南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2015年2月20日

N響メンバーによるブラスクインテット『The Chamber Brass』コンサート(2015/2/14)

N響メンバーによるブラスクインテット『The Chamber Brass』のコンサートがシュガーホールで開催されました。

N響メンバーによるブラスクインテット『The Chamber Brass』コンサート

シュガーホール開館20周年記念国際音楽祭vol.12として開催された今回のコンサートに出演したのは、NHK交響楽団の山本英司、菊本和昭(トランペット)、福川伸陽(ホルン)、池田幸広(チューバ)の日本屈指の演奏家の皆さん。クラシック、ジャズ、沖縄民謡など幅広いナンバーで観客を魅了しました。

N響メンバーによるブラスクインテット『The Chamber Brass』コンサート N響メンバーによるブラスクインテット『The Chamber Brass』コンサート

沖縄民謡の『谷茶前』をシュガーホール芸術監督の中村透さんがブルース感たっぷりにアレンジした『谷茶前ブルース』や、なんじぃも登場して軽快なダンスを披露した『なんじぃマーチ』なども演奏しました。

N響メンバーによるブラスクインテット『The Chamber Brass』コンサート

曲に合わせて自然と手拍子が生まれ、会場一体となったコンサートとなりました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

まちづくり推進課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5394
FAX:098-917-5424
MAIL:machi@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月18日

南城市女性会が6年生へ交通安全『なんじぃお守り』を贈呈(2015/2/13)

南城市女性会の皆さまが、3月に卒業する市内の全ての小学校6年生へ手作りのキーホルダー型『交通安全なんじぃお守り』を贈呈しました。

南城市女性会が6年生へ交通安全『なんじぃお守り』を贈呈

この活動は南城市が誕生した2006年からずっと続けてきたもので、今年のお守りは全部で600個。女性会のメンバー総出で昨年9月から作り始め、津波古区にある交通安全碑で祈願をしてきました。

南城市女性会が6年生へ交通安全『なんじぃお守り』を贈呈

船越小学校で行われた贈呈式で、女性会副会長で交通安全母の会会長でもある大城ミネ子さんは「中学生になっても勉強と部活動をしっかりがんばってください」とお守りを贈りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月18日

ハートのまち南城の『HAPPY♥バレンタイン』(2015/2/14)

バレンタインデーを南城市で楽しく過ごしてもらおうと、ハートのまち南城『HAPPY♥バレンタイン』が開催されました。

ハートのまち南城の『HAPPY♥バレンタイン』 ハートのまち南城の『HAPPY♥バレンタイン』

ハートのまち南城の『HAPPY♥バレンタイン』 ハートのまち南城の『HAPPY♥バレンタイン』

南城市地域物産館をメイン会場に、市内のカフェが出店してスイーツを販売する『ハートマルシェ』やステージアトラクション、リアル謎解きゲームなどが行われ、多くの来場者で賑わいました。

ハートのまち南城の『HAPPY♥バレンタイン』 ハートのまち南城の『HAPPY♥バレンタイン』

リアル謎解きゲームに学童の仲間と参加した新城莉璃さんは「はじめは簡単だと思ったけど、やってみると難しくておもしろかったです。みんなで協力して謎が解けてうれしいです」と笑顔で話しました。

ハートのまち南城の『HAPPY♥バレンタイン』 ハートのまち南城の『HAPPY♥バレンタイン』

今回のバレンタインデーを企画したなんじぃは、ステージでダンスやゲームに駆け回りました。

ハートのまち南城の『HAPPY♥バレンタイン』 ハートのまち南城の『HAPPY♥バレンタイン』

さらに、なんじぃから特製のチョコレートケーキのプレゼントもあり、来場者は甘いひと時を過ごしました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

まちづくり推進課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5394
FAX:098-917-5424
MAIL:machi@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月18日

健康啓発劇『おじぃの鯖缶』千秋楽公演(2015/2/13)

劇団賞味期限と南城市健康増進課がタッグを組み、一括交付金を活用した健康づくり支援調査検証事業の健康啓発劇『おじぃの鯖缶』が千秋楽公演を迎えました。

健康啓発劇『おじぃの鯖缶』千秋楽公演 健康啓発劇『おじぃの鯖缶』千秋楽公演

劇団賞味期限が手掛ける健康啓発劇を通して、市民自らの健康について地域・仲間と一緒に考えることを狙いとした同事業では、昨年7月から『おじぃの鯖缶』を市内の公民館や地域のイベントなどで10回上演してきました。

健康啓発劇『おじぃの鯖缶』千秋楽公演 健康啓発劇『おじぃの鯖缶』千秋楽公演

『食育』がテーマの今回の舞台では、健康を求め市内をパトロールしているハルサー二人組と、缶詰やレトルト食品ばかり集めるおじぃが織りなす食育と健康を巡る笑いあり、涙ありのストーリー。

健康啓発劇『おじぃの鯖缶』千秋楽公演 健康啓発劇『おじぃの鯖缶』千秋楽公演

健康啓発劇『おじぃの鯖缶』千秋楽公演

個性豊かなキャラクターも登場し、会場となった大里庁舎の市民ギャラリーに集まった観客の皆さまは楽しみながら健康について学びました。

健康啓発劇『おじぃの鯖缶』千秋楽公演 健康啓発劇『おじぃの鯖缶』千秋楽公演

健康増進課の大城盛直さんは「いろいろな切り口で市民の健康を考えようと企画した健康啓発劇はとても好評で、来年度の開催も決定しています。劇をきっかけに、南城市が日本一健康で元気なまちになってほしいです」と期待を込めて語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

健康増進課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5324
MAIL:kenkou@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月 9日

第1回 南城市中学生英語プレゼンテーションコンテスト(2015/02/06)

南城市在住の中学生に、日頃の学習の成果を発表する機会を提供することにより、学習意欲の高揚と言語表現力や思考力などの多様な能力の向上を図ろうと、第1回南城市中学生英語プレゼンテーションコンテストが大里農村環境改善センターで行われました。 

1学年7名、2学年4名が応募したコンテストでは、独自にテーマを設定し英語で7分以内の発表。4人の審査員は、内容(独自性、わかりやすさ)、英語(発音、抑揚)、発表態度(アイコンタクト、表情)の3項目から審査しました。

南城市中学生英語プレゼンテーションコンテスト 南城市中学生英語プレゼンテーションコンテスト

審査の結果、以下の4人が表彰されました。

1学年の部

最優秀賞 金城明梨さん(佐敷中学校)

優秀賞 明智楓雅くん(久高中学校)


2学年の部

最優秀賞 神谷莉央さん(知念中学校)

優秀賞 当山愛菜さん(玉城中学校)

南城市中学生英語プレゼンテーションコンテスト 南城市中学生英語プレゼンテーションコンテスト

2学年の部・最優秀賞の神谷莉央さんは「Japan and The World:How Are We Different?(日本と世界どう違う?)」と題し、ノックやピースサインの意味の各国の違いなどをプレゼン。「日本で良いことが外国では悪いことだったりする。世界に出て異文化を経験することが違いを見つけることの近道」と述べました。発表を終え、「人前で話すのは苦手ですが、一緒に練習してきた先生や周りの人達のおかげでうまくできました」と笑顔で感想を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月 9日

かりゆし講座「第5回 家庭で出来る簡単イタリアン」(2015/2/3)

かりゆし講座は市内在住の60歳以上の方々を対象に、生きがいづくりや健康促進、仲間づくりを目的とした全5回の公民館講座です。

最終回となる今回は、ロワジールホテルの元総料理長の屋比久保さんを講師に迎え、中央公民館の調理室で『家庭で出来る簡単イタリアン』を開催しました。

かりゆし講座「第5回 家庭で出来る簡単イタリアン」

イタリア料理と言えばパスタやピザのイメージですが、今回はあえてあまり馴染みのないリゾットとカルパッチョに挑戦しました。

リゾットのポイントは、ヒタヒタにすること。米を煮込む時、水分が無くなってしまうと焦げ付くので、4~5回に分けて水を加えて常に水分でヒタヒタの状態にして、鍋底をなでるようにかき混ぜることが失敗しないコツだそうです。

かりゆし講座「第5回 家庭で出来る簡単イタリアン」 かりゆし講座「第5回 家庭で出来る簡単イタリアン」

先生のリゾットと味比べをされた受講者の方からは、「同じ材料で分量も一緒なのに先生のリゾットはまろやかで美味しい!」という声に、先生から「料理を美味しく作るには、美味しく食べてもらいたいと思う気持ちが大切ですよ~」とのコメント。

「なるほど!」と納得されたような受講者の皆さん。初心に戻って心のこもった料理を作ることが大切ですね。

かりゆし講座「第5回 家庭で出来る簡単イタリアン」 かりゆし講座「第5回 家庭で出来る簡単イタリアン」

かりゆし講座「第5回 家庭で出来る簡単イタリアン」 かりゆし講座「第5回 家庭で出来る簡単イタリアン」

今回で全5回の『かりゆし講座』は全て終了となりました。

最後に受講者の皆さんへ幸喜中央公民館館長より修了証の授与がありました。

かりゆし講座「第5回 家庭で出来る簡単イタリアン」

受講生からは、「あっという間に終わったという感じです。1ヶ月1ヶ月を楽しみにしていて、どの講座も良かったです」、「料理が苦手なので、大変勉強になりました。日本料理とイタリア料理はだいぶ違うと思いました」という声が聞かれました。

 

今年度実施した講座は、コチラです↓

※平成26年度 公民館講座一覧

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月 9日

ミュージカル『笑いはつづくGO ON! GO ON!』上演(2015/1/31)

戦後、沈んでいた沖縄の人々をお笑いで元気づけ、「沖縄のチャップリン」と呼ばれた小那覇舞天を描いたミュージカル『笑いはつづくGO ON! GO ON!』がシュガーホールで上演されました。

 ミュージカル『笑いはつづくGO ON! GO ON!』上演 ミュージカル『笑いはつづくGO ON! GO ON!』上演

戦争で一変した生活と家族などの周囲の人生模様を描き、戦争の悲惨さを訴え「ヌチヌグスージサビラ(命のお祝いをしましょう)」と説いた小那覇舞天さんの心情を描いた作品に、南城市出身の井上あすかさんなど5名が好演。

ミュージカル『笑いはつづくGO ON! GO ON!』上演 ミュージカル『笑いはつづくGO ON! GO ON!』上演

ミュージカル『笑いはつづくGO ON! GO ON!』上演 ミュージカル『笑いはつづくGO ON! GO ON!』上演

出演者は時折笑いを誘う演技を交えながら、三線、民謡、カチャーシーなど沖縄の伝統芸能を随所に披露。1人複数役を演じていることを感じさせない演技力に、会場からは惜しみない拍手が贈られました。

ミュージカル『笑いはつづくGO ON! GO ON!』上演 ミュージカル『笑いはつづくGO ON! GO ON!』上演

井上さんは「初日が地元南城市だったので気合が入りました。お客さまと一緒に生の舞台を作っていることを感じることができ、これからの県内外の公演へ向けて良いスタートがきれました。親戚や友達もたくさん観に来てくれたのでとてもうれしいです」と感想を語りました。

 

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月 9日

ひつじ年生まれを祝う。當山区『ひつじ年の集い』開催(2015/1/31)

當山集落センターで、ひつじ年生まれの13歳~97歳(数え年)の19名と家族が参加しての合同生年祝い『ひつじ年の集い』が開催されました。

ひつじ年生まれを祝う。當山区『ひつじ年の集い』開催

今回の生年祝いは、区民の集まりの際にひつじ年生まれが複数いることを知った、自身もひつじ年生まれの嶺井末子さんが何か会合を持ちたいと企画。

区外へ移り住んだ人を含めた43名のひつじ年生まれの方に声をかけて、参加できる19名を中心に、すべて区民の手作りで開催されました。

ひつじ年生まれを祝う。當山区『ひつじ年の集い』開催 ひつじ年生まれを祝う。當山区『ひつじ年の集い』開催

かぎやで風を披露したひつじ年生まれで最高齢95歳の嶺井アキさんは「久しぶりのかぎやで風ですこし恥ずかしかったが、盛大にお祝いを開いてもらってとてもうれしいです」と語りました。

ひつじ年生まれを祝う。當山区『ひつじ年の集い』開催 ひつじ年生まれを祝う。當山区『ひつじ年の集い』開催

来賓として招かれたひつじ年生まれの古謝市長は「當山区は結の精神がいまでも色濃く残る、元気ですばらしい集落です。これからも地域で手を取り合いながら、當山区を更に盛り上げてください」とあいさつし、嶺井アキさんからあやかりの杯を受け生まれ年を祝いました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月 5日

知念小6年生、南米・移民について学ぶ(2015/02/05)

およそ110年前から戦後にかけて、新天地を求めて多くの人々が沖縄から南米へ渡りました。沖縄県ではその2世、3世の若者を「海外移住者子弟研修生」として受け入れています。南城市ではボリビアから島袋里菜さん(下写真:国旗を持っている方)が12月〜2月の間、滞在して日本文化を学んでいます。

この日、南風原町、豊見城市に滞在している3名とともに、知念小学校6年生へそれぞれの国について日本語でプレゼンテーションしました。

知念小6年生、南米・移民について学ぶ 知念小6年生、南米・移民について学ぶ

島袋さんは同郷の比嘉ジーナさんとともにボリビアについて紹介。特に移民の歴史について、流暢な日本語で語りました。

60年前、戦後の混乱で田畑を奪われた沖縄の人々およそ4000名がボリビアへ移住。船で3ヵ月、汽車で1ヵ月の長旅の末、たどり着いたのは楽園ではなく、未開拓のジャングルだったといいます。伐採など過酷な環境を乗り越え、現在ではコロニア・オキナワという移住区として、南城市の30倍の土地に1000名が居住しています。なんと、島袋さんの家には1000頭の牛が飼育されているのだとか!

島袋さんは「遠く離れていても私たちはウチナーンチュ。皆さんとの出会いを大切に、これからも絆を深めていきたい」と述べると、生徒らから拍手が送られました。

知念小6年生、南米・移民について学ぶ 知念小6年生、南米・移民について学ぶ

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

まちづくり推進課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5394
FAX:098-917-5424
MAIL:machi@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月 5日

プロサッカーリーグJ3のFC琉球がキャンプイン(2015/02/05)

2月4日(水)~2月11日(水)の日程で、南城市でキャンプを行うFC琉球の歓迎セレモニーが南城市陸上競技場で行われました。

FC琉球がキャンプイン FC琉球がキャンプイン

座波副市長は「キャンプ地として、ここ南城市を選考して頂き誠にありがとうございます。練習場所の南城市陸上競技場は、芝の状態や練習環境についても県内トップクラスと自負しております。キャンプの成功と来季のJ2昇格を祈念致します」と歓迎しました。

FC琉球がキャンプイン FC琉球がキャンプイン

薩川監督は「南城の子ども達や沖縄を盛り上げられるようにしっかりとキャンプをして、いい成績を残せるように選手と共に戦いたいと思います」と挨拶しました。

FC琉球がキャンプイン FC琉球がキャンプイン


キャンプの詳細は、「FC琉球」のホームページにてご確認ください。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ