南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2019年1月31日

平成31年津波古区新年会(2019/01/27)

区民が集い新年を祝う『平成31年津波古区新年会』が開かれ、馬天小学校の運動場でのグラウンドゴルフや、公民館での余興などを楽しみました。

平成31年津波古区新年会 平成31年津波古区新年会

平成31年津波古区新年会 平成31年津波古区新年会

公民館では2018年に活躍した区民を表彰する『ちふぁにくんちゅ活躍者激励会』や、公民館で活動するサークルの紹介、グラウンドゴルフの結果発表や琉舞・民謡が披露され盛大に新年を祝いました。

(写真の提供・津波古区)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年1月25日

安心して地域で暮らし続けるために。地域でできる互助を探る(2019/01/24)

団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて、介護が必要な状態になっても住み慣れた地域で安心して自分らしい暮らしを続けることができように、住まい・医療・介護・生活支援が一体に提供される『地域包括ケアシステム』の構築が各市町村ですすんでいます。

南城市では南城市生活支援整備事業として展開されていて、これまで玉城、佐敷、知念、大里(大里南小学校区/大里北小学校区)の地域ごとに地域ケア会議(第2層協議体)が開かれ、地域ができること、地域が望むことを具体化していくグループワークを行ってきました。

安心して地域で暮らし続けるために。地域でできる互助を探る

(写真:昨年7月31日に行われた玉城地区の地域ケア会議の様子

今回は、南城市の高齢の方々ができる限り住み慣れた地域で生活が続けられるための体制整備に活かすことを目的に、4つの地域が一堂に会してこれまで出た地域ごとの声や意見を共有する話し合い(第2層合同協議体)が、市役所1階の大会議室で行われました。

安心して地域で暮らし続けるために。地域でできる互助を探る 安心して地域で暮らし続けるために。地域でできる互助を探る

これまでの地域ケア会議では、「子どもから老人まで一緒に」、「交流する場所、機会」などの共通な思いが多くあり、地域で顔の見える関係や、地域のつながりを深めたいことを強く望んでいることがわかりました。そこで今回は『互助』をテーマに、自治会や区の枠を超えてできることなどを整理しました。

安心して地域で暮らし続けるために。地域でできる互助を探る 安心して地域で暮らし続けるために。地域でできる互助を探る

グループワーク後の発表では、地域ですぐに実現できそうなことや、地域にとって大事なことが明確化され、あらたな互助の形やアイディアが次々と生まれました。

安心して地域で暮らし続けるために。地域でできる互助を探る 安心して地域で暮らし続けるために。地域でできる互助を探る

今回のグループワークででた意見などを踏まえ、次回の第1層協議体では南城市独自の地域サービス構築へ向けて話し合いが実施されます。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年1月24日

仕事の大切さを聞いて学ぶ。大里北小学校で『お仕事調査隊』(2019/01/22)

働く人々の生き方や考え方に直接触れて、将来の仕事や生き方について考えるキャリア教育『お仕事調査隊』が、大里北小学校で開かれました。

仕事の大切さを聞いて学ぶ。大里北小学校で『お仕事調査隊』

参加した6年生は、スタイリスト、建設業、海上保安庁、弁護士、飲食業(カフェ経営)、記者・編集者の様々な職種のゲストティーチャーからそれぞれの職業の話を聞き、仕事をはじめたきっかけや、楽しさ、厳しさ、やりがいなどを質問しました。

仕事の大切さを聞いて学ぶ。大里北小学校で『お仕事調査隊』 仕事の大切さを聞いて学ぶ。大里北小学校で『お仕事調査隊』

仕事の大切さを聞いて学ぶ。大里北小学校で『お仕事調査隊』 仕事の大切さを聞いて学ぶ。大里北小学校で『お仕事調査隊』

記者・編集者は大事なことを短くまとめる国語力、海上保安庁は救助者と自分の命を左右する判断力、建設業は計算能力など、それぞれの職業で大切なことがあることを学んだ児童のひとりは「今日聞いた話を学校生活でも活かしていきたい」と感想を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年1月24日

嶺井博希選手激励会(2019/01/14)

南城市出身のプロ野球選手・嶺井博希捕手(横浜DeNAベースターズ)を応援しようと結成された嶺井博希選手後援会が、嶺井選手の激励会を南城市中央公民館で開催しました。

 

嶺井博希選手激励会

同日に開催された少年野球教室に参加チームより嶺井選手へ花束贈呈

 

嶺井博希選手激励会 嶺井博希選手激励会

嶺井選手からはユニホーム2着、バット1本のほか、サインボールやサイン色紙がプレゼント

 

嶺井博希選手激励会

後援会長の港川猛さん、ハートFMなんじょう『ハマのシーサー情報局』のMC NARUTOさんも会場を盛り上げました。

 

嶺井博希選手激励会 嶺井博希選手激励会

抽選会では嶺井選手の背番号にちなんで39個の景品が準備されました。

 

※後援会では嶺井選手を一緒に応援する会員を募集しています。キャンプ応援ツアーなど楽しいイベントも計画しています。詳しくは嶺井博希選手後援会のホームページ(https://mineihiroki.okinawa/)をご覧ください。

(写真の提供・嶺井博希選手後援会)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年1月21日

ジェフユナイテッド市原・千葉 トレーニングマッチ(2019/01/19)

南城市陸上競技場でキャンプを行っているジェフユナイテッド市原・千葉が、大宮アルディージャを迎えてのトレーニングゲームを行いました。

ジェフユナイテッド市原・千葉 トレーニングマッチ ジェフユナイテッド市原・千葉 トレーニングマッチ

ジェフユナイテッド市原・千葉 トレーニングマッチ ジェフユナイテッド市原・千葉 トレーニングマッチ

30分3本で行われたトレーニングゲームでは、ゲームキャプテンを務めた船山貴之選手など主力メンバーなどが出場。2本目では18年ぶりにジェフへ復帰した佐藤寿人選手も出場し、積極的にゴールを狙いました。

ジェフユナイテッド市原・千葉 トレーニングマッチ

瑞慶覧市長も、ジェフイエローのユニフォームに袖を通して応援しました。

 

※トレーニングマッチの様子は、ジェフユナイテッド市原・千葉公式ホームページのトレーニングキャンプレポートでご覧いただけます。https://jefunited.co.jp/sp/news/2019/01/report/154790640012115.html#report

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年1月18日

大里グリーンタウン介護予防部が健康体操で交流(2019/01/16)

大里グリーンタウン自治会・介護予防部の皆さまと、うたごえ『てぃんさぐ』(那覇市首里)のメンバーによる交流会が、大里グリーンタウン公民館・ふれあいプラザで開かれました。

大里グリーンタウン介護予防部が健康体操で交流 大里グリーンタウン介護予防部が健康体操で交流

大里グリーンタウン介護予防部が健康体操で交流 大里グリーンタウン介護予防部が健康体操で交流

大里グリーンタウン介護予防部が健康体操で交流 大里グリーンタウン介護予防部が健康体操で交流

参加者は健康と音楽を結びつけた『沖縄リラリズム』の安里仁さんと亜希子さんによる体操と講話や、てぃんさぐの平田恵美子さんによる手遊び歌や絵本の読み聞かせなどを楽しみ、親ぼくを深めました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年1月18日

津波古公民館教養講座『竹茂の歌三線はなし半学』(2019/01/15)

琉球古典音楽野村流松村統絃会副会長・宮城竹茂さんによる教養講座『竹茂の歌三線はなし半学』(主催:津波古公民館)が、同公民館で開かれました。

津波古公民館教養講座『竹茂の歌三線はなし半学』

宮城さんは先人が残した『体身頑丈 志情第一 命は二番』の言葉を引き合いに、健康の大切さや真心などを説き、ウチナーグチの歴史や奥深さ語りました。

津波古公民館教養講座『竹茂の歌三線はなし半学』 津波古公民館教養講座『竹茂の歌三線はなし半学』

歌三線も披露されたほか、津波古区に伝わる民俗芸能『天人』の中に出てくる古いウチナーグチの台詞についての質問などにも丁寧に答えました。

(写真の提供・津波古公民館)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年1月17日

嶺井博希選手が少年野球教室を初開催(2019/01/14)

南城市出身のプロ野球選手・嶺井博希捕手(横浜DeNAベースターズ)による野球教室が、玉城中学校に隣接する玉城野球場で行われました。

嶺井博希選手が少年野球教室を初開催

嶺井博希選手後援会の主催による少年野球教室には、嶺井選手が所属していた玉城スイミーや、みんとんBBC、船越ホワイトタイガースなどから60名の選手が参加しました。

嶺井博希選手が少年野球教室を初開催 嶺井博希選手が少年野球教室を初開催

嶺井博希選手が少年野球教室を初開催 嶺井博希選手が少年野球教室を初開催

嶺井選手は送球や守備、打撃練習などを丁寧に指導したほか、2塁への送球やバッティングも披露しました。バッティングでは隣接する中央公民館まで届く柵越えの打球を連発させ、子ども達や観覧した保護者から歓声があがりました。

嶺井博希選手が少年野球教室を初開催 嶺井博希選手が少年野球教室を初開催

嶺井選手は「自分も少年野球を経験してここまできました。心から楽しんで野球をやることが成長につながる」と子ども達を温かく見守り「南城市からプロ野球選手が出てほしい」と期待を込めました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年1月16日

健康づくりウォーキング大会in大里(2019/01/13)

大里内原公園を発着点に、御嶽や展望台などのコースを巡る『南城市健康づくりウォーキング大会in大里』(主催:南城市健康づくり推進員連絡協議会 共催:南城市)が開催されました。

健康づくりウォーキング大会in大里 健康づくりウォーキング大会in大里

西原区の御嶽や真境名公民館、大里城城跡公園・パークゴルフ場などを巡る2つのコース(熟練者7.6km、初心者2.2km)からなる大会には、ウォーキング仲間や親子連れなど60名が参加しました。

健康づくりウォーキング大会in大里 健康づくりウォーキング大会in大里

天候にも恵まれ、参加者は景色や史跡巡りなどを楽しみながら心地のよい汗を流しました。

(コース上の写真の提供・南城市健康づくり推進員連絡協議会)

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

健康増進課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5324
MAIL:kenkou@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年1月11日

保護犬が児童と共に成長『成犬譲渡促進事業』修了式(2019/01/09)

沖縄県動物愛護管理センターに収容されている成犬を新しい家族に送り出すため、訓練士が家庭犬としてのしつけを施す沖縄県の成犬譲渡促進事業の修了式が、市内の児童養護施設で開かれました。

保護犬が児童と共に成長『成犬譲渡促進事業』修了式

施設の児童4名が昨年9月から12月までの訓練に参加し、ピノ(メス2歳)とチップ(オス1歳)のしつけや世話をしてきました。児童は訓練完了の証しとして、2匹にバンダナをプレゼントしました。児童には同事業を受託している一般財団法人沖縄県公衆衛生協会より修了証と、訓練士の井上さんから思い出のアルバムなどが贈られました。

保護犬が児童と共に成長『成犬譲渡促進事業』修了式 保護犬が児童と共に成長『成犬譲渡促進事業』修了式

保護犬が児童と共に成長『成犬譲渡促進事業』修了式 保護犬が児童と共に成長『成犬譲渡促進事業』修了式

修了式では訓練の成果も披露され、児童の「待て」や「伏せ」などの指示に2匹が従う姿や、障害物を勢いよく越える様子に、集まった関係者から拍手がおくられました。

児童は「短い間だったけどピノとチップに関わることができて良かった。新しい家族が見つかってほしい」と話しました。

成犬は子犬と比べて落ち着きがあり、体格や性格もわかっているので飼いやすいメリットがあるそうです。同事業のでは2匹の飼い主を募集しています。第1次募集は1月21日(月)まで。ご興味がある方は、沖縄県公衆衛生協会(TEL098-945-2686)までご連絡ください。

※同事業のフェイスブック・ブログ「成犬譲渡促進プロジェクト」で、これまでの訓練の様子をご覧いただけます。
https://www.facebook.com/pg/seikenPJ

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ