南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記 > 仲村渠壁画除幕式&稲作会が初田植え(2018/03/04)

バックナンバー

2018年3月 6日

仲村渠壁画除幕式&稲作会が初田植え(2018/03/04)

稲作発祥の地として知られる仲村渠区の祭祀行事の『親田』と『綱曳き』を描いた壁画の除幕式が同区で開かれました。

仲村渠壁画除幕式&稲作会が初田植え

壁画の製作費は、平成29年度南城市社会福祉協議会の『フッくん・シーちゃん地域福祉活動助成事業』からの助成や区の予算などで賄われました。下塗りには区の子ども会も参加し、地域の祭祀行事を深く知るきかっけにもなったそうです。

仲村渠壁画除幕式&稲作会が初田植え 仲村渠壁画除幕式&稲作会が初田植え

山川晃区自治会長は「次世代への伝統文化の継承、若者のUターン・定住などを目的に、10年の構想を経て完成しました。多くの方々の協力に感謝します。壁画をきっかけに地域が活性化することを期待したい」と感慨深く語りました。

 

除幕式の後には、20代~40代の区出身者からなる『仲村渠稲作会』の初田植えが、同区下田の畑で行われました。

仲村渠壁画除幕式&稲作会が初田植え 仲村渠壁画除幕式&稲作会が初田植え

稲作会は、かつて盛んだった稲作を復活させようと昨年3月に結成。受水走水で育てた赤米の苗を譲ってもらい、使っていない畑を地権者から借り受け開墾して水田にしました。

仲村渠壁画除幕式&稲作会が初田植え

真夏のような日差しが照りつける中、稲作会のメンバーは、稲作経験のある年長者から手ほどきを受けながら、丁寧に稲を植え付けました。

仲村渠壁画除幕式&稲作会が初田植え 仲村渠壁画除幕式&稲作会が初田植え

田植えには区民やの子ども達も参加し、水田に賑やかな声が響きました。

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

ふるさと納税 チョイス

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

ページトップへ