南城市公式webサイト

ようこそ市長室へ

このページでは、市長のプロフィールや予定、日々の主な出来事などを紹介しています。

ホーム > ようこそ市長室へ

バックナンバー

日々のできごと

2011年12月 2日

カナダでの古武術普及により感謝状、城間清範氏来訪

感謝状を手に城間清範氏(左)と。

琉球王家宮廷武術武舞・舞手合戦取手返連合会宗家の城間清会長が来訪。城間さんがカナダを来訪した際、現地での古武術普及が認められ、オンタリオ州の国会議員等から感謝状を贈られたとのことです。

古謝市長は「ぜひこれからも古武道に励み、沖縄の精神文化を伝えて下さい」と激励しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年12月 1日

南城市のごみ問題を考える集い

古謝市長自らごみ問題を説明南城市内の知念、玉城、大里地域のごみは島尻環境美化センターで焼却していますが、同センターは築31年が経過し、施設の老朽化等で様々な弊害が生じています。安定的なごみ処理のあり方について解決策をみんなで考えるため、「ごみ問題を考える集い」を玉城中央公民館で開催しました。

古謝市長は短期的に解決しなければならない課題として、
①施設の老朽化
②既存の県内最終処分場から受入が困難とされ行き場を失いつつある焼却残さの処理
③市内で佐敷地域のみ東部清掃組合の域に組み入れられているいびつな処理形態
を提示した上で、来場者に「市全体のために問題をどう解決していくか、みんなで考える必要がある」と訴えました。

また、古謝市長が沖縄本島南部の一体的な最終処分場のあり方を考える「サザンクリーンセンター推進協議会」(サザン協)で、島尻環境美化センターを閉鎖した跡地に最終処分場を15年の期限付きで設置し、期限後は他市町村への輪番制を設けるという提案をしたことについて、会場からは「安全性が心配だ」との不安視する意見や、「輪番の次の候補地を決めるなどの担保が必要だ」との条件付き賛成の意見などが出されました。

古謝市長は安全性について「最終処分場の形態は焼却灰の飛散やにおいを出さない被覆型もある。それでも地下水汚染が心配だったが、現在では濾過技術で安全性が確保できることが確認されている」と説明。また、「市民の皆さんと協力して、理解を得ながら解決を図りたい」と協力を求めました。

その他、会場からは「クリーン指導員の設置を強化し、ごみ分別を徹底すべき」「ごみ問題を真剣に考える環境づくりが必要」など、ごみ減量化を併せて進めるべきとの意見も出されました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年11月 1日

ようこそ市長室へ(平成23年11月)

平成23年11月27日 津波古公民館落成式典・祝賀会

津波古公民館落成のテープカット 広くて天井の高いホールと立派なステージ

新しい津波古公民館の落成! 式典と祝賀会が同公民館で行われました。前公民館は復帰前の1966年に完成。40年以上が経過しており、老朽化が課題となっていました。

建設に際しては区民からアンケートをとるなど、平成17年から建設検討委員会を立ち上げ活動。バリアフリー設計となっており、冠婚葬祭、生涯学習、伝統芸能の継承、子育てサロン、各種団体の活動拠点など様々な機能を実現できる施設です。

瀬底正人区長は「十分な機能を持った施設。後世に誇れる」とあいさつ。

古謝市長は「コミュニティの活動拠点として、住みよい地域づくりに役立ててほしい」と祝辞を述べました。


平成23年11月25日 南城市 市民平和の日 答申

平和の日選定委員より答申

9月に委嘱された南城市市民平和の日選定委員から、南城市独自の平和の日を8月10日とするとの答申が古謝市長へされました。

石嶺眞吉委員長は「戦争だけを捉えるのではなく、DVや虐待という社会問題も含めて検討しました。『心』の持ち方から戦争にもつながるという観点から、南城市の地形でもある『ハート(8・10)』という意味合いで日にちを決定しました。市民、次世代の子どもたちに啓蒙しながら事業に取り組んでほしい」とコメント。

古謝市長は「ハートで8月10日とは、ハッとさせられました(笑)。平和とは幸せな世の中。幸せな家庭、幸せな社会をつくっていくことが大切です。沖縄らしさを守りながら、平和を発信することが重要。市民への浸透を図っていきたい」と話しました。


平成23年11月25日 南城名物くるまえびせんべい 記者発表

えびの旨みがたっぷり入ったえびせんべい 左から古謝市長、板馬養殖センター 照喜名朗社長、南城市観光協会 潮平隆会長 

エビ養殖の板馬養殖センターから「南城名物くるまえびせんべい」が発売されました。お土産やおつまみにぴったりな3つの味が計12枚と、豪快にプレスされたくるまえび丸1匹がセット。当初はがんじゅう駅・南城で発売されます。

古謝市長は「抗生物質不使用の安心・安全なくるまえびの旨みがつまったせんべい。車エビ自体も昨年度から個体密度を減らすなど工夫をしたら今まで以上に成長が早く、どこにもない大物が育っている」とPRしました。

同センターの照喜名朗社長は「観光客だけでなく、まずは地元の人たちから美味しいと言われるよう地道に頑張っていきたい」と意気込みを語りました。


平成23年11月25日 ECOスピリットライド&ウォーク記者発表

ECO スピリットライド&ウォーク記者発表

昨年まで開催していた南城市内の地域資源を巡るウォーキング大会「東御廻り 国際ジョイアスロン」とサイクリング大会「ECOスピリットライド」は発展的に統合され、今回から「ECOスピリットライド&ウォーク」として実施されます。その記者発表がユインチホテル南城で行われました。

大会実行委員長である古謝市長は「自然を敬ってきた琉球の精神文化に触れ、祖先を敬うこともECOのひとつであるととらえ、その文化を守るスピリットを通じて環境保護を実践していければと願っています」と大会の主旨を説明。

2012年3月25日に開催予定で、参加募集期間は2011年12月5日~2012年1月31日。詳細は大会公式ホームページをご覧ください。

 

平成23年11月23日 東日本大震災避難者等交流会

移住者の皆さんと記念撮影

 

東日本大震災の影響で南城市内に避難・移住されている皆さんの交流会が、ユインチホテル南城で行われました。

古謝市長は「沖縄はイチャリバチョーデー(出会えば皆兄弟)の精神が育まれている地。特に琉球開びゃく神話の地として自然が多く残るこの南城の地で心を休めてください」と避難者の皆さんをいたわりました。

参加者の皆さんはそれぞれの状況を分かち合い、お互いに励まし合いながら楽しいひと時を過ごした様子でした。参加者のおひとりは「物質的な面で様々なご支援いただきましたが、なにより精神面で支えられ、ありがたく思っています。これからは少しでも南城にお返しできるようにと思っています」とお話いただきました。


平成23年11月21日~22日 全国史跡整備市町村協議会総会・陳情活動

20111128平成23~1.JPG

東京都千代田区のホテルニューオータニで平成23年度全国史跡整備市町村協議会総会が開催され、沖縄地区史跡整備市町村協議会会長でもある南城市長古謝景春が引き続き理事として役員選任されました。総会終了後は、沖縄県選出国会議員8名への陳情活動を行い、衆議院議員の照屋寛徳氏へ史跡保全議員連盟のご加盟願いをしたところ、深い理解を得られ、さらに激励のお言葉もいただきました。他の国会議員7名は公務出張等のため不在で、秘書対応でありましたが、平成24年度国都道府県予算において、史跡等の買上げ、整備・活用、埋蔵文化財の発掘調査等の充実に格段の措置を講ぜられることを要望しました。

 

平成23年11月19日 第4回 半島芸術祭 in 南城

野菜の生け花展に感心!

知念半島全体をイベント会場に見立てて、市内の工房やカフェで開催される各種企画を巡る「半島芸術祭 in 南城」のオープニングセレモニーが、知念社会福祉センターで行われました。

古謝市長は「市民手づくりの本芸術祭は、市の基本方針である『人の和が支える市民主役の協同のまちづくり』にふさわしい活動。地域力を高める上で大変喜ばしい限りです」とあいさつしました。

27日までの期間中、南城市内の45のコア会場に多くの方が訪れました。

 

平成23年11月15日 中国江蘇省から料理師団来訪

111115IMG_4910
中国江蘇省料理協会の呉協平副会長(左)と談話

11月17日~18日に那覇市で行われる江蘇料理フェア2011(主催:除葆光の道を歩もう会)のために来沖した料理人の皆さんが市長室を表敬。昨年は南城市内で「蘇州料理フェア」を開催しています。 古謝市長は「ようこそ我が南城市へ」と歓迎。「江蘇省の歴史文化の活かし方は我が市としても大変参考になります。特に食文化に関して料理フェアを開くことは意義深く、成功裏に終えることを祈念します」とあいさつ。 訪問団からは江蘇省江陰市の市長からの親書として「グルメは世界の『言葉』。今回のイベントを通して友好親善を深め、これを機会に双方向の実質的な交流事業を切に希望します」と読み上げられました。

平成23年11月15日 船越区、健康づくりの優良団体として表彰

111115IMG_4861
船越区の新屋区長(右から2人目)はじめ、表彰を報告

11月6日に糸満市で行われた「南部地区健康おきなわ21推進大会」で船越区が地域の健康づくり実践優良団体として表彰され、区民の皆さんが市長室へ報告に訪れました。健康づくり推進員の設置等、先進的な活動が周囲の地域への波及をもたらしたとして評価されました。 新屋区長は「当初は健康づくり推進員6名からはじまったが、現在では23名が頑張っている」として、特定検診受診率アップに更なる意欲を語りました。 古謝市長は「船越区の活動が周囲に影響を与えたことは素晴らしい。今後も健康づくりを通してコミュニティの活性化に頑張ってほしい」と激励しました。

平成23年11月12日 南城市健康づくり推進大会

111112IMG_4788
古謝市長があいさつ
111112IMG_4799
特定検診受診率上位の地域を表彰

シュガーホールで南城市健康づくり推進大会が開催され、各地域の健康づくり推進員や日ごろ健康づくりに関心のある市民が参加し、特定検診受診率の優秀な地域への表彰や糖尿病に関する講演会、健康づくりを実践しているパネラーのシンポジウムが行われました。

古謝市長は冒頭のあいさつで「第63回保健文化賞を受賞した直後の大会と言うことできわめて意義のある大会。今回の受賞に慢心することなく、健康という素晴らしい財産を南城市の宝として光輝かせるため、何をすべきか真摯に考え実行していくための機会」と呼びかけました。

平成23年11月6日 マラソンを通して国際交流

111106IMG_4702
古謝市長「イチャリバチョーデーの精神を活かし、世界平和に貢献できれば」
111106IMG_4745
各地域の舞踊をみんなで踊って大盛り上がり!

尚巴志ハーフマラソンの終了後、佐敷老人福祉センターで台湾、日本本土、沖縄の大交流会が開催されました(主催:尚巴志倶楽部)。尚巴志倶楽部が中国や台湾、姉妹都市の宮崎県高千穂町のマラソン大会に参加する中で、今回の大交流会が実現。

交流会では高千穂町の「刈干切唄」が披露されたほか、福岡県ミズホ走遊会の皆さんが炭坑節を、台湾の皆さんが現地の舞踊を披露するたびに全員参加で踊り、盛り上がりました。

台湾選手団の曽太平さんが「マラソンを通して民間の国際交流に貢献した。尚巴志ハーフマラソンでは沿道の温かい応援が印象深かった。一生忘れることはない。南城市、愛してます!」と述べると、会場から大きな拍手が湧きあがりました。

平成23年11月6日 10回記念大会!尚巴志ハーフマラソン in 南城市

111106IMG_4461
9590人のランナーが出走
111106IMG_4696
ハーフの部優勝の末松隆二さん(中央)。
南城市のキャラ、立体版「なんじぃ」も初登場。

今回で第10回の記念大会となる「尚巴志ハーフマラソン in 南城市」大会が、シュガーホール前を発着点に開催されました。ハーフ・10km・3kmの3コースに、過去最多の9590人が出走。8190人が完走しました(完走率:85.4%、詳細は公式ホームページ)。

平成23年11月5日 市民大学ほか市民が結婚披露宴をサポート

111105IMG_4283
地産地消、手づくりの料理が並ぶ
111105IMG_4297
古謝市長も祝辞を述べました なんじょう市民大学、南城魂会、久高島振興会など南城市民がサポートする結婚披露宴が行われました。

当初は太平洋と久高島を見渡す知念岬公園での予定でしたが、雨天のため知念社会福祉センターで開催。

新郎の今津新之助さんがなんじょう市民大学のコーディネートに関わる中で、市民大学生の中から提案があり実現。南城市観光協会などと連携しながら、南城市での新しいガーデンウェディングのモデルを作ろうと計画を進めてきました。

あいにくの雨でガーデンウェディングは実現しませんでしたが、イラブー汁など南城市の特産をふんだんに使用した料理がふるまわれ、温かい雰囲気で披露宴は進行しました。

古謝市長は「沖縄では『ゆがふ雨』と言って縁起のいい雨。南城のまちづくりに関わっていただいている新郎の今津さんは、これだけの市民をひきつける信頼の厚い人物。この地を発展に導いてくれることに期待します」と祝辞を述べました。

平成23年11月4日 沖縄県食肉センター畜産物処理加工施設稼働

111104DSC_0528
仲井眞県知事ほかも参列しテープカット

南城市大里に建築中だった(株)沖縄県食肉センターの新しい畜産物処理加工施設の全面稼働が始まり、セレモニーが同施設で行われました。
新しい処理加工施設では、1日1200頭をと畜できる豚処理施設のほか、牛処理施設、山羊処理施設、汚水処理施設も併設。
創業以来40年が経過し老朽化が課題だった旧施設に代わり、安全・安心・高度な衛生管理対策を強化した施設に生まれ変わりました。

平成23年11月4日 台湾から尚巴志ハーフマラソンへ選手団が来沖

111104DSC_0494
台湾からの選手団

尚巴志ハーフマラソンを前に、台湾から40名余の選手団が来沖しました。尚巴志ハーフマラソンを支援する尚巴志倶楽部の招待によるもの。
古謝市長も一緒に那覇空港国際線ターミナルで選手団を出迎え、「我が沖縄県、そして南城市を楽しんでほしい」と歓迎しました。

平成23年11月2日 多良川様より尚巴志ハーフマラソンへ寄付

111103IMG_4097
多良川様より贈呈
111103IMG_4100
入賞者への景品となるプレミアムな泡盛

(株)多良川様より、尚巴志ハーフマラソンの優勝者に手渡される古酒琉球王朝の甕を贈呈いただきました。このほか、ハーフの部に10回連続で完走したランナーに贈られる記念ボトル10本セットや、南城市民の上位者に贈られる多良川賞の記念品も古酒琉球王朝。どこでも購入できない非売品となっています。

平成23年11月2日 ざまみダンボール様より尚巴志ハーフマラソンへ寄付

111102IMG_4091
ざまみダンボール様より応援パーランクーを頂きました
111103IMG_4094
ダンボール製のパーランクー

(株)ざまみダンボール様より、尚巴志ハーフマラソンに活用してほしいと、ダンボール製の応援パーランクー制作キット2000セットを頂きました。

市内の幼稚園・保育園に配布され、子どもたちが組み立てる予定。毎年人気の応援グッズとなっています。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年10月 1日

ようこそ市長室へ(平成23年10月)

平成23年10月27日 指導農業士、女性農業士認定

201111027.JPGのサムネイル画像  11月18日に沖縄県より上原俊一さんが指導農業士、大城初美さんが女性農業士として認定証書が交付されました。

農業経営や地域での活動が認められたものであります。古謝市長は、今後も南城市の農業発展のため後継者育成に取り組んでほしいと述べました。

 

平成23年10月25日 第63回保健文化賞受賞

保健文化賞受賞1.jpg 保健文化賞受賞3.jpg
保健文化賞贈呈式記念撮影   
保健文化賞受賞2.jpg
皇居にて記念撮影

第63回「保健文化賞」受賞式・祝賀会がホテルオークラ東京で盛大に行われ、南城市が県内自治体として初めて受賞しました。

地域の歴史的背景、気候条件等の特性を考慮に入れた実態把握や医療費分析結果から、課題を明らかにし、生活習慣病予防に着目した保健活動を行い、受信率や保健指導率を向上させている。また、医療費分析を基にした健康啓発により住民の主体的な健康づくり活動の推進にも貢献していることが今回の受賞と至っています。
また、天皇・皇后両陛下のご拝謁を賜る事ができたそうです。

平成23年10月19日 南城市商工会様より寄付

111019IMG_3591.jpgのサムネイル画像
市商工会の潮平隆会長(中央)

仲間美智秀副会長(右)より

寄付金贈呈

10月18日に開催された地域振興支援資金造成ゴルフ大会での資金60万円を、南城市商工会様よりご寄付いただきました。

古謝市長は「経営環境が厳しい中ありがとうございます」と感謝を述べました。

頂いたご寄付は尚巴志ハーフマラソンをはじめとするスポーツ大会や世界のウチナーンチュ大会などに活用いたします。

 

平成23年10月18日 ウェルネス会員に登録

111018IMG_3583.jpg
体内年齢が実年齢より8歳若い!

111018IMG_3585.jpg
体重や体脂肪率を登録

南城市は観光客や市民の健康をサポートするウェルネス事業を推進しています。この日、南城ウェルネスポータルサイトに古謝市長も会員登録。体重や体脂肪率などを登録しました。

市民の皆さまや南城市を訪れる観光客の皆さまもぜひ会員登録をお願いします。
http://www.nanjo-wellness.com/

 

平成23年10月14日 世界のウチナーンチュ大会 南城市歓迎の夕べ

111014IMG_3523.jpgのサムネイル画像
世界のウチナーンチュと交流を深めました

12日~16日に行われた世界のウチナーンチュ大会に関係し、南城市でも歓迎の夕べを玉城中央公民館で開催しました(詳細:なんじょう日記)。

古謝市長は「ようこそふるさと南城市へ」と歓迎。「皆さんは私たち南城市民にとって大きな誇りであり、力強い貴重な人的財産。これを機会にお互いの絆を深め、世代を超えた相互交流を一層推進したい」とあいさつしました。

 

平成23年10月9日 船越区カジマヤー祝

111009IMG_3187.jpg
道ジュネーで地域を廻る

糸数太吉さん(中央)と湧上豊さん(右)

111009IMG_3199.jpg
 あやかりの盃を受ける古謝市長

船越区でカジマヤー祝が行われました。カジマヤーを迎えられたのは糸数太吉さんと湧上豊さんのお二人。飾り付けられた軽トラックで地域内を道ジュネー(パレード)。3か所で青年たちによる棒術や女性たちによるカジマヤーの踊りが披露され、地域全体でお二人の長寿を祝いました。

新屋清美区長は「お二人がそろって元気でカジマヤーを迎えられたことは区民一同喜びに沸いています。また、男性のカジマヤーは区の歴史の中で戦後初。大変うれしくあやかりたい」とあいさつ。

太吉さんは「区民が一丸となって祝ってくれた事を心強く思う。明日からは100歳を目指す。今日はあやかって、皆さんもカジマヤーを迎えてほしい」、豊さんは「いろんな難儀、苦労があったが、乗り越えられたのは区民のおかげ。残された人生を神様がお迎えに来るまで元気に楽しく暮らしていきたい」とあいさつしました。

 

平成23年10月9日 尚巴志ハーフマラソン試走会

111009IMG_3072.jpg
古謝市長もあいさつ

111009IMG_3090.jpg
 本番と同じシュガーホール

駐車場前からスタート

第10回記念大会となる尚巴志ハーフマラソンまでおよそ1ヵ月(2011年11月6日開催)。本番に向けて試走会が行われました(主催:尚巴志倶楽部)。

本番と同じ時刻、同じスタート地点からスタート。参加者は2時間かけてコースの状態や各々のコンディションを確認しました。

 

平成23年10月6日 南城市敬老会

111006IMG_2994.jpg
古謝市長「今の南城市の発展は皆さまが

精いっぱい生きてきたおかげ。

正しく後進を導いて下さったことに感謝」

111006IMG_3031.jpg
劇団「歌たい舞うたい」の愉快な歌舞劇

市内の70歳以上の方を対象に南城市敬老会を催しました。今年はユインチホテル南城を会場に、佐敷・大里地区を午前、玉城・知念地区を午後に分けて開催。

幼稚園児のエイサーで和んだ後は、劇団「歌たい舞うたい」の舞踊やテンポの良い歌舞劇で楽しみました。

 

平成23年10月4日 カジマヤー慶祝訪問

111004IMG_2987.jpg
家族にかこまれて祝!カジマヤー!

旧暦9月7日に97歳の長寿の祝う沖縄の伝統行事「カジマヤー」。

今回、希望のあった4名の方を慶祝訪問しました。訪問したお宅ではあやかりの杯や昆布がふるまわれました。古謝市長は4名の方々に「100歳祝いでまた来ますからね」と約束。

今年、南城市では39名の方がカジマヤーを迎えられます。

 

平成23年10月4日 赤い羽根共同募金 厚生労働大臣メッセージ伝達式

111004IMG_2962.jpg
市社会福祉協議会の阿嘉会長からメッセージ伝達

今年も赤い羽根共同募金の運動期間が始まりました。市社会福祉協議会の阿嘉会長から、運動が始まった旨の厚生労働大臣メッセージ伝達を受けました。運動期間は今年の年末まで。

例年、南城市は目標額を達成しており、県内市部の中でも最も高い達成率です。

今年の目標金額は7,694,000円。地域の社会福祉向上のために、ご協力宜しくお願いいたします。

 

平成23年10月3日 おきでんシュガーホール新人演奏会記者発表

111003-shinjinenso.jpg
記者発表する古謝市長

今年で18回目となる新人演奏家の登竜門「おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション」の記者発表が那覇市のおきでんふれあいプラザで行われ、その中で応募要項も発表されました。

応募締め切りは2012年1月13日。お問い合わせはシュガーホール(電話 098-947-1100)まで。

 

平成23年10月2日 第6回南城市陸上競技大会

111002IMG_2876.jpg
古謝市長が祝辞

111002IMG_2811.jpg
 地域の威信をかけた戦い!

南城市陸上競技大会が南城市陸上競技場で開催されました(主催:南城市体育協会)。各地区対抗で、トラック競技とフィールド競技を競いました。

また、スポーツ功労者として呉屋善永氏と楚南幸明氏が、優秀競技者として具志堅美沙希さんが表彰されました。

 

平成23年10月1日 知念中学校野球部 県大会3冠達成祝賀会

111001MG_2736.jpg
野球部員たちに祝辞

知念中学校野球部が県大会3冠を達成したことを祝う祝賀会が知念社会福祉センターで行われました。

古謝市長は「市全体の歴史に残る大きな喜びです。王者としてのチームスピリットを学校生活に活かし、全生徒の模範となってください」と祝辞を述べました。

詳細:なんじょう日記

 

平成23年バックナンバー: 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年9月 1日

ようこそ市長室へ(平成23年9月)

平成23年9月27日 知念中学校野球部、全国3位!

110927DSC_0830.jpg
銅メダルをして表敬した知念中野球部

知念中学校野球部が文部科学大臣杯第2回全日本少年春季軟式野球大会で堂々3位の成績を収めました。

大田徳斗キャプテンは「1回戦からチームに元気があった。準決勝で負けたのは悔しかったが、3年生にとっては最後の試合でいい経験になりました。ご支援ありがとうございました」とあいさつ。

古謝市長は「この中から高校野球やプロ野球に進む人もいるだろうが、常に感謝の心を忘れずに。感謝の心をもって努力を惜しまず練習に励めば立派な人間になる」と激励しました。

 

 

平成23年9月25日 第2回南城市長杯帆掛サバニレース

110925IMG_1928.jpg
奥武島の海を快走する帆掛サバニ
110925IMG_2025.jpg
ガッツポーズで記念撮影









今年で2回目となる南城市長杯帆掛サバニレースは海人の島・奥武島を舞台に開催されました。

島を周回する勇壮な帆掛サバニ。時に風を味方に、時に風をしのぎながらサバニを操り櫂を漕ぐ参加者に、岸からは観覧客が大きな声援を送っていました。

平成23年9月22日 大城クラウディアさん、宮沢和史さん来訪

20110922DSC_0678.jpg

沖縄で初のソロコンサートを開く

大城クラウディアさん(中央)とTHE BOOMの宮沢和史さん(右)

9月25日(日)にシュガーホールでソロコンサートを行う大城クラウディアさんと、大城さんをプロデュースするTHE BOOMの宮沢和史さんが市長を訪問しました。

大城さんは南城市大里にルーツを持つアルゼンチン日系2世。

「これまで深い縁がありながら南城市と交流する機会がありませんでした。地元との交流を心待ちにしています」とのこと。

コンサートの第1部では大城さんのソロステージ、そして第2部では南城市出身のアーティストと一緒にステージを作り上げます。もちろん、宮沢さんも交えて、あの名曲の大合唱も予定されていますよ!

21日に3枚目のアルバムを発売した大城クラウディアさん。市民みんなで応援していきましょう。

22日現在空席あり! チケット発売のプレイガイドなど、詳しくはコチラ

 

平成23年9月20日 秋の交通安全運動 オクラ大作戦

110920IMG_1816.jpg
信号停車中のドライバーにオクラを配布
110920IMG_1817.jpg
南城市特産のオクラ!

 

 

 

 

 

 

 

 

9月21日~9月30日は「一瞬の 無理と油断が 事故のもと」をスローガンにした秋の交通安全運動期間です。

南城市大里の稲嶺十字路で、早朝、通勤中のドライバーに交通安全を呼び掛けるチラシと一緒にオクラっと危ない らくなる道 イト点灯)を配布しました。

今年に入って県内では約4500件の交通事故が発生。飲酒運転検挙数も去年より3割増しとなっているとのことです。市民の皆さん、安心・安全な南城市のために、飲酒運転は絶対せず、安全運転をお願いいたします!

 

平成23年9月20日 パパイヤ鈴木さん古謝市長表敬

20110920-1.jpg

南城市の新しいイメージキャラクターなんじいをもつ

パパイヤ鈴木さん(写真右)

南城市誕生5周年記念シンポジュウムに特別講演をするパパイヤ鈴木さんが古謝市長を表敬しました。

パパイヤ鈴木さんが手に持っているのは
今月7日に記者発表した新しい南城市のイメージキャラクターのなんじいです。

 古謝市長の持ってるのは南城市のハートの地形イメージしたハートロゴです。

シンポジュウムは10月23日(日)に開催されます。

 

 

 

 

 

平成23年9月20日 玉置尚寛氏より絵画の寄贈

20110920.jpg
玉城グスクを描いた絵画2点

わらび神研究会代表の我喜屋末子さんが市長室を訪れ玉置尚寛氏の絵画2点を寄贈いただきました。

玉置尚寛氏は、残念ながらお見えにならなかったが、我喜屋さんは市長と写った写真で報告しますと述べました。

 

 

 

 

 

平成23年9月16日 大里南小学校ミニバスケットチームが九州制覇

20110916.jpg

8月27、28日に福岡県で開催された第10回みのうカップにおいて大里南小学校ミニバスケットボールチームが九州大会制覇

キャプテンの祖根達樹君は優秀報告で1月に開催される九州大会でも優勝をめざして頑張りたいと力強く挨拶

今大会で最優秀選手に選ばれた屋宜光樹君は、優勝できたのは古謝市長をはじめ皆さんの応援があったからと挨拶。

 

 

 

平成23年9月15日 新百歳慶祝訪問

110915DSC_0630.jpg
総理大臣からの賞状と銀杯を伝達
110915DSC_0651.jpg
手づくりのお守りを頂きました

 

 

 

 

 

 

 

 

110915DSC_0663.jpg
つきしろ区のゲートボール普及に尽くしました

敬老の日を前に、市内の新百歳から希望のあった御三方を慶祝訪問しました。

本土からお嫁に来て苦労された方、今でもビーズを使ったお守りを手づくりされている方、地区のゲートボール普及に尽力された方など、人生いろいろで今でもお元気。

小山松三さんは「100歳を果たしえた喜びはこの上ない。周囲の方々が見守ってくれたおかげ。感謝にたえません」とお話されました。

 

 

 

 

平成23年9月13日 奥武島 新物揚場完成&シヌグ

110913IMG_1793.jpg
整備された新しい物揚場
110913IMG_1804.jpg
「シヌグ」であいさつ

 

 

 

 

 

 

 

 

奥武島の新港に新しい物揚場が整備されました。日中、島の拝所で御願をしたあと、夕方から完成祝賀会を兼ねた「シヌグ」と呼ばれる行事の中で海人たちが酒を酌み交わし交流を深めました。

新物揚場の整備にあたっては、当初、2007年の台風で港が災害に遭った際、視察に訪れた当時の高市沖縄担当大臣に古謝市長が直接物揚場の整備を要請したことがきっかけになっています。

古謝市長は「地域の問題を共有できていたから要請できた。意見交換しながら情報共有をすることが大切」とあいさつしました。

 

平成23年9月8日 南城市市民平和の日選定委員辞令交付式

20110908-12.jpg

8日、南城市役所2階ホールで南城市市民平和の日選定委員の辞令交付式が行われました。

戦後65年以上が過ぎ、悲惨な戦争の記憶が風化されつつある現代において、家族や友人、地域などで改めて「平和」について考える機会として、独自の平和の日を制定します。

 

 

 

 

平成23年9月8日 南城市長杯帆掛サバニレース2011記者発表

2011090811.jpg
南城市長(左)と阿部輝彦大会実行委員長(右)

平成23年9月25日に開催されます南城市長杯帆掛サバニレース2011の記者発表がありました。

今回が2回目となる大会は南城市の奥武島で開催され、コース設定は約10㎞で奥武島の外周2.5㎞を4週するコース設定となっています。

レース終了後、サバニ体験乗船会や、ジャー・パンファン(二胡奏者)のライブ演奏もあります。

 

 

 

 

平成23年9月7日 なんじょうの未来を語る会

110907IMG_1344.jpg
各グループでテーマに沿って議論
110907IMG_1461.jpg
各グループでまとめた地域の課題や将来像を発表

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんじょうの未来を語る会」(主催:同実行委員会)が玉城中央公民館で開催されました。

地域の課題と将来像を語ろうと、なんじょう市民大学のメンバーが中心となって主催。福祉、子育て、農漁業、まちづくり、観光といったテーマに関心のある市民が参加。テーマごとに感じていることや、将来像、提言等を語り合い発表しました。

古謝市長は市民からの提言や疑問にひとつひとつ回答。建設的な議論が行われ、市民協働の、小さいけれども重要なステップが踏まれました。

 

平成23年9月7日 南城市バレーボールクラブ 県大会優勝

clip_image001.jpgのサムネイル画像
県大会で優勝した南城市バレーボールクラブ

 

第57回沖縄県青年大会で南城市バレーボールクラブが見事優勝しました。

南城市バレーボールクラブは、11月11日から開催される全国青年大会への派遣も決定しています。

選手のみなさんは、2年前の大会では3位だったが、今回は優勝を目指すと力強く抱負を述べました。

 

 

 

平成23年9月7日 発表!ハートロゴ&キャラクター

南城市の地形をもとに募集したハートロゴ&キャラクター。全国2645点の応募から見事選ばれた最優秀作品が・・・これ! じゃじゃん!

110907IMG_1240.jpg

誕生!南城市のキャラクター

「なんじぃ」(左)とハートロゴ(右)

 

かわいい~! おじいちゃんをモチーフにした「なんじぃ」(作・藤谷真衣子さん、石川県)と、南城市の花・ハイビスカスをモチーフにしたロゴマーク(作・宇佐美朋子さん、東京都)です!

両作品は10月23日に行われる南城市5周年記念シンポジウムの中で表彰されます。その場でなんと「なんじぃストラップ」もプレゼントされます。尚巴志ハーフマラソンにもなんじぃが登場します。お楽しみに!

ロゴマークは市内の観光案内版や原付ナンバープレートなど様々な場面で使用される予定。古謝市長は「親しみのあるなんじぃとロゴマークで南城市を発信し、地域活性化に役立てていきたい」と期待を述べました。

 

平成23年9月2日 南城市畜産共進会

南部家畜セリ市場(糸満市)にて、第6回南城市畜産共進会が行われ、和牛38頭、山羊31頭が出品されました。

110902DSC_0234.jpg
肉用牛若雌第1類で優等を獲得した瑠依君(写真右)と
110902DSC_0222.jpg
瑠依君がいつも世話している「ゆりさつき」

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の中にただ一人子どもの姿が。小学5年生の瑠依くん。愛牛「ゆめさつき」に、毎日えさをあげたり散歩をしているのだそう。日々のお世話が評価され、肉用牛若雌第1類で見事優等を獲得しました。

 

平成23年バックナンバー: 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年8月 1日

ようこそ市長室へ(平成23年8月)

平成23年8月29日 船越ホワイトタイガース九州大会 準優勝

20110829SC_0616.jpg
九州準優勝の船越ホワイトタイガース

第19回九州選抜学童野球大会で準優勝した船越ホワイトタイガースが市長へ成績を報告。

識名泰斗キャプテンは「目標は優勝だったけど準優勝でくやしい。くやしさをバネにして次の大会では優勝したい」とあいさつ。

古謝市長は「今回は準優勝なのだから次は優勝できるよ」と激励。

 

 

 

 

平成23年8月26日 海岸モデル清掃事業

20110826DSC_0577.jpg
玉城区・中山区の海岸を清掃
20110826DSC_0587.jpg

古謝市長「沖縄は海が資源。豊かで美しい

自然環境を残していこうという気持ちが大切。

皆さんの活動に感謝」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玉城区・中山区の海岸で「海岸モデル清掃事業」(主催:南部農林土木事務所)を実施。市商工会建設部会のほか、地域住民、市シルバー人材センター、県測量建設コンサルタンツ協会の会員の皆さんが参加し、海岸のごみや漂着物、雑草等を除去しました。

 

平成23年8月25日 糸数アブチラガマの安全対策及び管理基金の運用について答申

 20110825-1.jpg
潮平会長(中央)知念委員(右)より答申

糸数アブチラガマ管理運営委員会の潮平隆会長より「糸数アブチラガマの安全対策及び管理基金の運用について」古謝市長へ答申されました。

糸数アブチラガマへの入壕者及び案内ガイドの安全対策の実施を認める答申内容でありました。

 

 

 

 

 

平成23年8月24日 ハートロゴ&イメキャラ審査結果答申

20110824DSC_0544.jpg

前田比呂也委員長(前列右)はじめ

選定委員の皆さんより答申

全国より多数の応募がありました南城市ハートロゴとイメージキャラクター。

本日、選定委員よりロゴおよびキャラクターそれぞれ、採用作品となる最優秀作品1点、優秀作品2点が古謝市長へ答申されました。

作品を見て古謝市長の感想は・・・

「華やかなものがいいかと思っていたが、むしろシンプルで親しみがあるものが発信力になる。選定委員の皆さんの選定理由を見ると的を得ていますね。今後発信していくのは職員・市民の役割。頑張っていきたい」とのこと。

気になる採用作品は・・・正式発表まで今しばらくお待ちください!

 

 

 

平成23年8月23日 佐敷中学校吹奏楽部 南九州地区で最優秀

20110823DSC_0433.jpg
佐敷中学校吹奏楽部の3年生メンバー

佐敷中学校吹奏楽部が沖縄県吹奏楽コンクールで金賞、南九州地区吹奏楽コンテストで県代表として初めて1位となる最優秀賞を獲得し、市長へ報告に訪れました。

部長の平田芽生さんは「佐敷中は県コンクールで13年連続で金賞をとっていたが、私たちが2年のときにそれが途切れた。3年になった今年、思いを果たせたのでうれしい。『努力の数だけ感動がある』という言葉を信じて頑張ってきた」とのコメント。

今後は東京で行われる日本管楽合奏コンテストへの参加を目指しているとのことです。

 

 

 

 

平成23年8月16日 大里南小学校ミニバスケチーム、県優勝

20110816IMG_0325.jpg
沖縄一となった大里南小ミニバスケチーム

大里南小学校ミニバスケチームが沖縄一に! 県夏季大会で見事優勝しました!

祖根達樹キャプテンは「来年1月の九州大会優勝を目指してがんばります!」と早くも次の目標への意気込みを語りました。

 

 

 

 

 

 

平成23年8月16日 南城市電業会様より寄付

20110816.JPG
南城市電業会安次富会長(写真右)より贈呈

第10回尚巴志ハーフマラソン大会の運営に役立ててほしいと南城市電業会の会員の皆様が市長室を訪れ、尚巴志ハーフマラソン大会の実行委員長である古謝市長へ寄付金を贈呈しました。

たいへんありがとうございました。

 

 

 

 

 

平成23年8月15日 シェフ道筆さん、ご来庁~

20110815DSC_0896.jpg

シェフ道筆さん(右)

 

料理家の道筆博さんが古謝市長を訪問。

南城産のマンゴーを使ったジャムとバターを贈呈いただきました。

道筆さんはここ最近ずっと南城市の農家に通いつめて

コミュニケーションをとっているとのこと。

「今は手づくりでやっていますが、来年は量産していきたい。

安全で清潔に量産するためには加工場が必要」と市長に要望。

新発売のマンゴープリンを試食した古謝市長は

「これはいける。

道筆さんが『南城産』として本気でやっていくなら支援したい。

給食センターの統合で施設に空きができる。そこでできないか」と、

その場で関係部署に協力を指示しました。

201108150014.jpg
 南城産マンゴーをふんだんに使った
「ごろごろ完熟マンゴープリン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成23年8月9日 高齢者の電気設備無料点検出発式

20110809DSC_0772.jpg
大里庁舎ロビーで出発式

南城市電業会14社が、市内のひとり暮らし高齢者世帯の電気設備を無料で点検する出発式が大里庁舎ロビーで行われました。

古謝市長は「電気使用量が増える旧盆を前に、高齢者にとっては素晴らしい贈り物」として感謝を述べました。

この後、市電業会の皆さんは民生委員・児童委員の方と同行し、高齢者宅の電気設備を点検しました。

 

 

 

 

平成23年8月8日 東日本大震災支援金を沖縄県副知事へ

20110808.jpg
支援金の目録贈呈

南城市へお寄せいただいた東日本大震災支援金の一部を東日本大震災の被災者支援活動を行っている沖縄県支援対策本部へ届けるため、古謝景春市長は沖縄県の上原良幸副知事を訪ね、支援金300万円の目録を手渡しました。







平成23年8月4日 大城美南海さん、日本女子オープン出場決定!

20110804IMG_9835.jpg

平成23年8月4日 大城美南海さん

日本女子オープン出場決定!

日本女子アマチュアゴルフ選手権のストロークプレーで1位メダリストとなり、9月29日から開催される日本女子オープンゴルフ選手権の出場が決まった大城美南海さんが市長へ報告に訪れました。

大城さんは玉城中学校出身で現在は熊本県の国府高校へ通っています。来年はプロ資格に挑戦するとのこと。

「日本女子オープンはアマチュア最後のチャンスだと思って、ベストアマを獲れるように頑張りたい」と意気込みを語りました。

古謝市長は「プロになったらたくさん賞金を稼いで納税してくださいね」と期待を込めた激励。

 

 

 

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年7月 1日

ようこそ市長室へ(平成23年7月)

平成23年7月28日 大里中学校卓球部 県大会優勝

20110727I.JPG
沖縄県大会で優勝した大里中学校卓球部

第38回沖縄県中学校総合対体育大会で大里中学校が見事優勝をしました。

安里長也世くんはチーム一丸となって頑張った。優勝できたのは、先生をはじめお父さん、お母さんそして周りの支えがあったからと感謝の気持ちを伝えた。

九州大会でもチーム一丸となって全国大会を目指すと力強く挨拶

古謝市長から感謝の気持ちを忘れずに九州大会でも頑張ってほしいと激励

 

 

 

 

平成23年7月28日 知念中学校野球部 県大会優勝

20110727006.jpg
沖縄県大会で優勝した知念中学校野球部

第63回沖縄県中学校野球選手権大会で知念中学校が見事優勝をしました。

優勝報告で、キャプテンの太田徳斗君は九州大会でも自分たちの野球をして優勝を目指したいと力強くあいさつをしました。

古謝市長からは、南城市全体を元気づけられることであり、九州大会でも大きな目標をもって頑張ってほしいと激励。

九州大会は8月4日から長崎県で開催されます。

 

 

 

平成23年7月27日 東日本大震災へ義援金

20110727IMG_0401.JPG
NPOみーばるの会長高嶺朝福会長 (写真中央)より寄付

東日本大震災災害復旧復興義援金24,120円を古謝市長へ託しました。

みーばるの会では3月11日の震災後の翌々の3月13日に募金箱を設置し、3月13日と4月24日の朝市の事業の中で募金活動を行いました。

 

 

 

 

 

 

平成23年7月25日 船越ホワイトタイガース優勝報告

20110725005.jpg
市長・教育長と船越ホワイトタイガース

第107回沖縄県野球連盟南部支部学童部Aブロック夏季野球大会で見事優勝した船越ホワイトタイガースが市長と教育長へ優勝の報告をしました

船越ホワイトタイガースは、第110回沖縄県学童軟式野球大会及び第17回おきでん旗争奪学童軟式野球大会でも3位入賞と頑張っています。






平成23年7月13日 道路整備促進期成同盟会全国協議会政府要請

20110713.jpg
要請行動をする南城市長(写真左)

道路整備促進期成同盟会全国協議の常任理事である南城市長をはじめとする代表6名が民主党陳情要請対応本部へ要請行動を行いました。

道路整備をはじめとした社会資本整備の一括交付金について、市町村と十分な協議を行わないまま、制度を導入することがないよう要請しました。

 

 

 

 

 

平成23年7月11日 沖縄芸術大学デザイン専攻学生市長表敬

20110711IMG_.JPG
説明を受ける学生

沖縄県立芸術大学デザイン専攻学生20名が市長を表敬しました。

南城市の地域資源を発掘し、学生の柔軟で斬新なアイデアにより、南城市の特産品開発にについて共同研究を行います。

南城市について説明を受けた後、がんじゅう駅・花野果村・ハーブ農園を視察しました。

 

 

 

 

 

平成23年7月5日 尚巴志ハーフマラソン記者発表

110705DSC_0558.jpg

古謝市長「南城市全体が癒しの空間。

ハーフマラソンを通してみんなが元気になってもらいたい」

11月6日に開催される尚巴志ハーフマラソン in 南城市の記者発表が、尚巴志が祀られている月代の宮で行われました。

今回は記念すべき第10回大会。

10回連続で完走しているランナーへの表彰や、序盤にして最大の難関である上り坂「新里ビラ」のタイムを測定するなどの新企画も発表されました。

申込期間は7月7日(木)~8月5日(金)。詳細は尚巴志ハーフマラソンホームページへ。

 

 

 

 

平成23年7月4日 那覇県税事務所の短期併任職員辞令交付式

110704IMG_0347.JPG
那覇県税事務所からの併任職員(7名)

7月1日から2月29日までの間、那覇県税事務所から7名の短期併任職員が派遣されることになり、辞令交付式が行われました。週に3日程度、南城市税務課で勤務することになります。

南城市税務課職員の滞納整理技術(主に不動産公売やインターネット公売の実施等)の向上や滞納処分をする際の捜索技術の向上と態勢強化を目的としています。

それと並行して南城市税務課職員の短期併任職員として、那覇県税事務所において実務研修が行われます。

 

 

 

平成23年7月4日 海外短期留学の生徒たちが表敬

110704IMG_0353.JPG
大きな目標を胸に!

アメリカミネソタ州のセントジョーンズ大学にキャンパスステイする南城市の生徒たちが、市長を表敬訪問しました。

生徒たちは英語力を身につけたい。大リーグ観戦をしたい等一人一人が目標を述べました。

古謝市長は、「この留学をきっかけに世界的な人間になってほしい」と激励しました。

 

 

 

 

平成23年7月4日 南城市障がい者ふれあい交流会

110704DSC_0490.jpg
古謝市長もペタンク!

障がい者の交流や体力の増進を図るため、南城市障がい者ふれあい交流会が大里農村環境改善センターで開催されました。

古謝市長もペタンクゲームに参加。障がい者の皆さんや福祉団体の皆さんと楽しく交流しました。

 

 

 

 

 

平成23年7月2日 祝!市制施行5周年記念式典

110702DSC_0298.jpg
功労賞を受けた方々と記念撮影

あれから5年。シュガーホールで南城市制施行5周年記念式典が行われました。

古謝市長は式辞の中で「激動する時代の変革期にあって、先人から受けついだ地域資源に磨きをかけ、市民の絆と地域力を原動力として、さらなる発展につなげていかなければならない」と話しました。

5年間の歩みを振り返るスライド上映では、出席者も感無量の表情。

15人の方に功労賞、6人の方に特別表彰が贈られました。

シュガーホールジュニアコーラス、ウイングスなんじょう、シルバーコーラスきらりが歌声で式典を彩りました。

 

 

平成23年7月1日 広域行政窓口サービス開始式

110701DSC_0048.jpg
2市3町の首長とテープカット

市外で各種証明書が取得できたら・・・と思ったことはありませんか?

この度、南城市・豊見城市・八重瀬町・与那原町・南風原町が広域行政窓口サービスを開始しました。

これにより、上記2市3町の行政窓口で住民票、印鑑証明、戸籍謄抄本、戸籍附票の交付が受けられます。沖縄県内では初めての取り組みです。

この日、南風原町役場で開始式が行われ、古謝市長も南風原町役場から証明書を取得しました。

 

 

110701DSC_0051.jpg
古謝市長も南風原町役場で手続き

 

 

 

 

 

 

 

 

平成23年7月1日 県産品奨励月間、児童生徒と給食

110701DSC_0026.jpg
市長と給食!

7月は県産品奨励月間です!

この日は佐敷小学校の2年1組の児童と、南城産の特産品を使った給食を楽しみました。南城産の冬瓜、豆腐、クレソン、モズクなどを使った新鮮でおいしい給食!

古謝市長は子どもたちに「暑い日でも一生懸命働いている農家の皆さんに感謝して食べましょう。これからはその食べ物がどこでだれが作っているのか、どういう栄養があるのか考えながら食べてくださいね」とあいさつしました。

市民の皆さん、南城産や県産品を愛用しましょう!

 

 

 

 

平成23年バックナンバー: 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年6月 1日

ようこそ市長室へ(平成23年6月)

平成23年6月29日 ミニバスケットボール、大里南小と佐敷小が好成績!

110629IMG_9444.jpg
地区優勝した大里南小チーム

第22回島尻地区ミニバスケットボール夏季大会で見事優勝した大里南小学校チームと、3位になった佐敷小学校チームが市長へ報告に訪れました。

大里南小チームの祖根キャプテンは「ベスト4を目指します」と抱負。古謝市長が「もっとできるよ!」と励ますと、市職員への前では「優勝を目指します!」と目標をアップしていました。

佐敷小チームの吉田キャプテンは「ディフェンスと試合の内容を良くして勝っていきたい」と抱負を述べました。

古謝市長は「常に周囲に感謝することを忘れずに頑張って!」と激励しました。

県大会は7月30日から。また8月25日からの福岡の大会出場も決っています。

 

110629IMG_9446.jpg
3位好成績の佐敷小チーム

 

 

 

 

 

 

 

 

平成23年6月28日 知念中学校野球部 地区大会優勝!

110628IMG_9436.jpg
地区優勝を果たした知念中野球部

第37回島尻地区中学校夏季軟式野球大会で知念中学校野球部が見事優勝!!

夏季大会としては32年ぶりの決勝進出で、今回初めての優勝という快挙です。

大田徳斗キャプテンは「県大会では一戦一戦自分たちの野球をしたい。優勝目指して頑張る」との抱負。

瀬名波敦監督は「バッテリー中心に守備が良いチーム。我慢強さも出てきている。バッティングにも力をいれていきたい」とのこと。

県大会は7月22日に宮古島市営球場で行われます。

 

 

平成23年6月22日 やったぜ! 佐敷JSC

110622IMG_9228.jpg
好成績を挙げた佐敷JSC

第35回全日本少年サッカー大会の島尻地区大会で優勝、沖縄県大会で準優勝という好成績をおさめた佐敷JSCが古謝市長へ報告に訪れました。

県大会決勝では前半1点をリードしていたものの、後半に逆転負け。

キャプテンの東恩納怜也君は「悔しかったけど、これからもっと体力をつけて、次は得点を決めて無失点で優勝したい」と意気込みを語りました。

設立25年目の快挙。おめでとう!

 

 

 

平成23年6月21日 上がり太陽プラン助成金交付式

110621IMG_9097.jpg
認定された団体代表の皆さん

市民団体がまちづくりのアイデアを提案し、中学生がそれを審査する「上がり太陽プラン」。今回、認定された7団体の代表の皆さんが古謝市長より交付を受けました。

どの団体も交付の喜びを語りつつ、「中学生からの質問は的を得ていて驚いた」と感心しきり。

古謝市長は「今回、交付された事業が継続して行えるよう、頑張っていただきたい」と激励しました。

 

 

 

 

平成23年6月18日 南城市ガイド養成講座

110618IMG_8885.jpg

南城市ガイド養成講座(主催:南城市観光協会)の第1回講座の講師として古謝市長が登壇。50名の受講生へ講義しました。

古謝市長は「南城市の文化の価値を理解する人を呼び寄せるような仕組みを作ることで差別化のある観光振興につながる」と強調。

質疑応答では受講生と観光振興と文化財の保護の両立についてディスカッションしました。

 

 

 

平成23年6月17日 写真展「笑顔が戻った日」オープニングセレモニー

110617IMG_8749.jpg
南城市内の写真も多数

南城市誕生5周年を記念した写真展「鉄の暴風から笑顔が戻った日 in 南城市」のオープニングセレモニーが行われました。

南城市知念体育館にて23日まで開催。

古謝市長は「過去に学ぶべき写真展。ぜひ多くの人にご覧いただき、先人たちの偉業に感謝し、将来に向けての示唆が得られる事を期待」とあいさつしました。

 

 

 

 

平成23年6月16日 南城市慰霊祭

110616IMG_8660.jpg
弔辞を述べる古謝市長

グスクロード公園にある慰霊之碑の前にて、南城市戦没者慰霊祭が執り行われました。4地区の遺族会が合同で慰霊祭を行うのは今回で2度目。

児童生徒代表で弔辞を述べた玉城中学校の生徒2名が「今、生きている私たちが、お互いの幸せを、思い、願い、お互いを尊重する事、普通の生活のありがたさを日々感じ、平和を願う気持ちを持ち続ける事、それが平和への第一歩だと信じています」と慰霊碑の前で平和を誓いました。

 

 

 

 

平成23年6月14日 HAISAI実行委員会から義援金

110615IMG_8653.jpg

実行委員長の古謝市長より

南城市共同募金委員会の阿嘉広雄会長(左)へ

先日行われたストリートダンスコンテスト「HAISAI 2011 in OKINAWA」。その会場で募った東日本大震災被災地への義援金9万1858円がHAISAI実行委員長の古謝市長より南城市共同募金委員会の阿嘉広雄会長へ託されました。

古謝市長は「子どもたちがなけなしの小遣いを寄付する姿が印象的だった」とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

平成23年6月15日 東日本大震災被災地へ義援金

110615IMG_8648.jpg
(有)三大食品 普天間邦光社長(中央)より寄付

東日本大震災被災地へと、有限会社三大食品様(普天間邦光社長)より義援金を託されました。

会社からの寄付のほか、社員から募金をつのり、30万円を寄付。

 

 

 

 

 

 

平成23年6月14日 上がり太陽プラン答申

110614IMG_8646.jpg
中学生から答申

市民団体がまちづくりのアイデアを提案する助成事業「上がり太陽プラン」。先日行われたプレゼンテーションを審査した中学生たちが市長へ審査結果を答申しました。

審査員をつとめた中学生たちは「自分の地域だけでなく、市全体を良くしようとしている団体もあって印象的だった」との感想。

古謝市長は「皆さんにとってもいろんな団体が地域のためになにかやろうとしていることが勉強になったと思う。皆さんもいっしょにがんばろう」と呼びかけました。

 

 

 

 

平成23年6月12日 大里南小学校新校舎落成記念式典・祝賀会

110612IMG_8589.jpg

古謝市長「移転については感慨深い。

日夜用地交渉にあたった職員や

土地を提供して頂いた地権者に感謝」

110612IMG_8626.jpg
在校生・卒業生の「かぎやで風」で祝賀会幕開け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年移転した大里南小学校の新校舎完成記念式典および祝賀会が同校の体育館で行われました。

代表であいさつに立った児童は「古い校舎からずっと校舎を眺めていた。建物からブルーシートが取れたときはうれしかった。一生懸命掃除して古い校舎より長く使えるよう大切に使っていきたい」と喜びを語りました。

式典では地権者に対する感謝状贈呈なども行われました。

 

平成23年6月3日 沖縄地区史跡整備市町村協議会

110603-008.jpg
会長としてあいさつ
110603-051.jpg
今帰仁城跡を視察

 

 

 

 

 

 

 

 

「沖縄地区史跡整備市町村協議会 第35回大会」が今帰仁村コミュニティセンターで行われました。市町村が協調して史跡等の整備に関する調査研究を行い、文化財の保存と活用をはかる組織で、古謝市長が会長を務めています。総会のあと、今帰仁城跡と周辺遺跡を視察しました。

 

平成23年6月3日 ひとり暮らし高齢者世帯水回り点検出発式

110603IMG_7842.jpg
大里庁舎で出発式
110603IMG_7862.jpg
高圧洗浄車で水タンクを洗浄

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとり暮らしの高齢者はなかなか水回りの管理ができないもの。安全・安心に水を利用してもらおうと、南城市内でひとり暮らし高齢者世帯への水回り点検が行われました。水道週間(6月1日~6月7日)に合わせての実施。民生委員・児童委員の皆さんの協力を得ながら南城市管工事会の皆さんが無償で点検と水タンク洗浄をしました。

 

平成23年6月2日 5周年記念写真展「笑顔が戻った日」記者発表

110603IMG_7829.jpg
南城市が写されている写真を発見!
110603IMG_7832.jpg
多数の写真を前に記者発表

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年6月17日~23日の間、知念体育館にて南城市誕生5周年記念写真展「笑顔が戻った日 in 南城市」が開催されます。その記者発表が玉城庁舎で行われました。

110603IMG_7839.jpg
海外の雑誌を読む住民
110603IMG_7840.jpg
石垣の前で

 

 

 

 

 

 

 

 

戦前の沖縄の風景から戦後の復興まで、約1200点の写真を展示予定。南城市では3回目の開催となりますが、初公開写真も多数含まれています。戦災から立ち直る人々の生き生きとした営みが印象的。かつての沖縄の豊かな自然景観も見応えがあります。

古謝市長は「過去を知ることが大切。ぜひ多くの人に見てもらい、未来へどう向かうか、自然環境の大切さなどを考えてもらいたい」と話しました。

 

平成23年バックナンバー: 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年5月 1日

ようこそ市長室へ(平成23年5月)

平成23年5月26日 なんじょう市民大学公開講座

110526IMG_7747.jpg

第1回講座の講師として南城市の

これまでとこれからを説明

110526IMG_7751.jpg
真剣に聞き入る学生たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域活性化のリーダーを育成する「なんじょう市民大学」の第1回講座が玉城庁舎で行われました。講師は古謝景春市長。

市長は南城市の現状と5年間の経過を説明。知念村長時代からの行政運営も含め、あざまサンサンビーチの駐車場有料化で来客者の質が向上したことや、斎場御嶽の入り口「緑の館セーファ」で入館料を設けることで世界遺産の維持管理が行えていることを挙げ、「当初はいずれも強い抵抗があったが、いまようやく受益者負担の考え方を理解してもらえるようになった」と説明。地域運営には発想の転換が必要と強調しました。

「急がず、あせらず、地道に地域の魅力を発信していく必要がある。市民大学も含め、市民ひとりひとりの知恵を結集すれば南城市ならではのまちづくりができる」と協力を呼びかけました。

平成23年5月26日 株式会社 第一建設様より義援金

20110526.jpg(株)第一建設様(照屋正明社長:写真中央 輿那覇朝正:写真右)より東日本大震災の義援金50万円の贈呈がありました。

 

 

 

 

 

 

平成23年5月16日 一日民生委員・児童委員

110516IMG_7041.jpg

5月12日~5月18日は

民生委員・児童委員の日、活動強化月間です!

110516IMG_7045.jpg
茶ぐゎー飲みながら生活の様子を聞く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月12日~5月18日は「広げよう 地域に根ざした 思いやり」をスローガンに、民生委員・児童委員の活動強化月間となっています。民生委員・児童委員は住民の良き相談者となって社会福祉の向上に貢献してくださっている民間の奉仕者です。

この日は古謝市長と市社会福祉協議会の阿嘉会長が一日民生委員・児童委員となり、お年寄りのお宅を2件訪問しました。こうして一人暮らしのお年寄りを見回り、その状況をきめ細かく把握することも民生委員・児童委員の役割。地域から信頼されている方々なのです。

平成23年5月15日 おきでんシュガーホール新人演奏

110515IMG_7038.jpg
合格者へ表彰

いまや新人演奏会の登竜門として定着した「第17回おきでんシュガーホール新人演奏会」が開催されました(詳細:なんじょう日記)。

会場は満員。来場者は若き才能が奏でる世界を堪能した様子でした。

 

 

 

 

 

 

平成23年5月13日 おきでんシュガーホール新人演奏会受章者が表敬

110513IMG_6903.jpg

古謝市長「努力すれば必ず良い結果が生まれる。

新人演奏会の名に恥じぬよう頑張って」

5月15日に開催される新人演奏家の登竜門「第17回おきでんシュガーホール新人演奏会」。オーディションで合格した10名のうち、4名が市長を表敬しました。

グランプリを獲得した奥村夏海さんは「今回披露する予定の曲は高音から低音までマリンバの良さを最大限に表現したもの。練習していても楽しかったのでご来場の方々にも楽しんでほしい」と演奏会当日の抱負を語りました。

 

 

 

 

 

 

平成23年5月13日 相馬市へ公用車

110513IMG_6895.jpg

与那原自動車整備センター

嘉数修社長(左)より車両3台を贈呈

東日本大震災の被災を受けた相馬市へと、与那原自動車整備センター様より車両3台の贈呈を受けました。

15日には、南城市食生活改善グループの皆さんが作ったサータアンダギー5000個を乗せて沖縄を出港。22日には與那嶺副市長と潮平南城市商工会長が現地に赴き、支援金100万円と車両を贈呈する予定です。

与那原自動車整備センターの嘉数修社長は「3台の車が現地で力になり、活躍してもらえれば我々としてもうれしい」とコメントしました。

 

 

 

 

 

平成23年5月9日 奥武島漁業組合青年部様より義援金

110509IMG_6888.jpg

奥武島漁業組合青年部様が東日本大震災の復興支援にと義援金を古謝市長に手渡しました。

嶺井一也副部長は「海人も厳しい状況の中だが、少しでも役に立ててほしい」とコメントしました。

 

 

 

 

平成23年5月6日 南城市交通安全推進協議会総会

110506IMG_6886.jpg

市内の区長や学校長、各種団体の代表等で構成する南城市交通安全推進協議会の総会が玉城中央公民館で行われました。

昨年度、南城市では交通事故により死者1名、重傷者19名、軽傷者84名の犠牲者が出ています。古謝市長は「市民総ぐるみの交通安全運動が必要」と呼びかけました。

会場からは「佐敷小学校が行っている自転車のヘルメット着用推進を市全域で広げるべきだ」などの意見も。これらの意見を含め、関係機関が一致協力して交通安全を推進していく事業計画が確認されました。

 

 

平成23年5月2日 チャリティーコンサート収益を寄付

110502IMG_6678.jpg
実行委員より古謝市長へ寄付金を託す

4月30日にシュガーホールで開催された「東日本大震災チャリティーコンサート」の収益および募金による義援金130万1761円が実行委員会より託されました。

本コンサートは嶺井光県議が呼びかけ、市女性連合会、市青年連合会、市老人クラブ連合会。市区長会、市PTA連合会、市商工会など、南城市を挙げて実行委員会を構成したものです。

実行委員長の安次富学市青年連合会会長は「少しでも多くの想いと資金を被災地に送れたら。1度だけでなく年間を通していろいろなイベントで義援金集めを行っていきたい」と語りました。

 

 

 

平成23年バックナンバー: 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2011年4月 1日

ようこそ市長室へ(平成23年4月)

平成23年4月28日 尚巴志倶楽部総会

110428IMG_6675.jpg

古謝市長「中国から参加者を招聘し、

マラソンを通して交流できれば大変素晴らしい」

尚巴志ハーフマラソンを支援する組織「尚巴志倶楽部」の総会が佐敷老人福祉センターで開催されました。

4月9日には古謝市長を団長として中国・蘇州金鶏湖ハーフマラソン大会に参加し、尚巴志ハーフマラソンをPRしてきました。

今年は尚巴志ハーフマラソンにとっても第10回目の記念の年。當間会長は「ハーフマラソンの大会後、中国・台湾・日本の選手で大交流会をしたい」と今年度の期待を話しました。

 

 

 

 

 

平成23年4月28日 交通安全ゆでたまご作戦

110428IMG_6611.jpg

早朝7時30分より、津波古交差点で交通安全を呼び掛ける「ゆでたまご作戦」を実施。

交通量の増える大型連休を前に「とりある心でかけよう 発する交通事故 心運転でなくそうールデンウィーク」と呼びかけるチラシと一緒にゆでたまごを停車中のドライバーに配布しました。

ゴールデンウィーク、お出かけの際は、シートベルトやチャイルドシートの着用し、飲酒運転は絶対せず、過労運転に気をつけて運転してくださいね。

 

 

 

平成23年4月28日 (株)レキオエナジー様より義援金

20110428.jpg(株)レキオエナジー様(照喜名悟社長:写真右 西銘恒三郎顧問:写真中央)より東日本大震災の義援金100万円の贈呈がありました。

 

 

 

 

 

 

平成23年4月27日 南城市観光協会総会

110427IMG_6601.jpg

南城市観光協会の総会が海の館・イノーで行われました。古謝市長は総会後の懇親会に参加。

「道の駅構想を観光協会や市民とスクラムを組んで実現させたい」とあいさつしました。

 

 

 

 

 

平成23年4月27日 パワーリフティング全国大会6度目の優勝!

20110427.jpg

3月に開催されましたパワーリフティング全国大会で6度目の優勝を勝ち取った盛龍也さんが市長を表敬しました。

盛さんはヘルニアによる手足がしびれるハンディーがありながらも、目標をもって努力したことが優勝につながったと話しました。

古謝市長は「ハンディーを克服し、大きな目標をもって努力することは子供たちにとっても大きな励みになる。努力は必ず報われる。」と述べられました。

 

 

 

平成23年4月25日 愛地モータース様より義援金

20110425IMG_9919.jpg(有)愛地モータース様(城間克哉代表取締役:写真右)より東日本大震災の義援金25万5千円の贈呈がありました。

 

 

 

 

 

 

平成23年4月22日 南城市ウェルネス事業ポータルサイト試験運用開始式

110422IMG_6053.jpg

市民の健康促進と、健康と癒しをテーマに南城市の豊かな地域資源を活かした観光ウェルネスプログラムの開発を目的とする「南城市ウェルネス事業」。その基盤となるウェルネスポータルサイト( http://www.nanjo-wellness.com/ )の試験運用開始式がユインチホテル南城で行われました。

本サイトは会員制で日々の健康管理データを記録できるほか、そのデータをもとに医療従事者へ健康相談をできることが特徴。その他、スパや人間ドック、スポーツ、カルチャーなど心と体の健康をつくるウェルネスプログラムの予約もできます。

また、ユインチホテル南城内に設置されたウェルネスコーナーでは、健康測定結果が自動的にパソコンへ転送されるなど、より手軽にシステムを活用することができます。

市民の皆さまは日々の健康づくりにぜひお役立て下さい。

110422IMG_6057.jpg
測定結果が自動的にパソコンへ転送
110422IMG_6058.jpg

ユインチホテル南城に設置された

「ウェルネスコーナー」のサイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成23年4月20日 沖縄バヤリースが「沖縄・南城市のやわらかな水」を発売

110420IMG_6001.jpg

沖縄バヤリース(上間長恒社長:写真左)が軟水ボトルウォーター「沖縄・南城市のやわらかな水」を発売し、市長へPRに訪れました。

関東圏での水需要の増加に対応し、現在はラベルをつけない暫定的な簡易表示の製品となっています。

また、南城産のシークゎーサーを使用した「南果搾り シークゎーサー刻み果皮入り」は刻み果皮を加えて爽快な風味を再現しています。

 

 

 

 

平成23年4月20日 タピックよりECOスピリットライドへ寄付

110420IMG_5994.jpg

4月24日に開催されるECOスピリットライド in 南城市(公式ホームページ)へ、発着点のユインチホテル南城を運営するタピック(宮里好一代表:写真右)様より協賛金300万円を頂きました。

古謝市長は「観光の在り方について考える大変時宜を得た大会。ご寄付は有効に使わせて頂きます」と感謝を述べました。

 

 

 

 

 

平成23年4月20日 企業立地促進法に基づく基本計画の同意書交付式

20110420doisyo.jpg

20日、沖縄総合事務局で企業立地促進法に基づく基本計画の同意書交付式が行われました。

南城市も11市町村で構成する「沖縄中南圏域産業活性化協議会」へ参加しており、観光や地域資源活用、情報通信、物流関連の4拠点を整備し、2015年度までに28社の企業立地、1649名の新規雇用等の創出を広域連携で目指します。

 

 

 

 

平成23年4月18日 行政相談委員委嘱状交付伝達式

110418IMG_9909.JPG

平田哲也さん、永吉盛康さんは行政相談委員として地域住民の身近な行政相談活動を展開していただきこのたびご退任なされました。このご苦労に対し総務大臣より感謝状が贈呈されました。

後任に、西平守正さんと照屋盛敏さんが、片山善博 総務大臣から行政相談委員に委嘱されました。

 行政相談委員は、行政相談委員法に基づき、国や県、市の行政運営の改善等に熱意を有する方に対して、総務大臣が委嘱するものです。

 国民が毎日の暮らしの中で感じている国や役所等の仕事について、苦情や意見・要望を直接受付、その解決・実現に努めています。

相談ごとがありましたら、お気軽にご利用下さい。

 

平成23年4月15日 わった~の泡盛が誕生

110415IMG_5931.jpg

右から(株)多良川・砂川拓也社長、古謝市長、

南城市青年連合会・安次富学会長

110415IMG_5933.jpg
裏ラベルには各青年会の紹介、
表ラベルには「南城銘酒」の文字が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南城市内に工場を持つ泡盛「多良川」に新ラベルが登場。記者発表が玉城庁舎エントランスで行われました。裏ラベルには市内各地の青年会が紹介されており、売り上げの一部が南城市青年連合会の活動資金に充てられます。

「青年芸能フェスタ in 南城」などを開催し、市の地域活性化に大きな役割を果たしている南城市青年連合会ですが、慢性的な活動資金不足。そんな中、「地産地消・地消地活」をテーマに、地元企業とタイアップして好循環を生み出す「わった~南城育ち」を企画し、その第一弾として今回の商品化となりました。

 

平成23年4月15日 与那原自動車整備センター様より義援金

110415IMG_5942.jpg(有)与那原自動車整備センター様(嘉数修社長:写真右から2人目)より東日本大震災の義援金50万円を頂きました。

 

 

 

 

 

 

平成23年4月14日 市商工会、市観光協会より義援金

110414IMG_5898.jpg
潮平隆会長(右から2人目)より義援金
110414IMG_5902.jpg
「ハートメロンパン」の試作品
あざまサンサンビーチで販売予定

 

 

 

 

 

 

 

 

南城市商工会様と南城市観光協会様より、東日本大震災の義援金が両組織の潮平隆会長より古謝市長へ手渡されました。会員企業からの義援金のほか、観光協会からはオープンガーデンのパスポート券の売上の一部が含まれています。

また、古謝市長のリクエストで会員企業が作ったハートマークが描かれたメロンパンの試作品も披露されました。あざまサンサンビーチで販売予定とのこと。

 

平成23年4月7日 被災地へ保健師派遣出発式

110407IMG_5654.jpg

古謝市長「自分の健康にも留意して、

南城市の職員であることを誇りに頑張ってきてほしい」

東日本大震災で被災した岩手県大船渡市へ、南城市から保健師2名が派遣されるにあたって出発式が行われました。

それぞれ4月13日からと4月23日からの1週間、避難住民の健康相談とケア対策にあたります。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成23年4月7日 春の交通安全もずく大作戦

110407IMG_5633.jpg
赤信号で停車中のドライバーにもずくゼリーを配布

今日から新学期。春休みを終え、子どもたちの登校がはじまります。

古謝市長はじめ南城市交通安全推進協議会の皆さんが朝7時半から仲間交差点で交通安全をアピール。

「もずく大作戦」と題し、交通安全を呼び掛けるチラシと南城産のもずくゼリーを配布しました。

ドライバーの皆さん、安全運転で住みよい南城市をつくっていきましょう!

 

 

 

 

平成23年4月4日 登場!自動交付機

110404IMG_5622.jpg
古謝市長も簡単操作で住民票を取得
110404IMG_5624.jpg
利用するには「市民カード」を申請取得してください

 

 

 

 

 

 

 

 

住民票や各種証明書(印鑑登録、所得、課税、納税)を取得できる自動交付機が稼働を開始しました。

古謝市長は「総合行政システム入れ替えを前に、ICTを活用することによる市民サービス向上を目指した庁内検討会を立ち上げ検討してきた」と稼働に至った経緯を説明。

窓口が終了している休日や時間外でも利用できる上、交付手数料が200円と窓口交付に比べて100円もお得! 大里・玉城の各庁舎、佐敷・知念の各出張所に設置しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

平成23年4月1日 新年度 辞令交付式

110401IMG_5582.jpg
新採用職員と異動する職員を前に訓辞

平成23年度辞令交付式が玉城庁舎で行われました。

古謝市長は「公務員的発想を取り払い、一人ひとりが南城丸の経営者として頑張る事が魅力あるまちづくりにつながる」と訓辞しました。

 

 

 

 

 

 

 

平成23年バックナンバー: 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ