南城市公式webサイト

ようこそ市長室へ

このページでは、市長のプロフィールや予定、日々の主な出来事などを紹介しています。

ホーム > ようこそ市長室へ

バックナンバー

日々のできごと

2009年7月 1日

ようこそ市長室へ(平成21年7月)

平成21年7月31日(金)
南城市交通事故防止市民大会

南城市農村環境改善センターにて「南城市交通事故防止市民大会」が行われました。今年、南城市内においては2名の尊い命が交通事故によって失われています。会場には多くの市民が集い、日本一安心・安全なまちづくりを進めようとする市民の関心の高さがうかがえました。

古謝市長は「交通事故防止は家庭を出発点とし、学校・地域・職場で継続的に取り組むことが大切。本大会を契機に南城市から交通事故をなくしていきましょう」と、市民一体となった交通事故防止運動を呼びかけました。

20090731-shicyo1.jpg 20090731-shicyo2.jpg

大会の終りには全員で大会宣言を読み上げました。

一、子供と高齢者の交通事故防止活動の推進
一、飲酒運転等悪質・危険な運転の追放
一、歩行者、自転車利用者の交通事故防止の推進
一、全ての座席のシートベルト、チャイルドシートの正しい着用の徹底

 

平成21年7月29日(水)
佐敷中学校野球部 県大会7年ぶりの優勝! 全国大会へ
20090729001web.jpg

県中学校野球選手権大会(7月25日決勝)で、7年ぶりに優勝した佐敷中学校の野球部員と関係者が、優勝の報告に市長室を訪れました。

8月7日から始まる九州大会と、8月17日から始まる全国大会への出場切符を手にしました。(関連なんじょう日記へ)

 

平成21年7月27日(月)
日本パーカライジング株式会社 暴露試験場 竣工式!
知念字久手堅の海岸沿いに、日本パーカライジング株式会社の暴露試験場が完成しました。
同社は、防さび技術の研究で80年の歴史を持つ、日本でも草分け的な存在です。
今回、新試験場竣工を記念して、ご寄附をいただきました。
貴重なご寄附は、南城市の自然環境保全のために使わせていただきます。
IMG_0058web.jpg IMG_0070web.jpg

 

平成21年7月25日(土)
東雲の丘 納涼祭り
20090725-shicyo1.jpg 20090725-shicyo2.jpg

南城市大里にある特別養護老人ホーム「東雲の丘」(社会福祉法人憲章会)で納涼祭りが開催されました。古謝市長は「南城市民の入居者も多い。東雲の丘はアットホームな対応をしてくれており、福祉行政に携わる者として心より感謝したい」とあいさつ。また、祭りの始まる前に市長と入居者の皆さんがふれあう場面もありました。

納涼祭りも今回で30回目。地域との交流、高齢者の生きがいづくりを目的として毎年開催し、高齢者と地域の人々が集う南城市の風物詩ともなっています。

 

平成21年7月22日(水)
母子家庭等施策に対する要望書を提出
20090722.jpg

南城市母子寡婦福祉会(会長新垣洋子さん)は、南城市に対し、要望書を提出しました。

長引く不況、雇用不安、多様化する社会環境のもとでの母子寡婦の生活は厳しく、経済的に深刻さを増していると言います。

雇用の拡大や、児童扶養手当や、医療費助成制度などの施策をさらに充実させることにより、母子家庭等の生活の安定と向上を図るのが目的です。

 

平成21年7月22日(水)
英語ストーリーコンテスト最優秀賞受賞 島袋玲奈さん来庁
20090722010web.jpg 7月4日に行われた「英語ストーリーコンテスト」県大会で、見事最優秀を受賞した島袋玲奈さん(大里中学校3年生・中央)が受賞の報告に市長室を訪れました。
南城市からは初の最優秀賞受賞です。
20090722009web.jpg

急きょ玉城庁舎の職員の前で披露することになりました。

セリア・クルスという実在の人物題材になった物語を、その主人公にになりきってスピーチします。


英検2級も持つ彼女の将来の夢は同時通訳です。

 

平成21年7月21日(火)
風致地区に係る意見交換会
20090721-shicyo1.jpg

市内各地区の区長さんおよびまちづくり市民会議の皆さんに対し、「風致地区」についての説明会・意見交換会を実施しました。

市は現在、独自の都市計画(土地利用計画)の制定を目指していますが、「風致地区」はその中でも特徴的な地区制度のひとつです。

「風致地区」とは、ある程度の開発行為や建築行為を認めつつ、各地域の風致(南城市の希有な独自性)の維持を図る制度です。自然豊かな南城市にとって最適な制度のひとつです。

意見交換会では参加者からの活発で建設的な議論がなされました。

 

平成21年7月18日(土)
ユインチホテル南城 プール開き!
20090718-shicyo1.jpg

南城市佐敷の「ウェルネスリゾート沖縄休暇センター ユインチホテル南城」のプールがオープンしました。なんと中城湾を見下ろす屋外プールと、年中遊べる室内温水プールが同時オープンです!式典では佐敷の「照太鼓」がオープニングを盛り上げました。

ユインチホテル南城ではプールのほか、ランチバイキングやバーベキュープラン、キャンププランなどお楽しみが満載。市民の皆さんもご家族で遊ばれてみてはどうでしょう。

20090718-shicyo3.jpg 20090718-shicyo2.jpg

 

平成21年7月17日(金)
市長杯争奪 ゲートボール大会!
南城市老人クラブ連合会(宮城清助会長)主催の「第4回南城市長杯争奪ゲートボール大会」が大里内原公園で開催されました。蝉時雨の暑い中、各自治会から約60チームが参加。参加者の皆さんはきびきびとした動きで真剣にプレーしていました。また、休憩の合間には古謝市長と楽しくふれあうひとときも。
20090717-shicyo1.jpg 20090717-shicyo2.jpg

 

平成21年7月15日(水)
社会を明るくする運動 メッセージ伝達式
20090715-shicyo4.jpg

“社会を明るくする運動”はすべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。

運動に関するメッセージが法務大臣、沖縄県知事、沖縄県教育庁から南部保護司会を通して南城市に伝達されました。古謝市長はメッセージを受け、「日頃から声を掛け合うコミュニティーが大切。安心・安全なまちづくりにまい進したい」と抱負を述べました。

 

社会を明るくし、「青少年の深夜はいかい防止」「未成年者飲酒防止」市民大会
20090715-shicyo3.jpg

メッセージ伝達式の後、シュガーホールで「社会を明るくし、『青少年の深夜はいかい防止』『未成年者飲酒防止』市民大会」(主催:南城市青少年育成市民会議)が行われました(詳細はこちら)。

各界代表が青少年が明るく成長できる地域づくりを呼びかけたほか、青少年による意見発表などもなされました。大会の最後には参加者全員でスローガン読み上げられ、市民・行政一致して子どもの健全育成・安全安心なまちづくりを誓いました。

 

平成21年7月15日(水)
夏の交通安全県民運動 出発式
20090715-shicyo1.jpg

7月15日~24日は夏の交通安全県民運動期間です。運動の出発式が与那原町マリンタウン東浜で行われました。与那原警察署管轄である南城市民の皆さんも参加。

今期のスローガンは「運転は うまいへたより 誠実さ」。飲酒運転の撲滅、2輪車事故の防止、高齢者の事故防止の3点が重点事項となっています。

市民の皆さんの絶え間ない努力の成果もあって、去年の同時期に比べて人身事故は減ってきてはいるものの、南城市内においてはバスに子どもがひかれるなどの痛ましい事故が発生しています。沖縄県では追突事故が多いとのことで、車間距離を十分にとり、ゆとりをもった運転をお願いします。

 

平成21年7月13日(月)
佐敷小学校ミニバスケットチーム九州大会派遣の報告
20090713010web.jpg

6月20日に行われた、第20回島尻地区ミニバスケットボール夏期大会女子の部で、見事優勝した佐小ミニバスケットボールチームが、優勝の報告と、九州大会派遣へ向けた資金造成への協力願いに玉城庁舎を訪れました。

キャプテンの山川ひなさんは玉城庁舎の職員を前に、「厳しい練習に耐えた結果が今回の優勝につながりました。今まで以上に練習を積んで、九州大会も優勝出来るようがんばります。」と選手を代表して挨拶しました。

 

平成21年7月11日(土)
知念ゴーヤー感謝祭
20090711-shicyo1.jpg

南城市知念はゴーヤーの拠点産地(責任生産地)です。この日、久原野菜生産組合ハウスでゴーヤー感謝祭が開催されました(詳細はこちら)。

前日には農業関係者とゆんたく会(懇談会)が行われ、その中で「知念は拠点産地でありながら目立たない。知念に入るとゴーヤーの産地であるとわかるように看板を設置しては」などの提案も出され、前向きに検討していくとのことです。

 

平成21年7月9日(木)
20年後の沖縄、南城の未来は? 21世紀ビジョン意見交換会
20090709-shicyo12.jpg 20090709-shicyo22.jpg

沖縄の20年後のあるべき姿を、県民の参画と協働のもとで描こうと策定が進められている「沖縄21世紀ビジョン(仮称)」。南城市での市町村意見交換会が玉城庁舎で行われました。

古謝市長は「常に県と市町村が連携を取り、情報共有しながら方向性を定めていくことが大切。地域自ら考え、自ら責任を持つ時代になっている。市町村の考えをしっかり汲み取っていただきたい」と挨拶。

各界代表が集っての意見交換会はワークショップ形式で行われました。自然、伝統文化、地域コミュニティを残していくべきとの意見が出た一方、県民意識や食生活を変えていくべきなどの意見も出され、それぞれに対しての取り組むべき項目が挙げられました。「南城市は田舎でもいいじゃないか。帰ってきたいと思える南城にしていこう」との意見も。

 

平成21年7月8日(水)
第2回半島芸術祭in南城 内容をさらにパワーアップ!
20090708003web.jpg 半島芸術祭in南城の実行委員会メンバーが来訪。昨年に引き続き芸術祭を開催することを報告しました。
「半島芸術祭in南城」の開催目的は、市民自らの創意工夫で実現する「人と芸術の息づくまち」づくりにあると言います。
開催期間は、10月17日(土)~10月25日(日)まで。
期間中は、参加団体(工房・カフェなど)が実施する作品展示会や、コンサートなどが各地で開催されます。そのほかに、実行委員会が企画する事業は以下のとおりです。
1)「人形劇かじまやーの公演」 10月24日(土) 場所:シュガーホール
2)「我が家の自慢の一点展」 10月23日(金)~25日(日) 場所:知念社会福祉センター
3)「アンティークフェア」 10月17日(土)~19日(月) 場所:知念社会福祉センター
4)「野菜の生け花展」 10月17日(土)~25日(日) 場所:がんじゅう駅・南城
5)「うない市」 10月17日(土)~10月25日(日) 場所:がんじゅう駅・南城屋外広場

 

平成21年7月7日(火)
南城市の人材育成に役立ててほしい。
20090707001tyuutoukihu.jpg 新中糖産業株式会社の福里重盛社長が、南城市の人材育成に役立ててほしいと、寄附に訪れました。
前身である西原製糖が創立されたのが、昭和34年。中部製糖(S39)を経て、新中糖産業株式会社に生まれ変わりました。今年は、創立50周年の節目の年にあたります。

「創立50周年を記念して、お世話になった地域の方々にお礼をしたい」と寄附に至った経緯を語りました。

 

平成21年7月7日(火)
新人権擁護委員委嘱状伝達式
20090707007jinkennyougoii.jpg 7月1日付け、法務大臣より人権擁護委員に委嘱された、玉寄勉さん(佐敷、冨祖崎)と城間勝美さん(佐敷、小谷)への委嘱状伝達式が、この日行われました。お二人とも佐敷町役場のご出身で、長年地域の振興に尽力してきました。地域の人達からの人望も厚く、「より気軽に相談できる相談員に」と決意を新たにしました。
人権擁護委員は、国民の基本的人権が侵犯されることがないように監視し、これが侵犯された場合にはその救済のため、すみやかに適切な措置を講じることと共に、自由思想の普及高揚に努めることを使命としています。

 

平成21年7月7日(火)
手話通訳増員と斎場御嶽での障がい者配慮を要請
20090707-shicyo1.jpg

南城市身体障がい者福祉協会(屋比久一男 会長)の皆様が市長室を訪れ、2件の要請をしました。

1件目は、行政窓口における手話対応可能な職員の増員。現在は一人しかおらず、その職員が休みの日などは、それを知らずに市役所に来ても必要な手続きができず困っているとのこと。

2件目は、世界遺産「斎場御嶽」での障がい者に対する配慮。斎場御嶽入口の緑の館セーファには健常者・障がい者兼用のトイレがありますが、健常者が列をなしてトイレを占有し、障がい者は離れの野外トイレへまわされている現状があるのだそうです。その他、滑り止め防止や手すりの改善など、世界遺産として恥ずかしくない運用の改善を求めました。 



平成21年バックナンバー: 1月 / 2月 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年6月 1日

ようこそ市長室へ(平成21年6月)

平成21年6月27日(土)
久高小中学校 新校舎落成・創立百周年
20090627IMG_3608.jpg

久高小中学校の新校舎落成と創立百周年を祝う式典が行われました。

古謝市長は祝辞の中で「今日は100年という深い歴史のお祝いですが、もうひとつ朗報があります」と前置きし、久高島出身の糸数陽一君が重量挙げ世界ジュニア銅メダルを受賞したことに触れると、会場からは二重の喜びに拍手が沸きあがりました。

また「地域づくりは人づくりだと考えています」と、今後も子どもたちの未来創造に努力する旨を挨拶しました。

式典・祝賀会の模様はこちら

 

平成21年6月25日(木)
いいパワー 農業生産法人株式会社E・パワー平田氏来訪
20090625_11.jpg

南城市佐敷字佐敷で農業生産法人を運営する株式会社E・パワーの平田辰雄さんらが、環境に優しい純植物性クリーナーと、自社製作のコーレーグースーをもって市長室を訪れました。

コーレーグースーは南城市佐敷産トウガラシと、43度の古酒を使ったこだわりの逸品。

20090625_22.jpg ちなみに社名E・パワーのEは、
エコロジーのE、エレクトロニクスのE、イーマールのイー、イーヤンベーのイー、イーカーギのイー、何でもイー!

 

平成21年6月19日(金)
「平和の詩」朗読の比屋根憲太くん市長表敬
20090619_2.jpg

今年の沖縄全戦没者追悼式で「平和の詩」を朗読する、大里北小学校6年の比屋根憲太(11才)くんが、お母さん、指導した先生らとともに市長室を訪れました。

「児童・平和へのメッセージ」は、沖縄平和記念資料館が主催し、今年は157校から、図画に2,079点、作文に353点、詩に1,640点の合計4,072点の応募があり、190点が入選。その中から比屋根くんの詩が最優秀賞に選ばれました。23日の慰霊の日には、大勢の人の前で自作の詩を読み上げます。

市長は「慰霊祭には内閣総理大臣、沖縄県知事はじめ、たくさんの人たちが参加します。その前でメッセージを発表することは大変名誉なこと。世界中の人たちに平和の尊さ、平和への思いを訴えてほしい。」と激励しました。

20090619_1.jpg

緊張性という比屋根くん。

23日の本番を前に、南城市玉城庁舎で、職員を前に予行演習を行いました。

 

平成21年6月19日(金)
戦没者慰霊祭(大里、玉城)

沖縄戦が終結した6月23日を前に、南城市大里(島添の塔)および南城市玉城(玉城中央公民館)で戦没者慰霊祭がとりおこなわれ、遺族の方々や地域の方々が集い、戦禍で亡くなられた方々の御霊を慰めました。また、大里北小学校6年生の比屋根憲太君の詩「平和のいのり」が読み上げられ、目頭を抑えて涙ぐむ遺族の方々もいらっしゃいました。

大里戦没者慰霊祭(島添の塔)
20090619-shicyo1.jpg 20090619-shicyo2.jpg
玉城戦没者慰霊祭(玉城中央公民館)
20090619-shicyo3.jpg 20090619-shicyo4.jpg

 

平成21年6月18日(木)
玉城分区赤十字奉仕団:正副委員長委嘱状交付式
20090618-1.jpg

南城市玉城分区赤十字奉仕団委員長、副委員長の委嘱状交付式が行われました。

委員長の神谷常直さん(写真右) 副委員長の宮平喜久江さん(写真左)

赤十字奉仕団は、「人間の生命を守り、一人ひとりを大切にしたい」という願いのもとに、赤十字の使命とする人道的な活動を身近な社会の中で実践しようとする人々が集まって結成されたボランティア組織です。

現在南城市内で組織があるのは、玉城分区と、大里分区のみ。「未組織の知念・佐敷の方にも声をかけて、活動を南城市全域に広げたい。市民と、役所が手を取り合って、地域が元気になるよう活動していきたい」と、抱負を述べました。

 

平成21年6月15日(月)
「上がり太陽プラン」審査員激励!「日本一元気で魅力あるまちづくり」を目指して!
agari0000.jpg

「平成21年度上がり太陽プラン」を審査する中学生5名が市長室を訪れ、市長から激励を受けました。彼女たちは市内に5カ所ある中学校の代表。6月20日及び21日に行われる提案団体からのプレゼンテーションを審査します。

「上がり太陽プラン」は、行政区やNPO及びボランティアなどをはじめとする市民活動団体から提案事業を募集し、優秀な提案事業を行う市民団体に対し、経費の全部又は一部を助成金として交付する事業です。

 

平成21年6月11日(金)
「世界一大きな絵2012 Peace day in 沖縄」記者会見
20090612-shicyo1.jpg

世界の子どもたちが描いた絵を2012年につなぎ合わせて一枚の絵にする「世界一大きな絵2012」プロジェクト。世界の子供たちが国・宗教・人種を超えて絵を完成させることにより、共通の喜びを分かち合い、世界平和に対する意識を育てていくことを目的としています。

1996年に始まったこの企画が、慰霊の日に向けた2009年6月22日に南城市玉城陸上競技場で開催されることが決定し、市長はじめ関係者が記者会見を行いました。

これまで国内では広島、長崎など6か所で開催され、県内では南城市が初めて。今回は南城市内の幼稚園生総勢338名が自由な発想で絵を仕上げ、お母さん方がそれを縫い合わせる予定です。

南城市の子どもたちが描く世界に向けたメッセージをぜひご覧ください。

日時:2009年6月22日(月) 午前10時~11時
場所:沖縄県南城市玉城陸上競技場
主催:南城市、南城市教育委員会、NPO法人アース・アイデンティティ・プロジェクト

 

平成21年6月6日(土)
NHKラジオ「民謡をたずねて」公開録音

NHKラジオ番組「民謡をたずねて」の公開録音(主催/南城市・NHK沖縄放送局)が南城市文化センター・シュガーホールで行われ、著名な民謡歌手の歌声に多くの人が酔いしれました。

沖縄民謡は、沖縄の素朴な生活の中から生み出されたもの。古謝市長は挨拶のなかで、「民謡は人の心を和やかにする」と、人と人とをつないでいく民謡の素晴らしさをアピールしました。

20090606-shicyo1.jpg 20090606-shicyo2.jpg
20090606-shicyo3.jpg 20090606-shicyo4.jpg
放送予定:平成21年 7/25, 8/1, 8/22 午後0時30分~0時55分 ラジオ第一/FM/国際
※放送日時は変更になることがあります。

 

平成21年6月4日(木)
南城市の児童生徒の安全のために 「安全・安心エリアサポート」
20090604_1.gif 20090604_2.gif

南城市の児童・生徒約4,700人の安心・安全に役立てたいと、南部保護司会南城支部の大城正盛(知念字知名在住)さんたちは、このたび「安心・安全エリアサポートマップ」を作成したことを市長に報告に訪れました。

このマップは、表に重点巡視場所として、青少年の非行行為が起こりやすい場所の一覧と、小中学校や駐在所の電話番号など、事件事故が起こった場合の緊急連絡先を記載し、裏には地図でその場所を明記したもの。このマップを片手に保護司会南城支部の18人は、重点巡視場所を見廻っています。

「常に声をかけることが大切です。大人が声をかけることで子どもたちは悪いことをしなくなります。目と目をつなぎ、子どもたちの健やかな成長の手助けをしたい。」と、熱く語りました。

 

平成21年6月3日(水)
南城市シルバー人材センター 総会
20090603-shicyo1.jpg 20090603-shicyo2.jpg

定年退職された方など、高年齢者への就業の機会提供や援助をする南城市シルバー人材センターの総会が開かれました。

平成20年3月から任意団体として発足した当センターは、今年4月から一般社団法人として新しい船出。今回は法人化後第1回の通常総会となります。

古謝市長は祝辞のなかで「健康には十分に留意していただき、知識・技術・経験を活かして地域に根ざした活動を」と、当センターへの期待を述べました。

 

平成21年6月2日(火)
日本下水道新聞に対談が掲載されました
日本下水道新聞(2009年4月29日付)に、古謝市長と国土交通省下水道部長・松井正樹氏との対談が掲載されました。対談では、下水道の適切な処理により、自然環境の蘇生・保全を図りながら「日本一元気で魅力ある南城市」の実現に向けて、自然を活かした観光振興や循環型社会システムの構築などが取り上げられています。市民の皆様もぜひご一読ください(PDFファイル)。
20090602-shicyo2.jpg



 

平成21年バックナンバー: 1月 / 2月 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年5月 1日

ようこそ市長室へ(平成21年5月)

平成21年5月26日(火)
JAおきなわ知念支店蔬菜園芸部会 総会
20090526-shicyo1.jpg 南城市知念地区はゴーヤー、サヤインゲン、オクラの主要産地です。その生産を担うJAおきなわ知念支店の蔬菜(そさい)園芸部会総会で古謝市長は「会員同士が情報共有を図っていくことが品質を守ることにつながり、価格も安定していく。今後はブランド化を構築していくことが大切」と挨拶。これからの蔬菜園芸部会の発展に期待を寄せました。

 

平成21年5月24日(日)
佐敷中学校 創立60周年・体育館落成 記念式典・祝賀会
20090524-shicyo2.jpg

佐敷中学校が創立60周年を迎えました。それに合わせて新しい体育館も落成し、その記念式典と祝賀会が同体育館で行われました。

古謝市長は「体育館が完成してから初めて中に入りました。立派な体育館。これも多くの皆さまの熱意によるものだと思っています。」と祝辞を述べました。

20090524-shicyo3.jpg

 

平成21年5月24日(日)
南城市母子寡婦福祉会総会であいさつ
20090524-shicyo1.jpg 佐敷老人福祉センターで行われた南城市母子寡婦福祉会の総会で古謝市長が出席。市長は「長らく低迷している景気の中で私たちの暮らしを取り巻く環境は依然として厳しい。とりわけ皆さんには一家の大黒柱としてのご苦労も多いことと思います。母子寡婦家庭の自立とお子様の健やかな成長を支援して参ります」とあいさつしました。当会は、母子家庭ならびに寡婦家庭の自立を助長し、会員相互の親睦と福祉の向上をはかることを目的としています。

 

平成21年5月20日(水)
総合事務局「沖縄振興功績者」受賞の報告
20090520hanayaka.jpg 農業生産法人(有)トロピカルファームたまぐすくの代表取締役大城浩明さんが、「沖縄振興功績者」受賞の報告に市長室を訪れました。この賞は沖縄の経済振興に貢献した団体・個人を表彰するもので、本年度は6組が表彰されました。直売所(花野果村)を開設し、地域の特産品の販売拡大や、農業体験や農業機会の提供などの取組により、農業所得の向上及び都市住民との交流促進等地域の活性化に大きく貢献したことが評価されました。大城代表は、これからも南城市の豊かな地域資源を生かし、地域振興に取り組みたいと抱負を述べました。

 

平成21年5月17日(日)
第15回 おきでん シュガーホール新人演奏会・表彰式
20090517185.jpg 第15回おきでんシュガーホール新人演奏会及び表彰式が、シュガーホールで行われました。去った3月28日・29日に行われたオーディションの合格者10名へ演奏終了後、古謝市長から合格証が、沖縄電力株式会社石嶺伝一郎社長からは、おきでん賞(グランプリは100万円の奨学金)が授与されました。満員の観客からは、若い才能へ惜しみない拍手が送られました。

 

平成21年5月15日(金)
第15回新人演奏会出演者表敬訪問
200905150051.jpg 5月17日に行われる「第15回新人演奏会」出演者の代表4人が、市長を表敬訪問。史上最年少でグランプリを獲得した高宮城凌さんらは、それぞれ本番への意気込みを語りました。緊張する出演者たちを前に市長は「記念すべき15回目の演奏会ににふさわしい演奏をしてください。音楽は内面的なもの音でを表現する難しさがありますが、自分に自信を持って演奏してください」と激励の言葉をかけました。

 

平成21年5月12日(火)
国道3事業の凍結解除と道路整備の促進を求める
南部地域住民総決起大会
20090512-shicyo.jpg 国道3事業の凍結を受けて、沖縄本島南部地域の住民総決起大会がユインチホテル南城で行われました。国道329号の与那原バイパスおよび南風原バイパスのほか、南城市においては国道331号中山改良道路の事業凍結が発表されています。
南城市からは女性連合会会長の宮里さんが婦人代表として意見を発表。「経済効果だけではない、市民や子供たちの安心安全を守る道路整備の凍結は納得できません」と語気を強くしました。大会の終りには古謝市長がガンバロウを三唱。総勢1148名の参加者が道路整備による経済発展・生活安全などを求めていくことを確認しました。

 

平成21年5月8日(金)
バレーボール山村宏太選手が表敬訪問
090508-shicyo.jpg 全日本バレーボール選手の山村宏太選手(サントリーサンバーズ)が市長を表敬訪問。今回、山村選手は5月9日に南城市内各所の体育館で行われる「チャンレンジカップバレーボール大会」にゲストでお越しくださいました。山村選手が来庁すると2m5cmの長身に玉城庁舎内では感嘆の声が。山村選手は「バレーボール人口が減ってきている中、子どもたちにバレーボールに興味を持ってほしい」とコメント。古謝市長は「団体競技は子どもたちの健全育成にも最適」と今回の企画への期待を語りました。

 

平成21年5月1日(金)
GW期間中交通安全運動「ゆでタマゴ作戦」
20090501-shicyo1.JPG

ゴールデンウィークを楽しく過ごすためには、交通安全が大切。先月の「春の交通安全 モズク作戦」に続き、ゴールデンウィークに入った今回は「ゆでタマゴ作戦」を稲嶺南交差点で実施しました。

「ゆとりある心で」「でかけよう」「多発する交通事故」「まごころ運転でなくそう」「ゴールデンウィーク」の頭をとって「ゆでタマゴ」。

南城市内で生産された、黄身がとろ~り・塩味のきいたおいしいゆでタマゴを、交通安全を呼びかけるチラシと一緒に停車中のドライバーに配布。ちなみに、南城市は県内でも有数の卵の生産地です。



平成21年バックナンバー: 1月 / 2月 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年4月 1日

ようこそ市長室へ(平成21年4月)

平成21年4月30日(木)
新採用職員研修(プレゼンテーション)
2009043000300.jpg
本年度の南城市役所新採用職員8名による、1ヶ月にわたる研修の締めくくりとして、市長以下幹部職員を前にプレゼンテーション方式で発表が行われました。南城市の課題と思うことと、それに対する解決策をそれぞれの言葉で「提案」。市長は「地域の特性を的確に捉え、他との差別化をする。そうすることにより南城市の資源を生かすことにつながる。初心を忘れず、常に前向きに、日本一元気なまちづくりに向けて一緒にがんばっていきましょう」と、激励の言葉を述べました。
20090430web.jpg

 

平成21年4月20日(月)
土地利用・都市計画住民説明会(知念地区)
20090420-shicyo2.JPG

南城市独自の土地利用や都市計画に関する住民説明会が始まりました。20日知念地区を皮切りに、21日玉城地区、23日佐敷地区、24日大里地区と各地で行われます。現在南城市内は佐敷・大里地区が那覇広域都市計画の市街化調整区域にあり、厳しすぎる土地利用の規制がある一方、知念・玉城地区は都市計画区域外にあって様々な開発により景観・自然環境が変化しつつあります。南城市では那覇広域都市計画からの離脱を含め、市独自の都市計画の制定を目指しています。

知念地区説明会では、農振との関係性、久高島の位置づけ、接道義務や風致地区に関することなど、住民から真剣な質問が相次ぎました。

 

平成21年4月19日(日)
糸数公民館(コミュニティーセンター)落成式典&祝賀会
20090420-shicyo.JPG 糸数公民館の落成式典と祝賀会が催され、多くの糸数区民と関係者が生まれ変わった公民館の門出を祝いました。昭和28年から55年間、住民が集う拠点となっていた旧公民館は老朽化のため去年8月に解体工事が始まり、今年3月、念願の新築落成となりました。バリアフリーで便利になった新公民館は、今後も地域活動の拠点として、交流、生涯学習、福祉、健全育成の役割を果たしていきます。

 

平成21年4月14日(火)
南城市消費生活相談窓口 設置式
20090414-shicyo.JPG

消費生活相談窓口が大里庁舎の2階にオープン。消費者問題に関する様々な相談に、専門の相談員が応じます。

毎週火曜日の10時~16時まで※12時~13時除く

多重債務、架空請求、マルチ商法、不当請求等に関し、市民により身近な場所での相談体制が整いました。相談員の赤嶺先生は、「地域の問題は地域で解決するのが理想。お茶を飲みにだけでもいいので気軽に相談にきてほしい」と、市民の気軽な活用を呼びかけました。

 

平成21年4月3日(金)
春の交通安全運動 モズク大作戦
20090403-shicyo1.JPG 春の全国交通安全運動が4月6日から始まるのに先んじて、仲間十字路で南城市交通安全推進協議会の皆さんが「モズク大作戦」を決行! 早朝7時半より、信号待ちで停車中のドライバーに対し、奥武島産モズクを使用した「モズクゼリー」と交通安全を促すチラシを配布しました。「も・ず・く」を頭文字に「もうすぐ一年生」「ずいしょに気を付けて」「くい止めよう交通事故」と、新一年生が登校する時期に向け、交通ルールと交通マナーを守るよう市民にアピールしました。

 

平成21年4月2日(木)
新採用職員研修 講話
IMG_0005.JPG 4月いっぱい研修に励む新採用職員に対し、古謝景春市長が講話を行いました。市長はまず、「文化財・店舗・景観など、週末などを利用して地域をまわり、地域のことをよく知ることが基本です」と述べました。また、合併時および合併以来乗り越えてきた困難に触れ、「旧町村時代よりも南城市になって良かったという認識を市民に持って頂くことが大切。住民の視点に立った行政サービスを提供するよう心がけてください」と訓示。そのほか、あいさつの重要性や、分かったつもりにならず謙虚に人の話を聞くことなど、社会人としての基本の徹底を求め、新職員は熱心にメモを取っていました。

 

平成21年4月1日(水)
定額給付金実施本部を立ち上げ
IMG_0049.JPG 全国民に12,000円(65歳以上・18歳以下の方は20,000円)を給付する定額給付金事業の円滑な実施とPRのため、市は定額給付金実施本部を立ち上げました。実施本部の看板設置式で古謝景春市長は「地域活性化と景気浮揚に向けて、給付金を受けた際はぜひ南城市内でお金を使って頂きたい」とアピールしました。この機会に地域の農水産物や加工品など地場産品を購入して、南城市の魅力を再発見しましょう!

 

平成21年4月1日(水)
島尻消防署 佐敷出張所開所式
IMG_0006.JPG 消防署佐敷出張所が東部消防本部管轄から島尻消防本部管轄へと移管し、新たに再出発しました。これにより、南城市内はすべて島尻消防署管轄区域として統一されることになり、現場から最も近い消防署拠点からの効率的な出動が可能になりました。本部全体の人員体制も68名から80名に増員され、市民の生命・財産を守る消防力の向上が期待されます。

 

平成21年4月1日(水)
平成21年度辞令交付式
IMG_0010.JPG 平成21年度の開始にあたり、辞令交付式がとり行なわれ、古謝景春市長から新採用職員をはじめ管理職および一般職の各種辞令が交付されました。市長は「これまで全力疾走で職務を行なってきた職員の皆さんに心から感謝します。その成果もあって、市内外から高い評価を頂いています。今後、この厳しい経済情勢と地方分権が進む中、これまで以上に知識を高め、市民サービス向上に努める必要があります。情報共有を大切にしながら、この苦しい時代を乗り切りたい」と挨拶。また8名の新採用職員に対しては「チャンスを与えられたことを認識して市民のために頑張ってほしい」と訓示しました。



平成21年バックナンバー: 1月 / 2月 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年3月 1日

ようこそ市長室へ(平成21年3月)

平成21年3月21日(土)
第5回東御廻り国際国際ジョイアスロン・海開き・ハイ祭2009in沖縄開催
20090321-shicyo.JPG 「東御廻り」ゆかりの地を巡りながらウォーキングやサイクリングを楽しむ「第5回東御廻り国際ジョイアスロン大会in南城市」が開催されました。市内外から大会に臨んだ参加者は、同行者との会話や市内の景色を楽しみながら思い思いのペースで汗を流していました。また、「海開きフェスティバル」では、内閣府沖縄総合事務局より「みなとオアシス」の登録証交付式も行われ、ビーチは「みなとオアシスあざま」として県第1号の認定を受けました。

 

平成21年3月15日(日)
ユインチホテル南城グランドオープン
20090315-shicyo.JPG 「ウェルネスリゾート沖縄休暇センター・ユインチホテル南城」が3月15日にグランドオープンし、記念式典・祝賀会が行われました。市の豊かな自然と歴史文化を生かした「統合リハビリテーション」「統合医療」の場として、また地域のコミュニティの拠点としても期待されています。

 

平成21年3月14日(土)
第2回南城市植樹祭
20090314-shicyo.JPG 潤いと安らぎのある緑豊かな美ら島に育てることに理解を深め、緑化及び環境教育を実践することを目的に第2回南城市植樹祭が、3月14日玉城字奥武で開催され、市民約200人が参加し、奥武島の公園広場周辺、道路緑地帯、慰霊塔前の3か所にクチナシ500本、クロキ500本を植えました。

 

平成21年3月8日(日)
南城市健康づくり推進大会
20090308--shicyo.JPG 「平成20年度南城市健康づくり推進大会~みんなに教えよう わたしの健康づくり~」がシュガーホールで開催され、平成20年度の特定健康診査受診率上位3位までの優良自治会が発表・表彰されました。同大会では、表彰のほか、健康課保健師による市の医療費と疾病についての現状報告や地域の健康づくり活動報告などが行われました。

 

平成21年3月4日(水)
シルバー人材センター臨時総会
20090304-shicyo.JPG 高齢者の働きの場を提供する南城市シルバー人材センターが、任意団体から一般社団法人として生まれ変わり再出発を切ります。3月4日に臨時総会が玉城中央公民館で行われ、多くの会員によって承認されました。

 

 

平成21年バックナンバー: 1月 / 2月 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年2月 1日

ようこそ市長室へ(平成21年2月)

平成21年2月26日(木)
電話お願い手帳贈呈式
20090226-shicyo2.JPG 耳や言葉の不自由な方が、外出先で電話連絡等をする場合に用件や連絡先等を書いて、近くの方に協力をお願いするツールとして利用される「電話お願い手帳」。その手帳を障害者の方たちに利用していただきたいと昨年12月NTT西日本沖縄支店より、電話お願い手帳40冊、ふれあい速達便20冊が市社会福祉協議会に寄贈されました。2月26日、同協議会の玉城永邑副会長、NTT西日本沖縄の古堅一成支店長ら関係者が玉城庁舎を訪れ、寄贈報告を行いました。

 

海外子弟研修生終了報告
20090226-shicyo.JPG 昨年12月10 日から市の海外移住者子弟研修生として、本市を訪れていた仲村優香理さんが、玉城庁舎を訪れ、2月26 日までの約2か月半の日程を終了したことを報告しました。仲村さんは、滞在中、多くの沖縄の文化に触れ、また自らブラジルの文化を紹介するなど文化交流を深め、有意義な時間をここ南城市で過ごしました。

 

平成21年2月25日(水)
佐敷中学校善行賞受賞報告
20090225-shicyo.JPG 日ごろのボランティア活動などで他の子供たちの模範となった児童・生徒を表彰する「善行賞」(主催・県退職校長会)で表彰を受けたことを報告しようと、2月25日佐敷中学校の宮城調仁校長、同校各部の主将、仲間光枝PTA会長らが玉城庁舎を訪れました。

 

平成21年2月20日(金) 
南城市から2人 文部科学省優秀教員表彰
20090220-shicyo.JPG 文部科学省優秀教員に、篠原久美子先生(大里南小学校)と與那覇正樹先生(大里中学校)が選ばれ、その受賞を報告しようと市長室を訪れました。同表彰は学校教育における教育実践などに顕著な成果をあげた教員について、その功績を広く周知しようとされたもの。沖縄県からは14人が受賞し、南城市からは、2人が選ばれていました。

 

平成21年2月19日(木)
新居浜市合唱団来訪
20090219-shicyo.JPG 沖縄での悲惨な戦争を題材に作られた「さとうきび畑」を沖縄の人たちと一緒に歌いたいと、新居浜市民合唱団が今秋シュガーホールでコンサートを開催し、地元の合唱団と歌の交流を行います。2月19日、愛媛県新居浜市から市民合唱団メンバーと関係者がコンサート案内とあいさつに古謝市長を訪れました。本公演は、20年の節目にもう一度さとうきびに囲まれたシュガーホールで歌いたい、沖縄の人々と歌い継いでいきたいと企画されました。

 

平成21年2月16日(月) 
国土利用計画計画審議会答申
20090216-shicyo.JPG 将来の土地利用のあり方を示す南城市国土利用計画審議会の答申が2 月16 日、市役所本庁舎で行われました。同審議会の安和朝忠会長は「土地利用について慎重に審議した結果、南城市の特徴を吸い上げたすばらしいものができました」と述べました。

 

平成21年2月13日(金) 
南城市叙勲等祝賀会
20090213-shicyo2.JPG 平成20年度春秋の叙勲・褒章等で受賞を受けた市出身者の功績を称える「南城市叙勲等受章祝賀会」が2月13日、ウェルネスリゾート沖縄休暇センターで盛大に開かれました。平成20年度は春・秋・高齢者・危険業務従事者合せて10名の方が受賞。受章祝賀会には受賞者の家族や関係者ら約170名が祝福に駆けつけました。

 

平成21年2月13日(金) 
大里南小学校敷地造成工事地鎮祭
20090213-shicyo.JPG 大里南小学校の敷地造成工事地鎮祭が2月13日、大里字仲間の建設現場で執り行われ、古謝市長、高嶺教育長、学校や工事関係者らが工事の安全を祈願しました。全面移転新築される同校は総敷地面積3万平方メートル。6月には校舎建築工事も開始される予定で、平成21年度中に校舎・体育館・プールが完成する予定です。

 

平成21年2月3日(火) 
地域ビジョンフォーラム
20090203-shicyo.JPG 沖縄21世紀ビジョン「地域フォーラム」が市文化センターシュガーホールで行われました。古謝市長もパネルディスカッションに参加。市の魅力や将来像について活発な意見交換を行いました。また、事前応募者によるビジョン発表も行われました。

 

 

平成21年バックナンバー: 1月 / 2月 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2009年1月 1日

ようこそ市長室へ(平成21年1月)

平成21年1月21日(水)
国際ジョイアスロンin南城市大会大会記者発表
20090121-shicyo.JPG 3 月21日、あざまサンサンビーチで開催される「第5回東御廻い国際ジョイアスロンin南城市大会」が開催されるのを前に緑の館・セーファで1月21日記者 発表が行われました。大会実行委員会会長の古謝市長は「再生と復活の地、自然エネルギーの充満した南城市を体感してほしい」と多くの参加を呼び掛けまし た。今年は沖縄本島で一番早い海開き「あざまサンサンビーチ海開きフェスティバル」と「ハイ祭2009in沖縄」ストリートダンス大会も同日開催します。

 

平成21年1月19日(月) 
宮崎県高千穂町と姉妹都市へ
画像

南 城市は、宮崎県高千穂町と姉妹都市盟約を締結しました。調印式典は、シュガーホールにて、午後4時から開会。約200名の参加者が見守るなか、古謝市長、 川平議会議長、内倉高千穂町長・熊埜御堂議会議長が姉妹都市盟約書に署名調印を行い、両市町は、今後、相互間の理解と友好を一層深め、相携えて発展してい くことを約束しました。

 

平成21年1月17日(土) 
玉城総合体育館会改修工事
画像

昨 年12月22日、玉城総合体育館の改修工事が完了し、1月17日に同体育館で完成セレモニーが行われました。 昭和58年に完成した同体育館市民スポーツ の普及振興のために幅広く活用されてきました。近年は屋根からの雨漏れ、内部フロアーの変形などで大規模な改修が必要になってきていました。来年は、全国 高等学校総合体育大会女子バスケットボール大会の開催が予定されており、今後体育館の更なる有効活用が期待されています。

 

平成21年1月1日 元旦
sityou-omoi2009.jpg 20090101-shicyo.JPG

新年あけましておめでとうございます。2009年 丑年

 

   あがりてぃーだ てぃらちたぼり 

 

市長 新年の思い:昇る太陽よ、どうかこの地を照らし、皆に恵みをお授けください。

 

 

平成21年バックナンバー: 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月


いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2008年10月17日

ようこそ市長室へ(平成20年)

市長のスローガン

「日本一元気で
  魅力あるまちづくり」

 

再生、復活、スピリチュアル


 sityoukao2.JPG


 
市長のプロフィール 
      
今週の市長日程(予定)            
古 謝 景 春  市 長 

平成20年12月22(月)

「ふるさと納税」寄附金ありがとうございました

20081222-shicyo.JPG

川平清様より、500万円の寄付がありました。

 

 

 

 

 

第2回南城市植樹祭実行委員委嘱状交付式

20081222-shicyo2.JPG

 

 

平成20年12月17(水)

「ふるさと納税」寄附金ありがとうございました

20081217-shicyo.JPG

津波保光様より100万円の寄付がありました。

 

平成20年12月15(月)

各学校を訪問

20081215-shicyo.JPG

市長は知念中学校・百名幼稚園・船越小学校・玉城給食センターを訪問し、授業の見学を行ったほか、学校の老朽具合を確認して回りました。お昼時間は船越小学校6年2組の児童達と一緒に給食を食べ、学校生活や「弁当の日」についてなど、子供達の生の声に耳を傾けていました。学校を出る時には児童達からサイン攻めにあうなど大人気。意外な反応に思わずにっこりした市長でした。

 

 

平成20年12月14(日)

南城市健康づくりウォーキング大会inおおざと

20081214-shicyo.JPG

「めざせ一日一万歩!」のスローガンのもと、南城市健康づくりウォーキング大会が、市総合保健福祉センターを発着点に開催されました。コースは5キロと3キロのファミリーコースに分かれ、参加した人達は、心地よい汗を流し、ゴールを目指しました。

 
 
 
平成20年12月12(金)

南城市海外移住者子弟研修生が来訪

20081212-shicyo.JPG

平成20年度南城市海外移住者子弟研修生の仲村優香理さんが市長を訪れました。ブラジル・サンパウロ出身の仲村さんは、12月8日から来年の2月26日までの期間、南城市玉城字富里の當山喜明さん・フサ子さん夫妻宅でホームステイをしながら日本語やエイサーなどを学びます。古謝市長は「研修を積まれて、是非沖縄とブラジルの架け橋になってください」と激励しました。

 
 
平成20年12月7日(日)

大里中学校60周年記念式典・祝賀会

20081207-shicyo.JPG

12月7日、大里中学校の学校創立60周年記念式典祝賀会が同校体育館で開催されました。

 

 

平成20年12月5日(金)

「優良PTA文部科学大臣表彰」の受賞報告 玉城小学校

20081205-shicyo.JPG

11月20日、優秀な活動実績を挙げているPTAを表彰し、PTAの健全な育成、発展に資することを目的に実施されている「優良PTA文部科学大臣表彰」の平成20年度受賞団体に玉城小学校PTAが選ばれ、その受賞を報告しようと玉城小学校校長、PTA会長らが12月5日、市役所本庁舎を訪れました。

 

 

平成20年11月30日(日)
冨祖崎区100年祭

20081130-shicyo.JPG

ハマジンチョウの群落で有名な冨祖崎区の誕生100年祭を祝う祭りが11月30日、冨祖崎公民館で盛大に開催され、1世紀の節目を多くの区民で祝しました。

 

 

平成20年11月29日(土)・30日(日)

第1回南城市まつり開催

20081130-shicyo2.JPG

グスクロード公園において11月29日、30日第1回南城市まつりが開催され、市内外から多くの人が訪れました。メイン会場では、各地域の伝統芸能、市民音楽祭、市出身者ライブなどで盛り上がりました。また、サブイベント会場では、ウフザトヌムーチー祭が行われ、「大里ウナー物語」やムーチー無料配布がありました。

 

 

平成20年11月28日(金)

総合文化展テープカット

20081128-shicyo.JPG

第2回「総合文化展」の開催にあわせて、玉城総合体育館で市長や文化協会関係者らによるテープカットが行われました。

 

 

平成20年11月26日(水)
武芸洞発掘調査視察

20081126-shicyo.JPG

玉城字前川の「ガンガラー谷」にある武芸洞で、縄文時代晩期から弥生並行時代(約二千九百年前から二千年前)のものとみられる石棺墓が初めて発見され、その現場を視察しようと古謝市長と教育長らが、武芸洞を訪れました。県内の洞穴での発見は初めてということです。

 

平成20年11月23日(日)
新里区「汗水節」75周年記念式典

20081123-shicyo.JPG

創作武踊「汗水節」振付75周年記念碑除幕式・記念式典・祝賀会が11月23日、新里公民館で行われました。

 
 
 

 

第3回青年芸能フェスタ

20081123-shicyo2.JPG

第3回青年芸能フェスタin南城市まつりが11月23日、グスクロード公園で開催されました。市内の青年会らにより、躍動感あふれる伝統芸能が披露され、訪れた人たちを楽しませていました。

 

 

 

當山誌発刊記念式典

20081123-shicyo3.JPG

當山区の歴史や文化などを編さんした當山誌の完成を祝し、11月23日、玉城中央公民館において當山誌発刊記念式典・祝賀会が開催されました。着手から発刊まで5年の歳月を有した字誌は、457ページ、第9章からなり、腹門中系図や各戸の系図など、ユニークな物も編修されています。

 

 

平成20年11月16日(日)
知念小学校125周年記念式典・祝賀会

20081116-shicyo.JPG

知念小学校の新校舎落成式並びに同小学校・知念幼稚園の学校創立125周年・園創立35周年記念式典・祝賀会が11月16日、知念小学校体育館で執り行われました。式典や祝賀会には学校関係者や同校の卒業生、在校生の保護者らが参列し、生まれ変わった学び舎の完成と学校の節目を祝しました。

 

平成20年11月11日(火)
高千穂町姉妹都市提携盟約宣言式

20081111-shicyo.jpg

高千穂町と南城市の姉妹都市提携盟約宣言式が宮崎県高千穂町武道館において行われました。古謝市長、川平議長、内倉高千穂町長、熊埜御堂高千穂議会議長が署名・押印した盟約宣言書を交わし、末長い交流を誓いました。

 

平成20年11月9日(日)
玉城中学校60周年記念式典・祝賀会

20081109-shicyo.JPG

玉城中学校で、学校創立60周年記念式典が挙行されました。式典では、記念品贈呈のほか、歴代の校長、PTA会長、功労者13名に感謝状が贈られました。

 

平成20年11月2日(日)
尚巴志ハーフマラソン大会開催

20081102-shicyo.JPG

第7回「2008尚巴志ハーフマラソンin南城市」がシュガーホールを発着点に行われました。ハーフ、10キロ、3キロの3種目に総勢6676人が参加。時折降る大雨の中、6345人が完走しました。

 

 

平成20年11月1日(土)
尚巴志ハーフマラソン開会式

20081101-shicyo.JPG

尚巴志ハーフマラソンの開会式が市文化センターで行われました。同時に民謡うたあしびも開催され、大会前夜を盛り上げました。

 

 

平成20年10月30日(木)
庁舎間巡回バス贈呈

20081030-shicyo3.jpg

(有)与那原自動車整備センターより、15名乗りの日産キャラバンが寄贈されました。同車両は、市民サービスの一躍を担う庁舎間巡回バスの2号車として利用される予定です。

 

 

平成20年10月30日(木)
多良川瓶寄贈

20081030-shicyo2.JPG

株式会社多良川より、尚巴志ハーフマラソンの副賞として瓶の寄贈がありました。

 

 

平成20年10月30日(木)
沖縄水質改良株式会社寄付

20081030-shicyo.JPG

南城市まつりに役立ててほしいと沖縄水質改良株式会社より、10万円の寄付がありました。

 

 

平成20年10月29日(水)
商工会 寄付金贈呈

20081029-shicyo.JPG

10月29日、市商工会の潮平隆会長らが市役所本庁舎を訪れ、尚巴志ハーフマラソンや南城市まつり、ジョイアスロン等の地域振興イベント事業に役立ててほしいと80万円を寄付しました。

 

 

 

平成20年10月26日(日)

文化協会芸能公演

20081026-shicyo.JPG

第3回芸能公演「東方四間切すりてぃ遊ば」(主催:南城市文化協会)が市文化センターシュガーホールで開催されました。琉舞や日舞、空手演武など、会員は日頃の練習の成果を発揮していました。

 

平成20年10月23日(木)
沖縄県認定農業士 宮平氏・熱田氏来訪

20081023-shicyo.JPG

10月16日に県の指導農業士に認定された宮平聰さん(玉城字中山)と熱田守さん(大里字大城)が10月23日、市役所本庁舎を訪れました。古謝市長は「お二人とも画期的な取り組みをしており、後輩育成について日頃から力を入れてくれています。勉強しながら、品質向上、そしてブランド化を図ってください」と激励の言葉をかけていました。指導農業士は、優れた農業経営を実践して、地域農業の振興や農村青少年の育成等に貢献している農業者が県知事から認定を受け、贈られています。

 

 

平成20年10月18日(土)
半島芸術祭in南城 オープニング

20081018-shicyo.jpg

第1回半島芸術祭in南城のオープニングが、18日がんじゅう駅南城で行われました。同祭は、南城市の豊かな自然と歴史、文化を活用し芸術を通した「人と芸術の息づく街」づくりをテーマにした市民手作りのイベントです。期間中は、半島一帯に点在する工房やギャラリーを祭り会場に見立てて、観光客や市民が楽しめる内容となっています。

 

 

平成20年10月12日(日)、13日(月)

蘇州市政府芸術交流団の南城市公演

20081012-shicyo.jpg

10月12日・13日「中国の粋美・大雅と大俗」と銘打ったそしゅう蘇州市政府芸術交流団の南城市公演が、十月十二日、十三日の両日シュガーホールで行われました。沖縄での初上演となる「昆曲」、「古琴」はともに世界無形文化遺産で、沖縄の三線の基になったといわれる三弦を使った「評弾」、中国の伝統的な弦楽器の合奏「絲竹」などが披露され、観客を楽しませていました。

 

平成20年10月10日(金)

蘇州市芸術交流団来訪

20081010-shicyo.JPG

10月12日(日)、13日(月)の両日、南城市文化センター・シュガーホールにおいて、「中国・蘇州市政府芸術交流団南城市公演 ~中国の粋美 大雅と大俗~」が開催されます。公演のため来沖された蘇州市芸術交流団一行が古謝市長を訪れ、挨拶を交わしました。また玉城庁舎玄関ロビーで「二胡」「琵琶」「中阮」「笛」「笙」 による『紫竹調(しちくちょう)』などの2曲が演奏され、ロビー内に優美な中国民族楽器の音が響き渡りました。

 

平成20年10月9日(木)
さしき健走会文部科学省「生涯スポーツ優良団体」受賞の報告

20081009-shicyo.JPG

さしき健走会のメンバーが10月9日、市役所玉城庁舎を訪れ、古謝市長へ平成二十年度「生涯スポーツ優良団体」受賞の報告を行いました。古謝市長は「先輩方が地域を愛し、地域の活性化のために頑張っている姿を大変誇りに思います。今後とも市民の先頭に立って頑張っていただきたい。」と賞賛しました。

 

平成20年10月8日(水)
ハーフマラソンの安全と成功を願い祈願式

20081008-shicyo2.JPG

「第7回尚巴志ハーフマラソンin南城市」が11月2日に開催されるにあたり、大会の安全と成功を願う祈願式が尚巴志ゆかりの地である「佐敷上(うぃー)グスク」で執り行われました。今大会の申込者数はハーフの部、10kmの部、3kmの部合わせて7,717人にのぼります。祈願式にあわせ参加者Tシャツのお披露目や、津波古棒術保存会による奉納演舞も行われました。

 
平成20年10月8日(水)
日露交歓コンサート

20081008-shicyo.JPG

チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院の一流演奏家による「日露交歓コンサート2008」が10月8日、シュガーホールで開催されました。ロシアの弦楽器であるドムラとバラライカ、ヴァイオリン、ピアノが奏でる息を呑むほど繊細かつ透明感あふれる音色はホールに響き渡り、聴衆を惹きつけました

 

 

平成20年10月7日(火)
人権の花植えつけ式

20081007-shicyo.JPG

知念小学校で「人権の花」植え付け式が行われました。四年生全員で「種をまこう」の詩が朗読された後、人権擁護委員、各学年代表らにより、マリーゴールドの花二十本が植えられました。同校では、十二月十一日に、開花式を予定しています

 

 

平成20年10月6日(月)

第15回おきでんシュガーホール新人演奏オーディション記者発表

 

 

平成20年10月6日(月)
カジマヤー慶祝訪問

20081006-shicyo.JPG

長寿を祝い、多年にわたり社会に貢献してきた功績に感謝し、あわせて敬老思想の高揚を図る目的に10月6日、市のカジマヤー慶祝訪問が行われ、市長や関係者らが7人のお年寄りの家を訪問し、長寿を祝いました。親川盛五郎さん(知念字山里)は、「120歳までがんばります」と元気よく大きな声で答え、その場を和ませていました。市からは、祝状と祝い金が贈呈されました。

 

平成20年10月4日(土)、5日(日)
第三回南城市陸上競技大会

20081004-shicyo.JPG

陸上競技の祭典「第三回南城市陸上競技大会」(市体育協会主催)が十月四日、五日に黄金(こがね)森(もり)陸上競技場(南風原町)で開催されました。市内各自治会から選抜された選手が二日間にわたり、トラック競技三十種目、フィールド競技二十二種目、計五十二種目の競技部門で競い合いました。

 

平成20年9月30日(火)
高千穂町へ表敬訪問

20080930-shicyo.jpg

9月30日から10月2日の日程で、古謝市長と川平議長は宮崎県高千穂町を初めて公式訪問し、両市町の姉妹都市締結が9月議会で承認されたことを報告しました。交流会では、神の里をアピールする高千穂町と本市の「斎場御嶽」「久高島」の「神つながり」の話題で盛り上がり、末永い友好交流を誓いました。

 

平成20年9月28日(日)
第44回沖縄県身体障害者スポーツ大会

平成20年9月26日(金)
南部地区農漁村生活研究会「第27回仲間づくり大会」

南城市商工会建設部会設立総会

平成20年9月22日(月)
南城市新百歳祝訪問

20080922new100.JPG

平成20年9月21日(日)
久高大運動会、知念小学校運動会

20080921kudakaundou.JPG

平成20年9月20日(土)
南城市老人クラブ連合会佐敷支部「クリーン&ウォーキング大作戦」

夏休み海外派遣短期留学の報告会・ESLキャンプ報告会

夏休み中に米国で短期留学又はESLキャンプで学んだ生徒による報告会が9月20日(土)、大里庁舎講堂で開かれ、参加した生徒たちは各自の体験や感じたことを発表しました。

 

 

平成20年9月19日(金)
秋の全国交通安全運動街頭指導「バナナ作戦」

20080919akikoutuu.JPG

 

医療法人タピック 仲里氏来訪

20080919tapikku.JPG

医療法人タピック 仲里氏来訪  ウェルサンピア沖縄を落札した「タピック沖縄」の宮里好一社長らが古謝市長を訪れ、施設落札の結果報告を行いました。宮里社長は「南城市の意向を踏まえながら自然を活かした事業を展開したい」と意欲を示しました。

 

 

 

中国蘇州市政府芸術文化交流 記者発表

20080919kisyakaikenn.JPG

中国蘇州市政府芸術文化交流 記者発表10月12日・13日に公演される「中国の粋美 大雅と大俗」の記者発表が、9月19日(金)に沖縄県庁で行われました。古謝市長は「昆曲の素晴らしさを南城市民のみならず、県民の皆様にもぜひ鑑賞してもらいたい」と来場を呼びかけました。

 

 

JICA沖縄(小渡氏来訪)

平成20年9月16日(火)
寄付金贈呈式

20080916-shicyo.JPG

㈱大成電機製作所の吉田敏彦代表取締役と関係者が市役所玉城庁舎を訪れ、「子供たちの人材育成のために役立てて欲しい」と寄附金30万円を古謝市長へ手渡しました。

 

  

平成20年9月14日(日)
シタク大綱で観衆を魅了!

20080914oosiro.JPG

 十年ごとに行われる「大城シタク大綱曳き」が集落センター前広場で盛大に行われた。シタクを乗せた東西の綱がガーエーで会場入りすると満員の観衆の熱気が一気にヒートアップ、激しい鉦の音とともに綱を地面に叩きつける独特の引き方に固唾を飲み、勝負の行方を見守った。


 

平成20年9月10日(水)
中城湾南部流域下水道促進協議会「下水道の日」事業推進パレード到着式

中城湾南部流域下水道促進協議会「下水道の日」事業推進パレード到着式 南城市、与那原町、西原町、中城村で構成する協議会では、4町村各地を巡り、下水道促進及び下水道接続推進広報パレードを実施しました。生活環境の浄化と豊かな海を守っていくために、下水道整備促進を決意していました。

平成20年9月7日(日) 
大里中創立60周年記念「第13回ふるさと伝統芸能まつり」

hurudenn200809.JPG

 伝統芸能が盛んな南城市で、中学生が地域の伝統芸能を演じたことは大変意義深く、地域の力強さを感じた。また、一人ひとりの踊りも大変素晴らしく感銘を受けた。
 今後とも「大里中学校ふるさと伝統芸能まつり」の発展を願い、それぞれの地域と連携をはかり伝統芸能を継承させてほしい。

 

平成20年9月7日(日)
奥武島うみんちゅ祭り

奥武島うみんちゅ祭り「奥武島うみんちゅ祭2008」が9月6日、7日の両日、奥武島漁港内にて開催されました。会場では、特産品販売やマグロの解体ショー、各種催しのほか、7日には、ハーリー大会も開催され、島内は昼夜賑わいを見せていました。

平成20年8月22日(金) ~ 平成20年9月4日(木)
南米(ブラジル・アルゼンチン)移住100周年記念式典・視察訪問

ブラジル・アルゼンチン移民百周年記念式典へ出席するため、8月21日から9月5日までの16日間、県内各地の市町村長並びに関係者の方々と共に南米を訪問してまいりました。

 

平成20年8月10日(日)
ファイヤーフェスティバル

20080810faiya-fesu.jpg

 東部消防署構内にて同職員共済会が地域の小学生の親子を対象に放水体験、はしご車、展示訓練、救急法などを開催。多くの参加者が初めての体験に真剣なまなざしで取り組んでいました。
 市長も他の来賓と共に子供達の体験を見守っていました。

 

 

平成20年8月9日(土)
前川区エイサー盆踊りの夕べ

20080809maekawa.jpg

毎年開催される同区の催しに小中学生の余興をはじめ、婦人会による盆踊り、青年会による伝統芸能のアヤグ、エイサー、24年ぶりにティーンべェーが披露されるなど区民挙げてのイベントに市長も楽しんでいました。

 

 

平成20年8月3日(日)
嶺井区綱曳き

20080803mineikutunahiki.jpg

 41年ぶりに「藁による綱作り」を復活させた嶺井区の綱曳きが行われました。
 古謝市長は、藁綱の復活を「区民が一堂に会し親睦と融和、交流を深める意味で大変意義深いものであり、地域の貴重な伝統文化の復活・継承・発展につながる」と祝いました。
 2本勝負で行われた綱曳きには市長も参加し、童心に返ったような笑顔を見せていました。

 

平成20年7月31日(木)
交通安全旗リレー引継ぎ式

20080731koutuuanzenrire-.jpg

 夏の交通安全県民運動の一環として、交通安全思想の普及・浸透を図ることなどを目的に「交通安全旗」の市町村リレーが行われ、南風原町長より南城市古謝市長へ引き継がれました。
 市長は挨拶で「誰もが安心して暮らせる住み良いまちづくりと安全安心な交通社会の実現」を呼びかけ、交通安全をアピールしました。
 また、引継ぎ式終了後、県民生活課主催による飲酒運転根絶講演会も行われました。

平成20年7月27日(日)
知念区大綱曳き

tinentunahiki20080731.jpg 

豊年と平和を祈る知念区大綱曳きが農村広場で行われました。
市長がエールを送る中、全長70メートルの綱を、区民や観客が東(アガリ)と西(イリ)に分かれ綱を地面に叩きつけるように上下に揺らしながら曳き合い、一進一退の攻防の末、両陣共に1勝を挙げました。
 綱を曳き終えると青空が一転、雨が降り出し、区民は「恵の雨」を喜んでいました。

平成20年7月27日(日)
第3回南城市こどもまつり

IMG_0079.JPG 

平成20年7月17日(木)
新里坂を制する強者募集中

20080717syouhassikaikenn.JPG

 「2008尚巴志ハーフマラソンin南城」の記者会見が、文化センターで行なわれ、大会実行委員会会長の古謝市長が参加者募集開始を発表しました。11月2日、7000人近いランナーが南城市を駆け抜けます。
 今年は市となって初めての「南城市まつり」を11月29日・30日に開催することもあり、古謝市長は「“市民フェスタ”の一環として位置づけ、大会を盛り上げていきたい」と意気込みを語りました。

 

平成20年7月14日(月)
 工事の安全を祈願し起工式

 佐敷中学校屋内運動場改築工事の起工式が執り行われました。同校体育館は1976年に建設され30年余り、老朽化が進み早期の改築が求められおりました。
 新体育館は1階に屋内運動場、2階に武道場を建設し、平成20年度中の完成を予定しています。

平成20年7月11日(金)
沖縄県青年大会バスケットボール競技優勝報告

20080711basukehoukoku.JPG

 6月28日(土)29日(日)に行われた「第54回沖縄県青年大会バスケットボール競技」に参加した南城市チームの選手が、古謝市長を訪れ、同大会での優勝を報告しました。
 古謝市長は「全国でも活躍し、南城市の子ども達に夢と希望を与えてもらいたい。」と選手を激励。南城市チームは11月に東京都で開催される「第56回全国青年大会」へ出場し、優勝を狙います。

 

平成20年7月4日(金)
夏休み海外短期留学

20080704ryuugaku.JPG

  7月11日から31日までの3週間、米ミネソタ州へ短期留学する市内中高校生20名と袋中園の生徒2名および関係者が、出発前の挨拶に古謝市長を訪れました。古謝市長は「互いの違いを知る事が大事。大きな意思を持って果敢に挑戦して欲しい」と激励をしました。

 

 

平成20年6月24日(火)
市民会議「市民新聞ゆんたくなんじょう」贈呈

20080624-sinbun.JPG

 市民の目線で市の情報や魅力を発信していこうと、県内初の市民による手作り新聞「ゆんたくなんじょう」が6月23日創刊されました。発刊第1号では、市内で活躍する若者を紹介した「あしたのなんジョー」や、ガイドブックに載らないような穴場を紹介しています。新聞を手にした古謝市長は完成度の高さに感心し、「市民と行政が協働し地域をうまく活用していければ」と更なる活躍を期待しました。

 

平成20年6月23日(月)
琉・中・台同胞・芸能大競演

20080623geinou.JPG 

平成20年6月22日(日)
愛地誌発刊式

20080622-aitikinensi.JPG 

平成20年6月19日(木)
四川省 変瞼役者来訪

20080619sisennsyouyakusya.JPG 

平成20年6月13日(金)
不屈のランナー 本島激走

 

200807p6-rannar-.JPG

新城辰夫さんが特定健診受診とメタボリック症候群の撲滅を訴え「一人沖縄一周マラソン」に挑戦し、8日間で本島466.2キロを力走。途中、心身的苦痛に挫折しそうになりながらも、家族や友人の支えを励みに各地で健診受診の大切さを呼び掛け、5月31日(土)多くの支援者が出迎える中、玉城庁舎でゴールしました。
 古謝市長は偉業を讃え約束どおり、完走証を贈呈しました。

平成20年6月7日(土)
海の祭典 各地でハーリー

IMG_0287.JPG

 時折激しい雨が降るあいにくの天気の中、豊漁と航海安全を願う「奥武ハーリー」が旧暦5月4日(ユッカヌヒー)に当漁港で行われ、朝早くから多くの観客や参加者で賑わいを見せていました。
 最も注目を集めた91歳現役舵取り仲本市三郎さんが職域のレースに出場し、力強い舵さばきで観客を魅了しました。
 翌8日(日)には海野漁港と馬天港でもハーリーが行われ、各海で響き渡るハーリー鉦が夏の訪れを告げていました。

平成20年5月28日(水)
商工会と災害時応援協定書締結       

200807p6-kyoutei.JPG

 市内で災害が発生した際の応急対策体制を築こうと、市と商工会が「災害時応援協定」を締結し、協定書へ調印しました。
 古謝市長は「協定を結ぶ前からボランティアで災害に対し迅速に対応していただいている。」とこれまでの活動に感謝するとともに、今後の活躍に期待。潮平隆商工会長は「災害は人事ではない。市と一緒になって地域や市民の安全のために協力していきたい」と意欲を述べました。

平成20年5月14日(水)
誓い新たに 南城市更生保護女性会

0806-7Pkouseihogo.JPG

 4月に発足した南城市更生保護女性会の新役員が就任の挨拶のため、市長を表敬訪問しました。
 これまで旧4町村単位で活動を行っていた更生保護女性会ですが、 4月27日(日)の南城市更生保護女性会合併総会を経て、一つの団体として始動しました。

 

平成20年5月2日(木)
こどもたちを守れ!こども110番の家

6Pkodomo110.JPG

 こども110番の家委嘱状交付式が市役所玉城庁舎で行われました。今回は市内の公民館および自治会事務所68箇所を新たに委嘱。
 現在市内では266箇所がこども110番の家として登録されています。

 

平成20年4月20日(日)
南城市誕生2周年事業   「出張!なんでも鑑定団in 南城」

IMG_0127.JPG

 「あなたのお宝鑑定します!」でおなじみの「開運! なんでも鑑定団」の出張鑑定会をシュガーホールで開催しました。
 多くの観衆が詰め掛ける中、6名の鑑定依頼者が絵画や壺など自慢のお宝を出品しました。鑑定は人気鑑定士の中島誠之助さんと永井龍之介さんが務めました。
 鑑定士と依頼者のやり取りや本人希望額とはかけ離れた評価額の結果に笑いや拍手が起こるなど、終始和やかな雰囲気の中で収録が行われました。
 なお、収録の模様は琉球放送で6月以降に放送される予定です。

平成20年4月11日(金)
報奨金がもらえるかも?!

 特定健康診査の受診率を上げようと、受診率の高い3位までの区に報奨金を与える表彰規定を設けることを4月11日(金)古謝景春市長が発表した。予算総額は105万円。6月議会に提案後、議会の承認を経て正式に決定する予定。
 同表彰規定は県内では初の取り組み。自治会ごとの受診対象者数によって3つの区分を設け、区分ごとに上位3位までに30万~2万5千の報奨金を与える。
  古謝市長は「お互いに切磋琢磨(せっさたくま)して健康づくりに対する意識を高めてほしい」と述べた。

平成20年4月7日(月)
大里中学校3つの快挙

0805-00tyuu.JPG

大里中学校吹奏楽部と女子ソフトボール部が市長を表敬訪問し、金賞と優勝の報告を行った。
吹奏楽部は「第29回全日本リコーダーコンテスト」で「合奏の部」と「四重奏の部」に出場し両部門で金賞を受賞。三年連続出場し初のダブル受賞となった。
また、女子ソフトボール部は「第18回全九州中学生選抜男女ソフトボール大会」に出場。最終日、雨天のため試合中止によりベスト4の4チームが優勝となった。

平成20年4月4日(金)
もずく作戦

8Pmozukusakusenn1.JPG

春の全国交通安全運動の一環として、交通安全推進協議会は大里稲嶺十字路で「もずく作戦」を実施した。
 当日は与那原警察署をはじめ、女性連合会、青年会、市職員などが信号待ちをしているドライバーにもずくゼリーとチラシを配布し、交通安全を呼びかけた。

 

平成20年3月25日(火)
観光産業をさらなる発展を  南城市観光振興計画答申

0805kankou.jpg

市より諮問を受けていた南城市観光振興計画策定委員会(松鷹彰弘会長)より答申が市長応接室であった。
 南城市観光振興計画には、「体験滞在交流型観光」や「統合医療~癒しと健康のツーリズム~」の拡大を前提に、明確なビジョンに基づく具体的な目標値が設定され、その目標に向けた役割分担が明確にされた内容となっている。
 委員会からは計画が実行されるよう南城市観光振興協議会(仮)の設立や斎場御獄等聖地利用ルールの早期検討が付帯事項として要請された。

平成20年3月4日(火)
南城市の国土利用について審議

0805kokudoriyoutousinn.jpg

 将来の市の土地利用のあり方を示す南城市国土利用計画を審議する南城市国土利用計画審議会の委嘱状交付式及び第1回審議会が玉城庁舎で行われた。
 古謝市長は「地域がしっかり議論し、市民と行政の納得する計画を策定してもらいたい。住居環境や文化財等を守っていくすみわけを図り、それぞれのアイデンティティを守っていく意識を持ってまちづくりを進めていきたい」とあいさつした。

平成20年2月6日(水)
 全九州大会への健闘を決意!

20-ootyuusohuto.JPG

 大里中学校ソフトボール部が地区・県新人大会の優勝を市長に報告した。
 県大会決勝では、佐敷中との市内対決になり大里中に軍配が上がった。
 大里中島袋主将は、4年ぶりに九州大会に派遣されることになり、選手も日々練習を重ね、上位進出を目指したいと抱負を述べた。
九州(佐賀)大会へは、大里中、佐敷中の両校が派遣される。

 

平成20年1月4日(金)
 新春を祝い一年の健康と発展を願う(南城市年始会)

20-nennsikai.JPG

 平成20年南城市年始会が多くの市内各種団体や企業、市民、約500名が参加し、ウェルサンピア沖縄で盛大に行われた。
 市長は「今年も各行事が山積しているが、皆さまと協力しながら実施していき協働の精神でまちづくりをすすめていきたい」とあいさつした。
 年始会の中で、平成20年1月1日に制定された南城市歌を参加者で斉唱、一年の健康と発展を願い鏡開きが行われた。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2007年9月20日

ようこそ市長室へ(平成19年)

市長のスローガン

「日本一元気で
  魅力あるまちづくり」

sityoukao2.JPG

 

再生、復活、スピリチュアル


 


 
市長のプロフィール 
      
今週の市長日程(予定)            
古 謝 景 春  市 長 

line3.bmp

平成19年12月27日(木)
市の補助金等の適正化に対する提言書


19-hojokintekiseika-teigen.JPG

 「南城市補助金等の適正化について」の提言書が、南城市行政改革推進委員会(会長前津榮健)から、南城市長へ提出された。
 本委員会では11回の委員会を開催し、補助金等の適正化に関する指針に沿って本市の補助金等について調査、審議し、5段階からなる判定表を取りまとめた。
 今後、市においては、平成20年度から平成22年度の3年間にこの提言書を踏まえた、補助金等の適正化を図っていく。
提言書の内容等はこちらから

 

平成19年12月16日(日)
 ギネスに挑戦!特大健康ムーチー

19-mu-ti-sai.JPG

 第10回うふざとヌむーちーさいIN南城が大里城址公園広場で行われた。 当日は、ムーチービーサを感じさせない好天に恵まれ、初ムーチーのプレゼントやムーチー○×クイズ、子供ムーチー体験など様々なイベントで盛り上がり、第1回から上演されている演劇「大里ウナー物語」では鬼気迫る演技で観衆を魅了した。
 直径3.25メートルの大鍋で2時間かけて蒸し上げた約2,000人分のムーチー特大健康ムーチーはギネス申請のためサイズを測定したあと、来場者に配られた。

平成19年12月5日(水)
 災害発生時に飲料を無料供給

19-saigaiinryou.JPG

 沖縄コカ・コーラボトリング株式会社(石岡勝三郎代表取締役社長)と南城市の間で、災害時における物資供給及び災害時対応自動販売機の設置に関する協定の締結が行われた。
 設置された自動販売機は県内では2例目。玉城庁舎と大里庁舎に設置されている。
 大規模な災害発生時に飲料を被災者に届けるため、お金を入れなくても飲料が出てくるもので、停電が起こった場合にも通常運転で約24時間はバッテリーにより運転する。
 協定を交わした石岡社長は「これまで地域と共に成長してきた。すこしでも地域社会に貢献していき、皆さまに愛される企業を目指していきたい」とあいさつした。



平成19年11月28日(水)
 個人情報の法律や条例を理解しよう

19-kojinnjouhoukouen.JPG

 個人情報保護制度について理解を深め個人情報の保護と利用を考えてもらおうと個人情報保護制度~その意義としくみ~と題した講演会がシュガーホールで行われた。
 本講演会では、沖縄国際大学が実施する学外講座を活用し、沖縄国際大学法学部教授、前津榮健氏を講師として招き、個人情報保護法制のいきさつや体系、市町村の条例など事例を交え説明し、分かりやすい講演となった。
 講演の中で前津教授は「法律や条令を十分理解し、個人情報の保護と利用をバランスを保つことが重要」と話した。

 
平成19年11月26日(月)
 南城市のまちづくり。第一次南城市総合計画基本構想が答申

19-sougoukeikakutousinn.JPG

 市より諮問を受けていた南城市総合計画審議会より、第一次南城市総合計画基本構想が答申された。
 答申を行ったのは、新屋清美審議会会長のほか6名の委員。審議会は、16名の委員で構成され、9回の審議を重ね作成された。
 南城市総合計画は基本構想、基本計画、実施計画で構成され、基本構想は議会の議決を経て策定され、南城市のまちづくりの最も上位に位置する計画となる。平成20年度を初年度とし平成29年度を目標年次として設定されている。

 

 

平成19年11月13日(火)
 シュガーホール活性化計画の答申がなされました。

kasseikatousin.jpg

  シュガーホール運営審議会の渡名喜明会長と西大強副会長が訪れ、シュガーホール活性化計画の答申をしていただきました。
 運営審議会では、平成17年度から2か年かけてまとめた「シュガーホール施設評価調査」に基づき、シュガーホール活性化計画作成のための専門部会を開き議論を重ね作成していただきました。
 この活性化計画をもとにシュガーホールが沖縄県全体の文化拠点として発展させ、地域の活性化につなげていきます。

平成19年11月13日(火)
 アイヌとの文化交流の架け橋に

aino.jpg

 11月18日(日)シュガーホールで行われる「アイヌ文化交流会in南城市」を主催するアイヌ文化交流会南城市実行委員会のメンバーが文化交流会開催の報告に訪れました。
 直にアイヌの伝統芸能を観るとても良い機会なのでこれからも交流を続けていってほしいと思います。

平成19年11月13日(火)
 DASH村の農業指導、三瓶明雄さん

IMG_00052.JPG

 テレビでおなじみ、DASH村の農業指導で活躍する三瓶明雄さんが南城市役所を訪れました。
 今回、三瓶さんは南城市の飲食店に野菜を卸している関係から南城市を訪れています。
 

 

平成19年11月4日(日)
 第6回尚巴志ハーフマラソンin南城市を開催しました。

shouhasi.jpg

  琉球王朝を築いた尚巴志にちなみ開催している尚巴志ハーフマラソンも今年で6回目となりました。
 今大会には、ランナーにとっては走りやすい天候となり、6,463名の方が出走、98.02%の完走率となりました。
 大会を開催するにあたり、多くの企業、個人から物心両面のご支援をいただき成功裏に開催することができました。
 心より感謝申し上げます。

平成19年10月3日(水)
 世界のネットワークづくりに頑張る「南城んちゅ」

tinen.jpg

 10月3日(水)ハワイ沖縄連合会主催、ハワイ・リーダシップ・ツアーに参加している知念ダニエルさん(佐敷、知念出身 3世)が訪れました。9月26日(水)から10月8日までの13日間、沖縄の歴史や文化等を学び、将来のリーダーを育成しているツアーで、ハワイと沖縄の絆を深め、相互の友好親善を促進が期待されています。

 知念さんは「いちゃりばちょーでーの気持ちで世界のネットワークづくりをしていきたい」と話してくれました。知念さんのようにサポートしてくれる方々が世界中にいるといいうことは大変心強く、3世、4世になってもDNAは同じ、誇りを持って頑張ってもらいたいと思います。

平成19年8月29日(水)
 玉城中学校合唱部のハーモニー

gassho.jpg

 7月22日に行われた沖縄県合唱コンクールで2年連続で金賞を受賞した玉城中学校合唱部が九州大会出場の報告に訪れ、日頃の練習の成果を披露してくれました。
 九州大会でも、自信を持ち、これまでの練習の成果を発揮すれば良い結果を得られることと期待します。 

平成19年8月24日(金)
 まちづくり市民会議より提言書

 siminkaigi.jpg

市の総合計画策定にあたり、市民と行政の協働による策定を進めるため設置したまちづくり市民会議(委員24名)の代表6名が市民会議の提言書を提出に訪れました。 上間一昭座長は「7回の議論を経てすばらしい提言になった。市民会議終了後もOB会を作り、市と一緒になって住みよいまちづくりのため頑張りたい」と話してくれました。
 市民会議の委員や市民からは、南城市の良さや魅力を活かし、共にまちづくりを担っていこうという気概が感じられ、とても頼もしく思います。
 貴重なご提言をいただき感謝申し上げます。

平成19年8月10日(金)
 照屋大志君が日本代表に選出!交流大会へ

teruyataisi.jpg

 島尻ベースボールクラブで活躍する照屋大志君(玉城中3年生)が日本ポニーベースボール協会で日本代表に選出され、日米親善交流大会へ出場することが決定したことを報告に訪れました。
 照屋君は、キャッチャーで4番とチームの大黒柱として8月14日(火)から渡米します。
 「ヒットをたくさん打って、本場アメリカに負けない」と抱負を語ってくれました。 

平成19年8月3日(金)
 沖縄より暑い国、セネガルより打楽器舞踏団が南城市へ

senegal.jpg

 2007沖縄南城市&アフリカ・セネガル国際文化交流事業「響け!セネガル 愛と平和への祈り」でセネガルより南城市を訪れたTHE PEACE IN LOVE PERCUSSIONSが本庁舎を訪れ、ロビーでパフォーマンスを披露してくれました。
 保育所の子ども達も迫力ある演奏と初めて見る楽器に興味津々でした。 

平成19年7月19日(木)
 台風4号被害を視察 高市早苗沖縄担当相

takaitidaijinn.JPG

台風4号による被害状況を視察するため来県、奧武漁港の被害状況を視察した高市早苗沖縄担当相へ被害説明を行いました。
 高市沖縄担当相は「早急な復旧へむけ、農林水産相とも国庫負担金をどうするかなど相談たい」と話されました。
 奧武漁港は高潮により、臨海道路が約120mに渡りアスファルトがはがれ、護岸72.5mが崩れ落ちる被害を受けました。

 

平成19年7月18日(水)
 1学期の活躍を報告、知念小学校

tinensho.jpg

 知念小学校の児童が少年野球や陸上、柔道での活躍を報告に訪ねました。
 具志堅秀樹君(知念イーグルス、ボール投げ)は「四国大会では、一生懸命頑張ってベスト4にははいりたい」
 松瀬篤紀君(柔道)は「全国でも精一杯頑張ってくるので応援お願いします」と抱負を述べました。

○知念イーグルス(少年野球)四国(徳島県)大会へ出場!
 第
22回大鳴門橋学童軟式野球大会(83日~7日)
○具志堅秀樹君(知念イーグルス、ピッチャー)陸上競技ボール投げ、
6
 第
23回全国小学生陸上競技交流大会(727日~28日)
○松瀬篤紀君(与那原署スポーツ少年団若駒励心会柔道部
A所属)
 
東京講道館で行われる柔道大会に参加(108日)


平成19年7月17日(火)


 大成電機製作所20周年を記念してご寄付をいただきました。

taisei.jpg

 大成電機製作所(大里字大城) 代表取締役社長吉田敏彦様より設立20周年を記念したご寄付をいただきました。
 吉田様は「地域のご指導のおかげでこれまでやってこれました。このような形で恩返しができて喜んでいます」と話されました。
 いただいたご寄付は南城市人材育成基金に積み立て活用させていただきます。ありがとうございました。

平成19年7月5日(木)
 広域通信制星槎高等学校が全国大会へ

seiryo.jpg

 沖縄県高等学校定時制・通信制夏期体育大会で星槎高等学校(沖縄市)バスケットボール部が優勝し全国大会出場の報告に訪れました。
 バスケットボール部には大城尚志君(大里字大城)も所属しており全国大会での活躍が期待されます。

平成19年7月5日(木)
 中学生・高校生海外短期留学プログラム参加者が来庁

tankiryugaku.jpg

 南城市中学生・高校生海外短期留学事業でアメリカ、セントジョーンズ大学へ短期留学する参加者が、出発を前に関係者と訪れました。
 参加者を代表して、大里中学校2年生、津波古貴也君は「生きた英語にたくさん接して今までと違う自分になれると思う」と話し、向陽高校3年生、嶺井美知瑠さんは「今まで学習した英語力を試すいい機会だと思う。積極的に話しかけ会話のスキルアップを図りたい」と抱負を述べました。

平成19年7月2日(月)
 これまで市民サービスを行ってきた4分庁舎方式から、窓口サービスの強化、サービスの改善を図るため、本日より庁舎を統合し2分庁舎でサービスを行います。市民サービスで関連する部署を同じ庁舎におき、庁舎間の移動を極力減らしました。
 各地区に設置している市民課窓口につきましても市民サービス向上のため、戸籍を電算化し、どの窓口でも証明書発行ができ、処理時間も短縮致しました。他にも水道事業料金システムの端末を設置し、上下水道料金の支払い、納付書の再発行などが行えるようになりました。
 これからも市民サービス向上のため努力していきますので、ご協力宜しくお願い致します。

平成19年7月1日(日)
 歴史学習体験施設「緑の館・セーファ」の入館料を徴収することになりました。自然、歴史文化遺産を保全する為に頑張りますので御協力宜しくお願い致します。
  初日の入館者数 667名   入館料 124,450円  でした。
 ありがとうございます。

平成19年6月27日(水)
 島袋区女性会が来庁

simabukujoseikai.JPG

 島袋区女性会が、島袋コミュニティセンター落成式出席のお礼に訪ねてこられました。
 式典では女性会の華やかな余興で盛り上げてくれました。

平成19年5月22日(火)~25日(金)
九州市長会へ出席

tikugosityou2.jpg

 九州市長会の中で、5月30日(水)に開催されるチャレンジデー2007で対戦する福岡県筑後市の桑野照史市長とあいさつを交わし、「当日はお互い正々堂々と戦おう」と誓い合った。

平成19年5月14日(月)
那覇防衛施設局長へ表敬訪問

平成19年5月11日(金)
5・15平和行進激励挨拶(玉城中央公民館)

平成19年5月9日(月)
沖縄総合通信事務所長へ表敬訪問

平成19年5月7日(月)
アメリカ留学視察報告記者会見

平成19年4月24日(火)~平成19年5月3日(木)
米国短期留学地視察

平成19年4月23日(月)
sityou-bouryokuhaijo.JPG

市長応接室で南城市不当要求行為等の防止に関する協定書が南城市と与那原警察署の間で結ばれました。
市の事務事業に対して、暴力団等が不正な利益を得る目的で行う「行政対象暴力」を排除するため照会等相互連携を図っていきます。

 



平成19年4月19日(木)~平成19年4月22日(日)
中国蘇州市訪問

平成19年4月16日(月)
市町村新採用職員研修講話(自治研修所)

平成19年4月8日(日)
グスクロード公園清掃

平成19年4月3日(火)
「学校の命の森づくり」in久高島(宮脇昭氏講演会)

平成19年4月2日(月)
新採用4人を含む職員に辞令を交付

平成19年3月26日(月)
久高小中学校市長表敬

kudaka-s-hyoukei.JPG

平成18年度、久高小中学校の児童が国、県、地区で145の表彰を受け、めざましい活躍があったことから昨年度の活躍をまとめて市長へ報告に訪れた。
古謝市長は「恵まれた自然環境の中ですばらしい教育を受けた久高島の児童が全国または沖縄県レベルで成果を発揮したということは大変すばらしい。これからもお互い頑張っていこう」と激励した。




平成19年3月24日(土)
南城市に夏が到来!
沖縄本島で一番早い海開き
 
暑い日差しの下、あざまサンサンビーチで海開きが行われました。テープカットの後、子供たちは我先にと海に飛び込み大はしゃぎ!
 サザエのつかみ取り、ビーチバレー、ビーチサッカーなど多くの参加がありました。
IMG_0154.JPG IMG_0263.JPG

平成19年3月23日(金)
  市長杯 老人クラブ ゲートボール大会(場所:内原公園)

平成19年3月18日(日)
  なんぶトリムマラソン大会
  仲井眞弘多県知事との懇談会(場所:知事公舎)
   知名伝統芸能公演(場所:知念社会福祉センター)

平成19年3月12日(月)
  財務省、国交省、内閣省要請(東京都)

平成19年3月11日(日)
   市身体障害者福祉協会結成総会(場所:市老人福祉センター)

平成19年2月4日(日)
  誕生1周年記念式典 盛大に祝う
  
文化センター・シュガーホールにて行われ、式典では、旧町村長へ総務大臣より
 表彰状が授与され、合併功労者へ感謝状が授与されました。
  その後、祝賀会が開催され多くの参加者で南城市誕生1周年を祝いました。
IMG_0071.JPG 

平成19年2月1日(木)
  婦人連合会役員と意見交換会
  今後の婦人連合会の運営及び市との共同講演会の開催、子供の居場所づくりなどについて意見交流会を持ちました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ