲惨な戦火を逃げのびる
娘の和子を抱きしめる波江
娘の和子を抱きしめる波江
画像
和子のキューピー人形を発見
「カズちゃん走れ!」
「カズちゃん走れ!」
波江お婆ぁに清らかな心が取り戻される
波江お婆ぁに清らかな心が取り戻される
画像
アクロバティックなシームン祭り
素敵な音楽を奏でてくれたバンドの皆さん
素敵な音楽を奏でてくれたバンドの皆さん
出演者全員そろって「太陽の門のテーマ」を歌う
コーラスグループ「ウイングスなんじょう」の皆さんよく頑張ったね!
公演終了後の記念撮影。いい笑顔です。お疲れ様でした!
   よく頑張ったね!

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年2月19日

第1回南城市民ミュージカル「太陽の門」1日目

2月19日・20日の両日、南城市誕生5周年記念事業vol.1として第1回南城市民ミュージカル「太陽の門(ティダヌジョウ)」が公演されました。

ふるさと子ども探検隊、出発!
ふるさと子ども探検隊、出発!

 わしらはシームン(精霊)!
「わしらはシームン(精霊)!」

ガマワールドに迷い込む
ガマワールドに迷い込む

オーディションで選ばれた出演者たちは2日間、別々の役を演じるダブルキャストに挑戦し、環境問題や戦争というテーマを生き生きと表現しました。今回は1日目の公演をたっぷりの写真でお届けします。

環境を壊したのは人間だ!
「環境を壊したのは人間だ!」

 ゴキブリのごきげんダンス
ゴキブリのごきげんダンス

暴れシーサーを止めろ!
暴れシーサーを止めろ!

 お婆ぁが暴れシーサーを鎮める
お婆ぁが暴れシーサーを鎮める

地域を探検する子どもたちが「ガマワールド」に迷い込む。そこには環境破壊ですみかを追われたシームン(精霊)たちが潜んでいた。衝突し合う両者。しかし、お婆ぁの戦争の悲しみを追体験することで心を通わせ、その悲しみをぬぐおうと協力する物語。

ガマ仙人の力で お婆ぁの悲しみを追体験
ガマ仙人の力でお婆ぁの悲しみを追体験

平和な日々
平和な日々

棒術も披露
棒術も披露

戦争の時代がやってくる
戦争の時代がやってくる

離れ離れになるふたり
離れ離れになるふたり

戦地からの最後の手紙を抱きしめる
戦地からの最後の手紙を抱きしめる

「地獄だったさぁ、、、地獄、、、」
「地獄だったさぁ、、、地獄、、、」

 ガマでの生活
ガマでの生活

 力を合わせてお婆ぁの悲しみをぬぐい去ろう
力を合わせてお婆ぁの悲しみをぬぐい去ろう

衝撃的な事実が明かされる
衝撃的な事実が明かされる

「♪涙は太陽にあずけよう」
「♪涙は太陽にあずけよう」

シームン祭りだぁ!
シームン祭りだぁ!

ティダがなしの登場
ティダがなしの登場

感動のフィナーレ!
感動のフィナーレ!

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年2月 9日

美人料理研究家・森崎友紀氏がCafeメニュー開発

南城市には自然に包まれたカフェがいっぱい。そんなカフェの新メニューを開発しようというのが「南城市Cafeグルメプロジェクト」です。

今回、水・添加物を一切使用せず、南城産のさとうきびを100%使用した「なんじょう生黒蜜」を使って、美人すぎる料理研究家・森崎友紀さんが新・なんじょうCafeメニューを考案し、その発表会がCafeやぶさちで開催されました。

「なんじょう生黒蜜」について森崎さんは「今までの黒蜜はなんだったの?!って思うくらい、大自然をなめているような味」と大絶賛。

生黒蜜の良さを壊さないことを念頭に、「ちんくゎーのパンケーキ」、「バナナシェイク」、「濃厚黒ごまプリン」を開発しました。どれも濃厚なのにしつこくない甘さが絶品です。

「なんじょう生黒蜜」を開発した(株)たまぐすく村のさとうきび酢の照屋盛豊社長は「沖縄産100%の黒蜜は全国のバイヤーからニーズが高かった」と開発に至った経緯を説明。

南城市内のCafeメニューの定番になること間違いなしですね。

料理研究家・森崎友紀さん
料理研究家・森崎友紀さん

南城産のさとうきびを100%使用した「なんじょう生黒蜜」
南城産のさとうきびを100%使用した「なんじょう生黒蜜」

沖縄のかぼちゃ「ちんくゎー」を使ったパンケーキ
沖縄のかぼちゃ「ちんくゎー」を使ったパンケーキ

程良い甘さが魅力のバナナシェイク
程良い甘さが魅力のバナナシェイク

黒ごま×黒蜜の黒黒コンビが織りなす黒ごまプリン
黒ごま×黒蜜の黒黒コンビが織りなす黒ごまプリン

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年2月 8日

受水・走水で親田御願(ウェーダウガン)

沖縄での稲作発祥の地とされる受水・走水(ウキンジュ・ハインジュ)の親田(ウェーダ)で、仲村渠区の皆さんが田植えを行い、五穀豊穣を祈願しました。

稲を運んだツルが落ちたとされる場所などで拝みを行ったあと、3人の男性が親田で田植え。

その後、祝毛(ユーエーモー)と呼ばれる場所に移動し、東西南北に向かって拝しました。

祝毛では参加した住民が「エー アマウェーダーヨー 米ヌ湧上ユイ」と、稲作の発祥や米作りの行程を歌った「天親田のクェーナ」を歌いながらお供え物や神酒を楽しみました。

3人の男性が親田で田植え
3人の男性が親田で田植え

稲穂をくわえたツルが落ちたとされるカラウカハ
稲穂をくわえたツルが落ちたとされるカラウカハ

受水・走水で御願(写真は走水)
受水・走水で御願(写真は走水)

親田に苗が植えられる
親田に苗が植えられる

画像
祝毛(ユーエーモー)で北方に33拝

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年2月 6日

うふざとムーチーさい開催へ向けて第一歩

地域住民の手でムーチーさいを開催しようと、プレイベントとして大里城址公園でムーチーづくり体験が行われました。

子どもたちの健全育成と無病息災を願って
子どもたちの健全育成と無病息災を願って

南城市大里地区はムーチー発祥の地とされ、平成10年から平成21年まで大里城址公園で「うふざとヌムーチーさい」が開催されてきました。今年12月からは地域住民の手で開催することになっています。

その準備会である「うふざとで再びムーチーさいを開催する会」が主体となり、今回のプレイベント開催となりました。

事務局の宮城盛彦さんは「子どもの健全育成や無病息災を願うムーチーさいの原点を見つめ直して、12月には新しい形のムーチーさいを開催したい」とし、地域住民の実行委員会への参加を幅広く呼び掛けています。

大里城址公園にゲットウの香りが漂う
大里城址公園にゲットウの香りが漂う

完成~
完成~

フライングディスクを使ったアルティメットというスポーツも行われました
フライングディスクを使ったアルティメットというスポーツも行われました

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年2月 4日

旧正月の奥武島

2月3日は旧正月でした。市民の皆さま、いい正月でーびる。旧暦文化が色濃く残る奥武島の風景を撮ってきました。

奥武観音堂も花盛り
奥武観音堂も花盛り

この日は「初起こし」ということで、公民館ではお祝いもあったようです。暦の上では立春。このところ暖かい日が続いています。

観音堂の桜が鮮やかに咲き誇り、港は大漁旗がにぎやかにたなびいておりました。

今年も良い年でありますように。

停泊中の船には大漁旗がたなびく
停泊中の船には大漁旗がたなびく

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ