南城市公式webサイト

なんじょう日記

南城市内の地域行事や日常を綴るコーナーです。時に地域色あふれ、時にワールドワイドな、楽しい南城市のできごとをお届けします。お楽しみに!

ホーム > なんじょう日記 > ボランティアが支える『脳の健康教室』で認知症を予防(2016/06/14)

バックナンバー

2016年6月15日

ボランティアが支える『脳の健康教室』で認知症を予防(2016/06/14)

古堅にある『しらゆりの園地域密着型特別養護老人ホームおおざと』で、高齢者の認知症を予防し、自立・継続の支援と社会参加のきっかけ作りを目的とした『脳の健康教室』が開校しました。

ボランティアが支える『脳の健康教室』で認知症を予防 ボランティアが支える『脳の健康教室』で認知症を予防

『脳の健康教室』とは、東北大学・川島隆太教授の脳科学研究の知見をもとに、簡単な計算問題を解いているときや、本を音読しているときに、脳の『前頭前野』という領域が活性化される研究を活かして開発された脳のトレーニング。すでに県外では認知症予防事業として取り入れている自治体や社会福祉法人もあり、県内では2例目、南城市では初の取り組みです。

ボランティアが支える『脳の健康教室』で認知症を予防 ボランティアが支える『脳の健康教室』で認知症を予防

同ホームの地域貢献の一環として開催された教室では、地域のボランティアの皆さんがサポーターとして2人3脚で受講生を支え、ユンタクしながら楽しく前向に学習。

毎週火曜日の教室以外の日には宿題があり、1日で一番脳が活性化されるという朝食後に継続して行うことで生活のリズムがつき、サポーターと一緒に採点を行うことで学習意欲の向上につながります。

1週間の出来事なども話しながらの教室はとても和やか。勉強したあとは体操でリフレッシュ。

ボランティアが支える『脳の健康教室』で認知症を予防 ボランティアが支える『脳の健康教室』で認知症を予防

受講生は「ボランティアの方も優しく、ユンタクも楽しい。毎週教室に来るのが楽しみ」と笑顔。

同ホームでは受講者を募集中。対象者は65歳以上で、ご自分で教室に通うことができ、宿題ができる方。参加受講料は無料(教材費のみ月3,000円)。

お問合せはしらゆりの園地域密着型特別養護老人ホームおおざと(南城市大里字古堅820番地1)
TEL:098-917-0624(担当:新垣)まで。

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ