南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2017年3月24日

いざ『佐敷』へ!さしき健走会が壮行会(2017/03/21)

3月26日に熊本県芦北町で開催される『芦北うたせマラソン』に出場するさしき健走会が、南城市老人福祉センターで壮行会を行いました。

いざ『佐敷』へ!さしき健走会が壮行会

1995年に町村合併で誕生した芦北町には、合併前に『佐敷町』という名前の自治体があり、現在も佐敷城跡、佐敷小学校など佐敷と付く名称が残っています。
健走会は尚巴志ハーフマラソンをPRしながら「佐敷」同士で交流を深めることを目的に出場し、大会オープニングでは歌や三線の演奏をすることが決まっています。

いざ『佐敷』へ!さしき健走会が壮行会 いざ『佐敷』へ!さしき健走会が壮行会

いざ『佐敷』へ!さしき健走会が壮行会 いざ『佐敷』へ!さしき健走会が壮行会

大会終了後には芦北町の地元ランナーとの交流会も開かれることから、健走会は琉舞や太極拳、三線などで盛り上げようと力の入った練習を行いました。

(写真の提供・さしき健走会)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年3月23日

第23回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション(2017/03/18-03/19)

若手クラシック演奏家の登竜門『第23回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション』(主催:南城市、沖縄電力株式会社、沖縄タイムス社)がシュガーホールで開催され、グランプリにヴァイオリンの赤間さゆらさん(北海道出身)が輝きました。

第23回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション

グランプリ 赤間さゆらさん

 

優秀賞には上床直人さん(マリンバ 鹿児島出身)、沖縄賞には比嘉洸太さん(ピアノ 沖縄県出身)が選ばれました。

第23回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション

優秀賞 上床直人さん

 

第23回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション

沖縄賞 比嘉洸太さん

入選は、鶴田陸さん(トロンボ-ン 長崎県出身)、宮城朝陽さん(テノール 沖縄県出身)、照屋恵悟さん(ピアノ 沖縄県出身)、藤村瑛亮さん(ピアノ 神奈川県出身)、岸川りほさん(ヴァイオリン 千葉県出身)、共演者賞には上田勇貴さん(鶴田陸さんの伴奏者)がそれぞれ選ばれました。

第23回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション

入賞者・審査員 集合写真

 

受賞者は、6月4日にシュガーホールで開催される新人演奏会に出演します。

『第23回おきでんシュガーホール新人演奏会』
・2017年6月4日(日)午後3時開演

詳細については、南城市文化センター・シュガーホールまで。

南城市文化センター・シュガーホール
TEL:098-947-1100  FAX:098-947-0099 (月曜休館)
ホームページ http://sugarhall.jp/index.html

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年3月23日

船越小学校でありがとうの会 体験学習をお礼(2017/03/17)

昨年10月に、船越・前川・愛地の3区で地域体験学習を行った船越小2年生が、地域を案内した区長さんなどを招いての体験学習の感想を伝える『ありがとうの会』を開きました。

船越小学校でありがとうの会  体験学習をお礼

子ども達からは「体験学習では公民館や地域のことを教えてくれたありがとうございます」などのお礼の言葉がおくられ、元気いっぱいの校歌と手作りのメダルがプレゼントされました。

船越小学校でありがとうの会  体験学習をお礼 船越小学校でありがとうの会  体験学習をお礼

前川区長の當山全章さんは「地域に関心を持つことはとてもうれしい。地域や文化を大事にして伝えていってほしい」と笑顔。

船越小学校でありがとうの会  体験学習をお礼 船越小学校でありがとうの会  体験学習をお礼

船越小学校でありがとうの会  体験学習をお礼 船越小学校でありがとうの会  体験学習をお礼

会の後には給食をともにし、交流を深めました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年3月22日

レスターミドルスクールの教職員が玉城中の図書館を視察(2017/03/17)

沖縄の図書館運営について学ぶため、北谷町にあるレスターミドルスクール(Lester Middle School)のスーザン校長と図書館司書のリサさんが玉城中学校を訪れ、昨年新築された同校の図書館などを視察しました。

レスターミドルスクールの教職員が玉城中の図書館を視察

2月1日、南城市の図書館司書研修で市の学校司書6名がレスターミドルスクールと昭和薬科大学付属高校・中学校の図書館を視察しました。
今回はレスター校側から沖縄の図書館を見学したいとの意向を受け、学校司書との交流を兼ねた視察が実現しました。

レスターミドルスクールの教職員が玉城中の図書館を視察 レスターミドルスクールの教職員が玉城中の図書館を視察

限られた時間の中、スーザン校長らは玉城中の図書館で英語の授業の様子や手作りの壁面装飾などを視察し、アメリカの図書館にはない図書委員などついて意見を交わしました。

レスターミドルスクールの教職員が玉城中の図書館を視察

玉城中の学校司書・津波古智子さんは「司書本来の仕事を確認することができた。交流を深めてさらに専門性を高めていきたい」と話しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年3月21日

あざまサンサンビーチ周辺で全国初の自動走行バスの実証実験がスタート(2017/03/20)

全国で初となる自動走行バスの実証実験が、あざまサンサンビーチ周辺で始まりました。

あざまサンサンビーチ周辺で全国初の自動走行バスの実証実験がスタート あざまサンサンビーチ周辺で全国初の自動走行バスの実証実験がスタート

実証実験は内閣府が進める「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の一環で、沖縄のコミュニティーバスでの自動運転技術の活用を目指し、今回の結果などを踏まえて通常の交通環境の中でより高度な自動運転ができる技術を磨いていく計画です。

市内デマンドバス『おでかけなんじぃ』や、県内自治体で初となる地域公共交通網形成計画の策定を進めるなど、公共交通再編に力を入れていることから南城市での実験が実現しました。

 あざまサンサンビーチ周辺で全国初の自動走行バスの実証実験がスタート

実証実験では、高精度のGPSや周辺の状況を認識するカメラなどを搭載した小型バスが、ビーチから知名崎までのおよそ2.4キロの道のりを最高速度時速35キロで走行し、仮バス停に正確に横づけできるかどうかや、障害物を認識して自動で車線変更する技術が確認されました。運転席には不測の事態が起きた時にブレーキを踏むための人が乗りますが、ハンドルやアクセルは自動制御です。

試乗した知念中3年の屋比久未沙さんは「バス停や障害物の距離を考えて速度を落としながら自動で止まる技術に驚いた。将来、車の安全運転につながると思う」と話しました。

実験は4月2日まで、1日数回程度実施する予定です。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

都市建設課

所在:〒901-0695 南城市玉城字富里143番地【玉城庁舎】
TEL:098-948-2141
FAX:098-948-3167
MAIL:toshiken@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年3月17日

小学校で英語教諭による出前授業(2017/03/16)

4月から中学生となる小学6年生に楽しく英語を学んでもらおうと、船越小、百名小、玉城小の6年生を対象とした中学英語教諭による出前授業が実施されました。

小学校で英語教諭による出前授業

この日、玉城小6年2組で行われた授業では、玉城中の英語教諭の山田正策先生、照屋仁先生、ALTのマシュー先生と、3月に卒業する玉城中3年生が講師となり、英語での自己紹介や英単語をリレーするゲームなどで英語を使う楽しさを伝えました。

小学校で英語教諭による出前授業 小学校で英語教諭による出前授業

小学校で英語教諭による出前授業 小学校で英語教諭による出前授業

児童からは「楽しく英語を話すことができた」と感想があり、初めての英語授業へ向けて不安や緊張がほぐれた様子。

小学校で英語教諭による出前授業 小学校で英語教諭による出前授業

山田先生は「コミュニケーションのひとつとして恥ずかしがらずに英語を使ってください」と児童へエールをおくりました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年3月16日

音楽・運動・講話で健康に!大里グリーンタウン介護予防部『介護予防講習会』開催 (2017/03/15)

大里グリーンタウン公民館・ふれあいプラザで、健康と音楽を結びつけた『沖縄リラリズム』の介護予防講習会が行われました。

音楽・運動・講話で健康に!大里グリーンタウン介護予防部『介護予防講習会』開催

リラリズムとは、リラックスとリズムを合わせた造語で、音楽に合わせたストレッチや体操と、食に関する講話などで脳と心身の健康を促し、調和をとることで健康長寿を目指す新たな健康法。

音楽・運動・講話で健康に!大里グリーンタウン介護予防部『介護予防講習会』開催 音楽・運動・講話で健康に!大里グリーンタウン介護予防部『介護予防講習会』開催

音楽・運動・講話で健康に!大里グリーンタウン介護予防部『介護予防講習会』開催 音楽・運動・講話で健康に!大里グリーンタウン介護予防部『介護予防講習会』開催

講習会では、リラリズムの発案者で沖縄リラリズム代表の安里仁さんによる食肉に関する講話や、同音楽講師の安里亜希子さんによるストレッチやリズム体操が行われ、参加者は『てぃんさぐぬ花』など沖縄で親しまれている曲に合わせて心地よく体を動かしました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年3月15日

山羊で地域を活性化!地域雇用創造協議会セミナー『ヤギの飼養管理と商品開発』開催(2017/03/14)

沖縄の食文化を代表するメニューのひとつ山羊についての専門的な飼養管理や、乳や肉を利用した商品加工の実例、各助成などを紹介して山羊による事業拡大を目的としたセミナー『ヤギの飼養管理と商品開発』が、玉城庁舎2階ホールで行われました。

山羊で地域を活性化!地域雇用創造協議会セミナー『ヤギの飼養管理と商品開発』開催

南城市地域雇用創造協議会の農商工連携による事業開拓・新商品開発のセミナーとして開催された県内でも珍しい山羊についてセミナーには、山羊農家やこれから事業を目指す方などが参加。

初日となった14日には、全国で唯一、山羊の改良事業を手掛ける独立行政法人家畜改良センター茨城牧場長野支場の支場長・加藤信夫さん(写真右)と、種苗業務課の岡部健太郎さんによる山羊の魅力と飼養管理についてのセミナーが行われました。

山羊で地域を活性化!地域雇用創造協議会セミナー『ヤギの飼養管理と商品開発』開催

「山羊が集まる場所に人が集まる」と切り出した加藤さんは、同センターが行っている山羊(ザーネン種)の改良・普及の経緯や、愛玩用や観光、教育や企業の社会的責任(CSR)活動や社員向けのセラピーなどで山羊が注目され、市場価格が高騰し供給不足気味になっている現状から、飼養者は法令を順守し厳格な衛生管理が求められることや、全国的に専門家が少ないことから畜産についてのネットワーク作りが急務になると訴えました。

山羊で地域を活性化!地域雇用創造協議会セミナー『ヤギの飼養管理と商品開発』開催

また、家畜としての山羊について、濃厚で後味がすっきりした山羊乳やチーズなど加工品、山羊肉を使った料理を紹介し「山羊は希少性がありリピーターが多い。他の家畜と差別化や付加価値化しやすい」と潜在能力の高さを語りました。

その他、全国の生産者や異業種からの参入、30年前から総合教育活動として山羊の飼育を取り入れている小学校などの事例を紹介し「多様な利用価値がある山羊には地域活性化させる魅力がある」と締めくくりました。

山羊で地域を活性化!地域雇用創造協議会セミナー『ヤギの飼養管理と商品開発』開催

セミナーは16日までの3日間開かれ、2目以降は6次産業化や農商工連携や、各助成機関の紹介を予定しているそうです。

※セミナーについては、南城市地域雇用創造協議会のホームページまで。 http://nanjo-job.okinawa/employment/

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年3月12日

サンゴの日。小学生がサンゴの植付け体験。(2017/03/05)

3月5日はサンゴの日。ケイブカフェで小学生を対象にサンゴの植付け体験が行われました。市内で「おきなわワールド」や「ガンガラーの谷」を運営する(株)南都が社会貢献の一環として実施しています。

サンゴの日。 サンゴの日。

同社は風化したサンゴを利用して焙煎した「35珈琲」を使って、「35リキュール」を製造し、売上の3.5%をオニヒトデ駆除などの環境保全活動に役立てています。

上間事業所長は「沖縄の島自体が珊瑚礁でできています。沖縄の環境を守る活動をしていきましょう!」と子どもたちに呼びかけました。

子どもたちは台座にサンゴを括り付け海水に戻す行程を体験。また、大型スクリーンに映し出された3D映像や4K映像を鑑賞し、海の素晴らしさに感動した様子でした。

参加した児童のひとりは「沖縄の海を守るようにがんばっていきたい!」と感想を語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年3月12日

八木政男さん、吉田妙子さん登壇!新里の歴史・文化講演会(2017/03/05)

新里公民館で「新里の歴史・文化講演会」が行われ、ウチナー芝居の大御所、八木政男さんと吉田妙子さんが軽妙なトークで会場を沸かせました。

八木政男さん、吉田妙子さん 新里の歴史・文化講演会

地域資源の歴史・文化をもっと知り、子どもや孫に継承しようという趣旨で開催。講演会に先だって、区民は「新里マーイ」として地域の歴史遺産を散策。イビの森周辺の拝所を巡りました。

八木さんは80歳を超えてもよどみのないしっかりとしたおしゃべり。トークはすべてウチナーグチで行われました。戦後のウチナー芝居の歴史をお話されました。

八木政男さん、吉田妙子さん 八木政男さん、吉田妙子さん

「馬天劇場という劇場があって、佐敷にもよく公演に来ましたよ」と南城市もなじみ深い様子。「戦後、琉球政府は人々の心を元気づけるために松・竹・梅の3つの劇団をつくりました。私は竹劇団に入って主に名護・やんばる担当。ここ、南部一帯は伊良波尹吉さん率いる梅劇団でしたね」(八木さん)

吉田さんはNHKの歴史ドラマ「テンペスト」で、新里区になじみの深い「場天ノロ」を演じた役者さん。「私たちは歴史や言葉はすべて芝居で覚えました。物のない時代で、いろいろ工夫しましたよ。衣装は米軍の布団カバーで。かんざしはビンのふたに五寸釘を通して。ほお紅は赤瓦の粉(笑)。苦しかったけど楽しかった〜」(吉田さん)

お二人のお話から歴史を語ること、うかがうことは楽しいことだと実感しました。特に八木さんのおっしゃっていたことが印象的でした。

「復帰前に東京の国立劇場でウチナー芝居を公演したんでんですがね。そのときに東京の方がおっしゃっていた。『あなた方はこの文化を大切に受け継がなければなりませんよ。日本で、ひとつの歌劇を最初から最後まで地元の言葉だけで通せるのは3つしかありません。関西弁、京都弁、そしてウチナーグチです』。これを聞いてね、私は感動しましたよ。地域の文化は大切にしなければなりませんね」

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

琉球泡盛株式会社 多良川

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

沖縄旅行の予約・観光情報サイト たびらい沖縄

沖縄で遊ぶなら!みーぐる

ふるさと納税ポータルサイト

南城市ふるさと納税 Facebook

ふるさと納税 チョイス

ページトップへ