南城市公式webサイト

ようこそ市長室へ

このページでは、市長のプロフィールや予定、日々の主な出来事などを紹介しています。

ホーム > ようこそ市長室へ

バックナンバー

日々のできごと

2019年10月21日

第1回南城市こどものまち宣言策定委員会(2019/10/15)

第1回南城市こどものまち宣言策定委員会が、市役所3階の庁議防災室で行われました。

 

第1回南城市こどものまち宣言策定委員会

こどものまち宣言策定へ初の委員会

こどものまち宣言が自身の公約の1丁目1番地と語った瑞慶覧市長は「委員を引き受けていただきありがとうございます。一緒になって宣言を作っていきましょう」と決意を込めてあいさつし、議事の前に委員へ講話を行いました。

 

第1回南城市こどものまち宣言策定委員会

こどものまち宣言への思いを語る瑞慶覧市長

講話では社会と関われない境遇の方々がいることや子どもの権利に対する理解不足、そういう子どもにレッテルを貼り、社会に出ても受け入れてもらえない状況があると訴え「こどものまち宣言は社会に対するメッセージ、子どもを取り巻く大人へのメッセージだと考えています」と期待を込めました。

 

第1回南城市こどものまち宣言策定委員会 第1回南城市こどものまち宣言策定委員会

委員へ委嘱状交付 / 市長より委員長へ諮問

瑞慶覧市長より諮問を受けた浅野誠委員長は「委員の皆さまと一緒に、充実した宣言ができるようにがんばります」と意気込みを語り、宣言の基礎概念や策定方針などを議論しました。

 

第1回南城市こどものまち宣言策定委員会 第1回南城市こどものまち宣言策定委員会

議事の様子 / 子育て中の委員のために託児スペースを設置

議事では策定に係るヒヤリングの方法や、対象となる年齢について熱い議論が交わされました。また、貧困や社会的に孤立している子ども達だけではなく、家庭状況などの区切りをつけずにアプローチをして、子ども達の明るい将来へ向けて未来志向で策定を進めていくことが確認されました。

 

第1回南城市こどものまち宣言策定委員会 第1回南城市こどものまち宣言策定委員会

意見交換する委員

議事後の意見交換では、それぞれの立場で子どもに関わる活動を実践している14名の委員で構成される同委員会の特性を活かし、次回から各委員の活動の共有や思いを語る時間を設けることなどが確認されました。

委員の任期は令和元年10月15日から令和3年10月14日、市長への答申を持って任期満了となります。

次回の委員会は12月に開催予定で、年明け1月には視察も予定されています。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年10月 9日

市長定例記者懇談会(2019/10/07)

南城市からの情報発信やマスコミ関係者との情報共有を目的に、毎月1回「市長定例記者懇談会」が行われています。第11回目の開催となった今回は2件が報告されました。

市長定例記者懇談会20191007

【今月の報告事項】
① 地域懇談会の開催(10月31日〜11月22日)
② 赤い羽根共同募金(運動期間:10月1日〜12月31日まで)

市長定例記者懇談会20191007

赤い羽共同募金については、市観光協会との協力で1回200円のガチャガチャで募金する県内初の試みが実施されます。ガチャガチャは南城市地域物産館の斎場御嶽チケット売り場の横に設置されています。

市長からは「地域懇談会はテーマを設けず、市民の率直な意見を聞いていきたい」と報告がありました。

地域懇談会の開催日と会場は下記の通りです。
【日時・会場】
・10月31日(木)19時~21時 久高島離島振興総合センター(公民館)
・11月7日(木)19時~21時 南城市中央公民館(玉城)
・11月8日(金)19時~21時 知念社会福祉センター
・11月21日(木)19時~21時 大里農村環境改善センター
・11月22日(金)19時~21時 佐敷老人福祉センター
【参加対象】 南城市内にお住いの方

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年10月 2日

第26回 おきでんシュガーホール 新人演奏会 オーディション募集スタート(2019/10/01)

新人音楽家を発掘・育成する「第26回 おきでんシュガーホール 新人演奏会」のオーディションの募集がスタート。沖縄タイムス社のタイムスギャラリーで記者発表が行われ、主催の南城市、沖縄電力株式会社、沖縄タイムス社の代表者が応募を呼びかけました。

第26回 おきでんシュガーホール 新人演奏会 記者発表 第26回 おきでんシュガーホール 新人演奏会 記者発表

新屋副市長(瑞慶覧市長が県外出張のため代理)は「歴代受賞者は国内外のオーケストラメンバーなどで活躍している。息の長い地道な活動だが、これからも沖縄から世界へ発信していきたい」と本オーディションの魅力をアピール。

特別演奏した歴代受賞者の泉川ななさん(クラリネット)と照屋恵吾さん(ピアノ)は、「賞金だけでなく、音楽家どうしの交流が今後の活動につながっていく魅力的なオーディション」とコメントしました。

申し込み期間は2019年10月1日(火)〜2020年1月10日(金)。オーディションは南城市文化センター・シュガーホールを会場に、2020年3月14日(土)・15日(日)の開催予定となっています。

募集要項など詳細は南城市文化センターシュガーホールの公式サイトをご覧ください。
http://sugarhall.jp/topics/event/okiden/

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年10月 2日

赤い羽根共同募金運動がスタート(2019/10/01)

令和元年度(第73回)赤い羽根共同募金運動が10月1日よりスタート。厚生労働大臣のメッセージが、南城市社会福祉協議会の阿嘉会長から新屋副市長へ伝達されました(瑞慶覧市長が県外出張のため副市長が代理)。

令和元年度赤い羽根共同募金厚生労働大臣メッセージ伝達式 令和元年度赤い羽根共同募金厚生労働大臣メッセージ伝達式

厚生労働大臣のメッセージとして「国民の善意と助け合いの精神によって支えられ、地域社会の推進に大きく寄与するだけでなく、災害時のボランティア活動の支援にも役立てられている」という運動の意義が伝えられました。

平成30年度、南城市では8,082,231円の善意が募られ、県内市部としては唯一、目標額を達成しています。また、今年度は県内初めての取り組みとして、南城市地域物産館において「ガチャガチャ」(カプセルトイ)で寄付ができる仕組みもスタート。カプセルにはなんじぃの缶バッヂなどが封入されています。

集められた募金は教育や地域福祉といった助成事業などに活用されます。南城市社会福祉協議会では「フッくん・シーちゃん地域福祉活動助成事業」として、助成団体を公募・審査し、公民館のバリアフリー化など様々な公共福祉の向上に役立てられています。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年9月27日

QABデータ放送を活用した地域情報発信に関する調印式(2019/9/27)

南城市(瑞慶覧長敏市長)と琉球朝日放送株式会社(上原直樹代表取締役社長)は、データ放送を活用した地域情報発信に関する契約を締結しました。

QABデータ放送を活用した地域情報発信に関する調印式

調印式の様子

 

南城市役所で行われた調印式で瑞慶覧市長は「市民生活に役立つ情報を効果的に発信していきたい」と期待を込めました。上原社長は「市民の皆さまが欲しい情報を作り上げていきたい」と意気込みを語りました。

テレビにあらかじめ郵便番号を入力すると、その地域に限定した情報を届けることができるデータ放送の仕組みがあり、今回の締結によりQABを視聴中にリモコンのdボタンを押すことで南城市独自の情報へ簡単にアクセスできるようになります。
10月から始まる市内線(支線)バス『Nバス』の運行表や自治会情報を発信することになり、市公式ホームページと連携したデータ放送がスタートします。

QABデータ放送を活用した地域情報発信に関する調印式

データ放送イメージ


これまで地区の防災無線や広報誌、SNSなどが果たしていた情報伝達にデータ放送が加わることで、パソコンやスマートフォンなどを持たず、インターネットに接続する環境を持たない情報弱者と言われる方々へのアプローチが期待されます。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年9月27日

障がい者就労支援チャリティイベント『みみぐすい』実行委員会よりDVD寄贈(2019/9/26)

7月27日に豊見城市中央公民館で開催された障がい者就労支援チャリティイベント『みみぐすい』の実行委員が市役所を訪れ、同イベントの後援のお礼と沖縄の昔話のDVDを寄贈しました。

障がい者就労支援チャリティイベント『みみぐすい』実行委員会よりDVD寄贈

儀間真一郎委員長(写真右)は「第1回としては成功しました。新たに協力いただける団体もあり、次年度も開催が決まりました」と報告しました。同イベントに参加した瑞慶覧市長は「とてもいいイベントでした。次回も楽しみです」と応えました。

障がい者就労支援チャリティイベント『みみぐすい』実行委員会よりDVD寄贈

報告と併せて、ご自身も視覚障害がある儀間委員長が中心となり、障がい者が制作した沖縄の昔話のDVD『うちなーのんかしばなし』を、市内の小中学校と市立図書館へ寄贈しました。

沖縄の昔話や民話、偉人を後世に残す活動を行なっている儀間委員長は、市内の民話や地域の偉人などにも興味を示し「南城市の民話や偉人の発掘にも挑戦していきたい」と意欲を語りました。

上原廣子教育長は「地域の民話などはしっかり伝えていくことが大切です。子ども達のためにありがとうございます」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年9月27日

株式会社旭堂が子育て支援へ寄付(2019/9/26)

株式会社旭堂の役員が市役所を訪れ、市の子育て支援のために使ってほしいと寄付金100万円を贈呈しました。古堅に工場を構える同社は、10月に創立70周年を迎えます。地域への感謝を込めて今回の寄付となりました。

株式会社旭堂が市の子育て支援へ寄付

中曽根辰彦専務取締役(写真中央)は「地域のために何か貢献できないかを社内で検討しました。子育て支援に使ってほしい」と贈呈しました。

瑞慶覧市長は「市では子育て支援に力を入れ、子どものまち宣言に向けて取り組んでいます。本当にありがたいです」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年9月26日

高千穂町より議員団と副町長が来訪(2019/9/25)

姉妹都市の高千穂町より工藤博志議長をはじめとする議員団と藤本昭人副町長が市役所を訪れました。

高千穂町より議員団と副町長が来訪 高千穂町より議員団と副町長が来訪

高千穂町の議員団・副町長一行 / 歓迎する瑞慶覧市長

 

高千穂町より議員団と副町長が来訪 高千穂町より議員団と副町長が来訪

挨拶をする工藤議長(左の写真)と藤本副町長

 

高千穂町より議員団と副町長が来訪

 

一行は議場など新庁舎を見学した後、意見交換会を行い交流しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年9月20日

沖縄水質改良株式会社がハーフマラソン大会へ寄付(2019/9/19)

沖縄水質改良株式会社の天願智一代表取締役社長(写真左から2人目)と役員の皆様さまが市役所を訪れ、第18回尚巴志ハーフマラソン大会のために使ってほしいと、寄付金を贈呈しました。

沖縄水質改良株式会社がハーフマラソン大会へ寄付

天願社長は「大会の成功を祈念します」と寄付金10万円を贈呈しました。

瑞慶覧市長は「企業をはじめ、いろいろなボランティアの皆さまのおかげで大会を運営できています。大事に使わせていただきます」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2019年9月20日

令和元年度南城市敬老会(2019/09/19)

令和元年度の南城市敬老会がユインチホテル南城で開かれました。

令和元年度南城市敬老会 令和元年度南城市敬老会

式典の部で瑞慶覧市長は、市の礎を築いてきた先輩方に敬意を示し「いつもまでもご壮健で活躍してください」と主催者を代表してあいさつしました。

令和元年度南城市敬老会

南城市老人クラブ連合会の山内美武副会長は敬老会の開催へ謝辞を述べ「若い者と力を合わせて、南城市づくりにがんばりたい」と意気込みました。

今年は100歳以上の方が67名、カジマヤーが54名、トーカチを迎える方が214名いらっしゃり、県内屈指の健康長寿のまちです。

令和元年度南城市敬老会 令和元年度南城市敬老会

令和元年度南城市敬老会

式典後に開幕した余興の部では幼稚園児のエイサーや沖縄芝居研究会による舞踊が披露され、招かれた70歳以上の皆さまはステージへ拍手をおくり観劇を楽しみました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ