南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記

バックナンバー

2018年11月16日

第56回 前川区民運動会 海外移住者子弟研修生のタティアナさんも奮闘(2018/11/11)

第56回前川区民運動会が前川農村広場で開催され、爽やかな秋空の下、区内外から参加した約500人の選手が心地のよい汗を流しました。

第56回 前川区民運動会 海外移住者子弟研修生のタティアナさんも奮闘 第56回 前川区民運動会 海外移住者子弟研修生のタティアナさんも奮闘

第56回 前川区民運動会 海外移住者子弟研修生のタティアナさんも奮闘 第56回 前川区民運動会 海外移住者子弟研修生のタティアナさんも奮闘

区民のほか、沖縄ワールド、街クリーン、玉川園などの区内にある事業所も参加する運動会では、誰でも参加できる競技を取り入れ、保育園児から高齢者、障がいのある方も出場し、相互交流を楽しむ姿が見られます。

第56回 前川区民運動会 海外移住者子弟研修生のタティアナさんも奮闘 第56回 前川区民運動会 海外移住者子弟研修生のタティアナさんも奮闘

第56回 前川区民運動会 海外移住者子弟研修生のタティアナさんも奮闘 第56回 前川区民運動会 海外移住者子弟研修生のタティアナさんも奮闘

大会では22種目の競技が行われ、4組(7班・8班)が優勝、2位には沖縄ワールド、3位は街クリーンでした。

 

今年度の南城市海外移住者子弟研修生としてボリビア多民族国より来沖し、南城市などで研修を行っている日系2世の中村タティアナさんも、縄跳びや綱引き競技に参加しました。

第56回 前川区民運動会 海外移住者子弟研修生のタティアナさんも奮闘 第56回 前川区民運動会 海外移住者子弟研修生のタティアナさんも奮闘

祖父母と父親が前川区出身の中村さんは、「お父さんたちが産まれた前川の運動会に参加できて良かったです。縄跳びに出たり、久しぶりに綱も引くことができていい経験が出来ました。写真も撮ったので、帰ったら写真を見せながら報告したいです」と、自身のルーツの地での行事体験を感慨深げに語りました。

(写真の提供・前川区)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年11月15日

南城市商工会 市内の小・中学校へテントを贈呈(2018/11/12)

昨年、設立10周年を迎えた南城市商工会の建設業部会と商工会会員有志の会が、10周年を記念して南城市へ寄付を行いました。その寄付金を活用し、市内すべての小・中学校へ1張ずつテントを購入しました。

南城市商工会  市内の小・中学校へテントを贈呈

佐敷小学校で行われた贈呈式で商工会の潮平隆会長は「大事に使ってください」と校名入りのテントを贈呈しました。

同席した上原廣子教育長は「テントは学校行事の必需品。楽しい学校生活をおくることができます」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

教育指導課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5364
MAIL:kyoushidou@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年11月14日

『久高島シンポジウム~久高島の20年後の未来を語る~』(2018/11/08)

『久高島シンポジウム~久高島の20年後の未来を語る~』(主催:久高区自治会)が、市役所1階大会議室で開かれました。

『久高島シンポジウム~久高島の20年後の未来を語る~』

第1部では、公益社団法人日本交通公社の中島泰主任研究員による今年4月から9月にかけて久高島を訪れた観光客へのアンケートの分析結果の報告と、一般社団法人おきのえらぶ島観光協会の古村英次郎事務局長による沖永良部島での観光の取り組みなどが紹介されました。

第2部では、『久高島観光受入整備事業委託業務』を受託している株式会社アンカーリンクジャパンンの中村圭一郎代表による事業成果報告が行われ、既存のキャンプ場を活用した『グランピング』のモニターツアーを開催したことや、島の御嶽や聖域などの観光できない場所や観光時の注意点を発信するホームページの立ち上げなどが紹介されました。

第3部のトークセッションでは、NPO法人久高島振興会の西銘武良理事長と、久高島青年団の西銘幸太団長も加わり、島の未来を語りました。

『久高島シンポジウム~久高島の20年後の未来を語る~』

青年団を立ち上げ若い人が参加しやすいイベントを開催し、新たな形の振興や観光事業に取り組む西銘幸太さんは「若い世代が島外に流出し、子どもの頃の様な活気がなくなっている」と島の現状を危惧し、「多くの方と繋がりながら、昔の様な活気ある島にしていきたい」と意気込みを語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年11月14日

さしき健走会 県外ランナーを歓迎(2018/11/04-05)

第17回尚巴志ハーフマラソン in 南城市大会に、県外から参加したランナーをもてなす『県外参加者歓迎大交流会』(主催:さしき健走会)が、南城市老人福祉センターで開かれました。

さしき健走会 県外ランナーを歓迎 さしき健走会 県外ランナーを歓迎

交流会には全国各地から41名のランナーが参加し、さしき健走会による唄・三線のほか、各地の民謡などが披露され親睦を深めました。

さしき健走会 県外ランナーを歓迎 さしき健走会 県外ランナーを歓迎

翌5日には、さしき健走会と相互交流している九州のミズホ走遊会、宮崎県の高千穂走ろう会、熊本県芦北町のランナーとの交流会が開かれ、大会の労をねぎらいました。

(写真の提供・さしき健走会)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年11月 5日

第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝(2018/11/04)

第17回尚巴志ハーフマラソン in 南城市大会が開かれ、ハーフ部門(21.442キロ)と3キロ部門に合わせて7824人のランナーが出場しました。

第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝 第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝

第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝 第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝

ハーフの部・男子は濱崎達規さん(南城市)が1時間15分8秒で昨年に引き続き2連覇を達成。女子は初出場の岡本葉子さん(中城村)が1時間35分12秒で初優勝しました。

第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝 第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝

市民ランナーや子ども達と一緒に、南城市の瑞慶覧市長も3キロ部門に出走し、笑顔で完走しました。

第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝 第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝

2014年からJICA草の根技術協力事業で提携しているフィリピンのビクトリアス市のフランシス・フレデリック・パランカ市長をはじめ、技術研修生や同市に出向している南城市職員も、おそろいのユニフォームでハーフ部門に出走しました。

第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝 第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝

第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝 第17回尚巴志ハーフマラソン 濱崎が大会2連覇・女子は岡本が初優勝

時折降る雨や風にも負けず、今大会では両部門あわせて6791人が完走しました。完走率は86.8%でした。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年11月 1日

将来の夢をプロに聞く。大里南小学校で『お仕事調査隊』(2018/11/01)

働く人々の生き方や考え方に直接触れて、将来の仕事や生き方について考えるキャリア教育『お仕事調査隊』が、大里南小学校で開かれました。

将来の夢をプロに聞く。大里南小学校で『お仕事調査隊』 将来の夢をプロに聞く。大里南小学校で『お仕事調査隊』

将来の夢をプロに聞く。大里南小学校で『お仕事調査隊』 将来の夢をプロに聞く。大里南小学校で『お仕事調査隊』

参加した4年生の児童は、パイロット、理容師、サッカー選手、花屋さん、保育士、漁師、獣医師など様々な職業のスペシャリスト15名の講師に、仕事の楽しさや厳しさ、やりがいなどを直接聞いてそれぞれの職業について学びました。

将来の夢をプロに聞く。大里南小学校で『お仕事調査隊』 将来の夢をプロに聞く。大里南小学校で『お仕事調査隊』

将来の夢をプロに聞く。大里南小学校で『お仕事調査隊』 将来の夢をプロに聞く。大里南小学校で『お仕事調査隊』

児童代表によるお礼の言葉では「私も夢に向かってがんばってみたい」と感想が添えられるなど、将来の職業への関心が高まった様子でした。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月25日

海を照らして150年。知名埼灯台でなんじぃ&うみまるくんが『灯台記念日 』をPR(2018/10/19)

海を照らし航行する船の安全を守る灯台。日本初の洋式灯台が明治元年の11月1日に起工してから今年で150周年を迎えます。150周年を記念して、全国各地の航路標識施設の一般公開、展示会などの開催、記念切手の発行、灯台カードdigitalを開始するなどのイベントが開かれています。

南城市には、知名埼灯台と久高島灯台の2基の灯台と、防波堤にある小さな灯台が3基(馬天、海野、安座真)あります。

海を照らして150年。知名埼灯台でなんじぃ&うみまるくんが『灯台記念日 』をPR

11月1日の灯台記念日を前に、なんじぃと海上保安庁のマスコットキャラクター『うみまる』くんが、日本で唯一、赤瓦とシーサーが設置された知名埼灯台に遊びに来ました。

海を照らして150年。知名埼灯台でなんじぃ&うみまるくんが『灯台記念日 』をPR

うみまるくんは「今年は洋式灯台が誕生して150周年です。南城市にも灯台があり、海上交通安全を見守っています」と灯台の大切さをPRしました。

なんじぃは「灯台は24時間・365日、ウミンチュの安全を照らしているなん。知名埼灯台はシーサーがのっていてカッコイイなん」と灯台を見上げました。

 

※灯台カードdigitalは、全国の灯台のうち150基の灯台で展開され、灯台の門扉などに掲示されている2次元コード(QRコード)からカードデータをダウンロードできます。沖縄県では8基の灯台で展開されていて、知名埼灯台でもダウンロードできます。

※知名埼灯台は一般公開されていませんが、灯台の近くまでは行くことができます。お問い合わせは中城海上保安部TEL098-921-1623 まで。

【関連リンク】
・灯台記念日(海上保安庁ホームページ)
https://www.kaiho.mlit.go.jp/soshiki/koutsuu/lighthouse-anniversary.html
・なんじょう日記『知名埼灯台 一般公開(2015/10/31)』
http://www.city.nanjo.okinawa.jp/about-nanjo/introduction/nanjo-diary/2015/11/20151031.html

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月24日

なんじぃCUP(U-11)少年サッカー大会(2018/10/20-10/21)

他地区チームとの交流を行い、技術向上とフェアプレイ精神を育む事を目的とした『なんじぃCUP(U-11)少年サッカー大会』(主管:南城市ジュニアサッカー委員会)が、南城市陸上競技場と南城市知念志喜屋漁港多目的グランドで開催されました。

なんじぃCUP(U-11)少年サッカー大会 なんじぃCUP(U-11)少年サッカー大会

天候にも恵まれ、子ども達は元気いっぱいにピッチを駆けまわりました。

なんじぃCUP(U-11)少年サッカー大会 なんじぃCUP(U-11)少年サッカー大会

なんじぃCUP(U-11)少年サッカー大会 なんじぃCUP(U-11)少年サッカー大会

過去最多となる32チームが参加した大会では、南城市の大里JFCと佐敷JSC(A)が予選を勝ち上がり、1位トーナメントに出場しました。
大里JFCは決勝戦に進出して善戦しましたがあと一歩およばず、1対0でFC琉球に敗れ2位となりました。

大会結果は下記の通りです。

1位グループトーナメント(1位:FC琉球 2位:大里JFC)
2位グループトーナメント(1位:兼原FC 2位:北谷SC)
3位グループトーナメント(1位:北美FC 2位:船越FC)
4位グループトーナメント(1位:グスクキッカーズ 2位:美原クラブ)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月23日

津波古区で31年ぶりのカジマヤーパレード(2018/10/21)

津波古区で31年ぶりとなるカジマヤーパレードが行われました。

津波古区で31年ぶりのカジマヤーパレード

カジマヤーを迎えた山城歡吉さんを祝おうと、公民館には多くの区民が集まり、佐敷中学校吹奏楽部の演奏、メーカタ棒や民舞、獅子舞などが披露されました。

津波古区で31年ぶりのカジマヤーパレード 津波古区で31年ぶりのカジマヤーパレード

津波古区で31年ぶりのカジマヤーパレード 津波古区で31年ぶりのカジマヤーパレード

自らも演者として活躍し、指導者としていまも獅子舞に携わっている山城さんは、鼓を鳴らして演舞を鼓舞し、集まった区民へ「ありがとうございます」とお礼の言葉をおくりました。

津波古区で31年ぶりのカジマヤーパレード 津波古区で31年ぶりのカジマヤーパレード

津波古区で31年ぶりのカジマヤーパレード 津波古区で31年ぶりのカジマヤーパレード

山城さんは奥様とともに黄色いオープンカーに乗り込み公民館を出発。ミルク様や旗頭などを引き連れて地域を練り歩き、沿道からのお祝いの声に笑顔で応えました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月17日

平成30年度南城市文化遺産めぐりコンサートがスタートしました。

今年度も「地域の文化遺産で体験する本格組踊」を以下の日程で開催いたします。

チラシのダウンロード➡文化遺産めぐり.pdf

10月13日土曜日垣花区(垣花農村公園)、11月10日土曜日久高区(久高グラウンド)、11月16日真境名区(真境名殿)、11月17日新原区(新原ビーチ)

いずれも18時開場、18時半開演です。入場無料、どなたでもご覧になれます。

10月13日は垣花区で行いました。当日午後からあいにくの雨。演者さんの衣装や楽器もあるため、やむなく垣花公民館への会場変更を決断。にもかかわらず、たくさんの方にご来場いただきました。演目は「二童敵討」!

 

 

 

上演前のプレトークでは、組踊研究者の鈴木先生を迎えて組踊の由来や演目の「ネタ晴らし」、見どころ等をお話していただきました。そもそも、琉球国時代に中国からの冊封使をもてなすために上演された組踊は、事前に漢訳された台本を配布してから上演していたとのこと。琉球の古語がわからなくとも事前にあらずじを知っていれば、しぐさや音楽から登場人物の感情がわかります。それも組踊の楽しみ方。

組踊上演後のアフタートークでは、地方(じかた)・立方(たちかた)さんをお迎えし、組踊に携わる演者さんの熱い思いを聞かせてもらいました。

 次回は11月10日久高島で開催します。

 

 

 

 

 

 

いいね!シェアしてください!

この記事に関するお問い合わせはこちら

文化課

【2018年5月28日(月)以降 新庁舎】
所在:〒901-1495 南城市佐敷字新里1870番地
TEL:098-917-5374
MAIL:bunka@city.nanjo.okinawa.jp

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

ふるさと納税 チョイス

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

ページトップへ