南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2015年2月27日

第3回 学校支援ボランティア交流会(2014/02/26)

市内の小学校で学習支援活動を行っているボランティア団体が一堂に会して交流する『第3回 学校支援ボランティア交流会』(主催:南城市教育委員会)が、大里農村環境改善センターで開催されました。

第3回 学校支援ボランティア交流会 第3回 学校支援ボランティア交流会

第3回 学校支援ボランティア交流会 第3回 学校支援ボランティア交流会

第3回 学校支援ボランティア交流会 第3回 学校支援ボランティア交流会

第3回 学校支援ボランティア交流会

交流会には市内の小学校で学習支援活動を行っているうふざとぬ会(大里地区)、さしちぬ会(佐敷地区)、ちにん太陽ぬ会(知念地区)、ミントンの会(玉城地区)(五十音順)の各団体から150名を超える方が参加しました。

 第3回 学校支援ボランティア交流会

ボランティア団体を代表して、さしちぬ会の金城弘一会長は「毎年ボランティアに関わる人数が増えています。これは各団体の学習支援の取り組みが良い方向へ向かっているからでしょう。これからも子ども達のためにがんばりましょう」とあいさつしました。

 第3回 学校支援ボランティア交流会 第3回 学校支援ボランティア交流会

会場では『joy工房』のさし草を使った天ぷらやジーマーミー豆腐、『こはるびより』のハーブクッキー・レモンケーキ、『母ハーブ研究所』のハーブティーが振舞われ、参加者は日頃のボランティア活動を労いました。

第3回 学校支援ボランティア交流会 第3回 学校支援ボランティア交流会

民踊サークルと手話ダンスサークルによるステージアトラクションも披露され、華やかな交流会となりました。

 第3回 学校支援ボランティア交流会

市内の校長を代表して南城市立小学校校長会の棚原久会長は「ボランティアの皆さま、1年間本当にありがとうございました。これからも南城市の将来を担う子ども達のために、ご尽力をよろしくお願いいたします」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

教育指導課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5364
MAIL:kyoushidou@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月26日

NTT西日本沖縄支店 電話お願い手帳とふれあい速達便を寄贈(2015/2/25)

NTT西日本沖縄支店の皆さまが市役所を訪れ、『電話お願い手帳』と『ふれあい速達便』を寄贈しました。

NTT西日本沖縄支店 電話お願い手帳とふれあい速達便を寄贈 NTT西日本沖縄支店 電話お願い手帳とふれあい速達便を寄贈

『電話お願い手帳』とは、耳や言葉の不自由な方々が外出先で電話連絡をする場合に、用件や連絡先等を書いて、近くの方に協力をお願いするツールとして利用できる手帳で、『ふれあい速達便』はメモ感覚で利用できるA5サイズファックス送信用紙です。

支店長の岩田智さんは「電話お願い手帳は耳や言葉の不自由な方々以外でも、ご高齢の方が緊急時に使うことも多いです。必要とされている方へご活用いただければと思います」と寄贈しました。

NTT西日本沖縄支店 電話お願い手帳とふれあい速達便を寄贈 NTT西日本沖縄支店 電話お願い手帳とふれあい速達便を寄贈

座波一副市長は「ご寄贈ありがとうございます。電話お願い手帳は気配りが行き届いた社会に役立つツールで、必要とされている方は多いと思います。地域福祉のためにしっかり役立てます」と応えました。

南城市社会福祉協議会の阿嘉広雄会長は「関係施設などへ配り、活用させていただきます」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月25日

豊作を願う『親田御願』(2015/2/23)

沖縄の稲作発祥の地『受水走水(ウキンジュハインジュ)』で伝統の田植え行事『親田御願(ウェーダウガン)』が行われ、仲村渠区の男性3人が豊作と健康を願いながら、約20平方メートルの田んぼ『親田(ウェーダ)』に稲を植え付けました。

豊作を願う『親田御願』 豊作を願う『親田御願』

旧正月後の初午の日に行われている親田御願では、区民の代表が拝所の『米地(メージ)』、『受水』、『走水』を順に拝み『親田』で稲を植えます。

初めて田植えに参加した新里玲王奈さんは「伝統行事に参加できてとても感慨深いです。田植えも初めてで、泥を踏む感覚を楽しめました」と話しました。

豊作を願う『親田御願』 豊作を願う『親田御願』

田植えを終えると近くの『祝毛(ユーエーモー)』へ移動し、東西南北の方角に33回ずつ拝む『四方拝(シホウハイ)』と、稲作の方法や手順を詠んだ『天親田のクェーナ』を歌い豊作を祈願しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月25日

2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市(2015/2/22)

『2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市』(主催:沖縄タイムス社 共催:南城市)がユインチホテル南城をスタート・ゴール地点に開催され、参加者は思い思いのペースで南城市を巡りながら心地よい汗を流しました。

2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市 2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市

2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市 2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市

午前7時30分に神役による安全祈願の儀式が行われ、全員で東の空に手を合わせ大会は幕開け。久高島・斎場御嶽を巡るライドBから順次スタートしました。

2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市 2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市

2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市 2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市 

スタート時は小雨が降ったものの、天候は徐々に回復して絶好のサイクリング・ウォーキング日和になった今年の大会。

 2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市 2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市

垣花樋川では冷たい湧水でノドを潤す参加者の姿もみられました。

 2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市 2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市

昨年開通したばかりの市道長堂~上原線の景色を楽しみながら、大里城址公園でパークゴルフもできるファミリーコースに参加した佐敷小3年生の前里渉真くんは「初めてノルディックウォークをしました。スティックを使うのが少し難しかったけど、パークゴルフもできたので楽しかったです」と満喫した様子でした。

2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市 2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市

2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市 2015おきなわECOスピリットライド&ウォーク in 南城市

ゴール後に開催されたふれあい交流会では、参加者が足を休めながら市内の事業所の出店やステージを楽しむ姿が見られました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月24日

『つはこ花咲かす会』が花植え活動をスタート(2015/2/14-22)

津波古区を花でいっぱいにすることを目的として発足したボランティアサークル『つはこ花咲かす会』のメンバー12名が、花植えのために馬天港近くの花壇を整備しました。

『つはこ花咲かす会』が花植え活動をスタート 『つはこ花咲かす会』が花植え活動をスタート

メンバーの宮城親浩さんは「佐敷町時代からここで花植活動をしてきましたが、腰を痛めてしばらくできませんでした。会が発足したことで、今後は仲間と楽しく活動ができます」と語り、枯れた雑草の根や小石などを丁寧に取り除きながら花壇を耕しました。

『つはこ花咲かす会』が花植え活動をスタート 『つはこ花咲かす会』が花植え活動をスタート

22日にはパンジー・ペチュニア・マリーゴールドなどの花を植え、手作りのなんじぃの看板も設置しました。

『つはこ花咲かす会』が花植え活動をスタート 『つはこ花咲かす会』が花植え活動をスタート

会では区内の花壇の整備をしながら、区から大里へ抜ける上り坂の入口県道(137号線)から津波古交差点(国道331号線)までの樹木の管理を県から受託し、花植え活動を行う予定とのことです。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月20日

新年を祝う。久高島 シャクトゥイ(2015/2/19)

久高島で旧正月の特別な行事シャクトゥイが行われました。

新年を祝う。久高島 シャクトゥイ

新年を島で迎えるため、この日は島外からも多くの出身者たちが戻ってきてきます。

新年を祝う。久高島 シャクトゥイ 新年を祝う。久高島 シャクトゥイ

新年を祝う。久高島 シャクトゥイ 新年を祝う。久高島 シャクトゥイ

島の崇高な拝み場所である「外間殿」に男性が年齢順に二人一組で中に入り、神役から盃を受けます。

久高島のシャクトゥイ(映像).mp4

殿から出ると、それまで荘厳だった地謡の演奏がカチャーシーに。1年の祈願を終えた喜びを踊ることで表現します。

新年を祝う。久高島 シャクトゥイ 新年を祝う。久高島 シャクトゥイ

この行事の一番の願いは健康祈願。島だけでなく、世界の人々が健やかに1年を過ごせるようにとの願いが含まれているとのこと。

参加者は殿のテントの前でお酒を飲みかわし、新年を祝いました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月20日

フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力(2015/2/10-20)

南城市とNPO法人レキオウィングスは、JICA沖縄と連携し、フィリピン・ビクトリアス市との農業・観光分野での協力プロジェクトを2013年から開始しています。

フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力

2月10日から20日にかけて、ビクトリアス市役所の観光担当者と地元の農家の皆さまが来日し、南城市をモデルとしたアグリビジネス(農業関連産業)と、有機栽培農場や観光農園などの地域資源を活かして人を呼び込み、農業と環境による観光地化を目指すアグリエコツーリズムの研修を行いました。

フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力 フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力

2月18日には市内の農家や経営者を交えてのビジネスセミナーを開催し、今後の展望や交流の仕組みづくりについての意見交換を行いました。

フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力 フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力

フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力 フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力

最終日に行われた修了式と交流会で古謝市長は「2週間の研修、大変おつかれさまでした。密度の濃い研修でしたが、学んだことを是非とも地域の活性化につなげてください。今後も両市が切磋琢磨し、さらに発展していくことを願います」と労いました。

フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力 フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力

フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力 フィリピン・ビクトリアス市と農業・観光分野で協力

研修を終えてビクトリアス市役所農業課長のサムソンさんは「南城市の皆さまの温かい歓迎を受けて、しっかり研修することができました。研修で得た知識と経験をビクトリアス市民のために還元します。ありがとうございました」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月20日

なんじょう輝きフェスタ〜デートDVって〜(2015/02/06)

南城市では男女がともに輝くため、「なんじょう四間切輝きプラン」を策定して、男女共同参画社会の実現を推進しています。

毎年開催される「なんじょう輝きフェスタ」はその啓発のためのイベント。今回は「デートDV」をテーマに南城市民ギャラリー(大里庁舎3階)で開催されました。

最初は椅子に座ったままできるヨガでアイスブレーク。南城市男女共同参画推進委員のひとり、玉城類さんによるナビゲートで参加者の皆さん、リラックスされた様子。

なんじょう輝きフェスタ〜デートDVって?〜

その後、おきなわCAPセンターの皆さんに「デートDVってなぜ起こるの?」というテーマでご講演いただきました。

なんじょう輝きフェスタ〜デートDVって?〜

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、「親密な関係にあるパートナーからの暴力」のこと。

「DVの原因は実は薬物、ストレス、お酒ではない。その根本は”支配欲”。DVが起こる現場にはパートナー間に上下関係が生まれていて、自分の思い通りにならないときに、暴力に走るのです」

DVは夫婦やカップルなどを含む概念ですが、いわゆる「DV防止法」は家庭内でしか実効力がなく、カップル間の「デートDV」の場合はストーカー防止法や児童福祉法で守るしかないのだそうです。

しかしながら、デートDVは戸籍の縛りがないため、暴力をふるうパートナーとは別れやすいという特徴もあります。

講演の途中では、思春期のカップルを想定したシナリオを男女共同参画委員が熱演!

男女共同参画

男子が女子をデートに誘う、女子は友達と約束があるけど断れない、という甘酸っぱい脚本を爽やかに演じました。

「”いや”と言ってもいいんです。それが言えないとしたら、そこに力関係があります。”いや”と思ったその気持ちをなかったことにしないでください。あなたの安心と自信を取り戻すために、誰かに相談してください」

「”察してください”というコミュニケーションは人間関係をこじらせます。アサーティブ=率直なコミュニケーションを心がけてください」

講師の方の言葉に心当たりがあるのではないでしょうか? そして、若いカップルをとりまく周囲の人々にも呼びかけます。

「家庭内DVの解決は本当に難しい。でもデートDVは修復が可能。特に思春期はコミュニケーションや人間関係の練習の時期。周囲が気軽に相談に乗れるよう、温かくサポートしてほしいと思います」

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

生活環境課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5318
FAX:098-917-5426
MAIL:seikatsu@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月20日

ハートのまちで愛をみる。組踊『手水の縁』上演(2015/2/15)

玉津と山戸の命がけの純愛を描いた組踊唯一の恋愛物『手水の縁』がシュガーホールで上演されました。

ハートのまちで愛をみる。組踊『手水の縁』上演

今回の公演は「ハートのまちで愛をみる」と題し、シュガーホール開館20周年記念国際音楽祭vol.13となんじょうハートプロジェクトのコラボレーション企画として、沖芸大琉球芸能専攻OB会の協力で開催されました。

ハートのまちで愛をみる。組踊『手水の縁』上演 ハートのまちで愛をみる。組踊『手水の縁』上演

本編では、舞台の左右設置された字幕装置での日本語訳表示のほか、公演前に物語のわかりやすい解説が行われるなど、子どもから大人まで組踊りをより身近に感じられる工夫がされています。

ハートのまちで愛をみる。組踊『手水の縁』上演 ハートのまちで愛をみる。組踊『手水の縁』上演

物語は南城市知念を中心に描かれており、二人の愛が試される知念浜がこの組踊の名場面です。

ハートのまちで愛をみる。組踊『手水の縁』上演 ハートのまちで愛をみる。組踊『手水の縁』上演

今をときめく若手実演家が熱演し、玉津と山戸の愛をハートのまち南城市で感じられた公演に観客からあたたかい拍手が贈られました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

まちづくり推進課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5394
FAX:098-917-5424
MAIL:machi@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2015年2月20日

公民館・図書館活動発表会(2015/2/15)

公民館で活動を行っているサークルや団体の交流と、活動の成果を発表する『公民館・図書館活動発表会』(主催:南城市教育委員会)が南城市中央公民館で開催されました。

公民館・図書館活動発表会 公民館・図書館活動発表会

 公民館・図書館活動発表会 公民館・図書館活動発表会

会場では盆栽・絵画などの作品展示、折り紙教室やものづくり教室のほか、特産品の販売もあり多くの来場者で賑わいました。

公民館・図書館活動発表会 公民館・図書館活動発表会

公民館・図書館活動発表会 公民館・図書館活動発表会

司会進行を方言サークルが担当した舞台発表では三線演奏やフラダンス、民踊に社交ダンスなど多彩な演目が披露されました。

公民館・図書館活動発表会 公民館・図書館活動発表会

公民館・図書館活動発表会 公民館・図書館活動発表会

大里おりがみサークルの新里幸枝さんは「折り紙は老若男女問わずに誰でも気軽にできます。親子のコミュニケーションにも最適です。今日は折り紙教室でたくさんの方に折り紙の楽しさを体験してもらいたいです」と笑顔で話しました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

教育指導課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5364
MAIL:kyoushidou@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ