南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2019年3月27日

中村透先生を偲ぶ シュガーホールで追悼イベント(2019/03/21)

元シュガーホール芸術監督で、作曲家の中村透先生が2月7日にお亡くなりになりました。

中村透先生を偲ぶ シュガーホールで追悼イベント

県内初の音楽専用ホールとして誕生したシュガーホールの設立に尽力し、芸術監督としてクラシックコンサートや市民参加型ミュージカルを開催し、南城市の音楽や芸術文化振興に貢献した中村先生の追悼イベントが同ホールで開かれました。

ステージには縁のある方々が次々と登壇し、先生を偲びながら思い出を振り返りました。

中村透先生を偲ぶ シュガーホールで追悼イベント

同ホールの開館時にスタッフとして一緒に働いた国吉佐知子さんは、中村先生が作曲した作品について「沖縄の音楽とクラシックを融合してそれぞれの良さを引き出した美しい曲ばかりです」と、沖縄を愛した先生の沖縄音楽へのリスペクトが散りばめられていると語り、ビオラの演奏を奉げました。

中村透先生を偲ぶ シュガーホールで追悼イベント 中村透先生を偲ぶ シュガーホールで追悼イベント

中学生の時にホールが開館した平良優子さんは「ホールでこっそりピアノを弾かせてもらいました」と当時の思い出を語りました。その後、シュガーホール新人演奏会への出場やジュニアコーラスの指導などシュガーホールに携わるようになり「先生がいたからシュガーホールに出会えた」と振り返り、ピアノ演奏で故人を偲びました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年3月27日

ジュニアサンゴリーダー サンゴと海の環境を学ぶ(2019/03/21)

南城市の子ども達が楽しく体験をしながらサンゴの魅力を学ぶ活動をしています。

ジュニアサンゴリーダー サンゴと海の環境を学ぶ ジュニアサンゴリーダー 南城市の海でサンゴの魅力と環境を学ぶ

「子ども達とサンゴを守るのに自分たちができることは?」を出発点に、小学生の子を持つ市内のお母さん達が立ち上げた『サンゴ守りんちゅ』では、活動を通して子ども達をジュニアサンゴリーダーとして育てています。

ジュニアサンゴリーダー サンゴと海の環境を学ぶ ジュニアサンゴリーダー サンゴと海の環境を学ぶ

昨秋からはじまった活動では、イノーの探検やサンゴの植え付け体験、玉城青少年の家での南城市の海を題材にしたお話会、美ら海水族館でのサンゴ学習会、グラスボードで奥武島のサンゴを観察するなど子ども達と一緒に海とサンゴの魅力を学んでいます。

学習を通して、海と直接関係がないように思える日常生活でも、使い捨てのものをなるべく使わないようにする、食器洗いの時に油はいらない布で拭きとりなるべく洗剤を使わないなど、海を汚さない工夫ができることに気がつきました。

 

夏の様な日差しが降り注ぐ春分の日、子ども達はもっと海をキレイにしようと、佐敷干潟でゴミを拾いながら水辺の生き物たちと触れ合えるビーチクリーンを実施しました。

ジュニアサンゴリーダー サンゴと海の環境を学ぶ ジュニアサンゴリーダー サンゴと海の環境を学ぶ

周辺地域の埋め立てにより、潮の流れが変わり砂地が増えた佐敷干潟ですが、干潮時にはシオマネキやヤドカリ、トントンミーなど水辺の生き物に触れ合うことができます。一方、ペットボトルや空き缶などの漂流ゴミや、不法投棄された家電製品など人間が捨てたゴミも多く、豊かな自然環境を壊す一因になっています。

ジュニアサンゴリーダー サンゴと海の環境を学ぶ ジュニアサンゴリーダー サンゴと海の環境を学ぶ

参加した小学4年生の山田祐太朗くん、安蔵志紋くん、寺坂奏空くんの3人は、水辺の生き物を観察しながら協力してゴミを拾いました。

思った以上のゴミの量に驚いた山田くんは「こらからも海のゴミを拾っていきたい。家でもエコバックを使うなどしてゴミを減らしたい」と今日からできるゴミの減量について語りました。

プラスチックなど自然環境に悪いゴミが多いことに気がついた安蔵くんは「自然に対して自分達ができることをやっていきたい。ビーチクリーンも続けてゴミを減らしていきたい」と意気込みを語りました。

砂地だけではなく干潟部分にもゴミあったことにビックリした寺坂くんは「月に1回、ひとりが海にゴミを捨てると1年で12個のゴミになる。住んでいるみんなが同じように捨てるとものすごい量のゴミになってしまう。家でもゴミを捨てないように呼びかけていきたい」と振り返りました。

ジュニアサンゴリーダー サンゴと海の環境を学ぶ

自然の干潟や浜辺が残っている南城市。美しい海とサンゴを守るため、ジュニアサンゴレンジャーの活動は続きます。

(写真・サンゴ守りんちゅ提供の写真含む)

 

※『ジュニアサンゴリーダー~サンゴ守りんちゅ~』の活動をフェイスブックで発信しています。

https://www.facebook.com/sangomamorincyu/

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年3月18日

第25回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション(2019/03/16-03/17)

『第25回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション』(主催:南城市、沖縄電力株式会社、沖縄タイムス社)が南城市文化センター・シュガーホールで開催され、ピアノの片山柊さん(北海道出身)がグランプリに輝きました。

 

第25回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション

グランプリ 片山柊さん

片山さんは「大きな賞をいただけるとは思わなかった。意識している音楽的な部分が評価されてうれしい」と喜び、6月2日の新人演奏会に向けて「肩の力を抜いて自分らしい演奏を心がけたい」と意気込みを語りました。

優秀賞にはクラリネットの永井聡志さん(埼玉県出身)、沖縄賞にはホルンの山里優子さん(沖縄県出身)が選ばれました。

 

第25回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション

優秀賞 永井聡志さん

第25回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション

沖縄賞 山里優子さん

 

入選には藤本聖也さん(チューバ 熊本県出身)、金城理沙子さん(ソプラノ 沖縄県出身)、新城匠さん(テノール 沖縄県出身)、塚田尚吾さん(ピアノ 富山県出身)、堀内星良さん(ヴァイオリン 滋賀県出身)、共演者賞には砂辺絢斗さんがそれぞれ選ばれました。

 

第25回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション

入賞者・審査員 記念撮影


審査結果発表後に開かれたレセプションには、主催3者の代表や審査員、出場者が参加しました。参加者は親睦を深めたほか、出場者は今回の演奏について審査員からアドバイスをもらうなど貴重な時間を過ごしました。

 

第25回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション 第25回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション

レセプションの様子

 

今年は4部門に43名の応募があり、予備審査を通過した29名が公開オーディションに挑みました。入賞した8名は、6月2日にシュガーホールで開かれる新人演奏会に出演します。

『第25おきでんシュガーホール新人演奏会』
日時:2019年6月2日(日)午後3時開演
会場:南城市文化センター・シュガーホール

詳細については、南城市文化センター・シュガーホールまで。

南城市文化センター・シュガーホール
TEL:098-947-1100  (月曜休館日)
ホームページ http://sugarhall.jp/index.html

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年3月18日

帝京大サッカー部が2年連続の南城合宿。ムラヤーで絆を深める(2019/03/0/09-03/16)

3月9日から16日にかけて、帝京大学体育局サッカー部が観光交流・防災機能拠点施設『前川むらやー』(公民館)に宿泊し、南城市陸上競技場で合宿を行いました。同チームの合宿は昨年に引き続き2年目です。

帝京大サッカー部が2年連続の南城合宿。ムラヤーで絆を深める 帝京大サッカー部が2年連続の南城合宿。ムラヤーで絆を深める

1年生から3年生の部員30名はむらやーで寝泊まりと朝昼晩の食事をとり、午前と午後の練習は陸上競技場まで歩いて移動するスケジュールで合宿を行いました。食事は、沖縄そば金太郎、うちのやまち、カフェくるくま、三大食品などの市内の飲食店が協力しています。

帝京大サッカー部が2年連続の南城合宿。ムラヤーで絆を深める

全員が一緒の場所で寝泊まりする合宿はあまりないそうで、一つ屋根の下で寝食を共にし、練習や移動も一緒に行動することで同じ時間を共有し、コミュニケーションを密にとれているそうです。

溝尻キャプテンは「就寝までの時間はサッカー以外の話題もあがり、学年を超えてチームメイトとしての信頼関係が築かれるので、チームで戦うことが自然に強化できます」とむらやーでの合宿の意義を語りました。

帝京大サッカー部が2年連続の南城合宿。ムラヤーで絆を深める 帝京大サッカー部が2年連続の南城合宿。ムラヤーで絆を深める

合宿では練習や対外試合のほか、市内の少年サッカークラブの子ども達を招いてのサッカー教室も開催しています。

同サッカー部の田村監督の『サッカーだけではなく、人との関わりを持たせて成長させたい』という考えに共感し、昨年から合宿をコーディネートしている一般社団法人TEAMたまぐすくの金城代表は、「監督の想いとTEAMたまぐすくの理念、南城市のムラヤー事業、そして地域が連携した合宿。1週間ずっと一緒にいるので、合宿が終わり選手を送り出す時は目頭が熱くなります」と優しい笑顔で語りました。

帝京大サッカー部が2年連続の南城合宿。ムラヤーで絆を深める

昨シーズン、チームは東京都大学サッカー連盟の2部リーグに降格したものの、南城市での合宿の成果もあり1年で1部に復帰しました。今年の合宿でも絆を深めたチームは、新たなシーズンに挑みます。

チームを受け入れた前川区の當山区長は「帝京大サッカー部の合宿は、観光交流拠点施設としてのむらやーのモデルとなる形。これからも様々な形での利活用をすすめていきたい」と期待を寄せました。

 

(写真の提供:TEAMたまぐすく)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年3月13日

ハートFMなんじょう 1周年を記念して15時間生放送(2019/03/12)

南城市のコミュニティFM放送局 ハートFMなんじょうが開局1周年を迎えました。

ハートFMなんじょう 1周年を記念して15時間生放送

この日、1周年を記念した7時~22時までの15時間の生放送が、イオンタウン南城大里のスタジオ前の特設ブースで行われました。

ハートFMなんじょう 1周年を記念して15時間生放送

ハートFMなんじょうの大城保局長(写真中央)は「開局してから1年は長く感じると思っていましたが、あっという間でした」と振り返り「県外からも反響がありうれしい」と感慨深く語りました。

特設ブースには各番組のパーソナリティや飛び入りゲストが訪れ、楽しいトークを繰り広げ1周年を祝いました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年3月 9日

手作りお守りで交通安全 母の会が幼稚園児へ贈呈(2019/03/08)

南城市交通安全母の会の皆さまが玉城幼稚園を訪れ、年長園児に手作りの『交通安全なんじぃお守り』を贈呈しました。

手作りお守りで交通安全  母の会が幼稚園児へ贈呈

伊良皆春美会長が「交通安全のお守りを作ってきました。4月からは車に気をつけて登校してください」と贈呈すると、園児は「すてきなお守りありがとうございます」と元気な声でお礼をしました。

手作りお守りで交通安全  母の会が幼稚園児へ贈呈

お守りはペットボトルのフタを再利用したもので、エイサーの大太鼓をモチーフにして、両面になんじぃのイラストが施されています。中には魔除けの塩が入れてあり、ストラップとしてランドセルに取りつけできます。母の会では4月から新一年生になる市内のすべての幼稚園児306名分のお守りを作り、それぞれの幼稚園へ贈呈します。

上原則子園長は「お守りをもらった子ども達は、しっかり交通安全を守ってくれると思います」と目を細めました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年3月 7日

玉城中1年生がゴルフ体験&ダイキンオーキッド見学(2019/03/05、03/07)

女子プロゴルフの国内開幕戦『ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』が、今年も南城市の琉球ゴルフ倶楽部で開催されます。
地元で開催されるプロの大会を通じてゴルフの楽しさを感じてもらおうと、玉城中学校では1年生の総合学習としてゴルフ教室と大会見学が毎年開催されています。

玉城中1年生がゴルフ体験&ダイキンオーキッド見学 玉城中1年生がゴルフ体験&ダイキンオーキッド見学

玉城中1年生がゴルフ体験&ダイキンオーキッド見学 玉城中1年生がゴルフ体験&ダイキンオーキッド見学

3月5日、日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長など関係者が玉城中学校でゴルフ教室を開催し、クラブの握り方やフォームの作り方などゴルフの基本動作を丁寧に教えました。

玉城中1年生がゴルフ体験&ダイキンオーキッド見学 玉城中1年生がゴルフ体験&ダイキンオーキッド見学

玉城中1年生がゴルフ体験&ダイキンオーキッド見学 玉城中1年生がゴルフ体験&ダイキンオーキッド見学

大会初日の7日、生徒は大会が行われているコースを周ってプロのプレーを間近で体感したほか、プレスセンターやコースを整備する管理棟を見学し、トーナメントを支える仕事を学びました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年3月 7日

2019年 オーキッドバウンティ贈呈式(2019/03/05)

3月7日~10日、琉球ゴルフ倶楽部で開催される女子プロゴルフの国内開幕戦『第32回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』を主催するダイキン工業株式会社と琉球放送株式会社は、プロアマ大会参加者と両主催者の寄付による『オーキッドバウンティ』を設け、沖縄県の芸術・文化・スポーツ・教育・沖縄固有の研究などの振興支援を続けています。25回目となる今回は、県内の11の団体に総額750万円を贈呈しました。

2019年 オーキッドバウンティ贈呈式(2019/03/05)

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで開かれた贈呈式には、沖縄県内市町村海外短期留学実行委員会(構成市町村:南城市、中城村、北中城村、東村[委員長・瑞慶覧長敏南城市長])などの団体の代表者が出席しました。

2019年 オーキッドバウンティ贈呈式(2019/03/05)

2019年「オーキッドバウンティ」贈呈先(全11の団体)
・OIST(沖縄科学技術大学院大学)発 沖縄サイエンス地域支援プロジェクト
・西表島節祭[いりおもてじましち](伝統祭事)
・沖縄伝承話資料センター
・沖縄ハンズオン NPO
・琉球スポーツサポート
・どうぶつたちの病院 沖縄
・沖縄県内市町村海外短期留学実行委員会
・珊瑚舎スコーレ(夜間中学)
・沖縄ジュニアゴルファー育成会
・琉球大学「知のふるさと納税」
・琉球交響楽団
(順不同、敬称略)

※オーキッドバウンティについてはダイキン工業株式会社のニュースリリースをご覧ください。
https://www.daikin.co.jp/press/2019/20190305/index.html

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年2月28日

大里北小学校 校舎お別れ前にドローンで記念撮影(2019/02/25)

今年の4月から新校舎へ移転する大里北小学校(上江田毅校長)で、現在の校舎での思い出を残そうと、児童と教職員、隣接する大里北幼稚園の園児が参加してのドローンによる空撮が行われました。

大里北小学校 校舎お別れ前にドローンで記念撮影

同校は1880年(明治13年)に大里小学校として設立されました。1900年(明治33年)4月に現在の場所に校舎が移転されてから118年間、校名の変更や校舎の増改築などを経て、ずっと同じ場所で子ども達の成長を見守ってきました。

大里北小学校 校舎お別れ前にドローンで記念撮影 大里北小学校 校舎お別れ前にドローンで記念撮影

新校舎への移転後には現校舎は取り壊されるため、お別れ前に最後の思い出を残そうと、運動場で学校の略称「大北」を人文字で作り、上空から撮影しました。また、2つの校舎の間にある中庭でも撮影が行われました。

撮影費用は、昨年11月に同校体育館で同期会を開催した111期生からの寄付で賄われました。

上江田校長は「111期生の皆さまも校舎がなくなることを聞きつけ、体育館での開催を決めたそうです。当日は教室にも入って当時を懐かしんだそうです」と寄付へ感謝を表し「大里北小学校は地域と共にあった学校です。ほかの同窓生や先輩方もみんなこの場所で勉強したので、いろいろな思い出があるのでは」と感慨深く語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年2月28日

南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』(2019/02/24)

ウォーキングやサイクリングで南城市の自然と文化を楽しむ『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』(主催・沖縄タイムス社、共催・南城市)が、ユインチホテル南城をスタート・ゴール地点に開催され、ライド(自転車)、ウォーク、ノルディックなどの9コースに1262人が参加しました。

 

南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』 南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』

南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』 南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』

神女による安全祈願で大会の幕開け。ライド、ウォークがスタートしました。

 

南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』 南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』

南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』 南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』

風光明媚な景色を眺め仲間とユンタクしながらウォーキング&ライド

 

南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』 南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』

コース沿いの公民館では、お茶やサーターアンダギーで参加者を応援!

 

南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』 南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』

パークゴルフを楽しめるコースや、新設のイチゴ狩りを楽しめるコースは家族連れで賑わいました。

 

南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』 南城市を満喫『2019おきなわECOスピリットライド&ウォークin南城市』

思い思いのペースで楽しめるのが大会の醍醐味!笑顔でゴール♪

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

まちづくり推進課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5394
FAX:098-917-5424
MAIL:machi@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ