南城市公式webサイト

ようこそ市長室へ

このページでは、市長のプロフィールや予定、日々の主な出来事などを紹介しています。

ホーム > ようこそ市長室へ

バックナンバー

日々のできごと

2016年11月14日

パワーリフティング盛龍也さん 内助の功で5連覇達成(2016/11/11)

沖縄刑務所の看守部長で、知念体育館のトレーニング施設で日々練習に励んでいる盛龍也さんと、奥様のたかこさんが市役所を訪れ、10月16日に栃木県で開催された『第35回全日本実業団パワーリフティング選手権大会』のマスターズⅡ(105kg級)での5連覇を報告しました。

龍也さんは「来年で50代最後の大会。来年は6連覇を狙って優秀の美を飾りたい」と報告。

古謝市長は「競技を続けるのは並々ならぬ努力が必要。60代になってもがんばってほしい」と激励しました。

パワーリフティング盛龍也さん 内助の功で5連覇達成

練習でのフォームチェックや食事の管理、体のケアなど献身的にサポートしてくれた奥様へ「5連覇は妻の支えのおかげ。感謝しています」と笑顔の龍也さん。

半月板損傷や頸椎ヘルニアなど度重なるケガ克服を奥様と共に克服し、通算で11回目の優勝に「記録よりも気力でがんばり、60代、70代と続けていきたい」と意気込みを語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月 9日

山本"KID"徳郁さんご家族が来訪(2016/11/07)

総合格闘家の山本“KID”徳郁さんのご家族が市役所を訪れました。

山本さんは、姉の美優さん、甥の山本アーセンさんと共に元WBA世界スーパーライト級チャンピオンの平仲信明さんのジムで練習を積んでいて、平仲さんの紹介によりご両親を含めたご家族で南城市に移住。
自然豊かな環境で、ロードワークなどのトレーニングを積んでいるそうです。

山本“KID”徳郁さんご家族が来訪

古謝市長は海岸沿いでのウォーキング中に、ロードワークをしている山本さんにお会いしたそうで「朝のあざまサンサンビーチは気持ちがいい。ロードワークで使ってみてください」と提案。さらに、ロードワークコースにあるテダ御川の由来や、知念体育館のトレーニングジムなども紹介しました。

山本さんは体を作るために沖縄の新鮮な野菜を食べたいとのことで、古謝市長は市内の野菜直売所を紹介。その他、沖縄勢が強い空手やウェイトリフティングなどの話で盛り上がりました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月31日

安岡建設株式会社様より寄付金(2016/10/28)

安岡建設株式会社の代表取締役社長の大村光昭さんらが市役所を訪れ、地域貢献の一環として南城市へ寄付金を贈呈しました。

安岡建設株式会社は平成24年から垣花に営業所を開設していて、営業所の前で尚巴志ハーフマラソンの給水ボランティアも行っています。

安岡建設株式会社様より寄付金

大村さんは「地域のために使ってほしい」と寄付金10万円を贈呈。

古謝市長は「昨年に引き続いてのご寄付、ありがとうございます。今年のハーフマラソン大会も盛り上げてください」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月28日

ベネズエラ大使の石川様が来訪(2016/10/27)

第6回世界のウチナーンチュ大会へ参加するため来沖している、駐日ベネズエラ特命全権大使の石川成幸さんが市役所を訪れました。

石川さんはベネズエラ国生まれの県系2世で、古謝市長とはいとこにあたります。

ベネズエラ大使の石川様が来訪

第二の故郷・南城市を久しぶりに訪れた石川さん。

ウチナーンチュ大会や南米の県人会の近況、南城市の観光などの話題で盛り上がり、「是非、ベネズエラへもいらしてください」と久々の再開に笑顔でした。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月28日

ざまみダンボール様 尚巴志ハーフマラソン応援パーランクーを寄贈(2016/10/20)

(株)ざまみダンボールの代表取締役社長の座間味勲さんらが市役所を訪れ、11月6日(日)に開催される『第15回尚巴志ハーフマラソンin南城市』の応援に活用して欲しいと、ダンボール製のパーランクー2016個を寄贈しました。

ざまみダンボール様 尚巴志ハーフマラソン応援パーランクーを寄贈

第2回大会から毎年続けてきた寄贈は今年で14回目。軽くて頑丈なダンボール製のパーランクーは、応援グッズとして地域の保育園、幼稚園、児童館、区長会へ配布されます。

ざまみダンボール様 尚巴志ハーフマラソン応援パーランクーを寄贈

座間味さんは、「子ども達や地域の方だけでなく、市外で暮らしている南城市出身の方々にも是非パーランクーを活用してランナーを応援して欲しい」と贈呈しました。

古謝市長は「ご寄贈ありがとうございます。毎年、沿道では子ども達がパーランクーを叩き、音を出して喜んで応援しています」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月27日

2016沖縄南城セレクション認定証授与式(2016/10/19)

2016沖縄南城セレクション認定証の授与式が行われました。

2016沖縄南城セレクション認定証授与式

沖縄南城セレクションとは、市産原材料を使用、または市内で製造された商品の中から、南城市のイメージアップにつながる優良商品について募集・審査・認定を行い推奨する制度です。認定されると商品に『沖縄南城セレクション』認定マークを表示することができ、市が主催する様々なイベントなどで優先的にPRをすることができます。認定期間は3年間です。

今回は「工芸品・雑貨等」を選考品目として7月に応募を開始し、7事業者14商品の応募の中から、2事業者3商品が選ばれました。

2016沖縄南城セレクション認定証授与式

古謝市長は「厳しい審査を勝ち抜いての栄冠、おめでとうございます。3つとも地域の資源を活かした、南城市をPRできるすばらしい商品です」と認定証を授与しました。

認定された商品は下記の通りです
・斎場御嶽石鹸(アイランドアロマ沖縄)
・斎場御嶽ブレンドエッセンシャルオイル(アイランドアロマ沖縄)
・木製勾玉ストラップ(ワークセンターさち・ゆり)

2016沖縄南城セレクション認定証授与式

審査委員長の赤嶺雅さんは「商品が発信するイメージに南城市らしさを感じられる物語性があり、3商品とも満場一致で認定でした」と講評。

斎場御嶽石鹸は、真ん中に斎場御嶽の三庫理(サングーイ)をかたどり、斎場御嶽ブレンドエッセンシャルオイルの香りをブレンドした化粧石鹸で、顔・体・髪に使うことができます。
斎場御嶽ブレンドエッセンシャルオイルは、斎場御嶽を訪れた観光客から御嶽をイメージさせる香りのアンケートをとり、爽やかさの中に厳かさが漂う斎場御嶽の朝をイメージした香りを楽しめます。

アイランドアロマ沖縄の佐敷好美さんは「斎場御嶽のお土産を作ろうと、3年かけて完成した商品。セレクションに認定されることは作り手としてとてもうれしい。香りをかぐことで斎場御嶽を思い出してほしい」と笑顔。

木製勾玉ストラップは、斎場御嶽から出土した金の勾玉をモチーフに、御嶽の倒木を使用したストラップ。お守りとしても使え、ワークセンターさち・ゆり(就労継続支援B型)で16年前から作り続けています。

ワークセンターさち・ゆりを運営する社会福祉法人・南城福祉会の知花昌德さんは「堅い倒木を使い、作業所で丁寧に作り上げている商品。今後も良い商品を作っていきたい」と認定を喜びました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月21日

多良川様より南城市まつりと尚巴志ハーフマラソン大会へ寄付金&記念古酒発売を報告 (2016/10/17)

10月22日・23日に開催される『第3回南城市まつり』と、11月6日に開催される『第15回尚巴志ハーフマラソン in NANJO 2016』大会に役立ててほしいと、株式会社多良川の取締役常務の砂川英之さんらが市役所を訪れ、寄付金を贈呈しました。

多良川様より南城市まつりと尚巴志ハーフマラソン大会へ寄付金&記念古酒発売を報告

ハーフマラソン大会へは、優勝者への副賞となる5升酒甕泡盛と、大会記念ボトルを贈呈。また、南城市誕生10周年を記念した10年古酒を限定販売することも報告されました。

多良川様より南城市まつりと尚巴志ハーフマラソン大会へ寄付金&記念古酒発売を報告

多良川の砂川さんは「市民参加型のハーフマラソン大会を盛り上げたいと、記念ボトルを作ってきました。10年の節目、ハレの日をお祝いして、15年、20年と南城市のために協力していきたい」と笑顔で報告。

古謝市長は「地域と共に市民のために頑張ってきた企業からの寄贈はとてもありがたい。一緒に南城市を盛り上げていきたい」と謝辞を述べました。

※南城市誕生10周年の記念古酒は200本の限定販売で、南城市まつり会場で販売するほか、多良川那覇支社、玉城工場でのみ販売。また、南城市誕生10周年の記念企画として、ラベル文字を自由に選べる泡盛「南城育ち」のオリジナルラベル1升瓶の注文をまつり会場で受け付けるそうです。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月13日

三大食品が鳥の丸焼き200羽を寄贈(2016/10/05)

食品卸売業の有限会社三大食品の社長・普天間邦光さん(写真右から2人目)と常務の玉城トキ子さん(写真左から2人目)が市役所を訪れ、市内の福祉施設や一人親世帯へ鳥の丸焼き200羽をおくることを報告しました。

三大食品が鳥の丸焼き200羽を寄贈

三大食品では食肉の卸売りのほか、バーベキュー・山羊汁・牛汁等の仕出業・小売や店舗での販売もしていて、寄贈する鳥の丸焼きも販売しています。鳥の丸焼きは炭火で調理した後に冷凍されていて、解凍して温めるだけで簡単に食べられます。下味もしっかりついていて、やわらくジューシーと評判です。

三大食品が鳥の丸焼き200羽を寄贈

普天間さんは「今年で会社設立34周年。地域還元の会社理念を成文化しました。鳥の丸焼きは隠れた人気商品。さばき方のレシピ付きで、ご家庭で簡単に美味しく召し上がれます」と寄贈。

三大食品では地域に開かれた会社を目指すため、古堅にある社屋の隣に、地域の方々が野菜などを持ち寄り販売できる交流スペースを設置する予定とのこと。

古謝市長は「200羽もの寄贈、ありがとうございます。新たな観光には食は欠かせない。これからも地域への貢献、地域ニーズに応えられる企業としてがんばってください」と激励。

南城市社会福祉協議会の阿嘉広雄会長は「ご支援に感謝します。福祉施設や一人親世帯の方々へお配りします」と謝辞を述べました。

※鳥の丸焼きは南城市社会福祉協議会を通じて、市内の福祉施設や一人親世帯へ届けられます。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月 6日

奥武島漁協組合青年部と女性部が被災地へ義援金(2016/10/04)

東日本大震災と九州地震の被災地を支援しようと、奥武島漁協組合青年部と女性部(乙姫会)より義援金の贈呈がありました。

奥武島漁協組合青年部と女性部が被災地へ義援金

東日本大震災が発生してから毎年、被災地へ義援金を贈っている青年部の部長・嶺井一也さんは「来年には被災地へ行って支援したい」と贈呈しました。

女性部では九州地震で被災した方のために義援金を集めました。女性部を代表して嶺井桃子さんは「少しですが、復興の力になってほしい」と贈呈しました。

古謝市長は「熱い思いがこめられた支援、ありがとうございます。しっかり届けます」と謝辞を述べました。

青年部からお預かりした義援金は、復興支援のため南城市役所から職員を派遣している宮城県・塩竈市へ、女性部からお預かりした義援金は熊本県・宇土市へ届ける予定です。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年9月29日

復興支援へ感謝 熊本県宇土市長が来訪(2016/09/28)

熊本県を震源に発生した九州地震で被災した熊本県宇土市の元松茂樹市長(写真左)が来沖。沖縄県市長会長の古謝市長へ、沖縄県内の自治体からの支援への感謝を伝えるため南城市役所を訪れました。

復興支援へ感謝 熊本県宇土市長が来訪

宇土市では地震により市役所庁舎が倒壊寸前の被害を受けました。震災直後はライフラインや交通インフラの寸断で熊本県との連携がとれないほど混乱を極め、備蓄食料も底をつき県外からの支援を待つ状況が続いたそうです。
また、地震後の集中豪雨や相次ぐ台風の襲来による水害被害も甚大で、市内の住宅や商店街、宇土市の一大産業であるのり養殖業の施設などが大きな被害を受けています。

復興支援へ感謝 熊本県宇土市長が来訪

元松市長は沖縄県の自治体からの支援に感謝を伝え「復興にはハード面だけでなくソフト面も重要。震災後の豪雨により養殖のり関連の施設や住宅・商店街が被害を受けるなど、水害からの復興も喫緊の課題です」と震災と豪雨被害からの復興について説明。

古謝市長は「宇土市の復興支援のため、南城市では6月議会で補正予算をあげました。のり養殖業などの産業復興に向けて、九州市長会でも議案をあげて支援を訴えましょう」とさらなる支援を伝えました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ